1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. サスペンスのDVDレンタル
  5. ロスト・ボディ 〜消失〜
No.99 RANKING

ロスト・ボディ 〜消失〜

ロスト・ボディ 〜消失〜の画像・ジャケット写真

ロスト・ボディ 〜消失〜 / トマシュ・コット

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

新作

ジャンル :

「ロスト・ボディ 〜消失〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

新作

解説・ストーリー

『EVA<エヴァ>』のキケ・マイーヨ監督がアメリ・ノートンの人気小説を映画化したサスペンスミステリー。飛行機に乗り遅れ、自ら設計した空港で立ち往生する建築家。そこで若い女性に声を掛けられた彼は、殺人や犯罪にまつわる奇妙な話を聞かされる。

「ロスト・ボディ 〜消失〜」 の作品情報

作品情報

製作年:

2020年

製作国:

西/ドイツ/フランス

原題:

A PERFECT ENEMY

「ロスト・ボディ 〜消失〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

デリカテッセン

ダンテ01

オックスフォード連続殺人

ケイジ

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

『悪の化粧』をしたお前は誰? ネタバレ

投稿日:2022/05/23 レビュアー:くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

空港をデザインした建築家が主人公という事で、建築美術的に期待したのだが、
残念ながらB級作品に過ぎなかった。
成功したオッサン建築家と、20年前に失踪したその妻、ナゾのヤング女子と
登場人物は3人しかいない。

ジェレミーが講演を終えて、飛行場に向かうタクシーに、強引に同乗する女子テセル、
そのせいで飛行機に乗り遅れ、次の便まで2時間待ちのところ、
再びテセルが現れ、『私の3つの話を聞いて』と言ってくる。
それが悪夢の始まり、
この厚かましい謎のヤング女子の別に聞きたくない過去エピソードをあれこれ聞かされるというわけだ。
これが、可愛い系ならともかく、目の周りを黒く塗り込んだ「たぬき顔」なんで、
絵的になんともストレスがたまる。

さて、その話というのが、「私の話」が「あなたの話」であり、「殺人願望」が「結果」になったり、楽しくないエピソードにすぎないのだが、オッサン建築家ジェレミーの自我は
次第に崩れてゆくという流れである。そこからある秘密が暴露されてゆくのだが、オッサンが悩んだ時のドロッとしたセメントみたいな映像はなかなかよろしい。
最後に「存在しないはずのお前は誰なんだ」という疑問もスッキリ解けるという流れ。
私はあまり面白くなかったが、グチャグチャした心理戦が好きな方はいいかもしれない。
ちなみに原作はアメリー・ノートンによる『悪の化粧』。
あの真っ黒い目のフチが(悪の化粧)というわけかしら?

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

ロスト・ボディ 〜消失〜

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

『悪の化粧』をしたお前は誰?

投稿日

2022/05/23

レビュアー

くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

空港をデザインした建築家が主人公という事で、建築美術的に期待したのだが、
残念ながらB級作品に過ぎなかった。
成功したオッサン建築家と、20年前に失踪したその妻、ナゾのヤング女子と
登場人物は3人しかいない。

ジェレミーが講演を終えて、飛行場に向かうタクシーに、強引に同乗する女子テセル、
そのせいで飛行機に乗り遅れ、次の便まで2時間待ちのところ、
再びテセルが現れ、『私の3つの話を聞いて』と言ってくる。
それが悪夢の始まり、
この厚かましい謎のヤング女子の別に聞きたくない過去エピソードをあれこれ聞かされるというわけだ。
これが、可愛い系ならともかく、目の周りを黒く塗り込んだ「たぬき顔」なんで、
絵的になんともストレスがたまる。

さて、その話というのが、「私の話」が「あなたの話」であり、「殺人願望」が「結果」になったり、楽しくないエピソードにすぎないのだが、オッサン建築家ジェレミーの自我は
次第に崩れてゆくという流れである。そこからある秘密が暴露されてゆくのだが、オッサンが悩んだ時のドロッとしたセメントみたいな映像はなかなかよろしい。
最後に「存在しないはずのお前は誰なんだ」という疑問もスッキリ解けるという流れ。
私はあまり面白くなかったが、グチャグチャした心理戦が好きな方はいいかもしれない。
ちなみに原作はアメリー・ノートンによる『悪の化粧』。
あの真っ黒い目のフチが(悪の化粧)というわけかしら?

1〜 1件 / 全1件