1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 邦画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. そして、バトンは渡された
No.23 RANKING

そして、バトンは渡された

そして、バトンは渡されたの画像・ジャケット写真

そして、バトンは渡された / 永野芽郁

全体の平均評価点:(5点満点)

19

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

新作

ジャンル :

「そして、バトンは渡された」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

新作

解説・ストーリー

2019年の本屋大賞を受賞した瀬尾まいこの同名ベストセラーを永野芽郁、田中圭、石原さとみの共演で映画化した感動ドラマ。それぞれ血の繋がらない2組の親子を主人公に、複雑な境遇でも大人たちの愛を受けて前向きに成長していくヒロインの姿と、2組を繋ぐ秘密の行方を映画オリジナルの構成で描き出す。監督は「ブタがいた教室」「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の前田哲。泣き虫の小学生みぃたんは実の父が仕事でブラジルに旅立ってしまい、義理の母・梨花と日本で2人暮らし。美しくて自由奔放な梨花だったが、みぃたんには深い愛情を注いでいた。一方、料理上手な義理の父・森宮さんと2人暮らしをしている高校生の優子。複雑な生い立ちもあまり気にすることなく、今は卒業式に向けピアノを猛特訓中だったが…。 JAN:4548967456356

「そして、バトンは渡された」 の作品情報

作品情報

製作年:

2021年

「そして、バトンは渡された」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

5→9(5時から9時まで) 〜私に恋したお坊さん〜

間宮兄弟

おっさんずラブ

ウォーターボーイズ 2

ユーザーレビュー:19件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全19件

水戸優子〜田中優子〜泉ヶ原優子〜森宮優子 ネタバレ

投稿日:2022/04/06 レビュアー:くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『バトン』の意味をしっかり印象付けるラストが実に良い。
(子供というものが)「親から幸せにしてもらう」存在じゃなくて、
「親を幸せにしてきた」存在だとハッキリ言ってる所が実に良い。

本屋大賞(2018)も受賞した瀬尾まいこの小説「そして、バトンは渡された」を
前田哲監督が映画化。

血の繋がらない親に育てられ、4回も苗字が変わった森宮優子(永野芽郁)は、
料理上手な義理の父親(田中圭)を「森宮さん」と呼ぶ、高校生だ。

梨花(石原さとみ)は、何度も夫を替えながら自由奔放に生きる魔性の女。
泣き虫な娘のみぃたん(稲垣来泉)に目いっぱい愛情を注いで暮らしているようだったが、
ある日突然、愛娘を残して姿を消してしまった。

2つのエピソードが並行して進んでいき、映画が始まってちょうど半分のところで、
あることをきっかけに交差します。
(ただ、2つのエピソードが並行している時点で、その関係性は予想できますね。
ジワリジワリと。それがまた効果的なのかも。)
ピアノがキーアイテムになっており、親の愛のバロメーターであり、カゲの主役である。
さらには優子と早瀬賢人(岡田健史)の仲を取り持つアイテムでもあった。

陰と陽を演じ分けた石原さとみ、大きな目に涙浮かぶ永野芽郁、
大森南朋や市村正親も俳優陣が素晴らしいです。
(いつも田中圭に厳しい私ですが(笑)、森宮さんのキャラは特異なだけに難しい。)
父親担当が先発、中継ぎ、押さえと分業型。おそらくは昭和には考えられなかった
タイプだろう。令和はそんな(血のつながらない家族の)結びつきが増えるのだろうか?
少なくとも、昭和ではマイナスイメージのあった継母、継父というものを肯定的に
描いて好感が持てる。病気だから姿を消す事には賛否あるだろうが、
永野芽郁に『看病したかった!』『一緒にいたかった!』と叫ばせていることで
中和されているだろう。楽しめてかつ深い作品である。


このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

優しさがいっぱい詰まったお話

投稿日:2022/03/05 レビュアー:飛べない魔女

凄く良かったです。
原作本は随分前に購入済ですが、未読でした。
そうこうしているうちに、映画化されてしまったので
映画の方を先に見ることにしました。

二組の血の繋がない親子を描いていきながら
観客をミスリードしていく仕掛けはお見事。
そういうことか!と分かったとき、胸が熱くなりました。
登場人物はみんな優しくて、特に田中圭さん演じる優子の父親の森宮さん、
こんないい人この世にいるのか!?ってくらい
いい人過ぎて、泣けました。

優子役の永野芽郁ちゃんは相変わらず演技が上手。
いつも笑っていることを心情にしている優子を
透明感のある演技で見事に演じていました。
みぃたん役の子役ちゃん、稲垣 来泉ちゃんの演技がこれまた凄い!

見て良かった、と思える良作でした。
タイトルの意味が最後に判り
人の優しさって素晴らしいと思える暖かい涙に包まれました。
(後ろの席に座っていた若い女性は声出して号泣していました)

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

一途に子を想う母の深き愛 ネタバレ

投稿日:2022/05/03 レビュアー:hinakksk

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 原作未読。映画「マイ・ダディ」と同様に、今作も過去と現在の時系列を共存させ、途中でそれがひとつに重なるという時間構成になっている。しかも子どもの名前が幼少期の愛称と実名とに使い分けられ、ご丁寧に冒頭にそれぞれの名で人物紹介までされていて、故意にミスリードする構成になっている。終盤ですべてを解き明かして、凝縮された感動と驚きという効果を狙った(ある程度成功していると思う)のだろうが、母親梨花のそれまでのイメージを一瞬で転換させることは観客に負担を強いるので、最も重要な存在の梨花が最後まで誤解されたままになるというリスクがある。

 最初に梨花を「目的のためなら手段を選ばない魔性の女、狙った獲物は逃さない」とまで人物紹介するのは、やり過ぎではなかっただろうか。過去パートは、このイメージに合わせて、自分勝手で自由奔放な、結局子どもを放任する無責任な母親であるかのように誤認させる演技をせざるを得ず、違和感がある。演じる石原さとみさんにも負荷がかかって、とても難しかったのではないだろうか。なぜここまで拘泥するのかというと、自分が不治の病であると知った、子どもを残して逝かなければならないと悟った母親の気持ちが理解されないのではないかと危惧するからだ。

 自分の夢のためにブラジルに行った実の父親と娘の双方の手紙を隠してしまうのは、確かに利己的には違いないが、最愛の娘を独占したい、少しでも長く一緒にいたいと願ってしまう気持ちは分かるような気がする。(だからこそ、離婚ではいつも養育権で揉めるのだ。)その後の再婚はすべて娘のため。映画では描かれていないけれど、娘が幸せになれるかを最優先して、慎重に相手を選んでいると思う。義理の父親がふたり揃っていい人なのは、梨花の選択の結果であり、梨花にはそれを可能にするだけの魅力があったということなのだろう。

 病状が重くなり死を考えた時、高齢の泉ケ原ではと心配になり、梨花は同級生と再々婚する。自分の病状がさらに深刻になって隠せなくなった時、中学生の娘を残して完全に姿を消してしまうのは、娘を託す相手として父親の森宮を信頼できたからであり、闘病する自分のせいで、娘の穏やかな生活を壊したくなかったからだろうと思う。梨花の死後それを知った優子は、私に看病をさせて欲しかったと言うけれど、大切な人が病気で苦しむのを見ていることしかできないのは、とても辛い。喪うかもしれないと考えたら怖くて悲しくて夜も眠れない。梨花は、きっと優子に病気とは無縁の、もっと明るい青春時代を過ごしてほしかったのだ。

 作為的な時系列のせいで、途中ストーリーがどこに着地するのか見当もつかず不安になりますが、すべてが解き明かされると、母親の子を想う深い愛に感動せざるを得ません。この映画は、親子の関係に血のつながりはさほど重要ではないのだと語っています。また、母親だけではなく、父親にも子どもを育てる能力とその責任があるのだ、そしてそれはやりがいがあり楽しいことなのだと伝えています。こうして命のバトンは、ひとつの家族から次の家族へと引き継がれて行き、自分にもその責任の一端があるのだと、しみじみと痛切に感じます。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

ちょっと温かくなる

投稿日:2022/03/17 レビュアー:じゃじゃまる

永野芽郁、田中圭主演「そして、バトンは渡された」を見ました
共演石原さとみ、大森南朋、市村正親、岡田健史です

ストーリーは血のつながらない父と娘の家庭と、血のつながらない母と娘の家庭から始まります

優子は血のつながらない父を「森宮さん」と呼び、それでも仲睦まじく暮らしている
一方の家庭で、梨花は、何度も夫を変えて自由奔放に生きている。泣き虫の娘”みぃたん”に愛情を目いっぱいかけて育てている。

この物語は途中で交差します。

私も途中で、あら、もしかして、、、って思います

正直、この作品はファンタジーです。この世知辛い世の中で、こういうファンタジーみたいな話があってもいいじゃないか、、という目で見てください。

一番のお人よしは市村正親演じる泉ケ原さんです。こんな愛情あふれる人がいるわけないけど、いたらみんなが幸せになれます(笑

みんながいい人なんで、安心して見れます。

瀬尾まいこさんの原作で、どうも少しストーリーは変えてあるみたいです
この映画を見てから、図書館で彼女の作品を借りましたが、2作とも”新しい形”の家庭を描いていました。

この作品は新しい家庭の形と、それでも確実に渡されていく”バトン”の話です

この”バトン”だけは、どういう風に家庭の形が変わっても、きちんと渡していかなければいけないものだと思いました。

号泣、、とはいきませんでしたが(ちょっと梨花の行為が許せないところもある)、ちょっとだけ心が温かくなる作品でした


このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

凄く良かったです。

投稿日:2022/04/29 レビュアー:take

面白いです。
良かったです
永野さん、カワイイ 田中さんとの話 素敵
みやすかったです。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全19件

そして、バトンは渡された

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:19件

水戸優子〜田中優子〜泉ヶ原優子〜森宮優子

投稿日

2022/04/06

レビュアー

くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『バトン』の意味をしっかり印象付けるラストが実に良い。
(子供というものが)「親から幸せにしてもらう」存在じゃなくて、
「親を幸せにしてきた」存在だとハッキリ言ってる所が実に良い。

本屋大賞(2018)も受賞した瀬尾まいこの小説「そして、バトンは渡された」を
前田哲監督が映画化。

血の繋がらない親に育てられ、4回も苗字が変わった森宮優子(永野芽郁)は、
料理上手な義理の父親(田中圭)を「森宮さん」と呼ぶ、高校生だ。

梨花(石原さとみ)は、何度も夫を替えながら自由奔放に生きる魔性の女。
泣き虫な娘のみぃたん(稲垣来泉)に目いっぱい愛情を注いで暮らしているようだったが、
ある日突然、愛娘を残して姿を消してしまった。

2つのエピソードが並行して進んでいき、映画が始まってちょうど半分のところで、
あることをきっかけに交差します。
(ただ、2つのエピソードが並行している時点で、その関係性は予想できますね。
ジワリジワリと。それがまた効果的なのかも。)
ピアノがキーアイテムになっており、親の愛のバロメーターであり、カゲの主役である。
さらには優子と早瀬賢人(岡田健史)の仲を取り持つアイテムでもあった。

陰と陽を演じ分けた石原さとみ、大きな目に涙浮かぶ永野芽郁、
大森南朋や市村正親も俳優陣が素晴らしいです。
(いつも田中圭に厳しい私ですが(笑)、森宮さんのキャラは特異なだけに難しい。)
父親担当が先発、中継ぎ、押さえと分業型。おそらくは昭和には考えられなかった
タイプだろう。令和はそんな(血のつながらない家族の)結びつきが増えるのだろうか?
少なくとも、昭和ではマイナスイメージのあった継母、継父というものを肯定的に
描いて好感が持てる。病気だから姿を消す事には賛否あるだろうが、
永野芽郁に『看病したかった!』『一緒にいたかった!』と叫ばせていることで
中和されているだろう。楽しめてかつ深い作品である。


優しさがいっぱい詰まったお話

投稿日

2022/03/05

レビュアー

飛べない魔女

凄く良かったです。
原作本は随分前に購入済ですが、未読でした。
そうこうしているうちに、映画化されてしまったので
映画の方を先に見ることにしました。

二組の血の繋がない親子を描いていきながら
観客をミスリードしていく仕掛けはお見事。
そういうことか!と分かったとき、胸が熱くなりました。
登場人物はみんな優しくて、特に田中圭さん演じる優子の父親の森宮さん、
こんないい人この世にいるのか!?ってくらい
いい人過ぎて、泣けました。

優子役の永野芽郁ちゃんは相変わらず演技が上手。
いつも笑っていることを心情にしている優子を
透明感のある演技で見事に演じていました。
みぃたん役の子役ちゃん、稲垣 来泉ちゃんの演技がこれまた凄い!

見て良かった、と思える良作でした。
タイトルの意味が最後に判り
人の優しさって素晴らしいと思える暖かい涙に包まれました。
(後ろの席に座っていた若い女性は声出して号泣していました)

一途に子を想う母の深き愛

投稿日

2022/05/03

レビュアー

hinakksk

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 原作未読。映画「マイ・ダディ」と同様に、今作も過去と現在の時系列を共存させ、途中でそれがひとつに重なるという時間構成になっている。しかも子どもの名前が幼少期の愛称と実名とに使い分けられ、ご丁寧に冒頭にそれぞれの名で人物紹介までされていて、故意にミスリードする構成になっている。終盤ですべてを解き明かして、凝縮された感動と驚きという効果を狙った(ある程度成功していると思う)のだろうが、母親梨花のそれまでのイメージを一瞬で転換させることは観客に負担を強いるので、最も重要な存在の梨花が最後まで誤解されたままになるというリスクがある。

 最初に梨花を「目的のためなら手段を選ばない魔性の女、狙った獲物は逃さない」とまで人物紹介するのは、やり過ぎではなかっただろうか。過去パートは、このイメージに合わせて、自分勝手で自由奔放な、結局子どもを放任する無責任な母親であるかのように誤認させる演技をせざるを得ず、違和感がある。演じる石原さとみさんにも負荷がかかって、とても難しかったのではないだろうか。なぜここまで拘泥するのかというと、自分が不治の病であると知った、子どもを残して逝かなければならないと悟った母親の気持ちが理解されないのではないかと危惧するからだ。

 自分の夢のためにブラジルに行った実の父親と娘の双方の手紙を隠してしまうのは、確かに利己的には違いないが、最愛の娘を独占したい、少しでも長く一緒にいたいと願ってしまう気持ちは分かるような気がする。(だからこそ、離婚ではいつも養育権で揉めるのだ。)その後の再婚はすべて娘のため。映画では描かれていないけれど、娘が幸せになれるかを最優先して、慎重に相手を選んでいると思う。義理の父親がふたり揃っていい人なのは、梨花の選択の結果であり、梨花にはそれを可能にするだけの魅力があったということなのだろう。

 病状が重くなり死を考えた時、高齢の泉ケ原ではと心配になり、梨花は同級生と再々婚する。自分の病状がさらに深刻になって隠せなくなった時、中学生の娘を残して完全に姿を消してしまうのは、娘を託す相手として父親の森宮を信頼できたからであり、闘病する自分のせいで、娘の穏やかな生活を壊したくなかったからだろうと思う。梨花の死後それを知った優子は、私に看病をさせて欲しかったと言うけれど、大切な人が病気で苦しむのを見ていることしかできないのは、とても辛い。喪うかもしれないと考えたら怖くて悲しくて夜も眠れない。梨花は、きっと優子に病気とは無縁の、もっと明るい青春時代を過ごしてほしかったのだ。

 作為的な時系列のせいで、途中ストーリーがどこに着地するのか見当もつかず不安になりますが、すべてが解き明かされると、母親の子を想う深い愛に感動せざるを得ません。この映画は、親子の関係に血のつながりはさほど重要ではないのだと語っています。また、母親だけではなく、父親にも子どもを育てる能力とその責任があるのだ、そしてそれはやりがいがあり楽しいことなのだと伝えています。こうして命のバトンは、ひとつの家族から次の家族へと引き継がれて行き、自分にもその責任の一端があるのだと、しみじみと痛切に感じます。

ちょっと温かくなる

投稿日

2022/03/17

レビュアー

じゃじゃまる

永野芽郁、田中圭主演「そして、バトンは渡された」を見ました
共演石原さとみ、大森南朋、市村正親、岡田健史です

ストーリーは血のつながらない父と娘の家庭と、血のつながらない母と娘の家庭から始まります

優子は血のつながらない父を「森宮さん」と呼び、それでも仲睦まじく暮らしている
一方の家庭で、梨花は、何度も夫を変えて自由奔放に生きている。泣き虫の娘”みぃたん”に愛情を目いっぱいかけて育てている。

この物語は途中で交差します。

私も途中で、あら、もしかして、、、って思います

正直、この作品はファンタジーです。この世知辛い世の中で、こういうファンタジーみたいな話があってもいいじゃないか、、という目で見てください。

一番のお人よしは市村正親演じる泉ケ原さんです。こんな愛情あふれる人がいるわけないけど、いたらみんなが幸せになれます(笑

みんながいい人なんで、安心して見れます。

瀬尾まいこさんの原作で、どうも少しストーリーは変えてあるみたいです
この映画を見てから、図書館で彼女の作品を借りましたが、2作とも”新しい形”の家庭を描いていました。

この作品は新しい家庭の形と、それでも確実に渡されていく”バトン”の話です

この”バトン”だけは、どういう風に家庭の形が変わっても、きちんと渡していかなければいけないものだと思いました。

号泣、、とはいきませんでしたが(ちょっと梨花の行為が許せないところもある)、ちょっとだけ心が温かくなる作品でした


凄く良かったです。

投稿日

2022/04/29

レビュアー

take

面白いです。
良かったです
永野さん、カワイイ 田中さんとの話 素敵
みやすかったです。

1〜 5件 / 全19件