1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ホラーのDVDレンタル
  5. キャンディマン(2021)

キャンディマン(2021)

キャンディマン(2021)の画像・ジャケット写真

キャンディマン(2021) / ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世

全体の平均評価点:(5点満点)

8

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

準新作

ジャンル :

「キャンディマン(2021)」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

準新作

解説・ストーリー

1992年の同名ホラー映画の続編として、「ゲット・アウト」「アス」のジョーダン・ピールが製作・脚本を務めて現代に甦らせたスラッシャー・ホラー。忌まわしいキャンディマンの都市伝説をモチーフに、その謎を追う主人公を待ち受ける戦慄の恐怖を描く。主演は「シカゴ7裁判」のヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世。監督は、これが長編2作目の新鋭ニア・ダコスタ。シカゴの公営住宅“カブリーニ・グリーン”地区には、鏡に向かってキャンディマンと5回唱えると、右手に大きなフックが付いた殺人鬼が現れ殺されるという不気味な都市伝説が語り継がれていた。都市開発によって今や高級住宅地となったカブリーニ・グリーンに引っ越してきたヴィジュアル・アーティストのアンソニーは、町の都市伝説に興味を持ち、キャンディマンの謎を追い始めるが…。 JAN:4550510005034

「キャンディマン(2021)」 の作品情報

作品情報

製作年:

2021年

製作国:

アメリカ

原題:

CANDYMAN

「キャンディマン(2021)」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ザ・ナースキラー

オーディション2

愛撫(あいぶ) ヘア無修正版

リベンジ・キラー

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

悪のヒーロー「キャンディマン」 ネタバレ

投稿日:2022/03/01 レビュアー:アーモンド

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

黒人の虐げられた歴史→メッセージ性が濃く出た作品

2021年(アメリカ)監督:ニア・ダコスタ。原作:クライヴ・カーターの小説「禁じられた場所」
キャンディマン」1992をベースに、こんなメッセージをホラーに仕上げて来る、
流石のジョーダン・ピールの製作と脚本。 
まさかまさかの続編でした。
はじめ、中盤、ラストと3回出てくる《影絵》
(それも操り人形の影絵です)
最初の影絵は1992年作品の主人公のヘレン・ライルが黒人の居住するアパートに
踏み込んだ事により、大型犬の首を切り落とした犯人にされる。
そしてキャンディマンの傀儡(かいらい=あやつり人形)として殺人事件の犯人に祭り上げられる・・
までをコンパクトに説明する。
「キャンディマン」が誰なのか?という問い?の答えが中盤の影絵。
実はキャンディマン、
彼は1890年。肖像画家だった青年が、モデルに描いた白人令嬢を愛して、
彼女を妊娠させます。
怒った白人たちは彼をリンチにして、右手首を切り落とし、
その手首に鉄の鉤爪をくっ付けた。
そして蜂に襲わせて、彼を焼き殺した。
その男が「キャンディマン」でした。

鏡に向かって5回、キャンディマン!キャンディマン!・・・
と、叫ぶと彼が出てきて殺人がはじまる。
前作より《白人vs黒人》が話の中心にデーンときます。
長い歴史で黒人は虐げられてきたんだ。
そのメッセージですね。
主人公のアンソニー・マッコイ(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世)
新進アーティストの役です。
実は彼こそ、前作のヒロイン・ヘレン・ライルが命と引き換えに助けた赤ん坊なのでした。
その彼が、この続編では成人して主人公になっている。
シカゴのカブリーニ・グリーンという高層住宅は、黒人のスラム街を立ち退かせて壊して
作った高級マンションなのですね。
ともかくジョーダン・ピールですよ。
キャンディマンが明白な悪のヒーローに変わってます。
「ゲット・アウト」や「アス」の流れを受け継ぐ作品。
スタイリッシュに高級感溢れる映像やインテリア、富裕黒人層を描きながら、
その分断たるや恐るべしです。
その根底を流れる思想は、黒人対白人は、
食うか、食われるか!
殺すか、殺されるか!
で、かなり暴力的です。

伝えて行け!語り継げ!!
(黒人の歴史を・・・そう告げていました)

前作に較べて娯楽性はやや薄いと思います。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

なんじゃこりゃ?意味不明

投稿日:2022/03/08 レビュアー:飛べない魔女

1992年のキャンディマンを見ていないと楽しめないのでしょうか?
結局、キャンディマンって何よ?誰なのよ?
ってな感じで頭の中は?マークのオンパレードになって終了。
正直、全然面白くなかったです。

鏡の前で《キャンディマン》と5回言ったら、キャンディマンが突然現れて殺される、
ということで、たくさん人が殺されます。
突然現れるキャンディマン。
あんたどこから登場したの?
なんで殺すの?
前作を見ていたなら、そんな疑問も払拭されたのでしょうか?

最後の言葉も意味不明。
なんのこっちゃ?
何がしたかったの?

それにしても蜂にさされて、あんなにただれちゃってたら
普通は直ぐに病院行くでしょ!とツッコミいれましたよ。
で、言ったら死ぬよ、っていうのに確かめたくて言っちゃうのは
人間のサガだよね、と思いました。
私は絶対言わないけどね(笑)

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

端正な映像、印象的なショット…だが、怖くない…

投稿日:2022/03/21 レビュアー:コタロウ(!)

米国イリノイ州シカゴのカブリーニ・グリーンは、かつて多くの黒人が居住する公営住宅だった。
現在は再開発によって高層ビルや洒落たマンションが建っており、古びた居住区を僅かに残すのみである。
黒人画家アンソニーはカブリーニ・グリーンを新作のテーマに決め、居住区を訪れた。
彼は、住人バークが語った「キャンディマン」に触発され、作品制作に没頭していく…

1992年制作「キャンディマン」に連なる作品。
ニア・ダコスタ監督、製作・脚本にジョーダン・ピールが携わっている。
「鏡の前で、キャンディマンと5回唱えると、彼が現れて殺しに来る」という都市伝説の恐怖を描く。
かなりの人数がキャンディマンの犠牲になるが「恐ろしい…」という気持ちにならない。
彼が右手に装着した鉤爪で人々を切り裂くシーンは、やけに淡々としている。
コンパクトの小さな鏡越し、遠くに見える建物の窓越し、車の曇った窓越しに見える惨劇は、他人事にしか見えない。
まあ、他人事だが…
一方、アンソニーの重篤な皮膚疾患は熱心に描かれていた。おぉぉぉ…

カブリーニ・グリーンはシカゴに実在している。
低所得者層の居住区が再開発によって高級化すること(ジェントリフィケーション)で生じる問題、
黒人が受けてきた差別の歴史などが、本作を通じて訴えられている。それは良い。
しかし、上記の問題、キャンディマンは虐げられてきた黒人の象徴である等々、
主張のほとんどがセリフで説明されているため説教臭い。すまぬ。
居住区でレイプや銃撃被害に遭った児童の名が挙げられ、
私刑で殺害された黒人男性、死刑判決を受けた黒人少年を表す影絵も登場する。
やるせない…

アンソニーの恋人で画廊経営者のブリアナは、物心両面で彼を支えている。
彼女はカブリーニ・グリーンの再開発地域に素敵な部屋を手に入れ、アンソニーと暮らす。
ブリアナは企画展で注目され、美術業界で成功しつつある黒人女性だ。
彼女はキャンディマンと縁のない人生を送れるだろうか。ブリアナに幸あれ。

回想シーン(前作の概要、かつて白人に惨殺された黒人たち等)は、影絵で表現されている。
悲しく惨たらしい出来事が幻想的に描かれ、本編よりも印象に残った。
映像は端正で美しい。高層建築や夜の鉄道駅のショットは忘れ難い。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

先端恐怖ショー

投稿日:2022/03/06 レビュアー:ビンス

90年代に公開された
キャンディマンは観たことがあります。
ストーリーの細部は忘れてしまいましたが
鏡の前で名前を5回唱えると現れることや
キャンディマンを演じたトニー・トッドの存在感の凄さ
ヴァージニア・マドセンが出ていたことは
記憶に残っていました。
この2021年度版は
90年代版のリメイクだと認識して観ましたが
観ていると
リメイクのようでありながらも
続編的要素も多くあり
(実際にストーリーは繋がりがある)
その中間という位置づけのように感じました。
どちらとも言えないのは
どちらにもヴァージニア・マドセンが出演(別人役)しているからです。
で、肝心の出来栄えは
90年代版に軍配が上がります。
正直こちらはつまらなかったです。
こねくりまわしすぎてスッキリしないというか
もっと「ザ・ホラー」に傾いても良かったと思います。
キャンディマンにも
90年代版ほどのインパクトがありませんでした。
やはりトニー・トッドの顔面力を惜しみなく発揮した
90年代版キャンデイマンは
単純に怖かったです。
インパクトも大でした。
2021年度版は怖さより「おっさん」感が勝ってました。
その後のキャンディマンは「イケメン」感が勝ってました。
様々な要素を含んでいたとしても
キャンディマンというキャラクターの先端(トップ)は
「恐怖」であってほしいです。
おっさんでもイケメンでもダメなんです。
先端恐怖ショーであってほしいんです。
あと単純に
ハチに刺された箇所が
あんな感じになったなら
はよう病院行けって思います。
まずやることあんだろ
病院行け、です。
あそこまでほっとく感覚が理解できません。
これは保険に加入してないとか
日本と保険に対する考え方や制度が違う
売れる前の芸術家故に金がないなどの理由もあるのか?
それとも
ホラー映画に登場するキャラクターの多くは
そういった理解できない行動をしますが
これはその時点で既に
体に異変が生じているということなのでしょうか。
良いように解釈すればってことですけど・・・・・

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

影絵の焼死

投稿日:2022/04/04 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0


こちらは「ハロKIL」よりも意識高い系かな あジェーブラでなくて
ジョーダンピールか いやこの2人はごっちゃになるね 文句なく
優秀な娯楽映画「US」の次はどうなるで なあんだジョーダンは
本と製作だけなんだあ ちょい不安だね

ルックはまあ良しとして デザイン処理もすかしたものだ ギョギョ
音楽が先端音楽では有名なロバートアイキオウブリーロウだよ
君 当然知ってるよね え知らない ぷ

なんせ主人公はシカゴアートシーンの黒人芸術家とは盛ったね ぷ
けスノッブじゃあん そんなモダンデザインなホラー美学と都市伝説
のどろーんとしたとこの全体を黒人差別問題圏として描いている
わけだが まともに出ちゃうとちょっと扱いずらいわね

鏡のホラーであり ドッペルなので やはりUSの方がいかに秀れた
演出であったかを証明しちゃった様な作品ですにゃ さてジョーダン
の監督としての次回作は「ノープ」と言うそうで そちら期待で
星一つおまけ

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全8件

キャンディマン(2021)

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:8件

悪のヒーロー「キャンディマン」

投稿日

2022/03/01

レビュアー

アーモンド

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

黒人の虐げられた歴史→メッセージ性が濃く出た作品

2021年(アメリカ)監督:ニア・ダコスタ。原作:クライヴ・カーターの小説「禁じられた場所」
キャンディマン」1992をベースに、こんなメッセージをホラーに仕上げて来る、
流石のジョーダン・ピールの製作と脚本。 
まさかまさかの続編でした。
はじめ、中盤、ラストと3回出てくる《影絵》
(それも操り人形の影絵です)
最初の影絵は1992年作品の主人公のヘレン・ライルが黒人の居住するアパートに
踏み込んだ事により、大型犬の首を切り落とした犯人にされる。
そしてキャンディマンの傀儡(かいらい=あやつり人形)として殺人事件の犯人に祭り上げられる・・
までをコンパクトに説明する。
「キャンディマン」が誰なのか?という問い?の答えが中盤の影絵。
実はキャンディマン、
彼は1890年。肖像画家だった青年が、モデルに描いた白人令嬢を愛して、
彼女を妊娠させます。
怒った白人たちは彼をリンチにして、右手首を切り落とし、
その手首に鉄の鉤爪をくっ付けた。
そして蜂に襲わせて、彼を焼き殺した。
その男が「キャンディマン」でした。

鏡に向かって5回、キャンディマン!キャンディマン!・・・
と、叫ぶと彼が出てきて殺人がはじまる。
前作より《白人vs黒人》が話の中心にデーンときます。
長い歴史で黒人は虐げられてきたんだ。
そのメッセージですね。
主人公のアンソニー・マッコイ(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世)
新進アーティストの役です。
実は彼こそ、前作のヒロイン・ヘレン・ライルが命と引き換えに助けた赤ん坊なのでした。
その彼が、この続編では成人して主人公になっている。
シカゴのカブリーニ・グリーンという高層住宅は、黒人のスラム街を立ち退かせて壊して
作った高級マンションなのですね。
ともかくジョーダン・ピールですよ。
キャンディマンが明白な悪のヒーローに変わってます。
「ゲット・アウト」や「アス」の流れを受け継ぐ作品。
スタイリッシュに高級感溢れる映像やインテリア、富裕黒人層を描きながら、
その分断たるや恐るべしです。
その根底を流れる思想は、黒人対白人は、
食うか、食われるか!
殺すか、殺されるか!
で、かなり暴力的です。

伝えて行け!語り継げ!!
(黒人の歴史を・・・そう告げていました)

前作に較べて娯楽性はやや薄いと思います。

なんじゃこりゃ?意味不明

投稿日

2022/03/08

レビュアー

飛べない魔女

1992年のキャンディマンを見ていないと楽しめないのでしょうか?
結局、キャンディマンって何よ?誰なのよ?
ってな感じで頭の中は?マークのオンパレードになって終了。
正直、全然面白くなかったです。

鏡の前で《キャンディマン》と5回言ったら、キャンディマンが突然現れて殺される、
ということで、たくさん人が殺されます。
突然現れるキャンディマン。
あんたどこから登場したの?
なんで殺すの?
前作を見ていたなら、そんな疑問も払拭されたのでしょうか?

最後の言葉も意味不明。
なんのこっちゃ?
何がしたかったの?

それにしても蜂にさされて、あんなにただれちゃってたら
普通は直ぐに病院行くでしょ!とツッコミいれましたよ。
で、言ったら死ぬよ、っていうのに確かめたくて言っちゃうのは
人間のサガだよね、と思いました。
私は絶対言わないけどね(笑)

端正な映像、印象的なショット…だが、怖くない…

投稿日

2022/03/21

レビュアー

コタロウ(!)

米国イリノイ州シカゴのカブリーニ・グリーンは、かつて多くの黒人が居住する公営住宅だった。
現在は再開発によって高層ビルや洒落たマンションが建っており、古びた居住区を僅かに残すのみである。
黒人画家アンソニーはカブリーニ・グリーンを新作のテーマに決め、居住区を訪れた。
彼は、住人バークが語った「キャンディマン」に触発され、作品制作に没頭していく…

1992年制作「キャンディマン」に連なる作品。
ニア・ダコスタ監督、製作・脚本にジョーダン・ピールが携わっている。
「鏡の前で、キャンディマンと5回唱えると、彼が現れて殺しに来る」という都市伝説の恐怖を描く。
かなりの人数がキャンディマンの犠牲になるが「恐ろしい…」という気持ちにならない。
彼が右手に装着した鉤爪で人々を切り裂くシーンは、やけに淡々としている。
コンパクトの小さな鏡越し、遠くに見える建物の窓越し、車の曇った窓越しに見える惨劇は、他人事にしか見えない。
まあ、他人事だが…
一方、アンソニーの重篤な皮膚疾患は熱心に描かれていた。おぉぉぉ…

カブリーニ・グリーンはシカゴに実在している。
低所得者層の居住区が再開発によって高級化すること(ジェントリフィケーション)で生じる問題、
黒人が受けてきた差別の歴史などが、本作を通じて訴えられている。それは良い。
しかし、上記の問題、キャンディマンは虐げられてきた黒人の象徴である等々、
主張のほとんどがセリフで説明されているため説教臭い。すまぬ。
居住区でレイプや銃撃被害に遭った児童の名が挙げられ、
私刑で殺害された黒人男性、死刑判決を受けた黒人少年を表す影絵も登場する。
やるせない…

アンソニーの恋人で画廊経営者のブリアナは、物心両面で彼を支えている。
彼女はカブリーニ・グリーンの再開発地域に素敵な部屋を手に入れ、アンソニーと暮らす。
ブリアナは企画展で注目され、美術業界で成功しつつある黒人女性だ。
彼女はキャンディマンと縁のない人生を送れるだろうか。ブリアナに幸あれ。

回想シーン(前作の概要、かつて白人に惨殺された黒人たち等)は、影絵で表現されている。
悲しく惨たらしい出来事が幻想的に描かれ、本編よりも印象に残った。
映像は端正で美しい。高層建築や夜の鉄道駅のショットは忘れ難い。

先端恐怖ショー

投稿日

2022/03/06

レビュアー

ビンス

90年代に公開された
キャンディマンは観たことがあります。
ストーリーの細部は忘れてしまいましたが
鏡の前で名前を5回唱えると現れることや
キャンディマンを演じたトニー・トッドの存在感の凄さ
ヴァージニア・マドセンが出ていたことは
記憶に残っていました。
この2021年度版は
90年代版のリメイクだと認識して観ましたが
観ていると
リメイクのようでありながらも
続編的要素も多くあり
(実際にストーリーは繋がりがある)
その中間という位置づけのように感じました。
どちらとも言えないのは
どちらにもヴァージニア・マドセンが出演(別人役)しているからです。
で、肝心の出来栄えは
90年代版に軍配が上がります。
正直こちらはつまらなかったです。
こねくりまわしすぎてスッキリしないというか
もっと「ザ・ホラー」に傾いても良かったと思います。
キャンディマンにも
90年代版ほどのインパクトがありませんでした。
やはりトニー・トッドの顔面力を惜しみなく発揮した
90年代版キャンデイマンは
単純に怖かったです。
インパクトも大でした。
2021年度版は怖さより「おっさん」感が勝ってました。
その後のキャンディマンは「イケメン」感が勝ってました。
様々な要素を含んでいたとしても
キャンディマンというキャラクターの先端(トップ)は
「恐怖」であってほしいです。
おっさんでもイケメンでもダメなんです。
先端恐怖ショーであってほしいんです。
あと単純に
ハチに刺された箇所が
あんな感じになったなら
はよう病院行けって思います。
まずやることあんだろ
病院行け、です。
あそこまでほっとく感覚が理解できません。
これは保険に加入してないとか
日本と保険に対する考え方や制度が違う
売れる前の芸術家故に金がないなどの理由もあるのか?
それとも
ホラー映画に登場するキャラクターの多くは
そういった理解できない行動をしますが
これはその時点で既に
体に異変が生じているということなのでしょうか。
良いように解釈すればってことですけど・・・・・

影絵の焼死

投稿日

2022/04/04

レビュアー

裸足のラヴァース 2.0


こちらは「ハロKIL」よりも意識高い系かな あジェーブラでなくて
ジョーダンピールか いやこの2人はごっちゃになるね 文句なく
優秀な娯楽映画「US」の次はどうなるで なあんだジョーダンは
本と製作だけなんだあ ちょい不安だね

ルックはまあ良しとして デザイン処理もすかしたものだ ギョギョ
音楽が先端音楽では有名なロバートアイキオウブリーロウだよ
君 当然知ってるよね え知らない ぷ

なんせ主人公はシカゴアートシーンの黒人芸術家とは盛ったね ぷ
けスノッブじゃあん そんなモダンデザインなホラー美学と都市伝説
のどろーんとしたとこの全体を黒人差別問題圏として描いている
わけだが まともに出ちゃうとちょっと扱いずらいわね

鏡のホラーであり ドッペルなので やはりUSの方がいかに秀れた
演出であったかを証明しちゃった様な作品ですにゃ さてジョーダン
の監督としての次回作は「ノープ」と言うそうで そちら期待で
星一つおまけ

1〜 5件 / 全8件