1秒先の彼女の画像・ジャケット写真

1秒先の彼女 / リウ・グァンティン

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

準新作

ジャンル :

「1秒先の彼女」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

準新作

解説・ストーリー

「熱帯魚」「ラブ ゴーゴー」のチェン・ユーシュン監督が贈るファンタジー・ラブコメディ。何ごともワンテンポ早すぎるヒロインとワンテンポ遅い青年を主人公に、バレンタインの1日が消えた謎を巡って、それぞれの視点から描かれる予測不能の物語がユーモラスかつハートウォーミングに綴られていく。主演はリウ・グァンティンとリー・ペイユー。郵便局で働くアラサー女子のシャオチーは、何をするにもワンテンポ早いせいで冴えない人生を送っていた。そんなある日、イケメン男子にバレンタインのデートに誘われるシャオチー。ところが、なぜかバレンタインの翌日に目を覚まし、大切な1日が消えてしまったことに気づき大混乱。どうやら、毎日郵便局にやってくるバス運転手の青年グアタイが何かカギを握っているらしいのだが…。 JAN:4571519903855

「1秒先の彼女」 の作品情報

作品情報

製作年:

2020年

製作国:

台湾

原題:

消失的情人節/MY MISSING VALENTINE

「1秒先の彼女」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

恋人たちのハーブ館

無聲 The Silent Forest

花ざかりの君たちへ〜花様少年少女〜

靴に恋する人魚

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

バレンタインが消えてしまった?

投稿日:2022/02/10 レビュアー:くまげらの森


いいねぇ〜。これは良かった。幸せな気分になりました。

(2020年制作・台湾)チェン・ユーシュン監督
映像表現に面白さがある、と聞いていたので期待しました。
でも、(人よりワンテンポ早く行動する)というシャオチーは、せっかちなだけで
美人でもない30女だし、郵便局の窓口の仕事もテキトーに見える。
失敗したかなぁ、コレ。と思いましたさ。
ま、30分くらいは、さして面白くはなかったんですよ。

と・こ・ろ・が!!
ナレーションが変わって、人よりワンテンポ遅いグアタイの、
「消えたバレンタインディ」のナゾまで、過去からの物語が始まります。
とても優しい子供だったシャオチーとグアタイ。
グアタイは、離れてもシャオチーを忘れずにいますが、シャオチーの方は
すっかり脳裏から消えていた・・

ファンタジック・コメディですが、泣けます。
最後にはもう、シャオチーが素晴らしい美人!に見えました。
(これも映像マジックだろうか)
台湾の海のロケーションもステキ♪
ちなみに、1秒遅れてる彼からみると、「2秒先の彼女」だよねぇ。
そんなこたぁ、どうでもよいか!オススメ!!

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

とても映画的なファンタジー

投稿日:2022/03/12 レビュアー:icy

素晴らしい。ストーリーの運び方もミステリーの仕掛けも単純ながら深みがあり、あり得ない世界を自然に見せながら温かい気持ちにさせてくれる。極上のファンタジー。
なかなかまくいかないことに悩まされつつそこそこ真面目に生きている人たちには特に感じ入るところがあるだろう。涙がどっと溢れるタイミングは悲しみのさなかではなく、無意識に張り詰めた緊張の糸が切れて安心した一瞬なのだ。あの涙には深く共感する。
見終わってから、シャオチーの失踪したお父さんや元気者のお母さんも色んな気持ちを抱えて生きてきたんだろうなと思ったりした。邦題は上手くつけたと思う。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

早送りし過ぎの俺

投稿日:2022/02/22 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

うひゃ こりゃ大失敗 評判が良いので借りたんだけど 2時間もあって面白いけど さすがに1時間で
ちょい飽きてきて早送り開始 そこで何とカレシが代わり 1秒の意味もようやくわかって これ
良いじゃんと思うも後の祭り 早送りは良い映画である事も実はわかるんですよと いい加減か そりゃ

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

台湾では、7月7日は 恋人と過ごす日なのですね。

投稿日:2022/02/14 レビュアー:ホラーは観ないKEN

< ストーリー >
台湾の郵便局で働くシャオチー♀は、
公園でダンスを教えるリウ♂と出会い、
7月7日のバレンタインデー(台湾では7月7日もバレンタインデーらしい)に
デートをする約束をします。
そして7月7日の朝になり、リウとの待ち合わせ場所に向かうバスに乗ったのですが、
ふと気付くと7月8日の朝になっていました。
いったい、7月7日に何が起こったのでしょうか?

(台湾の7月7日は、日本の12月24日みたいに 恋人と過ごす日なのですね)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

前半は訳が分かりませんが、後半では 何が起きたのかが分かってきます。
素敵なお話でした。

以下、ネタバレ(?)です。



この映画を見た人にしか分からないでしょうけれど、
貯金をしている人と、貯金も借金も無い人と、借金をしている人の差ですね。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

盗まれた?バレンタインデー

投稿日:2022/04/11 レビュアー:daichan

台湾映画。高架から無数のバイクが降りてくる。この迫力は日本では見られない。いっぽうで、ヒロインのシャオチーが勤める郵便局は日本とそっくり。整理券番号の呼び出し音もどこかで聞いたことのあるような。受付カウンターを担当するのは、シャオチー、彼氏がいるカワイ子ちゃん、どっから連れてきたん?というくらいハマり役のハイミスの3人。シャオチーは30歳、ハイミス横目に婚期を逃しかけている「ちょうどいいブス」という設定なのだが、バレンタインデー直前、幸運にもイケメン弁当男子をゲットする。バレンタインデーは台湾では「情人節」と呼ばれていて(2月14日と7月7日の2回)、日本と同じくどちらもカップルにはワクワク、フリーの人にはプレッシャー、であるらしい。そのバレンタインデーが1日盗まれてしまうというミステリー、ファンタジー、アンド涙そうそうの物語。くまげらの森さんがおっしゃるとおり、最後にはシャオチーがすっごく可愛く見えてきました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全7件

1秒先の彼女

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

バレンタインが消えてしまった?

投稿日

2022/02/10

レビュアー

くまげらの森


いいねぇ〜。これは良かった。幸せな気分になりました。

(2020年制作・台湾)チェン・ユーシュン監督
映像表現に面白さがある、と聞いていたので期待しました。
でも、(人よりワンテンポ早く行動する)というシャオチーは、せっかちなだけで
美人でもない30女だし、郵便局の窓口の仕事もテキトーに見える。
失敗したかなぁ、コレ。と思いましたさ。
ま、30分くらいは、さして面白くはなかったんですよ。

と・こ・ろ・が!!
ナレーションが変わって、人よりワンテンポ遅いグアタイの、
「消えたバレンタインディ」のナゾまで、過去からの物語が始まります。
とても優しい子供だったシャオチーとグアタイ。
グアタイは、離れてもシャオチーを忘れずにいますが、シャオチーの方は
すっかり脳裏から消えていた・・

ファンタジック・コメディですが、泣けます。
最後にはもう、シャオチーが素晴らしい美人!に見えました。
(これも映像マジックだろうか)
台湾の海のロケーションもステキ♪
ちなみに、1秒遅れてる彼からみると、「2秒先の彼女」だよねぇ。
そんなこたぁ、どうでもよいか!オススメ!!

とても映画的なファンタジー

投稿日

2022/03/12

レビュアー

icy

素晴らしい。ストーリーの運び方もミステリーの仕掛けも単純ながら深みがあり、あり得ない世界を自然に見せながら温かい気持ちにさせてくれる。極上のファンタジー。
なかなかまくいかないことに悩まされつつそこそこ真面目に生きている人たちには特に感じ入るところがあるだろう。涙がどっと溢れるタイミングは悲しみのさなかではなく、無意識に張り詰めた緊張の糸が切れて安心した一瞬なのだ。あの涙には深く共感する。
見終わってから、シャオチーの失踪したお父さんや元気者のお母さんも色んな気持ちを抱えて生きてきたんだろうなと思ったりした。邦題は上手くつけたと思う。

早送りし過ぎの俺

投稿日

2022/02/22

レビュアー

裸足のラヴァース 2.0

うひゃ こりゃ大失敗 評判が良いので借りたんだけど 2時間もあって面白いけど さすがに1時間で
ちょい飽きてきて早送り開始 そこで何とカレシが代わり 1秒の意味もようやくわかって これ
良いじゃんと思うも後の祭り 早送りは良い映画である事も実はわかるんですよと いい加減か そりゃ

台湾では、7月7日は 恋人と過ごす日なのですね。

投稿日

2022/02/14

レビュアー

ホラーは観ないKEN

< ストーリー >
台湾の郵便局で働くシャオチー♀は、
公園でダンスを教えるリウ♂と出会い、
7月7日のバレンタインデー(台湾では7月7日もバレンタインデーらしい)に
デートをする約束をします。
そして7月7日の朝になり、リウとの待ち合わせ場所に向かうバスに乗ったのですが、
ふと気付くと7月8日の朝になっていました。
いったい、7月7日に何が起こったのでしょうか?

(台湾の7月7日は、日本の12月24日みたいに 恋人と過ごす日なのですね)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

前半は訳が分かりませんが、後半では 何が起きたのかが分かってきます。
素敵なお話でした。

以下、ネタバレ(?)です。



この映画を見た人にしか分からないでしょうけれど、
貯金をしている人と、貯金も借金も無い人と、借金をしている人の差ですね。

盗まれた?バレンタインデー

投稿日

2022/04/11

レビュアー

daichan

台湾映画。高架から無数のバイクが降りてくる。この迫力は日本では見られない。いっぽうで、ヒロインのシャオチーが勤める郵便局は日本とそっくり。整理券番号の呼び出し音もどこかで聞いたことのあるような。受付カウンターを担当するのは、シャオチー、彼氏がいるカワイ子ちゃん、どっから連れてきたん?というくらいハマり役のハイミスの3人。シャオチーは30歳、ハイミス横目に婚期を逃しかけている「ちょうどいいブス」という設定なのだが、バレンタインデー直前、幸運にもイケメン弁当男子をゲットする。バレンタインデーは台湾では「情人節」と呼ばれていて(2月14日と7月7日の2回)、日本と同じくどちらもカップルにはワクワク、フリーの人にはプレッシャー、であるらしい。そのバレンタインデーが1日盗まれてしまうというミステリー、ファンタジー、アンド涙そうそうの物語。くまげらの森さんがおっしゃるとおり、最後にはシャオチーがすっごく可愛く見えてきました。

1〜 5件 / 全7件