No.112 RANKING

すべてが変わった日

すべてが変わった日の画像・ジャケット写真

すべてが変わった日 / ダイアン・レイン

全体の平均評価点:(5点満点)

11

全体の平均評価点:

DVD

準新作

ジャンル :

「すべてが変わった日」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

準新作

解説・ストーリー

ダイアン・レインとケヴィン・コスナーがDV家族のもとから幼い孫を奪還しようとする祖父母夫婦を演じるサスペンス・ドラマ。共演はレスリー・マンヴィル、ケイリー・カーター。監督は「幸せのポートレート」のトーマス・ベズーチャ。1963年、モンタナ州。元保安官のジョージと妻のマーガレットは、息子夫婦と生まれたばかりの孫ジミーと幸せに暮らしていた。しかし息子はある日、落馬事故で帰らぬ人となってしまう。3年後、息子の妻だったローナはドニー・ウィーボーイという若者と再婚、ジミーとともに町を出てノースダコタ州にあるドニーの実家へ行ってしまう。しかしドニーがローナに暴力を振るう現場を目撃したマーガレットは、渋るジョージを押し切り、2人でローナとジミーを取り戻す旅へと出るのだったが…。 JAN:4988102994204

「すべてが変わった日」 の作品情報

作品情報

製作年:

2020年

製作国:

アメリカ

原題:

LET HIM GO

「すべてが変わった日」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ジャック

愛にふるえて

ザ・シークレットマン

家族の庭

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

名優2人(ケビンとダイアン)の魅力に、筋の荒さが帳消しに(笑)

投稿日:2022/01/03 レビュアー:アーモンド

ケビン・コスナーとダイアン・レイン。
上手に歳を重ねましたね。いぶし銀の魅力です。
映画は無法者をこらしめる元保安官夫婦・・・。
西部劇テイストのスリラー。

1963年。モンタナで牧場経営をするジョージ(ケビン・コスナー)と、
マーガレット(ダイアン・レイン)の老夫婦。
不慮の事故で一人息子を亡くして3年後。
嫁のローナは孫のジミーを連れて再婚する。
相手のドニー・ウィーボーイがローナとジミーに手をあげるのを目撃したマーガレット。
訪ねて行くと3人はドニーの実家のあるノースダコタ州へ越してしまっていた。

「ジミーを取り返す」
言い出したら聞かないマーガレット。
渋々だが優しく従うジョージ。
この映画、主演はダイアン・レインなんですよ。
じゃじゃ馬の美しい妻にメロメロのジョージ。
寡黙だけど、妻の望みは、絶対に叶える・・・ケビン・コスナーが渋くて最高です。
(やはり究極のボディガード役)
ノースダコタへの道中もロードムービー風。
景色もお2人も、絵になる絵になる。
2人を観てるだけで十分に幸せな気分です。

ところが再婚相手のドニーの実家。
ドニーの母親ブランチ・ウィーボーイ(レスリー・マンビル)は、一族のゴッド・マザー。
4人のならず者の息子を、暴力と支配力で意のままに操るブランチ。
ウィーボーイ家は狂気の館。
孫のジミーは完璧に萎縮して痩せ細っている。
嫁のローナは、「逃げたらブランチに殺される」と怯える。

この辺りから、物語が急激に動き出す。
ゴッドマザーのブランチは、ジョージを威圧し脅す・・・恐ろしい暴力で・・・。
ブランチは町の保安官まで手なずけて、ジョージとマーガレットは絶体絶命!!

ここからは怒涛の展開。
炎と血のバイオレンス!!
ショットガンが炸裂する!!
(裸馬に乗るマーガレットと従者のような先住民ピーター。)
(どこまでも西部劇です。)

終わってみれば、これで本当に良かったの?
これで幸せになれるの?
ラストに呆気に取られ茫然!!

てなことは、もうどうでも良くなっています(笑)
それだけ名優、ダイアン・レインとケビン・コスナーの自然な演技が素晴らしい。
2020年(アメリカ)
監督は「幸せのポートレート」のトーマス・べズーチャ。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

後半になるに従ってバイオレンス映画へと変貌する

投稿日:2022/02/07 レビュアー:hinakksk

 主演のダイアン・レインもケビン・コスナーも好きな俳優なので、この映画を観ないという選択肢はなかったのだけれど、後半は苦手なバイオレンス映画へと変わってしまって、気分がすごく落ち込んでしまう。馬の安楽死の場面があるというだけでも嫌なのに、その方法さえもトラウマになってしまいそうだ。「壮絶な暴力」と解説にあって、最近やっと恐る恐る観た、アクションに近い「Mrノーバディ」なんかよりも、この映画の方がある意味ずっと陰湿な暴力で、凄惨で残酷だ。

 ふたりが演じるブラックリッジ夫妻は、苦楽を共にし歳を重ねて、互いを理解し合っている、とても素敵な初老の夫婦。特にケビン・コスナーは、愛情深く、落ち着きがあり、冷静な判断のできる夫ジョージを自然体で演じ、じつに渋い。ところが、妻マーガレットの人物像や自分中心の考え方や思い込みの強い行動には全く共感できない。それなのに演じているダイアン・レイン自身はとても綺麗で魅力的で惹きつけられてしまうので、好演しているのに、観ている方は両極の印象に引き裂かれて、落ち着けない。

 牧場を経営するブラックリッジ一家は、夫妻と息子ジェームズ、その妻ローナ、生まれて間もない赤ちゃんと幸せに暮らしている。ところが息子のジェームズが落馬事故で死亡、その3年後にローナは、どこか素性の怪しげなドニーという青年と3歳になった息子のジミーを連れて再婚してしまう。お湯が熱すぎるとローナを咎めて、彼女の手から赤ちゃんを取り上げ自分で沐浴させるような、孫を溺愛するお節介な義母のいる家で、夫亡き後一緒に暮らすのはローナにとってさぞかし窮屈だったのではないだろうか。マーガレットにはそういった自省の念など全くない。

 偶然ドニーがジミーとローナに暴力を振るう場面を目撃しても、マーガレットの念頭にあるのは、孫のジミーを取り戻すということだけで、母親ローナのことを思いやったりはしない。(映画のこんな結末では、ローナは果たしてこれから幸せに暮らせるのだろうか。)義実家に挨拶もなくドニー一家が転居してしまったので、マーガレットは孫のジミーを義父の暴力から救い出さなければと夫に力説し、最初は諫めたジョージも、絶対取り戻すという妻の熱意に根負けしてしまう。ドニーの実家にたどり着くまでの道中は、雄大な自然風景が美しく、比較的穏やかに進行する。

 ところが次第に不気味な気配が漂うようになり、はるばるモンタナ州から訪れたノースダコタのドニーの実家は殺伐として、異常とも思える高圧的な母親ブランチが屈強な男たちを従えて君臨する、狂気と暴力に支配された家だった。逃げ出したりしたらブランチに殺されてしまうとローナは怯えている。ジミーをこの家から救い出すには、暴力には暴力でという展開にならざるを得ない。反対していたジョージも否応なしに巻き込まれ、むしろ積極的に関わるようになっていく。

 母親の存在を無視して幼い孫を取り戻そうとしたマーガレットの行動が、破滅的な暴力による決着になってしまうことに、何となく釈然としない気分になる。親権をめぐる裁判などではなく、暴力というシンプルな形で、この映画もまた、どんな手段を使っても家族を守ろうとする犠牲的で英雄的な父親像を示したかったのだろうか。もやもやとした思いが残る。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

殺伐とした荒野にて、孫を取り戻すために戦う夫婦

投稿日:2022/03/11 レビュアー:飛べない魔女

ダイアン・レインの老け方が上手だった。
ケビン・コスナーはさすがにお爺さんになったなぁ、と思ったが
でもやっぱりこの方は年をとっても素敵。
モンタナで親子3代で暮らすブラックリッジ家に突然息子の死という悲劇が。
3年後、嫁のローナはドニー・ウィーボーイと再婚し、ブラックリッジ家を離れる。
ドニーの暴力的な行為を目撃したマーガレット(ダイアン)は
孫のジミーを自分たちの手で育てたいと強く願い
渋る夫(ケビン)を説得し、遠くノースダコタまで車を走らせるのだ。

前半は、夫婦の旅のロードムービーなのかな、と思わせておいて
とんでもない、そんな甘いものではなかった。
後半は怒涛のバイオレンスと化していく。
ハラハラして目を背けたくなるシーンも!
人を傷つけてまで、ローナとジミーを手放さないウィーボーイ家の鬼ババァ・ブランチ。
彼女のその意図が全く判らなかった。
そうすることで何かメリットがあるのだろうか?
息子たちは鬼ババァのいいなりで
おまけに怪しい雰囲気の弟(ドニーの叔父)までいるこの一家。
絶対に孫を取り戻さなければ!という気持ちが悲劇を産む。

暗く重い話ながらも、終始引き込まれた。
ケビンとダイアンの重厚な演技が光っていた。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

キャストでもってる

投稿日:2022/01/30 レビュアー:tsubaki

ダイアンレインとケビンコスナーでなかったら、ちょっといただけないかも。
楽しくはなれない映画です。

おばあちゃん役になっちゃったんだなぁ。
なんかさみしい。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

LET HIM GO すべてが変わった日

投稿日:2022/01/13 レビュアー:ラストシアター

1963年、元保安官夫妻は、モンタナ州の牧場で息子と嫁と孫と幸せに暮らしていた

ある日、落馬事故で愛する息子を亡くしてしまう

3年後、息子の嫁が再婚して、孫を連れてノースダコタ州の実家に引っ越した

夫妻は、暴力的な家族から息子の嫁と孫を取り戻すことを決意する

ケビン・コスナーが素敵でかっこいいです

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全11件

すべてが変わった日

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:11件

名優2人(ケビンとダイアン)の魅力に、筋の荒さが帳消しに(笑)

投稿日

2022/01/03

レビュアー

アーモンド

ケビン・コスナーとダイアン・レイン。
上手に歳を重ねましたね。いぶし銀の魅力です。
映画は無法者をこらしめる元保安官夫婦・・・。
西部劇テイストのスリラー。

1963年。モンタナで牧場経営をするジョージ(ケビン・コスナー)と、
マーガレット(ダイアン・レイン)の老夫婦。
不慮の事故で一人息子を亡くして3年後。
嫁のローナは孫のジミーを連れて再婚する。
相手のドニー・ウィーボーイがローナとジミーに手をあげるのを目撃したマーガレット。
訪ねて行くと3人はドニーの実家のあるノースダコタ州へ越してしまっていた。

「ジミーを取り返す」
言い出したら聞かないマーガレット。
渋々だが優しく従うジョージ。
この映画、主演はダイアン・レインなんですよ。
じゃじゃ馬の美しい妻にメロメロのジョージ。
寡黙だけど、妻の望みは、絶対に叶える・・・ケビン・コスナーが渋くて最高です。
(やはり究極のボディガード役)
ノースダコタへの道中もロードムービー風。
景色もお2人も、絵になる絵になる。
2人を観てるだけで十分に幸せな気分です。

ところが再婚相手のドニーの実家。
ドニーの母親ブランチ・ウィーボーイ(レスリー・マンビル)は、一族のゴッド・マザー。
4人のならず者の息子を、暴力と支配力で意のままに操るブランチ。
ウィーボーイ家は狂気の館。
孫のジミーは完璧に萎縮して痩せ細っている。
嫁のローナは、「逃げたらブランチに殺される」と怯える。

この辺りから、物語が急激に動き出す。
ゴッドマザーのブランチは、ジョージを威圧し脅す・・・恐ろしい暴力で・・・。
ブランチは町の保安官まで手なずけて、ジョージとマーガレットは絶体絶命!!

ここからは怒涛の展開。
炎と血のバイオレンス!!
ショットガンが炸裂する!!
(裸馬に乗るマーガレットと従者のような先住民ピーター。)
(どこまでも西部劇です。)

終わってみれば、これで本当に良かったの?
これで幸せになれるの?
ラストに呆気に取られ茫然!!

てなことは、もうどうでも良くなっています(笑)
それだけ名優、ダイアン・レインとケビン・コスナーの自然な演技が素晴らしい。
2020年(アメリカ)
監督は「幸せのポートレート」のトーマス・べズーチャ。

後半になるに従ってバイオレンス映画へと変貌する

投稿日

2022/02/07

レビュアー

hinakksk

 主演のダイアン・レインもケビン・コスナーも好きな俳優なので、この映画を観ないという選択肢はなかったのだけれど、後半は苦手なバイオレンス映画へと変わってしまって、気分がすごく落ち込んでしまう。馬の安楽死の場面があるというだけでも嫌なのに、その方法さえもトラウマになってしまいそうだ。「壮絶な暴力」と解説にあって、最近やっと恐る恐る観た、アクションに近い「Mrノーバディ」なんかよりも、この映画の方がある意味ずっと陰湿な暴力で、凄惨で残酷だ。

 ふたりが演じるブラックリッジ夫妻は、苦楽を共にし歳を重ねて、互いを理解し合っている、とても素敵な初老の夫婦。特にケビン・コスナーは、愛情深く、落ち着きがあり、冷静な判断のできる夫ジョージを自然体で演じ、じつに渋い。ところが、妻マーガレットの人物像や自分中心の考え方や思い込みの強い行動には全く共感できない。それなのに演じているダイアン・レイン自身はとても綺麗で魅力的で惹きつけられてしまうので、好演しているのに、観ている方は両極の印象に引き裂かれて、落ち着けない。

 牧場を経営するブラックリッジ一家は、夫妻と息子ジェームズ、その妻ローナ、生まれて間もない赤ちゃんと幸せに暮らしている。ところが息子のジェームズが落馬事故で死亡、その3年後にローナは、どこか素性の怪しげなドニーという青年と3歳になった息子のジミーを連れて再婚してしまう。お湯が熱すぎるとローナを咎めて、彼女の手から赤ちゃんを取り上げ自分で沐浴させるような、孫を溺愛するお節介な義母のいる家で、夫亡き後一緒に暮らすのはローナにとってさぞかし窮屈だったのではないだろうか。マーガレットにはそういった自省の念など全くない。

 偶然ドニーがジミーとローナに暴力を振るう場面を目撃しても、マーガレットの念頭にあるのは、孫のジミーを取り戻すということだけで、母親ローナのことを思いやったりはしない。(映画のこんな結末では、ローナは果たしてこれから幸せに暮らせるのだろうか。)義実家に挨拶もなくドニー一家が転居してしまったので、マーガレットは孫のジミーを義父の暴力から救い出さなければと夫に力説し、最初は諫めたジョージも、絶対取り戻すという妻の熱意に根負けしてしまう。ドニーの実家にたどり着くまでの道中は、雄大な自然風景が美しく、比較的穏やかに進行する。

 ところが次第に不気味な気配が漂うようになり、はるばるモンタナ州から訪れたノースダコタのドニーの実家は殺伐として、異常とも思える高圧的な母親ブランチが屈強な男たちを従えて君臨する、狂気と暴力に支配された家だった。逃げ出したりしたらブランチに殺されてしまうとローナは怯えている。ジミーをこの家から救い出すには、暴力には暴力でという展開にならざるを得ない。反対していたジョージも否応なしに巻き込まれ、むしろ積極的に関わるようになっていく。

 母親の存在を無視して幼い孫を取り戻そうとしたマーガレットの行動が、破滅的な暴力による決着になってしまうことに、何となく釈然としない気分になる。親権をめぐる裁判などではなく、暴力というシンプルな形で、この映画もまた、どんな手段を使っても家族を守ろうとする犠牲的で英雄的な父親像を示したかったのだろうか。もやもやとした思いが残る。

殺伐とした荒野にて、孫を取り戻すために戦う夫婦

投稿日

2022/03/11

レビュアー

飛べない魔女

ダイアン・レインの老け方が上手だった。
ケビン・コスナーはさすがにお爺さんになったなぁ、と思ったが
でもやっぱりこの方は年をとっても素敵。
モンタナで親子3代で暮らすブラックリッジ家に突然息子の死という悲劇が。
3年後、嫁のローナはドニー・ウィーボーイと再婚し、ブラックリッジ家を離れる。
ドニーの暴力的な行為を目撃したマーガレット(ダイアン)は
孫のジミーを自分たちの手で育てたいと強く願い
渋る夫(ケビン)を説得し、遠くノースダコタまで車を走らせるのだ。

前半は、夫婦の旅のロードムービーなのかな、と思わせておいて
とんでもない、そんな甘いものではなかった。
後半は怒涛のバイオレンスと化していく。
ハラハラして目を背けたくなるシーンも!
人を傷つけてまで、ローナとジミーを手放さないウィーボーイ家の鬼ババァ・ブランチ。
彼女のその意図が全く判らなかった。
そうすることで何かメリットがあるのだろうか?
息子たちは鬼ババァのいいなりで
おまけに怪しい雰囲気の弟(ドニーの叔父)までいるこの一家。
絶対に孫を取り戻さなければ!という気持ちが悲劇を産む。

暗く重い話ながらも、終始引き込まれた。
ケビンとダイアンの重厚な演技が光っていた。

キャストでもってる

投稿日

2022/01/30

レビュアー

tsubaki

ダイアンレインとケビンコスナーでなかったら、ちょっといただけないかも。
楽しくはなれない映画です。

おばあちゃん役になっちゃったんだなぁ。
なんかさみしい。

LET HIM GO すべてが変わった日

投稿日

2022/01/13

レビュアー

ラストシアター

1963年、元保安官夫妻は、モンタナ州の牧場で息子と嫁と孫と幸せに暮らしていた

ある日、落馬事故で愛する息子を亡くしてしまう

3年後、息子の嫁が再婚して、孫を連れてノースダコタ州の実家に引っ越した

夫妻は、暴力的な家族から息子の嫁と孫を取り戻すことを決意する

ケビン・コスナーが素敵でかっこいいです

1〜 5件 / 全11件