No.4 RANKING

レミニセンス

レミニセンスの画像・ジャケット写真

レミニセンス / ヒュー・ジャックマン

全体の平均評価点:(5点満点)

8

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

ジャンル :

「レミニセンス」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

「グレイテスト・ショーマン」のヒュー・ジャックマン主演で贈る近未来SFサスペンス。他人の記憶に潜入できる主人公が、突然失踪してしまった運命の女性を追っていくつもの記憶潜入を繰り返す中で、真実へと迫っていくさまを描く。共演にレベッカ・ファーガソン、タンディ・ニュートン。監督はTV「ウエストワールド」のリサ・ジョイ。海面上昇が進み水に覆われた近未来の都市。顧客が望む記憶を呼び起こして追体験させるサービスを生業とするニック。ある日、失くした鍵を見つけたいと現れた謎めいた女性メイに心奪われる。ほどなく互いの愛を確かめ合ったのも束の間、メイは突然ニックの前から姿を消してしまう。やがてギャング組織の犯罪にメイが巻き込まれていることが分かり、彼女の行方を追って記憶潜入を繰り返していくニックだったが…。 JAN:4548967455021

「レミニセンス」 の作品情報

作品情報

製作年: 2021年
原題: REMINISCENCE

「レミニセンス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

LOGAN/ローガン

シャンドライの恋

X−MEN:フューチャー&パスト

ポゼッション

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

カッコいいヒューを望んじゃダメ・・

投稿日:2021/12/24 レビュアー:くまげらの森

温暖化で多くの都市が水没して水に覆われた近未来。
フロリダ州の都市マイアミも、富裕層は堤防を築いて内で暮らすも、
いずれすべては水没してしまうに違いないという厭世感が支配する世の中、
人々の楽しみは『レミニセンス』という装置に入り、幸せな記憶を時空間映像として
再現する体験だった。
ニック(ヒュー・ジャックマン)は、「記憶潜入(レミニセンス)エージェント」。
水を満たしたタンク(アイソレーションタンク)を操作し、顧客の安全な体験のための
ナビゲーターだった。

さて、ある日、ニックはメイ(レベッカ・ファーガソン)の「失くした鍵のありか」
というライトな依頼に応えて彼女の記憶潜入を手伝う。
しかし、ニックは美しい彼女が、ニックの思い出の歌を歌うのに感動して、仕事そっちのけで
彼女の記憶に関わってゆくのだった。
すぐにお互いに恋愛関係になるも、行方をくらましたメイ。ニックは、保管している他人の記憶さえ利用して、血眼で彼女を探すのだった。
**********    *********** *********    **********

あれですね、近未来のお話ですが、非常にレトロな雰囲気です。
しかももう若くないヒューが、恋に溺れるという古典的なテーマです。
女性に振り回される話ってのが最後まで続く。
前半はまだるっこしく、大丈夫かなコレと思いました。
水没したディストピアと海面の夕陽の光など、映像はステキです。
(ですが、堤防を造るヒマにインフラをどうかする必要があったはず。
映像だけはロマンティック、という感じです。)
(データの保存はクラウドじゃなく、レトロな記録用カードを金庫に保管してるとか・・)

ぶっちゃけ、恋を描くなら別に水没都市でなくても良かったんじゃないですか。
設定が生かされませんでした。
私的にはそれほど面白さは感じなかったです
悪徳警官、サイラスは怖かったけど、エルサ関連の話がピンときません。
(ノーランは関係なく)弟ジョナサン・ノーランの妻、リサ・ジョイが脚本と監督。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

近未来SFなのに古めかしい《ノアール》

投稿日:2022/01/04 レビュアー:アーモンド

なんとも古めかしい映画でしょう。
逆に言うと懐かしくノスタルジーを感じました。

海面が上昇した近未来のマイアミ。
記憶変換装置(レミニセンス)の技師・ニック・バニスター(ヒュー・ジャックマン)は、
来る日も来る日も、過去に戻りたいお客を過去の記憶へと案内しています。
ある日、メイ(レベッカ・ファーガソン)という名の美しい女性が、
「鍵をなくしたので、探しに戻りたい」と現れます。
それは、運命の出会い・・・世界でひとりの大切に女性・・・でした。
愛を交わしてすぐに、メイはニックの前から姿を消します。

ここからニックは自ら、レミニセンスを操作して過去へ戻ります。
メイを探してどこまでも追って行きます。
そして並行して検察にギャング組織の正体を探るように依頼されます。
危険な男との身体を張ったアクションも見応えあります。

物語り設定が驚くほど古めかしい。
地主→麻薬組織を仕切るギャングの顔役→ギャングの私生児を生む娼婦。
→その認知問題と財産分与。
まるで中身はハンフリー・ボガートの「マルタの鷹」
私立探偵が記憶操作人に変わっただけです。
(謎の女メイの正体とその目的)

映像も懐かしい都市景観。
そんなに近未来ではない。
水没する都市マイアミ→もう近々起こり得る現実かも!
水を撥ねて走る夜行列車もノスタルジーを掻き立てます。

そしてヒュー・シャックマンの存在。
やはり存在感が際立ちます。
美しい渋い声(思わずウットリ聴き惚れ・・)
逞しい胸板にも惚れ惚れ・・・
運命の女メイ(レベッカ・ファーガソン)の美しさと、歌声の何という素晴らしさ・・・。
天使から娼婦、男を惑わすクラブ歌手と、変幻自在です。

話が過去・現在の行き来が多過ぎて、もう少し整理してテンポ良く進めたら・・・
と、思いました。

愛を信じる男・ヒュー・ジャックマンと謎の美女・レベッカ・ファーガソンが
醸し出す上質な大人の香り。
ラブストリートしては、とても素敵な映画でした。
既視感はあるけれど、それなりです。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

これは究極のラブストーリー

投稿日:2021/12/04 レビュアー:飛べない魔女

これは究極のラブストーリーでした。
予告の感じから「インセプション」のような話を想像していたので意外でした。
決して悪くはなかったけど、地球温暖化により街が水没、
人々は車の変わりにボートで往来、
そして金持ちはダムのように水を塞き止めて
自分たちだけ良い暮らしをしている、
という設定が最後にはほとんどどうでも良い感じになっていて(笑)
もっと近未来のSF的な展開を期待していたので
そこはすこし残念でした。

メイが命を懸けてまでも少年を守りたかったのは、
彼女の贖罪の気持ちからなのか?
そうまでする理由が良くわからなくてちょっと戸惑いました。

ヒュー・ジャックマンは脱ぐと未だにウルバリン体型で
鍛えてるなぁと感心しました。
相変わらずかっこ良かった!
彼を半裸を見れただけで満足な作品です(笑)

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

最も危険な記憶

投稿日:2022/01/20 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0


アメリカでは大コケしたようだが クリストフノーランとかがかんで
良くぞ企画を通したと称賛したいね ガキ映画ばかりでマーベルやら
ワイスピも絆がどうの責任がどうのとな寝言にうんざりの諸君には
勧めたいね

最近バラードの「旱魃世界」を読んだばかりなのだけど 真逆の水が
溢れて世界を侵食している 同じく滅亡のランスケープが良い
映画館によってバラつく画質は 今作は幾らかぼんやりとした画面で
それはそれで ごく普通の昔からある映画の姿ではあるのだ 一興だ

題材はこの種映画では凡庸ではあるのだが その暗いロマンティシ
ズムは本当に悪くないよ 現代映画の中での地味ながら貴重な存在感
を まがりなりにも新人監督が それを成立させていて立派に合格だ
要らぬ銃撃戦やら格闘シーンはもっと簡素でよく 物語をもう少し
整理して100分に収めたなら この監督の才能はモノホンだけどね

色々な映画が思い浮かぶんだけど 「ストレンジデイズ」やら
「デジャヴ」だね その冷たく諦念に近い未来感ではスピルバーグの
「プレイヤー1」ではないかな それはグローバリズムの中での
格差社会で貧乏人共が仮想現実の中に逃避する事を それで良いでは
ないかと肯定している映画なんだよね ゴジラが出たのどうのは
どうでもよい事なんだよ 未来の光と闇の認識に驚くべきだ
そう言えば そのラストを誰も覚えてない「アップグレード」も
そんな映画だよ 仮想現実の中の甘い記憶に浸る映画は増えるだろう
ね 良いんだか悪いんだか 知らんけど

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

レミニセンス・記憶潜入

投稿日:2022/01/18 レビュアー:ラストシアター

世界中が海に沈んでしまった近未来が舞台

人の記憶に潜入し、その記憶を時空間映像として再現する「記憶潜入(レミニセンス)」を持ったエージェントのもとに、検察からある仕事が舞い込む

失踪した女性を探す任務についたことで大きな陰謀に巻き込まれていく姿を描くSFサスペンス

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全8件

レミニセンス

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:8件

カッコいいヒューを望んじゃダメ・・

投稿日

2021/12/24

レビュアー

くまげらの森

温暖化で多くの都市が水没して水に覆われた近未来。
フロリダ州の都市マイアミも、富裕層は堤防を築いて内で暮らすも、
いずれすべては水没してしまうに違いないという厭世感が支配する世の中、
人々の楽しみは『レミニセンス』という装置に入り、幸せな記憶を時空間映像として
再現する体験だった。
ニック(ヒュー・ジャックマン)は、「記憶潜入(レミニセンス)エージェント」。
水を満たしたタンク(アイソレーションタンク)を操作し、顧客の安全な体験のための
ナビゲーターだった。

さて、ある日、ニックはメイ(レベッカ・ファーガソン)の「失くした鍵のありか」
というライトな依頼に応えて彼女の記憶潜入を手伝う。
しかし、ニックは美しい彼女が、ニックの思い出の歌を歌うのに感動して、仕事そっちのけで
彼女の記憶に関わってゆくのだった。
すぐにお互いに恋愛関係になるも、行方をくらましたメイ。ニックは、保管している他人の記憶さえ利用して、血眼で彼女を探すのだった。
**********    *********** *********    **********

あれですね、近未来のお話ですが、非常にレトロな雰囲気です。
しかももう若くないヒューが、恋に溺れるという古典的なテーマです。
女性に振り回される話ってのが最後まで続く。
前半はまだるっこしく、大丈夫かなコレと思いました。
水没したディストピアと海面の夕陽の光など、映像はステキです。
(ですが、堤防を造るヒマにインフラをどうかする必要があったはず。
映像だけはロマンティック、という感じです。)
(データの保存はクラウドじゃなく、レトロな記録用カードを金庫に保管してるとか・・)

ぶっちゃけ、恋を描くなら別に水没都市でなくても良かったんじゃないですか。
設定が生かされませんでした。
私的にはそれほど面白さは感じなかったです
悪徳警官、サイラスは怖かったけど、エルサ関連の話がピンときません。
(ノーランは関係なく)弟ジョナサン・ノーランの妻、リサ・ジョイが脚本と監督。

近未来SFなのに古めかしい《ノアール》

投稿日

2022/01/04

レビュアー

アーモンド

なんとも古めかしい映画でしょう。
逆に言うと懐かしくノスタルジーを感じました。

海面が上昇した近未来のマイアミ。
記憶変換装置(レミニセンス)の技師・ニック・バニスター(ヒュー・ジャックマン)は、
来る日も来る日も、過去に戻りたいお客を過去の記憶へと案内しています。
ある日、メイ(レベッカ・ファーガソン)という名の美しい女性が、
「鍵をなくしたので、探しに戻りたい」と現れます。
それは、運命の出会い・・・世界でひとりの大切に女性・・・でした。
愛を交わしてすぐに、メイはニックの前から姿を消します。

ここからニックは自ら、レミニセンスを操作して過去へ戻ります。
メイを探してどこまでも追って行きます。
そして並行して検察にギャング組織の正体を探るように依頼されます。
危険な男との身体を張ったアクションも見応えあります。

物語り設定が驚くほど古めかしい。
地主→麻薬組織を仕切るギャングの顔役→ギャングの私生児を生む娼婦。
→その認知問題と財産分与。
まるで中身はハンフリー・ボガートの「マルタの鷹」
私立探偵が記憶操作人に変わっただけです。
(謎の女メイの正体とその目的)

映像も懐かしい都市景観。
そんなに近未来ではない。
水没する都市マイアミ→もう近々起こり得る現実かも!
水を撥ねて走る夜行列車もノスタルジーを掻き立てます。

そしてヒュー・シャックマンの存在。
やはり存在感が際立ちます。
美しい渋い声(思わずウットリ聴き惚れ・・)
逞しい胸板にも惚れ惚れ・・・
運命の女メイ(レベッカ・ファーガソン)の美しさと、歌声の何という素晴らしさ・・・。
天使から娼婦、男を惑わすクラブ歌手と、変幻自在です。

話が過去・現在の行き来が多過ぎて、もう少し整理してテンポ良く進めたら・・・
と、思いました。

愛を信じる男・ヒュー・ジャックマンと謎の美女・レベッカ・ファーガソンが
醸し出す上質な大人の香り。
ラブストリートしては、とても素敵な映画でした。
既視感はあるけれど、それなりです。

これは究極のラブストーリー

投稿日

2021/12/04

レビュアー

飛べない魔女

これは究極のラブストーリーでした。
予告の感じから「インセプション」のような話を想像していたので意外でした。
決して悪くはなかったけど、地球温暖化により街が水没、
人々は車の変わりにボートで往来、
そして金持ちはダムのように水を塞き止めて
自分たちだけ良い暮らしをしている、
という設定が最後にはほとんどどうでも良い感じになっていて(笑)
もっと近未来のSF的な展開を期待していたので
そこはすこし残念でした。

メイが命を懸けてまでも少年を守りたかったのは、
彼女の贖罪の気持ちからなのか?
そうまでする理由が良くわからなくてちょっと戸惑いました。

ヒュー・ジャックマンは脱ぐと未だにウルバリン体型で
鍛えてるなぁと感心しました。
相変わらずかっこ良かった!
彼を半裸を見れただけで満足な作品です(笑)

最も危険な記憶

投稿日

2022/01/20

レビュアー

裸足のラヴァース 2.0


アメリカでは大コケしたようだが クリストフノーランとかがかんで
良くぞ企画を通したと称賛したいね ガキ映画ばかりでマーベルやら
ワイスピも絆がどうの責任がどうのとな寝言にうんざりの諸君には
勧めたいね

最近バラードの「旱魃世界」を読んだばかりなのだけど 真逆の水が
溢れて世界を侵食している 同じく滅亡のランスケープが良い
映画館によってバラつく画質は 今作は幾らかぼんやりとした画面で
それはそれで ごく普通の昔からある映画の姿ではあるのだ 一興だ

題材はこの種映画では凡庸ではあるのだが その暗いロマンティシ
ズムは本当に悪くないよ 現代映画の中での地味ながら貴重な存在感
を まがりなりにも新人監督が それを成立させていて立派に合格だ
要らぬ銃撃戦やら格闘シーンはもっと簡素でよく 物語をもう少し
整理して100分に収めたなら この監督の才能はモノホンだけどね

色々な映画が思い浮かぶんだけど 「ストレンジデイズ」やら
「デジャヴ」だね その冷たく諦念に近い未来感ではスピルバーグの
「プレイヤー1」ではないかな それはグローバリズムの中での
格差社会で貧乏人共が仮想現実の中に逃避する事を それで良いでは
ないかと肯定している映画なんだよね ゴジラが出たのどうのは
どうでもよい事なんだよ 未来の光と闇の認識に驚くべきだ
そう言えば そのラストを誰も覚えてない「アップグレード」も
そんな映画だよ 仮想現実の中の甘い記憶に浸る映画は増えるだろう
ね 良いんだか悪いんだか 知らんけど

レミニセンス・記憶潜入

投稿日

2022/01/18

レビュアー

ラストシアター

世界中が海に沈んでしまった近未来が舞台

人の記憶に潜入し、その記憶を時空間映像として再現する「記憶潜入(レミニセンス)」を持ったエージェントのもとに、検察からある仕事が舞い込む

失踪した女性を探す任務についたことで大きな陰謀に巻き込まれていく姿を描くSFサスペンス

1〜 5件 / 全8件