No.8 RANKING

ザ・ファブル 殺さない殺し屋

ザ・ファブル 殺さない殺し屋の画像・ジャケット写真

ザ・ファブル 殺さない殺し屋 / 岡田准一
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

18

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

岡田准一主演、南勝久の原作を実写化したアクションドラマの続編。一般人として生きる伝説の殺し屋・ファブルは、“プロの普通”を極めるため奮闘中。最狂の男・宇津帆がファブルへの復讐を企む中、ファブルは4年前に救えなかったヒナコと再会し…。

「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」 の作品情報

作品情報

製作年: 2021年
製作国: 日本

「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

9人で選んだ40の人志松本のすべらない話 2

木更津キャッツアイ 日本シリーズ

SP 革命篇

人志松本のすべらない話 THE BEST 2

ユーザーレビュー:18件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全18件

楽しめました。

投稿日:2021/11/21 レビュアー:くまげらの森

冒頭のスピーディなカーアクションと、中盤の建築足場がガラガラ崩壊してゆくシーンが見どころでしょう。
岡田准一さんの体力とキャラも、変人含みの個性派で良いのですが、
『砕け散るところを見せてあげる』に続いて、裏表あるサイコパスをニタニタ笑いながら
イヤらしく演じた堤真一(宇津帆役)、が気持ち悪くて最高でした。
(某ビールのCMが流れて、彼の顔を見る度にゾワヮ〜とします・・)

平手友梨奈が、また違う芸風で伸びしろを見せてくれました。
車椅子の平手が、岡田を信頼するラストや、笑かしエピソードもあって良かったと思います。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

団地のアクションシーンは、圧巻!!

投稿日:2021/12/09 レビュアー:アーモンド

殺さない殺し屋『ファブル』のシリーズ2作目です。
二面性を持つ悪人ウツボを堤真一が怪演。
「子供を守る」NPO法人代表を隠れ蓑に、非道の限りを尽くしますが、
悪役が妙に似合ってて、堤真一、振り切ったもんです。
(善人役をやっても、裏を読むようになりそう、笑)
彼の怪演とテンポいい会話で前作より、パワーアップ。
冒頭のカースタント。
番宣で何度も見ちゃたけれど、何度見ても飽きないシーンですね。
岡田准一のスタントは、運動神経抜群のスピード感、迫力満点!!
実は冒頭のカースタントのアクションシーンは4年前の出来事で、
ファブルはまだ“殺し“をやめる前の““殺し屋”で、ヨウコ(木村文乃)に、
「あの時は、5人殺したなぁ・・・」とうそぶきます。
が、車に同乗していた少女ヒナコ(平手友梨奈)は4階から転落して車椅子になり、
今はウツボの世話になっている。
この時、ウツボの弟をファブルが殺したことから、ウツボが復讐を誓ってる設定。
ここでの汚れ仕事は手下の殺し屋・スズキ(安藤政信)が、引き受けるが、
ヨウコにコテンパンに!!
強いんだか?弱いんだか?
でも安藤政信、格好いいんですよねー。
渋さと凄み、見惚れちゃいます。

この映画一番の見どころ団地のアクション・シーン。
《足場が一揺れて傾き、一気に落ちるシーン》
これも予告編で何度も見ちゃったけれど、前作の暗いビル内の攻防より、見栄えします。
10階建ての団地一棟借り切って、右往左往する住民のエキストラ多数。
大掛かりですし、各フロアを駆け巡るファブルの動き、滑落シーン、
爆破シーン・・・正にこの映画のハイライトシーンです!!

ヒナコの平手友梨奈も、私は『響HIBIKI』以来ですが、若いのに
ブレないしぶとさが、ヒナコの影あるキャラに厚みを出しています。
20歳でこの貫禄。末恐ろしい逸材かも!
ファブルのキャラ・・・もうーーっ!!
猫舌!
空気読めない!!
オウムを頭に乗せて、ギャハハ笑い!!
その癖、どんな相手でも、6秒で倒す→結果、殺さない!!

すっかり馴染みになった映画。
続編も観たいものですね!

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

怖いよ〜!堤真一!

投稿日:2021/12/01 レビュアー:飛べない魔女

1に続いて面白かった。
冒頭から激しいアクションの連続で手に汗握る。
相変わらずの筋肉質な岡田くん演じるファブルがかっこいい。
世間知らずでぼーっとしている普段とのギャップが萌える。

徹夜で書いたサンタクロースの絵の件は
佐藤さんと美月ちゃん、素で笑ってたよね?(笑)
そういう楽しいやり取りが挿入されるところが気持ちが和んでいい。

妹じゃないけど、妹みたいな役の木村文乃ちゃんのこの役どころは
クールでシャープで本当にキレイ。

今回は、何といっても堤真一さんの悪役ぶりだろう。
一瞬で変わる表情がほんとに恐ろしい。
この人はいい人の役もうまいが
悪人やらせたらその弾けっぷりが凄まじい。
ストーリーもアクション同様テンポよく進むので
最後まで飽きること無く楽しめた。

さらなる続編もありそう。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

これが今の邦画アクションの実力か。

投稿日:2022/01/12 レビュアー:oyoyo

岡田准一主演で実写映画化した「ザ・ファブル」のシリーズ第2作
1作目を超えられないシリーズものが多々ある中、
今作は1作目越え。

アクションは超一流。
特に団地?の足場でのアクションは最高!
岡田君はアクション俳優と言ってもいいだろう。
米のトム・クルーズ、中国のジャッキーチェン、そして日本には岡田准一がいると言われるようになればいいな。

更なる続編希望!

85点

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

延期に次ぐ延期でようやく公開。。

投稿日:2021/10/02 レビュアー:じゃじゃまる

主演岡田准一、共演堤真一、平手友梨奈、木村文乃、安藤政信、佐藤二朗(「ひきこもり先生」に毎週涙してます、あ、ここではおふざけです)宮川大輔(ジャッカル富岡笑)、安田顕(ワンシーン)佐藤浩市(あ、エンドロールのあとね)などなど

どんな相手でも6秒以内で仕留める伝説の殺し屋ファブル。ある日ボスの命令で「1年間誰も殺すな。一般人として生きろ」と命じられ、相棒ヨウコと兄妹として普通に暮らしているアキラ。

ある日、4年前、あるミッションで、ファブルが救えなかった少女ヒナ子と偶然遭遇。
彼女は表向きは子供を守るNPO代表の男(実は最狂の殺し屋)に利用されており。。。

誰も殺さずにファブルはその少女を救おうとするが。。

前作同様、岡田准一が吹き替えなしで、CGを使わずにアクションに挑んでいます

時々「コンプリーーート」とかいうギャグを盛り込んでほんわかさせて、かたや、体を張ったアクション

でもこの映画、延期されてて、結構番宣でアクションシーン流しちゃってたから、見たシーンが多かったのは残念かな?
前作よりストーリーはちょっと優しい。前作は結構暴力的だったんで。

こりゃ続編意識してますよ。たぶん、安藤政信は出ますね。(るろうに剣心で高杉晋作役だったような。。)
堤真一は安定の演技力。狂気な役もうまいですね〜

あ、平手友梨奈ちゃん、結構よかったですよ。(「三角窓の外側は夜」の時みたいにちょっと斜めの性格だったけど)

楽しく、ハラハラ、ほんわか、とした映画でした

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全18件

ザ・ファブル 殺さない殺し屋

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:18件

楽しめました。

投稿日

2021/11/21

レビュアー

くまげらの森

冒頭のスピーディなカーアクションと、中盤の建築足場がガラガラ崩壊してゆくシーンが見どころでしょう。
岡田准一さんの体力とキャラも、変人含みの個性派で良いのですが、
『砕け散るところを見せてあげる』に続いて、裏表あるサイコパスをニタニタ笑いながら
イヤらしく演じた堤真一(宇津帆役)、が気持ち悪くて最高でした。
(某ビールのCMが流れて、彼の顔を見る度にゾワヮ〜とします・・)

平手友梨奈が、また違う芸風で伸びしろを見せてくれました。
車椅子の平手が、岡田を信頼するラストや、笑かしエピソードもあって良かったと思います。

団地のアクションシーンは、圧巻!!

投稿日

2021/12/09

レビュアー

アーモンド

殺さない殺し屋『ファブル』のシリーズ2作目です。
二面性を持つ悪人ウツボを堤真一が怪演。
「子供を守る」NPO法人代表を隠れ蓑に、非道の限りを尽くしますが、
悪役が妙に似合ってて、堤真一、振り切ったもんです。
(善人役をやっても、裏を読むようになりそう、笑)
彼の怪演とテンポいい会話で前作より、パワーアップ。
冒頭のカースタント。
番宣で何度も見ちゃたけれど、何度見ても飽きないシーンですね。
岡田准一のスタントは、運動神経抜群のスピード感、迫力満点!!
実は冒頭のカースタントのアクションシーンは4年前の出来事で、
ファブルはまだ“殺し“をやめる前の““殺し屋”で、ヨウコ(木村文乃)に、
「あの時は、5人殺したなぁ・・・」とうそぶきます。
が、車に同乗していた少女ヒナコ(平手友梨奈)は4階から転落して車椅子になり、
今はウツボの世話になっている。
この時、ウツボの弟をファブルが殺したことから、ウツボが復讐を誓ってる設定。
ここでの汚れ仕事は手下の殺し屋・スズキ(安藤政信)が、引き受けるが、
ヨウコにコテンパンに!!
強いんだか?弱いんだか?
でも安藤政信、格好いいんですよねー。
渋さと凄み、見惚れちゃいます。

この映画一番の見どころ団地のアクション・シーン。
《足場が一揺れて傾き、一気に落ちるシーン》
これも予告編で何度も見ちゃったけれど、前作の暗いビル内の攻防より、見栄えします。
10階建ての団地一棟借り切って、右往左往する住民のエキストラ多数。
大掛かりですし、各フロアを駆け巡るファブルの動き、滑落シーン、
爆破シーン・・・正にこの映画のハイライトシーンです!!

ヒナコの平手友梨奈も、私は『響HIBIKI』以来ですが、若いのに
ブレないしぶとさが、ヒナコの影あるキャラに厚みを出しています。
20歳でこの貫禄。末恐ろしい逸材かも!
ファブルのキャラ・・・もうーーっ!!
猫舌!
空気読めない!!
オウムを頭に乗せて、ギャハハ笑い!!
その癖、どんな相手でも、6秒で倒す→結果、殺さない!!

すっかり馴染みになった映画。
続編も観たいものですね!

怖いよ〜!堤真一!

投稿日

2021/12/01

レビュアー

飛べない魔女

1に続いて面白かった。
冒頭から激しいアクションの連続で手に汗握る。
相変わらずの筋肉質な岡田くん演じるファブルがかっこいい。
世間知らずでぼーっとしている普段とのギャップが萌える。

徹夜で書いたサンタクロースの絵の件は
佐藤さんと美月ちゃん、素で笑ってたよね?(笑)
そういう楽しいやり取りが挿入されるところが気持ちが和んでいい。

妹じゃないけど、妹みたいな役の木村文乃ちゃんのこの役どころは
クールでシャープで本当にキレイ。

今回は、何といっても堤真一さんの悪役ぶりだろう。
一瞬で変わる表情がほんとに恐ろしい。
この人はいい人の役もうまいが
悪人やらせたらその弾けっぷりが凄まじい。
ストーリーもアクション同様テンポよく進むので
最後まで飽きること無く楽しめた。

さらなる続編もありそう。

これが今の邦画アクションの実力か。

投稿日

2022/01/12

レビュアー

oyoyo

岡田准一主演で実写映画化した「ザ・ファブル」のシリーズ第2作
1作目を超えられないシリーズものが多々ある中、
今作は1作目越え。

アクションは超一流。
特に団地?の足場でのアクションは最高!
岡田君はアクション俳優と言ってもいいだろう。
米のトム・クルーズ、中国のジャッキーチェン、そして日本には岡田准一がいると言われるようになればいいな。

更なる続編希望!

85点

延期に次ぐ延期でようやく公開。。

投稿日

2021/10/02

レビュアー

じゃじゃまる

主演岡田准一、共演堤真一、平手友梨奈、木村文乃、安藤政信、佐藤二朗(「ひきこもり先生」に毎週涙してます、あ、ここではおふざけです)宮川大輔(ジャッカル富岡笑)、安田顕(ワンシーン)佐藤浩市(あ、エンドロールのあとね)などなど

どんな相手でも6秒以内で仕留める伝説の殺し屋ファブル。ある日ボスの命令で「1年間誰も殺すな。一般人として生きろ」と命じられ、相棒ヨウコと兄妹として普通に暮らしているアキラ。

ある日、4年前、あるミッションで、ファブルが救えなかった少女ヒナ子と偶然遭遇。
彼女は表向きは子供を守るNPO代表の男(実は最狂の殺し屋)に利用されており。。。

誰も殺さずにファブルはその少女を救おうとするが。。

前作同様、岡田准一が吹き替えなしで、CGを使わずにアクションに挑んでいます

時々「コンプリーーート」とかいうギャグを盛り込んでほんわかさせて、かたや、体を張ったアクション

でもこの映画、延期されてて、結構番宣でアクションシーン流しちゃってたから、見たシーンが多かったのは残念かな?
前作よりストーリーはちょっと優しい。前作は結構暴力的だったんで。

こりゃ続編意識してますよ。たぶん、安藤政信は出ますね。(るろうに剣心で高杉晋作役だったような。。)
堤真一は安定の演技力。狂気な役もうまいですね〜

あ、平手友梨奈ちゃん、結構よかったですよ。(「三角窓の外側は夜」の時みたいにちょっと斜めの性格だったけど)

楽しく、ハラハラ、ほんわか、とした映画でした

1〜 5件 / 全18件