No.43 RANKING

MOTHER マザー

MOTHER マザーの画像・ジャケット写真

MOTHER マザー / 阿部サダヲ

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「MOTHER マザー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

長澤まさみが育児放棄しながらも息子に執着し、男たちと行きずりの関係を重ねるシングルマザーを演じた愛憎ドラマ。実在の祖父母殺害事件をヒントに、母親からの歪んだ愛に囚われた少年が辿る過酷な運命を力強い筆致で描き出す。共演は17歳の息子役にオーディションで選ばれた新星・奥平大兼、ほかに阿部サダヲ、夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花。監督は「日日是好日」の大森立嗣。シングルマザーの秋子はその日暮らしの生活に困り、小学生の息子・周平を連れて実家にやって来る。両親に金を借りようとするが、度重なる借金に愛想を尽かされ追い返されてしまう。そんな中、ゲームセンターでホストの遼と出会い、意気投合する秋子。やがてトラブルから遼とともにラブホテルを転々とする逃亡生活を余儀なくされる秋子と周平だったが…。 JAN:4907953220133

「MOTHER マザー」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
製作国: 日本

「MOTHER マザー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 港岳彦
音楽: 岩代太郎

関連作品

関連作品

ポンチョに夜明けの風はらませて

さよなら渓谷

嘘を愛する女

ブラックボード〜時代と戦った教師たち〜

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

毒母親と息子の悲しい《共依存》

投稿日:2021/10/02 レビュアー:アーモンド

2020年公開。監督・脚本:大森立嗣
実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得た映画です。

長澤まさみが、この映画で演じた母親に“1ミリの共感も持てない”
そうキッパリと話してました。

怠惰で男にだらしなく、それでいて男と長続きしない母親の秋子(長澤まさみ)
親から金をくすめる事しか考えない。
自分では息子の周平(奥平大兼)を愛してるつもりでも、親に金の無心するために息子を利用している。
無断で金を漁ることもたびたびで、父親から愛想を尽かされて、
ついには実家から絶縁されて更に孤立して生活は困窮する。

秋子と言う女・・・腹が立って仕方がなかった。
愛情・・・(男にも・・・子供にも・・・親にも・・・)
一度でも持ったことがあるのだろうか?

怠け者で働かない。パチンコ狂い。
放浪癖がある。
計画性がない・・・
全てが行き当たりばったり。

長澤まさみは1ミリも共感の持てない母親・秋子を熱演。
人から嫌悪感を持たれる秋子からは、好感度ナンバーワンの女優の顔は1ミリも見られなかった。
新境地を自らの演技で切り開いた。
いくら常識を否定して社会にバリアを張っても子供を護れない。
薄汚れた洋服をダラダラと引きずり、締まりのない体型でドタドタ歩く。
小狡くて頑なな態度。
福祉事務所の女性の好意にも、周平を盗られると拒絶する。
子供を自分の所有物だと勘違いしている。
こんな母親でも愛情を持っていて言いなりの周平。
周平もまた母親を否定したら居場所がないと思い込んでいる。
悲しい《共依存》

周平が哀れでならない。
秋子が心の底から憎たらしかった。

貧困や虐待・ネグレストに自分はどう向き合うか?
目の前にこの母子が孤立して道端に寝ていたら、手を差し伸べるだろうか?
きっと、関わりたくないと思う。
見て見ぬふりをすると思う。

母親と息子を引き離してさえいたら?

周平の諦めきった正気のない瞳が、切なかった。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

母を好きではダメなんですか? ネタバレ

投稿日:2021/09/29 レビュアー:飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

実際に埼玉県で起きた17歳の少年による祖父母殺害事件にヒントを得て作らた作品。
細かいところは違えど、少年が祖父母殺害に至るまでの大まかな経緯は
実際と同じように作られているようだ。

ぐうたらでどうしようもない母親・秋子の役を長澤まさみが体当たり演技で挑む。
周平を産み二人で暮らしている経緯は定かではないが
幼い周平を何日も一人にさせて自分は男と遊び歩いたり
お金がなくなると周平に自分の実家にお金をせびりに行かせたり
万引きさせたりさせる。
幼い周平は、母に捨てられることを恐れてか、命令には黙って従うのだ。
働く気もなく、男に依存して生きていくことしか出来ない秋子。
住まいは転々し定まらない。
ホストの遼(阿部サダヲ)とラブホテルに何日も泊まる。
やがて有り金が尽きると、寮にも捨てられ
ラブホテルを経営している圭一(中野太賀)をたらし込むものの
屋上にテントを張って暮らし始める。
その時秋子は遼の子供を妊娠していた。

それから5年後。生まれた妹は4歳になっていた。
親子3人は相変わらず、荷物を引きずり、路上生活をしていた。
周平は15歳になっていたが、学校にも行ったことがない。

世の中にこんな母親がいることが信じられないし、許せない。
自分が産んだ子供だから、どう育てようと文句はないだろう!と
自分の行っていることを正当化しようとする秋子。
ネグレクトでぐうたらでだらしのない母親。
周平を使って平然と自分の両親を殺させた鬼母だ。
母親を庇って、全部ひとりでやったと周平は嘘をつく。
嘘はいけないと諭す大人に周平は言う、
『母が好きなんです。母は一人では生きていけない人なんです。
母が好きではダメなんですか?』

こんな親でも、子供にとっては親なのだ。
母親なのだ。
とても悲しすぎる。

15歳の周平を演じた奥平 大兼くんも良かったけど
幼い周平を演じた郡司翔くんの演技があっぱれだった。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

辛すぎる

投稿日:2022/01/24 レビュアー:takao

長澤まさみの演技力があまりにも凄いことがわかりました。ただ辛すぎる映画です。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

投稿日:2022/01/17 レビュアー:綾奈

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

だらしない色気

投稿日:2021/12/12 レビュアー:ぴか

長澤まさみのだらしない色気が良い。
子供を堕胎しないところが、ひとつ筋が通っている。
こういう母親は一種の病気なのかな?

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

MOTHER マザー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

毒母親と息子の悲しい《共依存》

投稿日

2021/10/02

レビュアー

アーモンド

2020年公開。監督・脚本:大森立嗣
実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得た映画です。

長澤まさみが、この映画で演じた母親に“1ミリの共感も持てない”
そうキッパリと話してました。

怠惰で男にだらしなく、それでいて男と長続きしない母親の秋子(長澤まさみ)
親から金をくすめる事しか考えない。
自分では息子の周平(奥平大兼)を愛してるつもりでも、親に金の無心するために息子を利用している。
無断で金を漁ることもたびたびで、父親から愛想を尽かされて、
ついには実家から絶縁されて更に孤立して生活は困窮する。

秋子と言う女・・・腹が立って仕方がなかった。
愛情・・・(男にも・・・子供にも・・・親にも・・・)
一度でも持ったことがあるのだろうか?

怠け者で働かない。パチンコ狂い。
放浪癖がある。
計画性がない・・・
全てが行き当たりばったり。

長澤まさみは1ミリも共感の持てない母親・秋子を熱演。
人から嫌悪感を持たれる秋子からは、好感度ナンバーワンの女優の顔は1ミリも見られなかった。
新境地を自らの演技で切り開いた。
いくら常識を否定して社会にバリアを張っても子供を護れない。
薄汚れた洋服をダラダラと引きずり、締まりのない体型でドタドタ歩く。
小狡くて頑なな態度。
福祉事務所の女性の好意にも、周平を盗られると拒絶する。
子供を自分の所有物だと勘違いしている。
こんな母親でも愛情を持っていて言いなりの周平。
周平もまた母親を否定したら居場所がないと思い込んでいる。
悲しい《共依存》

周平が哀れでならない。
秋子が心の底から憎たらしかった。

貧困や虐待・ネグレストに自分はどう向き合うか?
目の前にこの母子が孤立して道端に寝ていたら、手を差し伸べるだろうか?
きっと、関わりたくないと思う。
見て見ぬふりをすると思う。

母親と息子を引き離してさえいたら?

周平の諦めきった正気のない瞳が、切なかった。

母を好きではダメなんですか?

投稿日

2021/09/29

レビュアー

飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

実際に埼玉県で起きた17歳の少年による祖父母殺害事件にヒントを得て作らた作品。
細かいところは違えど、少年が祖父母殺害に至るまでの大まかな経緯は
実際と同じように作られているようだ。

ぐうたらでどうしようもない母親・秋子の役を長澤まさみが体当たり演技で挑む。
周平を産み二人で暮らしている経緯は定かではないが
幼い周平を何日も一人にさせて自分は男と遊び歩いたり
お金がなくなると周平に自分の実家にお金をせびりに行かせたり
万引きさせたりさせる。
幼い周平は、母に捨てられることを恐れてか、命令には黙って従うのだ。
働く気もなく、男に依存して生きていくことしか出来ない秋子。
住まいは転々し定まらない。
ホストの遼(阿部サダヲ)とラブホテルに何日も泊まる。
やがて有り金が尽きると、寮にも捨てられ
ラブホテルを経営している圭一(中野太賀)をたらし込むものの
屋上にテントを張って暮らし始める。
その時秋子は遼の子供を妊娠していた。

それから5年後。生まれた妹は4歳になっていた。
親子3人は相変わらず、荷物を引きずり、路上生活をしていた。
周平は15歳になっていたが、学校にも行ったことがない。

世の中にこんな母親がいることが信じられないし、許せない。
自分が産んだ子供だから、どう育てようと文句はないだろう!と
自分の行っていることを正当化しようとする秋子。
ネグレクトでぐうたらでだらしのない母親。
周平を使って平然と自分の両親を殺させた鬼母だ。
母親を庇って、全部ひとりでやったと周平は嘘をつく。
嘘はいけないと諭す大人に周平は言う、
『母が好きなんです。母は一人では生きていけない人なんです。
母が好きではダメなんですか?』

こんな親でも、子供にとっては親なのだ。
母親なのだ。
とても悲しすぎる。

15歳の周平を演じた奥平 大兼くんも良かったけど
幼い周平を演じた郡司翔くんの演技があっぱれだった。

辛すぎる

投稿日

2022/01/24

レビュアー

takao

長澤まさみの演技力があまりにも凄いことがわかりました。ただ辛すぎる映画です。

投稿日

2022/01/17

レビュアー

綾奈

だらしない色気

投稿日

2021/12/12

レビュアー

ぴか

長澤まさみのだらしない色気が良い。
子供を堕胎しないところが、ひとつ筋が通っている。
こういう母親は一種の病気なのかな?

1〜 5件 / 全5件