Mr.ノーバディ

Mr.ノーバディの画像・ジャケット写真

Mr.ノーバディ / ボブ・オデンカーク

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

定額リスト 事前登録OK!

レンタル開始日:2021年11月10日

事前登録いただいた作品は、レンタル開始日以降、「発送確定ルール」に基づき発送がスタートします。

ジャンル :

「Mr.ノーバディ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

「ジョン・ウィック」の脚本家デレク・コルスタッドと「ハードコア」のイリヤ・ナイシュラー監督がタッグを組み、TV「ベター・コール・ソウル」のボブ・オデンカークを主演に迎えて贈るバイオレンス・アクション・エンタテインメント。冴えない毎日を送る中年オヤジが、日頃溜め込んでいた鬱憤を爆発させ、壮絶な暴力の渦中へと身を投じていくさまを描く。共演はコニー・ニールセン、RZA、クリストファー・ロイド。郊外に暮らす中年男のハッチは、自宅と職場を路線バスで往復すだけの退屈な毎日を送っていた。地味で特徴のない彼は暴力や衝突を避けて平和的に生きようとしているだけなのに、ついには妻にも息子にもバカにされる始末。そんな時、バスでチンピラ・グループと遭遇し、いよいよ理性のタガが外れてしまうハッチだったが…。 JAN:4988102967703

「Mr.ノーバディ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2021年
製作国: アメリカ
原題: NOBODY

「Mr.ノーバディ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

パニッシャー:ウォー・ゾーン

クリプトン <シーズン2>

スターシップ・トゥルーパーズ

トータル・リコール

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

猫の客

投稿日:2021/10/03 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0


と言うのは 詩人の平出隆の世界的に有名な美しい動物小説のタイト
ル そっちとは真逆な無茶苦茶な暴力シネマ こゆの見るとアンドリ
リュバートコィアックなんかんどうしてるんだろうと思っちゃう
んだけど 君は知らん あっそう ところでボロクソ言われた前作を
僕は充分評価したけど こうゆ才能は見抜かないと 君 駄目だぜ
「ハードコア」は見てない人は必見だよ

映画館では暗い画面が多く 画質もイマイチだが まあ昔はこんな
もので普通のアクション映画は Bの楽しみを思い出させてくれる

この映画の感想は 何ともあっけらかんとしている ではないか
そこが評価の分かれ目であって 主人公は何ともあっけらかんと
真実のおのれ 今の平和な生活は嘘だ 俺の本当の姿に目覚めて
しまうのだ 家庭と暴力に挟まれての精神的葛藤無し アンチ心理
主義 こうなりゃ柔道じゃない暴力一直線 敵との殲滅戦となる
普段 この種暴力映画を見てる時は ごちゃごちゃ考えずに皆殺し
にしちゃえとかイライラするのに こうあっさり殺人機械に変身する
普通の人は どうなんでしょうかと思いませんか はは

始まりと終わりはアニマルズの曲 ベイビーわかってくれよ だあれ
の せいでもありゃしねえ みんなオイラが悪いのさあ と尾藤イサオ
が歌ってたんですけど 日本人なら誰でも知ってたんですけど
今では あそー ノーバディ ノウズって落ちになりやすかね お客さん

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

映画館で鑑賞した感想

投稿日:2021/10/11 レビュアー:

面白くないわけではない、ただジョン・ウィックと比べると…という感じ。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

Mr.ノーバディ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

猫の客

投稿日

2021/10/03

レビュアー

裸足のラヴァース 2.0


と言うのは 詩人の平出隆の世界的に有名な美しい動物小説のタイト
ル そっちとは真逆な無茶苦茶な暴力シネマ こゆの見るとアンドリ
リュバートコィアックなんかんどうしてるんだろうと思っちゃう
んだけど 君は知らん あっそう ところでボロクソ言われた前作を
僕は充分評価したけど こうゆ才能は見抜かないと 君 駄目だぜ
「ハードコア」は見てない人は必見だよ

映画館では暗い画面が多く 画質もイマイチだが まあ昔はこんな
もので普通のアクション映画は Bの楽しみを思い出させてくれる

この映画の感想は 何ともあっけらかんとしている ではないか
そこが評価の分かれ目であって 主人公は何ともあっけらかんと
真実のおのれ 今の平和な生活は嘘だ 俺の本当の姿に目覚めて
しまうのだ 家庭と暴力に挟まれての精神的葛藤無し アンチ心理
主義 こうなりゃ柔道じゃない暴力一直線 敵との殲滅戦となる
普段 この種暴力映画を見てる時は ごちゃごちゃ考えずに皆殺し
にしちゃえとかイライラするのに こうあっさり殺人機械に変身する
普通の人は どうなんでしょうかと思いませんか はは

始まりと終わりはアニマルズの曲 ベイビーわかってくれよ だあれ
の せいでもありゃしねえ みんなオイラが悪いのさあ と尾藤イサオ
が歌ってたんですけど 日本人なら誰でも知ってたんですけど
今では あそー ノーバディ ノウズって落ちになりやすかね お客さん

映画館で鑑賞した感想

投稿日

2021/10/11

レビュアー

面白くないわけではない、ただジョン・ウィックと比べると…という感じ。

1〜 2件 / 全2件