No.41 RANKING

砕け散るところを見せてあげる

砕け散るところを見せてあげるの画像・ジャケット写真

砕け散るところを見せてあげる / 中川大志
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

6

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「砕け散るところを見せてあげる」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

竹宮ゆゆこのベストセラー小説を、中川大志と石井杏奈のW主演で映画化。平凡な日々を送る濱田清澄は、学年一の嫌われ者と呼ばれる蔵本玻璃に出会う。玻璃は救いの手を差し伸べる清澄に心を開くようになるが、彼女には誰にも言えない秘密があり…。

「砕け散るところを見せてあげる」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
製作国: 日本

「砕け散るところを見せてあげる」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

クライマーズ・ハイ

ALWAYS 三丁目の夕日’64

ガールガンレディ

セーラー服と機関銃

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

衝撃的作品・・観た後に読んで下さいね。 ネタバレ

投稿日:2021/11/08 レビュアー:アーモンド

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

2021年。原作:竹宮ゆゆこ。監督:脚本共にSABU。
かなり衝撃を受けました。
不謹慎ですが、引き込まれて夢中で観ました。
しかし何点か疑問も感じたのです。
1、キヨトの母親(矢田亜希子)の言動
2、オハギ事件、
3、自己犠牲の問題点、

頭からバケツの水を4杯かけられて、トイレに3時間閉じ込められる・・・
そんな酷いイジメを受けているハリ(石井杏奈)
見つけたキヨト(中川大志)は必死で介抱する。

ハリは7時までに帰宅しないと、大変なことになる・・・
父親に怯えた様子だった。
震えて吃ってるハリ。

(母親のヒーロー3則を守るキヨト)
(UFOを心の支えにしているハリは、いつしか心が通い合う友達になります)

キヨトの母親(矢田亜希子)が、ハリを乗せて家へ送る。
ハリの父親(堤真一)の車が前を走っていた。
その車が突然バックしてくる。
ぶつかる直前に止まる。またバックする。
父親の狂気がこの時、仄見えるシーンだ。
母親(矢田亜希子)がウザイ。
初対面の人のプライバシーにこんなに立ち入るものか?
(このシーンは、げんなりした)
ここが疑問の1です。

疑問の2、オハギ事件、
洗濯屋のおばさん(木野花)が、ハリに同情してオハギを作ってくる。
キヨトに渡すように言う。
貰っても困ると思う。学校のどこで?いつ食べるの?
案の定、イジメの男の子に投げつけられる。

映画は中盤から、ハリが学校イチの嫌われ者から、モンスター・ファーザーを持つ娘
(ミステリー)に変換します。

観終わった方が読んでくださってると思います。
堤真一さん、よく引き受けましたね。
ラストでボコボコ(・・・どころでなかった・・・)なので引き受けたのでしょう。

そして一番大きな疑問の3、
キヨトは実は冒頭で変身ポーズを決めている北村匠海の父親なのです。
ハリと再会して結婚して、匠海君が生まれる…数日前、
濁流に呑まれる車から、何人も救助して、最後に力尽きて死んでしまったのです。

ショックでした。
自己犠牲の行為は誰にも真似できません。尊いです。
でも、妻なら息子なら、他人の命より自分の命を守ってほしい・・・そう思います。

死なないのはアメコミヒーローと仮面ライダー、だけなんですから・・・。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

何の迷いもなく手を差し伸べる優しさ

投稿日:2021/11/07 レビュアー:くまげらの森

(2020年製作・監督はSABU)
蓮っ葉なタイトルから、軽い学園ストーリィと思いきや、
大人の観賞に耐える素晴らしい作品でした。
竹宮ゆゆこさんの原作をSABU監督が映画化。

オープニング、北村匠海が正義のヒーローに成り切ってポーズ!
彼のナレーションで物語が始まる・・。

全校集会に遅刻してバタバタしているのは濱田清澄(中川大志)だ。
彼は一年生の女子生徒がいじめに遭っているのを目撃する。割って入り、声をかける清澄。
だが、彼を待っていたのは、助けたはずの後輩、蔵本玻璃(くらもとハリ)(石井杏奈)からの
絶叫だった。絶叫して逃げるハリ。その拒絶の意味は何か。
壮絶なイジメを受けていて、トイレに3時間も閉じ込められるハリ。
何とか助け出そうとする清澄の思いは徐々に伝わり、二人は親しくなってゆく。

打ち解けてみればハリは会話も楽しく可愛い子だ。
自分のためにではなく、誰かのために戦った時、本当の勝利を手にする。
UFOがやってきて私のママをさらっていった、イジメられるのもみんなUFOのせい・・
そんな話をしながら、他愛もなく笑い、清澄は(いつまでも一緒にいたい)と思う。

中川大志も結構、ユーモラスに頑張っていますが、テーマがテーマなので、心から笑えませんよね。
(それがハリちゃんの支えになるだろうけど)
ハリちゃんにはもっと大きな秘密があった。うすうす気付く清澄。
(クリーニングのおばさんも、キヨトママも早く警察に通報すれば良かったのに)

あってはならない事がある世の中です。女子生徒はなぜ、そこまで耐えるのでしょう。
後半は血生臭くなって、見るのも辛いですが、人として正しい事をやる強さ、
一人の女性への愛情、それが心に強く刺さりました。
とても良い作品だと思いました。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

ヒーロー、見参!

投稿日:2021/11/04 レビュアー:飛べない魔女

ヒーロー、見参!
主人公の濱田清澄(中川大志)はそう言って
いじめられっ子である蔵本玻璃(石井安奈)を励まします。
彼女がイジメられるのは、暗くて、顔をぼさぼさの髪の毛で覆って
猫背でいつも下を向いているから、いじめのターゲットになるのだと、
清澄はいろいろアドバイスをします。

大きな声で話せ!
背筋を伸ばして、おでこを出して、背筋をまっすぐに!
お前は可愛いのだから!

酷いイジメにあっていた玻璃にとって清澄はヒーローでした。
ピンチに手を差し伸べてくれる最高のヒーローでした。

てっきり玻璃を再生させるために奮闘する青春爽やかラブストーリーなのかと思いきや
物語はとんでもないまさかの展開になっていくのです。
意外にも重苦しくて暗い話だったのでびっくりしました。
タイトルの意味は玻璃の決死の行動を言っているのでしょう。

冒頭で清澄は正義感が強いあまりに、命を落としたことが判ります。
残された妻の玻璃(原田知世)と息子(北村 匠海)が亡き夫、亡き父を
忍ぶところから、物語は始まります。
清澄と玻璃の純愛物語だと思ってすっかり油断しました。
何度も書いてしまいますが、なかなか重たい話でした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

見終わった後も心にずしりと来てます

投稿日:2021/12/04 レビュアー:こぶた

いじめの映画なの?って見ていると
これは違うなって分かってくる
狂気と悲しみと優しさの映画です

俳優さん全て良いです
是非是非見て欲しい

もう何で警察呼ばないのって見ながら呟いてしまいました
映画だからその流れにしないと話しにならないのかもしれませんがね

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

RUN

投稿日:2021/12/12 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0


いやあ こりゃ不覚だった我ながら サブやん ごめんちゃい
いやね おう相変わらず走っとんなサブ映画はと思ってたら
朝礼で止まって その後 嫌で嫌いないじめのお話で 会話も長いので
ちびちび早送りが どんすこ早送りでもう話はわかりまシェン

それが後半になると加速度的に映画が変になって 遂に映画が
砕け散ってしまうのには びっくらこいたねえ UFOで アポチャポ
ウィラセクヤン 「時を駆ける少女」から「ファブル」の狂気まで
分裂 炸裂すね 「許された子供たち」と同じく単なる虐め映画では
ないのよね でも再見はどうかなあ みたいな

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全6件

砕け散るところを見せてあげる

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:6件

衝撃的作品・・観た後に読んで下さいね。

投稿日

2021/11/08

レビュアー

アーモンド

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

2021年。原作:竹宮ゆゆこ。監督:脚本共にSABU。
かなり衝撃を受けました。
不謹慎ですが、引き込まれて夢中で観ました。
しかし何点か疑問も感じたのです。
1、キヨトの母親(矢田亜希子)の言動
2、オハギ事件、
3、自己犠牲の問題点、

頭からバケツの水を4杯かけられて、トイレに3時間閉じ込められる・・・
そんな酷いイジメを受けているハリ(石井杏奈)
見つけたキヨト(中川大志)は必死で介抱する。

ハリは7時までに帰宅しないと、大変なことになる・・・
父親に怯えた様子だった。
震えて吃ってるハリ。

(母親のヒーロー3則を守るキヨト)
(UFOを心の支えにしているハリは、いつしか心が通い合う友達になります)

キヨトの母親(矢田亜希子)が、ハリを乗せて家へ送る。
ハリの父親(堤真一)の車が前を走っていた。
その車が突然バックしてくる。
ぶつかる直前に止まる。またバックする。
父親の狂気がこの時、仄見えるシーンだ。
母親(矢田亜希子)がウザイ。
初対面の人のプライバシーにこんなに立ち入るものか?
(このシーンは、げんなりした)
ここが疑問の1です。

疑問の2、オハギ事件、
洗濯屋のおばさん(木野花)が、ハリに同情してオハギを作ってくる。
キヨトに渡すように言う。
貰っても困ると思う。学校のどこで?いつ食べるの?
案の定、イジメの男の子に投げつけられる。

映画は中盤から、ハリが学校イチの嫌われ者から、モンスター・ファーザーを持つ娘
(ミステリー)に変換します。

観終わった方が読んでくださってると思います。
堤真一さん、よく引き受けましたね。
ラストでボコボコ(・・・どころでなかった・・・)なので引き受けたのでしょう。

そして一番大きな疑問の3、
キヨトは実は冒頭で変身ポーズを決めている北村匠海の父親なのです。
ハリと再会して結婚して、匠海君が生まれる…数日前、
濁流に呑まれる車から、何人も救助して、最後に力尽きて死んでしまったのです。

ショックでした。
自己犠牲の行為は誰にも真似できません。尊いです。
でも、妻なら息子なら、他人の命より自分の命を守ってほしい・・・そう思います。

死なないのはアメコミヒーローと仮面ライダー、だけなんですから・・・。

何の迷いもなく手を差し伸べる優しさ

投稿日

2021/11/07

レビュアー

くまげらの森

(2020年製作・監督はSABU)
蓮っ葉なタイトルから、軽い学園ストーリィと思いきや、
大人の観賞に耐える素晴らしい作品でした。
竹宮ゆゆこさんの原作をSABU監督が映画化。

オープニング、北村匠海が正義のヒーローに成り切ってポーズ!
彼のナレーションで物語が始まる・・。

全校集会に遅刻してバタバタしているのは濱田清澄(中川大志)だ。
彼は一年生の女子生徒がいじめに遭っているのを目撃する。割って入り、声をかける清澄。
だが、彼を待っていたのは、助けたはずの後輩、蔵本玻璃(くらもとハリ)(石井杏奈)からの
絶叫だった。絶叫して逃げるハリ。その拒絶の意味は何か。
壮絶なイジメを受けていて、トイレに3時間も閉じ込められるハリ。
何とか助け出そうとする清澄の思いは徐々に伝わり、二人は親しくなってゆく。

打ち解けてみればハリは会話も楽しく可愛い子だ。
自分のためにではなく、誰かのために戦った時、本当の勝利を手にする。
UFOがやってきて私のママをさらっていった、イジメられるのもみんなUFOのせい・・
そんな話をしながら、他愛もなく笑い、清澄は(いつまでも一緒にいたい)と思う。

中川大志も結構、ユーモラスに頑張っていますが、テーマがテーマなので、心から笑えませんよね。
(それがハリちゃんの支えになるだろうけど)
ハリちゃんにはもっと大きな秘密があった。うすうす気付く清澄。
(クリーニングのおばさんも、キヨトママも早く警察に通報すれば良かったのに)

あってはならない事がある世の中です。女子生徒はなぜ、そこまで耐えるのでしょう。
後半は血生臭くなって、見るのも辛いですが、人として正しい事をやる強さ、
一人の女性への愛情、それが心に強く刺さりました。
とても良い作品だと思いました。

ヒーロー、見参!

投稿日

2021/11/04

レビュアー

飛べない魔女

ヒーロー、見参!
主人公の濱田清澄(中川大志)はそう言って
いじめられっ子である蔵本玻璃(石井安奈)を励まします。
彼女がイジメられるのは、暗くて、顔をぼさぼさの髪の毛で覆って
猫背でいつも下を向いているから、いじめのターゲットになるのだと、
清澄はいろいろアドバイスをします。

大きな声で話せ!
背筋を伸ばして、おでこを出して、背筋をまっすぐに!
お前は可愛いのだから!

酷いイジメにあっていた玻璃にとって清澄はヒーローでした。
ピンチに手を差し伸べてくれる最高のヒーローでした。

てっきり玻璃を再生させるために奮闘する青春爽やかラブストーリーなのかと思いきや
物語はとんでもないまさかの展開になっていくのです。
意外にも重苦しくて暗い話だったのでびっくりしました。
タイトルの意味は玻璃の決死の行動を言っているのでしょう。

冒頭で清澄は正義感が強いあまりに、命を落としたことが判ります。
残された妻の玻璃(原田知世)と息子(北村 匠海)が亡き夫、亡き父を
忍ぶところから、物語は始まります。
清澄と玻璃の純愛物語だと思ってすっかり油断しました。
何度も書いてしまいますが、なかなか重たい話でした。

見終わった後も心にずしりと来てます

投稿日

2021/12/04

レビュアー

こぶた

いじめの映画なの?って見ていると
これは違うなって分かってくる
狂気と悲しみと優しさの映画です

俳優さん全て良いです
是非是非見て欲しい

もう何で警察呼ばないのって見ながら呟いてしまいました
映画だからその流れにしないと話しにならないのかもしれませんがね

RUN

投稿日

2021/12/12

レビュアー

裸足のラヴァース 2.0


いやあ こりゃ不覚だった我ながら サブやん ごめんちゃい
いやね おう相変わらず走っとんなサブ映画はと思ってたら
朝礼で止まって その後 嫌で嫌いないじめのお話で 会話も長いので
ちびちび早送りが どんすこ早送りでもう話はわかりまシェン

それが後半になると加速度的に映画が変になって 遂に映画が
砕け散ってしまうのには びっくらこいたねえ UFOで アポチャポ
ウィラセクヤン 「時を駆ける少女」から「ファブル」の狂気まで
分裂 炸裂すね 「許された子供たち」と同じく単なる虐め映画では
ないのよね でも再見はどうかなあ みたいな

1〜 5件 / 全6件