劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班

劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班の画像・ジャケット写真

劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班 / 坂口健太郎

全体の平均評価点:(5点満点)

10

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

準新作

ジャンル :

「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

準新作

解説・ストーリー

韓国ドラマ「シグナル」を坂口健太郎主演でリメイクしたヒット・ドラマ・シリーズ「シグナル 長期未解決事件捜査班」をオリジナル・ストーリーで映画化したサスペンス・アクション。一台の無線機によって時空を超えて繋がった2人の刑事、三枝と大山が、協力して新たな未解決事件に挑む姿をスリリングに描く。共演は北村一輝、吉瀬美智子。監督は「探偵はBARにいる」の橋本一。2021年、東京。ある日、政府高官が交通事故で死亡し、長期未解決事件捜査班の三枝と桜井は事件の可能性を疑う。一方、2009年の東京でも政務官が相次いで交通事故死する中、大山だけは事件性を疑っていた。そんな時、繋がるはずのない無線機が再び鳴り出すのだったが…。 JAN:4988632505222

「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」 の作品情報

作品情報

製作年:

2020年

「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督:

橋本一

出演:

坂口健太郎

関連作品

関連作品

探偵はBARにいる

相棒シリーズ X DAY

相棒 season9

王妃の館

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

諦めなければ 未来は変わる

投稿日:2021/11/11 レビュアー:kazupon

監督:橋本一(2020年・日本・122分)

バッテリー切れの無線機が過去と未来を繋ぐという韓国初のミステリードラマを日本でリメイク。
連続のテレビドラマとスペシャル版を経ての劇場版です。
現在に生きる刑事三枝警部補(坂口健太郎)と、過去に生きる大山刑事(北村一輝)が協力し合い、それぞれの世界で一つの(同じ)事件を追い、解決して行きます。
          **********
2021年1月25日の東京。
黒塗りの車に乗り込む内閣情報調査官次長・三谷(杉本哲太)。その直前、不審な男が車に近づきフロント部分に注射器で何かを注入して去った。
その後、三谷を乗せた車は高速道路上で事故を起こし、三谷と運転手は死亡する。
カーブを曲がり切れずに起きた事故とされたが、科捜研の調べで毒ガス・ヘロンが検出された。
この事故は、2001年の西新宿テロ事件と酷似しており、長期未解決事件捜査班では、さらに2009年11月21日の加藤政務官の事故、2009年12月5日の中村幸恵政務官の事故とも関連があるのではないかと疑う。
三枝たちは過去の記録に当たるが、偶然にも大山刑事が別件捜査中に加藤政務官の事故を目撃していたことが分った。
繋がるはずのない無線機が再び鳴り出し、2009年の12月1日に生きる大山に、三枝が4日後に起きる中村政務官の事故のことを伝える。何とか事故を食い止めて欲しいと。

これまでも過去の大山と現在の三枝は協力し合って、いくつかの事件を解決して来た。
過去で大山が事件を解決すれば、現在には変化があった。
しかし、今回は大山のいる時代の事件を解決(阻止)しても、現在で三谷の事故は起きてしまった。
これには、どんな意味があるのだろうか。
西新宿テロ事件と三谷事件の関連、政治と警察の癒着、さらに山崎聡史警視庁公安部長(田中哲司)が殺害され、三枝が容疑者とされるなど複雑に糸が絡み合って行く。
ついには内閣官房長官・板垣真二郎(鹿賀丈史)をターゲットとするテロ計画を察知し、長期未解決事件捜査班が、テロを阻止するために奔走する。

この劇場版は完全に日本のオリジナルで、韓国側のOKも貰ったらしい。
そして、三枝役の坂口健太郎にとっては初の本格的なアクションだったようだ。
橋本一監督は、主演の坂口健太郎をボロボロにすると言っていたそうで、坂口はクランクインの4カ月前から殺陣の稽古に通ったという。
その成果については、終盤のホテル予備タンク室での実行犯との格闘で発揮される。
左肩をサバイバルナイフで突き刺され、右手だけでの攻防は痛々しい。

彼らの活躍でまた過去が変わり、未来も変わった。
ラストが意味深。これは「続編の可能性あり」ということだろうか?

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」の劇場版 ネタバレ

投稿日:2021/12/11 レビュアー:oyoyo

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

テレビドラマ版を観ている事が前提の映画ですね。
謎の無線機が現在と過去の2人の刑事をつなぎ未解決事件を解決していく姿を描く。

絶体絶命のピンチをギリギリのところで切り抜ける所は、
観ている時は盛り上がる。
だが、ご都合主義的な展開なので、一段落した頃に
「ありえね〜」と思ってしまう自分がいた。

見殺しにした女性ジャーナリストが、
過去を変えた事で死ななかったようになったのは、
ドラゴンボールを思い出した(笑)

ラストはええ〜!?
せっかく〇〇だと思ったのに結局こうなるの〜?
って感じ。
意味深なラストが印象に残り〇

まだ続きそう。

75点 

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

過去と交信出来る無線機・・過去は変えられますか?

投稿日:2021/10/07 レビュアー:アーモンド

2021年。監督:橋本一。
同名の連ドラの劇場版です。
過去の時間に存在する刑事・大山(北村一輝)と現在に生きる刑事・三枝健人が、
互いに協力して難事件を解決するミステリーです。
ドラマは見てた方が良し、ですが見てなくても大丈夫!
長期未解決事件捜査班のレギュラーメンバーはもちろん同じですよ。

劇場版ですのでスケール大きく、ラストには暖かい気持ちになる作品でした。
主演の坂口健太郎は捨て身のアクションに挑戦!!
なかなか頼もしかったです。

2021年東京。
政府高官が交通事故死する。
これは2009年に起きた政務官・連続交通事故死に関係がある・・・と疑った三枝たち
長期未解決事件捜査班は動きだす。
2009年の事故をよく知る男・大山巡査部長からの無線機が、またしても繋がった!
大山巡査部長と三枝警部補は無線機で連携して国家を揺るがす難事件に挑みます。

大ホテルのパーティー会場。
官房長官・板垣(鹿賀丈史)と、そのパーティー会場の何百人を一気に殺すバイオテロ計画。
果たして三枝健人は防ぐことが出来るのか?
たった一晩の出来事。
孤軍奮闘する現在に生きる三枝。
過去からの大山の助けは来るのか?
ちょっと説教臭い点やご都合主義的な点も見受けられます。

でも《諦めなければ過去は変わる!》
希望を感じさせるメッセージが良かったです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

最後が? ネタバレ

投稿日:2021/10/16 レビュアー:shizu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最後に「えっ! 何???」ってなりました。 まだ続くんですか?終わりですか?
私の理解力がたりないのか。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

連ドラとは別物として観るといいかも

投稿日:2022/02/01 レビュアー:nob77

連ドラ、スペシャルドラマに続く劇場版。
連ドラが面白かったし、スペシャルドラマは劇場版につながるような終わり方だったので、だいぶ期待していたが、少々肩透かしを食らった感じ。
一言でいえば、構成が雑だったかなと思う。
例えば、犯人グループが市中で銃を乱射しているのに、警官の姿が全く見えないとか、目的のために無関係な多くの人を平気で巻き込もうとするなど、ありえない設定が興味をそぐ。
繋がるはずのない無線機を軸としたサスペンス要素も薄くなり、アクション映画かと思う。
ドラマ版の時より、三枝(坂口健太郎)はたくましくなったなw。
まあ、そこそこ面白かったので、連ドラとは別物として観るといいかも。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全10件

劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:10件

諦めなければ 未来は変わる

投稿日

2021/11/11

レビュアー

kazupon

監督:橋本一(2020年・日本・122分)

バッテリー切れの無線機が過去と未来を繋ぐという韓国初のミステリードラマを日本でリメイク。
連続のテレビドラマとスペシャル版を経ての劇場版です。
現在に生きる刑事三枝警部補(坂口健太郎)と、過去に生きる大山刑事(北村一輝)が協力し合い、それぞれの世界で一つの(同じ)事件を追い、解決して行きます。
          **********
2021年1月25日の東京。
黒塗りの車に乗り込む内閣情報調査官次長・三谷(杉本哲太)。その直前、不審な男が車に近づきフロント部分に注射器で何かを注入して去った。
その後、三谷を乗せた車は高速道路上で事故を起こし、三谷と運転手は死亡する。
カーブを曲がり切れずに起きた事故とされたが、科捜研の調べで毒ガス・ヘロンが検出された。
この事故は、2001年の西新宿テロ事件と酷似しており、長期未解決事件捜査班では、さらに2009年11月21日の加藤政務官の事故、2009年12月5日の中村幸恵政務官の事故とも関連があるのではないかと疑う。
三枝たちは過去の記録に当たるが、偶然にも大山刑事が別件捜査中に加藤政務官の事故を目撃していたことが分った。
繋がるはずのない無線機が再び鳴り出し、2009年の12月1日に生きる大山に、三枝が4日後に起きる中村政務官の事故のことを伝える。何とか事故を食い止めて欲しいと。

これまでも過去の大山と現在の三枝は協力し合って、いくつかの事件を解決して来た。
過去で大山が事件を解決すれば、現在には変化があった。
しかし、今回は大山のいる時代の事件を解決(阻止)しても、現在で三谷の事故は起きてしまった。
これには、どんな意味があるのだろうか。
西新宿テロ事件と三谷事件の関連、政治と警察の癒着、さらに山崎聡史警視庁公安部長(田中哲司)が殺害され、三枝が容疑者とされるなど複雑に糸が絡み合って行く。
ついには内閣官房長官・板垣真二郎(鹿賀丈史)をターゲットとするテロ計画を察知し、長期未解決事件捜査班が、テロを阻止するために奔走する。

この劇場版は完全に日本のオリジナルで、韓国側のOKも貰ったらしい。
そして、三枝役の坂口健太郎にとっては初の本格的なアクションだったようだ。
橋本一監督は、主演の坂口健太郎をボロボロにすると言っていたそうで、坂口はクランクインの4カ月前から殺陣の稽古に通ったという。
その成果については、終盤のホテル予備タンク室での実行犯との格闘で発揮される。
左肩をサバイバルナイフで突き刺され、右手だけでの攻防は痛々しい。

彼らの活躍でまた過去が変わり、未来も変わった。
ラストが意味深。これは「続編の可能性あり」ということだろうか?

連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」の劇場版

投稿日

2021/12/11

レビュアー

oyoyo

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

テレビドラマ版を観ている事が前提の映画ですね。
謎の無線機が現在と過去の2人の刑事をつなぎ未解決事件を解決していく姿を描く。

絶体絶命のピンチをギリギリのところで切り抜ける所は、
観ている時は盛り上がる。
だが、ご都合主義的な展開なので、一段落した頃に
「ありえね〜」と思ってしまう自分がいた。

見殺しにした女性ジャーナリストが、
過去を変えた事で死ななかったようになったのは、
ドラゴンボールを思い出した(笑)

ラストはええ〜!?
せっかく〇〇だと思ったのに結局こうなるの〜?
って感じ。
意味深なラストが印象に残り〇

まだ続きそう。

75点 

過去と交信出来る無線機・・過去は変えられますか?

投稿日

2021/10/07

レビュアー

アーモンド

2021年。監督:橋本一。
同名の連ドラの劇場版です。
過去の時間に存在する刑事・大山(北村一輝)と現在に生きる刑事・三枝健人が、
互いに協力して難事件を解決するミステリーです。
ドラマは見てた方が良し、ですが見てなくても大丈夫!
長期未解決事件捜査班のレギュラーメンバーはもちろん同じですよ。

劇場版ですのでスケール大きく、ラストには暖かい気持ちになる作品でした。
主演の坂口健太郎は捨て身のアクションに挑戦!!
なかなか頼もしかったです。

2021年東京。
政府高官が交通事故死する。
これは2009年に起きた政務官・連続交通事故死に関係がある・・・と疑った三枝たち
長期未解決事件捜査班は動きだす。
2009年の事故をよく知る男・大山巡査部長からの無線機が、またしても繋がった!
大山巡査部長と三枝警部補は無線機で連携して国家を揺るがす難事件に挑みます。

大ホテルのパーティー会場。
官房長官・板垣(鹿賀丈史)と、そのパーティー会場の何百人を一気に殺すバイオテロ計画。
果たして三枝健人は防ぐことが出来るのか?
たった一晩の出来事。
孤軍奮闘する現在に生きる三枝。
過去からの大山の助けは来るのか?
ちょっと説教臭い点やご都合主義的な点も見受けられます。

でも《諦めなければ過去は変わる!》
希望を感じさせるメッセージが良かったです。

最後が?

投稿日

2021/10/16

レビュアー

shizu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最後に「えっ! 何???」ってなりました。 まだ続くんですか?終わりですか?
私の理解力がたりないのか。

連ドラとは別物として観るといいかも

投稿日

2022/02/01

レビュアー

nob77

連ドラ、スペシャルドラマに続く劇場版。
連ドラが面白かったし、スペシャルドラマは劇場版につながるような終わり方だったので、だいぶ期待していたが、少々肩透かしを食らった感じ。
一言でいえば、構成が雑だったかなと思う。
例えば、犯人グループが市中で銃を乱射しているのに、警官の姿が全く見えないとか、目的のために無関係な多くの人を平気で巻き込もうとするなど、ありえない設定が興味をそぐ。
繋がるはずのない無線機を軸としたサスペンス要素も薄くなり、アクション映画かと思う。
ドラマ版の時より、三枝(坂口健太郎)はたくましくなったなw。
まあ、そこそこ面白かったので、連ドラとは別物として観るといいかも。

1〜 5件 / 全10件