No.37 RANKING

AVA/エヴァ

AVA/エヴァの画像・ジャケット写真

AVA/エヴァ / ジェシカ・チャスティン
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

11

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「AVA/エヴァ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「ゼロ・ダーク・サーティ」「モリーズ・ゲーム」のジェシカ・チャステインが美しき女暗殺者を演じるサスペンス・アクション。組織に裏切られたヒロインが、たった一人で反逆に立ち上がる壮絶な死闘の行方を描く。共演はジョン・マルコヴィッチ、コリン・ファレル、コモン。監督は「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」「ガール・オン・ザ・トレイン」のテイト・テイラー。美しい容姿と並外れた戦闘スキルで完璧に任務をこなしてきた暗殺者エヴァ。しかし“なぜ標的たちは殺されなければならなかったのか”という疑問が頭を離れることはなかった。そんな中、重要なミッションに臨むエヴァだったが…。 JAN:4907953290532

「AVA/エヴァ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
原題: AVA

「AVA/エヴァ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

カットスロート・アイランド

ロンドン・ブルバード ラスト・ボディガード

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

天と地

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

暗殺者と家族の話。馴染まないわー・・ ネタバレ

投稿日:2021/09/24 レビュアー:くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ハッキリ言って、ジェスカ・チャスの知的な眼は暗殺モノに不向きじゃないだろうか。
小柄で敏捷ではあるが、(走り去ったと見えて、後ろからムオッ!と登場するビックリは、いかにも「編集」なのだ)
頭がのぼせるほどの美貌があるかというとそれも苦しい。
『アトミックブロンド』や『レッドスパロー』の迫力には及ばない。

今作は、「家族愛」がテーマになっている。アルコール依存症を克服し、親子姉妹関係、
元カレとの確執が描かれる。テーマとしては、もうお腹いっぱいの感じなのだが、
ジェシカも製作に名を連ねているので、社会派視点からなお「観たい」要素があるかと言うと、
え〜と、もごもごムニャムニャ。。。

さて、話はこうだ。
エヴァ(ジェシカ・チャスティン)は、組織から命じられたターゲットに近づき、
暗殺を繰り返していた。
指示された(ヨハン・グリフィス)を、殺害しようとした時に、ターゲットに問いかける。
「何か、殺されなければならない、悪事をしたのか」と。

・・・あちゃぁ〜!!
聞く方も聞く方だけど、今殺される人間が答える訳ないじゃんか。
なんと返答しようが殺されるし、そんなお話モードになる訳ない。
しかし、組織には暗殺現場を尾行して、盗聴までしているヒマ人がいた。
直属上司(上司は二人しか登場しない)に報告されたこの案件は、エヴァの「ご乱心」の兆候を
ヤバイものと判断する。
早速、エヴァに刺客が向けられるのだ。
(うん、そのリスクマネジメントは正しいと思うよ。)

エヴァの私生活の話がまた一筋縄で行かない。(エヴァの元カレは妹と付き合っていた。
しかも、ギャンブルで借金があった。)エヴァ自身がアルコール依存で人身事故も起こしてるし
殺し屋などと「子供に教えられない仕事」についてる。現金と通帳を渡して、
『国外へ逃げて。あなた達だけは幸せになって』ちょっとグッとくるかしら?

ジャシカ・チャスティンのアクションはそこそこではあるが、自然死に見せかけて殺害というのが
40人殺した実績なので、アクションだけなら、上司(父親代わり)のジョン・マルコビッチと、
上司の上司(コリン・ファレル)の闘いがよほど面白くて迫力があった。
あと、母親が『ロング・キス・グッドナイト』のジーナ・デイヴィス!明るいキャラで、
これだけ似てない親子も珍しいかも。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

彼女は躊躇うことなく引き金を弾く

投稿日:2021/10/29 レビュアー:飛べない魔女

孤独なアサシン、エヴァ。
暗殺者の役目は、ターゲットを計画通り抹殺すること。
でも彼女はターゲットが何故殺されなければならないのか、
どうしても知りたくて、殺す前に問いただす。

『どんな悪いことをしたの?』

そのことが暗殺組織の逆鱗に触れ
逆に組織から命を狙われることになる。

エヴァが組織から抹殺される理由が薄すぎ。
知りたがり=彼女は危険だ、という理論が良く判らない。
躊躇することなく引き金を弾いて仕事を完了するエヴァに
何が不満なんだ!?と思ってしまう。
8年ぶりに 再会する母と妹、そして元カレ(今は妹の婚約者)の件は
冷酷な殺し屋エヴァにも人間的なところをあることを出したかったのだろうけど
どこか中途半端感は否めない。
41人殺した女も、家族の命は守りたい。
あそこはグッとくるところなんだろうけど、そうはならなかった。
続きを匂わせる終わり方だったけど、作ろうとしているのかな?

さすがに40歳を過ぎたジェシカ・チャステインも
中年体型になったのか、ちょっと太目になった気が。。
アクションをするにはちょいと重たそうに見えた。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

ゆっさりもっさり

投稿日:2021/10/28 レビュアー:ビンス

ジェシカ・チャスティンが
凄腕の暗殺者を演じるという。
戦う女性
強さを持つ女性が
これまでの作品でも似合っていた彼女だけに
今回も楽しませてくれるのかという
ある程度の期待と
それと同量のきな臭い雰囲気を感じながらのショウタイム
そうか
ジェシカには
暗殺者は似合わないんだな
が結論。
いや、暗殺者は
その顔立ちからも似合うのだが
暗殺者として納得できるだけの
アクション、格闘が似合わない
できないのだなというのが結論です。
表情はバッチリとキマっていますが
顔から下はスローモー
動きにキレがなく
それを編集でも補えていない
もっさりしてます。
何より豊かな胸が
その動きを邪魔しているように見えました。
豊かな胸を持つ美女が
キレッキレの動きで
アクションをこなすのは
まだまだアニメの世界の領域のようです。
しかし
一番の戦犯は監督そして演出ではないでしょうか。
なんだこのストーリー
なんだこの演出
ジェシカの動き以上に
もっさりしてる
つまらんつまらん
ヘタクソか
キャストは豪華だし
賞レースにノミネートもされてる方々
それなのにこのキレのない仕上がり
なんならキャストの演技すら
へっぽこに見えてくる
コリン・ファレルの格闘シーンなんて
目指すべき場所を見失ったかのようだ
作品を完成させるにおいて
監督と演出の力の重要性を思い知ります。
そしてそれは
キャストの演技力というパワーですら
覆せないものだと実感しました。
それは裏を返せば
演技力って
それほど正確性のないものってことなのか
運とタイミング
あとは観客の誤解で成立するものなのか
ま、そんなことはもういい
次の面白い映画を観よう

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ジェシカの女暗殺者。分かりやすく面白い!

投稿日:2021/09/25 レビュアー:アーモンド

2021年(アメリカ)監督:テイト・テイラー。
女暗殺者のジェシカ・チャスティン。
女スパイや女暗殺者はシャーリーズ・セロン(アトミック・ブロンド)
ジェニファー・ローレンス(レッド・スパロー)
ノオミ・ラパス(アン・ロック/陰謀のコード)などが演じています。
この映画、傑作とまではいかないと思います、正直のところ。
でもそれなりに楽しめるんです。
なんたってジェシカ・チャスティンですよ、外しません!!

大学でも優等生だったエヴァ。
ちょっとしたことから、酒と薬にハマりだし飲酒運転で刑務所へ。
出所後はなんと米軍兵士として格闘や銃器のスキルを身につけます。
そして国際的暗殺組織にリクルートされて女暗殺者に。

ところが、自らの暗殺の標的に「暗殺される悪事を告白させたい・・・」
そんなお茶目な態度を嫌った組織から逆に狙われるエヴァ。
結構、人間的なアサシンです。
直属の上司(ジョン・マルコビッチ)を、父親代わり・・・と思ってたりする。
人間的な暗殺者って可愛くない?可愛いいしょ!!
家族を思って涙をポロリのチャスティン。

狙ってくる殺し屋との格闘技もお見事です。
銃撃戦の見せ場もスピーディー。
まぁ製作には紆余曲折あったそうで、難産だったとか。
リュック・ベッソンの「ANNA アナ」を意識してるんですけど、
「ANNA アナ」にはいま一歩及ばなかったかな!!

アクション・シーンは見応えあるし、娯楽として観るなら十分楽しめます。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

大したことないけど、そう悪くもない

投稿日:2021/11/20 レビュアー:勇光

人殺しのプロの話なのにストーリーは義理と人情と家族愛でまとめてあり、これにアルコール依存症をからませてあった。どれもプロの殺し屋には御法度だろう。とくに家族愛の件については閉口した。
スパイってのは孤児を鍛えて育てたケースがほとんどだと聞く。親兄弟のいる者は冷酷な殺し屋にはなれないのだろう。

音楽がいいので楽しめるけど、チャスティンの格闘シーンは超甘い。
チャスティンの肩のあたりが膨らんでいたので少しは筋トレしたのだろうけども、顔以外はポッチャリ感が出ていて締まりがなかった。
コリンやマルコビッチもそれらしい雰囲気を出そうと努力していたのはわかるが、あんまり気合いが入ってなかった。

けど、ラストはスッキリさわやかでいい感じだった。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全11件

AVA/エヴァ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:11件

暗殺者と家族の話。馴染まないわー・・

投稿日

2021/09/24

レビュアー

くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ハッキリ言って、ジェスカ・チャスの知的な眼は暗殺モノに不向きじゃないだろうか。
小柄で敏捷ではあるが、(走り去ったと見えて、後ろからムオッ!と登場するビックリは、いかにも「編集」なのだ)
頭がのぼせるほどの美貌があるかというとそれも苦しい。
『アトミックブロンド』や『レッドスパロー』の迫力には及ばない。

今作は、「家族愛」がテーマになっている。アルコール依存症を克服し、親子姉妹関係、
元カレとの確執が描かれる。テーマとしては、もうお腹いっぱいの感じなのだが、
ジェシカも製作に名を連ねているので、社会派視点からなお「観たい」要素があるかと言うと、
え〜と、もごもごムニャムニャ。。。

さて、話はこうだ。
エヴァ(ジェシカ・チャスティン)は、組織から命じられたターゲットに近づき、
暗殺を繰り返していた。
指示された(ヨハン・グリフィス)を、殺害しようとした時に、ターゲットに問いかける。
「何か、殺されなければならない、悪事をしたのか」と。

・・・あちゃぁ〜!!
聞く方も聞く方だけど、今殺される人間が答える訳ないじゃんか。
なんと返答しようが殺されるし、そんなお話モードになる訳ない。
しかし、組織には暗殺現場を尾行して、盗聴までしているヒマ人がいた。
直属上司(上司は二人しか登場しない)に報告されたこの案件は、エヴァの「ご乱心」の兆候を
ヤバイものと判断する。
早速、エヴァに刺客が向けられるのだ。
(うん、そのリスクマネジメントは正しいと思うよ。)

エヴァの私生活の話がまた一筋縄で行かない。(エヴァの元カレは妹と付き合っていた。
しかも、ギャンブルで借金があった。)エヴァ自身がアルコール依存で人身事故も起こしてるし
殺し屋などと「子供に教えられない仕事」についてる。現金と通帳を渡して、
『国外へ逃げて。あなた達だけは幸せになって』ちょっとグッとくるかしら?

ジャシカ・チャスティンのアクションはそこそこではあるが、自然死に見せかけて殺害というのが
40人殺した実績なので、アクションだけなら、上司(父親代わり)のジョン・マルコビッチと、
上司の上司(コリン・ファレル)の闘いがよほど面白くて迫力があった。
あと、母親が『ロング・キス・グッドナイト』のジーナ・デイヴィス!明るいキャラで、
これだけ似てない親子も珍しいかも。

彼女は躊躇うことなく引き金を弾く

投稿日

2021/10/29

レビュアー

飛べない魔女

孤独なアサシン、エヴァ。
暗殺者の役目は、ターゲットを計画通り抹殺すること。
でも彼女はターゲットが何故殺されなければならないのか、
どうしても知りたくて、殺す前に問いただす。

『どんな悪いことをしたの?』

そのことが暗殺組織の逆鱗に触れ
逆に組織から命を狙われることになる。

エヴァが組織から抹殺される理由が薄すぎ。
知りたがり=彼女は危険だ、という理論が良く判らない。
躊躇することなく引き金を弾いて仕事を完了するエヴァに
何が不満なんだ!?と思ってしまう。
8年ぶりに 再会する母と妹、そして元カレ(今は妹の婚約者)の件は
冷酷な殺し屋エヴァにも人間的なところをあることを出したかったのだろうけど
どこか中途半端感は否めない。
41人殺した女も、家族の命は守りたい。
あそこはグッとくるところなんだろうけど、そうはならなかった。
続きを匂わせる終わり方だったけど、作ろうとしているのかな?

さすがに40歳を過ぎたジェシカ・チャステインも
中年体型になったのか、ちょっと太目になった気が。。
アクションをするにはちょいと重たそうに見えた。

ゆっさりもっさり

投稿日

2021/10/28

レビュアー

ビンス

ジェシカ・チャスティンが
凄腕の暗殺者を演じるという。
戦う女性
強さを持つ女性が
これまでの作品でも似合っていた彼女だけに
今回も楽しませてくれるのかという
ある程度の期待と
それと同量のきな臭い雰囲気を感じながらのショウタイム
そうか
ジェシカには
暗殺者は似合わないんだな
が結論。
いや、暗殺者は
その顔立ちからも似合うのだが
暗殺者として納得できるだけの
アクション、格闘が似合わない
できないのだなというのが結論です。
表情はバッチリとキマっていますが
顔から下はスローモー
動きにキレがなく
それを編集でも補えていない
もっさりしてます。
何より豊かな胸が
その動きを邪魔しているように見えました。
豊かな胸を持つ美女が
キレッキレの動きで
アクションをこなすのは
まだまだアニメの世界の領域のようです。
しかし
一番の戦犯は監督そして演出ではないでしょうか。
なんだこのストーリー
なんだこの演出
ジェシカの動き以上に
もっさりしてる
つまらんつまらん
ヘタクソか
キャストは豪華だし
賞レースにノミネートもされてる方々
それなのにこのキレのない仕上がり
なんならキャストの演技すら
へっぽこに見えてくる
コリン・ファレルの格闘シーンなんて
目指すべき場所を見失ったかのようだ
作品を完成させるにおいて
監督と演出の力の重要性を思い知ります。
そしてそれは
キャストの演技力というパワーですら
覆せないものだと実感しました。
それは裏を返せば
演技力って
それほど正確性のないものってことなのか
運とタイミング
あとは観客の誤解で成立するものなのか
ま、そんなことはもういい
次の面白い映画を観よう

ジェシカの女暗殺者。分かりやすく面白い!

投稿日

2021/09/25

レビュアー

アーモンド

2021年(アメリカ)監督:テイト・テイラー。
女暗殺者のジェシカ・チャスティン。
女スパイや女暗殺者はシャーリーズ・セロン(アトミック・ブロンド)
ジェニファー・ローレンス(レッド・スパロー)
ノオミ・ラパス(アン・ロック/陰謀のコード)などが演じています。
この映画、傑作とまではいかないと思います、正直のところ。
でもそれなりに楽しめるんです。
なんたってジェシカ・チャスティンですよ、外しません!!

大学でも優等生だったエヴァ。
ちょっとしたことから、酒と薬にハマりだし飲酒運転で刑務所へ。
出所後はなんと米軍兵士として格闘や銃器のスキルを身につけます。
そして国際的暗殺組織にリクルートされて女暗殺者に。

ところが、自らの暗殺の標的に「暗殺される悪事を告白させたい・・・」
そんなお茶目な態度を嫌った組織から逆に狙われるエヴァ。
結構、人間的なアサシンです。
直属の上司(ジョン・マルコビッチ)を、父親代わり・・・と思ってたりする。
人間的な暗殺者って可愛くない?可愛いいしょ!!
家族を思って涙をポロリのチャスティン。

狙ってくる殺し屋との格闘技もお見事です。
銃撃戦の見せ場もスピーディー。
まぁ製作には紆余曲折あったそうで、難産だったとか。
リュック・ベッソンの「ANNA アナ」を意識してるんですけど、
「ANNA アナ」にはいま一歩及ばなかったかな!!

アクション・シーンは見応えあるし、娯楽として観るなら十分楽しめます。

大したことないけど、そう悪くもない

投稿日

2021/11/20

レビュアー

勇光

人殺しのプロの話なのにストーリーは義理と人情と家族愛でまとめてあり、これにアルコール依存症をからませてあった。どれもプロの殺し屋には御法度だろう。とくに家族愛の件については閉口した。
スパイってのは孤児を鍛えて育てたケースがほとんどだと聞く。親兄弟のいる者は冷酷な殺し屋にはなれないのだろう。

音楽がいいので楽しめるけど、チャスティンの格闘シーンは超甘い。
チャスティンの肩のあたりが膨らんでいたので少しは筋トレしたのだろうけども、顔以外はポッチャリ感が出ていて締まりがなかった。
コリンやマルコビッチもそれらしい雰囲気を出そうと努力していたのはわかるが、あんまり気合いが入ってなかった。

けど、ラストはスッキリさわやかでいい感じだった。

1〜 5件 / 全11件