No.49 RANKING

ザ・スイッチ

ザ・スイッチの画像・ジャケット写真

ザ・スイッチ / ヴィンス・ヴォーン

全体の平均評価点:(5点満点)

16

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

ジャンル :

「ザ・スイッチ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

「ハッピー・デス・デイ」のクリストファー・ランドン監督がキャスリン・ニュートンとヴィンス・ヴォーンを主演に迎えて贈るホラー・コメディ。地味な女子高生が殺人鬼と入れ替わってしまい、自分の体を取り戻すために親友2人の協力を得ながら恐ろしい殺人鬼に立ち向かっていくさまをコミカルに描く。ある日、地味で冴えない女子高生のミリーは、凶悪な殺人鬼“ブッチャー”に襲われる。翌朝目覚めるとミリーはなんと、殺人鬼ブッチャーの姿になっていた。いきなり巨漢の中年男になったばかりか、殺人鬼として警察に追われる身となってしまったミリー。一方のブッチャーは、女子高生の姿になったことを利用して、ますます凶行を重ねていく事態に。そんな中、中年男の中身がミリーだと親友のナイラとジョシュに信じてもらえたミリーだったが…。 JAN:4988102959265

「ザ・スイッチ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
製作国: アメリカ
原題: FREAKY

「ザ・スイッチ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

デンジャラス・プリズン −牢獄の処刑人−

フォー・クリスマス

ワイルド・ガン

ドッジボール

ユーザーレビュー:16件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全16件

異色の入れ替わりもの

投稿日:2021/08/08 レビュアー:飛べない魔女

ランドン監督作品の『ゾンビワールドへようこそ』や
『ハッピーデスデイ』シリーズが凄く面白かったので
本作の公開をとても楽しみにしていました。
案の定面白かったです。
テンポも良く、楽しめました。

殺人鬼と魂が入れ替わってしまった内気な高校生ミリー(キャスリン・ニュートン)が
24時間以内に入れ替わりを解かなければ、
永久に自分の肉体に戻れなくなる!
タイムリミットが迫る中、もうどうなることやらと
とてもハラハラしました。

殺人鬼ブッチャーを演じる悪人顔のヴィンス・ヴォーンが
ミリーになったときの演技がみものです。
もうミリーにしか思えない可愛さでした(笑)
うまいですね。
親友二人の存在も良かったです。
101分飽きることなく、最後までハラハラが持続しました。
とても楽しかったです。

今回初めて知ったのですが、クリストファー・ランドン監督って、
あの『大草原の小さな家』のお父さん役、マイケル・ランドンさんの息子さんだったのですね!
お父さん、大好きでした〜。
お父さんの才能を受け継いで、面白い映画を撮る監督さんですね。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

殺人鬼は女子高生に襲われる? ネタバレ

投稿日:2021/09/07 レビュアー:くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

連続殺人鬼ブッチャーが持っていた妖刀を女子高生ミリーにぶっ刺すと、
あらあら不思議、二人の魂が入れ替わってしまった!
しかも24時間以内に同じ短剣で相手を刺して、入れ替わりを解かなければ、二度と元の身体に戻れないことが判明。短剣は警察が没収した。どうするべさ?

ミリーは冴えない女の子、という設定ではあるが金髪スレンダーで結構可愛い。
そんな今を盛りの娘が、ダルダル中年のしかも精神荒廃したコワイおっさんの体に
変身したという。
これ、私ならちょっとやそっとで立ち直れない・・
何なら24時間号泣してるかも。(おしゃれも出来ない、ヘアカラーも出来ない、モテナイ!)
しかし、ミリーはさすがだ。ブッチャーのこわい顔のまま、なんだか自分が力持ちなのがわかった。
歩くだけでみんな蜘蛛の子を散らすように逃げてゆく。
今までコソコソしてたのがこの開放感!
しかも、その顔のままボーイフレンドとキスしようとするとは!
案外、気に入っちゃったの?どうなのよ。だけど、金玉蹴られた激痛に男の苦労を知る。

一方、美少女になった殺人鬼の方はどうかと言うと、こんな可愛いコが殺人鬼だとは誰も思わない、
警備も警戒心もユルユルのまま、「さ、殺すべ!」とナイフを振りかざすと・・・
あらあらあら、スレンダーな体は筋肉弱小なので、ホイと抵抗されると、めっさ自分がやられるのだった。くそ、こんなはずでは・・。
そしてついに椅子にグルグルと縛られるのだった。
ミリーたちは、さあ、警察へ行って妖剣をゲットできるのか?
**********    **********
これ、『ハッピーデスデイ』の、クリストファー・ランドン監督だからコメディで
終わるはずないよね。
ミリーは意外にも前向きじゃなかったか。
「金玉蹴り」という男になったならではの戦法をアップデートして接近戦に勝つ。
これまで連続殺人鬼というヤツには真っ先に犠牲になっていた美少女という類型。
(ゆえにホラー映画のオマージュが沢山)
その、セオリーをスラッシャーしちゃった!という感じでよいかな。
「女」は強いです、はい。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

気弱な女子高生と殺人鬼の身体が入れ替わったことから起こる恐怖

投稿日:2021/09/19 レビュアー:oyoyo

入れ替わりものは多々あるが、今作は異色作。

「透明人間」のジェイソン・ブラムが製作
「ハッピー・デス・デイ」シリーズのクリストファー・ランドンが監督を務める。

こういう作品は役者の演技力がものをいう。
その点は十分合格点だ。
ヴィンス・ヴォーン(男)の女子高生演技が可愛い。

入れ替わって良かった事も。
家族の絆や、自分に足りない事に気づくことが出来る。

死ぬ人は嫌な人ばかりなので、主人公や家族、友人たちが死なないと分かってしまう。
コレ、殺人鬼ホラーでは×なんだろうけど、これはコメディなのでいいかな?

殺人シーンはあまりグロくなく若干ソフト。

もし僕が女子高生と入れ替わったら、まず裸になって、しばらく鏡を見ます(笑)

85点

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

スプラッター&コメディ&ハートフル、とお得感満載!

投稿日:2021/09/09 レビュアー:アーモンド・クッキー

2020年(アメリカ)監督・脚本:クリストファー・ランドン。
この監督さんはコメディセンスありますねー。
映像もオシャレで、エンドロールの色彩感覚にカット割、只者じゃない!!
現代アートを見るようで、エンドロールはガン見してしまいました。
巨漢などのヴィンス・ボーンの殺人鬼を可愛く撮る手腕もgood!!
監督は「ハッピー・デス・デイ」「ハッピー・デス・デイ2u」のクリストファー・ランドン。
殺人鬼と女子高生が入れ替わってしまう。
タイムリミットは24時間。
別に新しくもなんともない設定が、クリストファー監督が撮ると激レアです。
入れ替わって殺人鬼の心のミリー(キャスリン・ニュートン)が、なぜかチャッカリ、
イジメ女子高生と、意地悪な教師にキツーいお返しをすることろなんか、
スカッとするわ!!
(けど、血みどろのスプラッターに仰天です!!)

ミリーの心のヴィンス・ボーンだって、ミリーのママの本音を聞いたり、片思いの彼との仲を取り持ったりと、美味しい展開ですぜ。
スプラッターなのにハートフル!!
こんなホラー映画ほかにあります?
後味爽やか!!
この映画もかなり、ハッピー・デス・デー!!
おススメです。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

1ヶ月後には観たことを覚えていないだろう・・

投稿日:2021/09/05 レビュアー:勇光

ホラーコメディってなってるがホラーではない。スプラッターコメディと言った方がいいみたいだが血はほとんど出ない。ただのコメディと言ってもいい感じだが、人殺しのシーンにアレルギーのある人が見てしまうとまずいので、一応ホラーとつけてあるのだろう。
内容はけっこうかったるいが、家内と一緒に最後まで観た。
主役のオネエちゃんはどう観ても高校生ではない。ウィキで見たら撮影時は22歳くらいだったよう。ときどきひどいブスに見えたが、美人に見えるカットもたくさんあった。ときどきひどく顔がむくむのかも。だとすると腎臓でも悪いのかも。
殺人鬼役のヴィンス・ヴォーンとしては女子高校生と入れ替わったときの演技が見せ場だったと思うのだが、爆笑するようなところはなかった。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全16件

ザ・スイッチ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:16件

異色の入れ替わりもの

投稿日

2021/08/08

レビュアー

飛べない魔女

ランドン監督作品の『ゾンビワールドへようこそ』や
『ハッピーデスデイ』シリーズが凄く面白かったので
本作の公開をとても楽しみにしていました。
案の定面白かったです。
テンポも良く、楽しめました。

殺人鬼と魂が入れ替わってしまった内気な高校生ミリー(キャスリン・ニュートン)が
24時間以内に入れ替わりを解かなければ、
永久に自分の肉体に戻れなくなる!
タイムリミットが迫る中、もうどうなることやらと
とてもハラハラしました。

殺人鬼ブッチャーを演じる悪人顔のヴィンス・ヴォーンが
ミリーになったときの演技がみものです。
もうミリーにしか思えない可愛さでした(笑)
うまいですね。
親友二人の存在も良かったです。
101分飽きることなく、最後までハラハラが持続しました。
とても楽しかったです。

今回初めて知ったのですが、クリストファー・ランドン監督って、
あの『大草原の小さな家』のお父さん役、マイケル・ランドンさんの息子さんだったのですね!
お父さん、大好きでした〜。
お父さんの才能を受け継いで、面白い映画を撮る監督さんですね。

殺人鬼は女子高生に襲われる?

投稿日

2021/09/07

レビュアー

くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

連続殺人鬼ブッチャーが持っていた妖刀を女子高生ミリーにぶっ刺すと、
あらあら不思議、二人の魂が入れ替わってしまった!
しかも24時間以内に同じ短剣で相手を刺して、入れ替わりを解かなければ、二度と元の身体に戻れないことが判明。短剣は警察が没収した。どうするべさ?

ミリーは冴えない女の子、という設定ではあるが金髪スレンダーで結構可愛い。
そんな今を盛りの娘が、ダルダル中年のしかも精神荒廃したコワイおっさんの体に
変身したという。
これ、私ならちょっとやそっとで立ち直れない・・
何なら24時間号泣してるかも。(おしゃれも出来ない、ヘアカラーも出来ない、モテナイ!)
しかし、ミリーはさすがだ。ブッチャーのこわい顔のまま、なんだか自分が力持ちなのがわかった。
歩くだけでみんな蜘蛛の子を散らすように逃げてゆく。
今までコソコソしてたのがこの開放感!
しかも、その顔のままボーイフレンドとキスしようとするとは!
案外、気に入っちゃったの?どうなのよ。だけど、金玉蹴られた激痛に男の苦労を知る。

一方、美少女になった殺人鬼の方はどうかと言うと、こんな可愛いコが殺人鬼だとは誰も思わない、
警備も警戒心もユルユルのまま、「さ、殺すべ!」とナイフを振りかざすと・・・
あらあらあら、スレンダーな体は筋肉弱小なので、ホイと抵抗されると、めっさ自分がやられるのだった。くそ、こんなはずでは・・。
そしてついに椅子にグルグルと縛られるのだった。
ミリーたちは、さあ、警察へ行って妖剣をゲットできるのか?
**********    **********
これ、『ハッピーデスデイ』の、クリストファー・ランドン監督だからコメディで
終わるはずないよね。
ミリーは意外にも前向きじゃなかったか。
「金玉蹴り」という男になったならではの戦法をアップデートして接近戦に勝つ。
これまで連続殺人鬼というヤツには真っ先に犠牲になっていた美少女という類型。
(ゆえにホラー映画のオマージュが沢山)
その、セオリーをスラッシャーしちゃった!という感じでよいかな。
「女」は強いです、はい。

気弱な女子高生と殺人鬼の身体が入れ替わったことから起こる恐怖

投稿日

2021/09/19

レビュアー

oyoyo

入れ替わりものは多々あるが、今作は異色作。

「透明人間」のジェイソン・ブラムが製作
「ハッピー・デス・デイ」シリーズのクリストファー・ランドンが監督を務める。

こういう作品は役者の演技力がものをいう。
その点は十分合格点だ。
ヴィンス・ヴォーン(男)の女子高生演技が可愛い。

入れ替わって良かった事も。
家族の絆や、自分に足りない事に気づくことが出来る。

死ぬ人は嫌な人ばかりなので、主人公や家族、友人たちが死なないと分かってしまう。
コレ、殺人鬼ホラーでは×なんだろうけど、これはコメディなのでいいかな?

殺人シーンはあまりグロくなく若干ソフト。

もし僕が女子高生と入れ替わったら、まず裸になって、しばらく鏡を見ます(笑)

85点

スプラッター&コメディ&ハートフル、とお得感満載!

投稿日

2021/09/09

レビュアー

アーモンド・クッキー

2020年(アメリカ)監督・脚本:クリストファー・ランドン。
この監督さんはコメディセンスありますねー。
映像もオシャレで、エンドロールの色彩感覚にカット割、只者じゃない!!
現代アートを見るようで、エンドロールはガン見してしまいました。
巨漢などのヴィンス・ボーンの殺人鬼を可愛く撮る手腕もgood!!
監督は「ハッピー・デス・デイ」「ハッピー・デス・デイ2u」のクリストファー・ランドン。
殺人鬼と女子高生が入れ替わってしまう。
タイムリミットは24時間。
別に新しくもなんともない設定が、クリストファー監督が撮ると激レアです。
入れ替わって殺人鬼の心のミリー(キャスリン・ニュートン)が、なぜかチャッカリ、
イジメ女子高生と、意地悪な教師にキツーいお返しをすることろなんか、
スカッとするわ!!
(けど、血みどろのスプラッターに仰天です!!)

ミリーの心のヴィンス・ボーンだって、ミリーのママの本音を聞いたり、片思いの彼との仲を取り持ったりと、美味しい展開ですぜ。
スプラッターなのにハートフル!!
こんなホラー映画ほかにあります?
後味爽やか!!
この映画もかなり、ハッピー・デス・デー!!
おススメです。

1ヶ月後には観たことを覚えていないだろう・・

投稿日

2021/09/05

レビュアー

勇光

ホラーコメディってなってるがホラーではない。スプラッターコメディと言った方がいいみたいだが血はほとんど出ない。ただのコメディと言ってもいい感じだが、人殺しのシーンにアレルギーのある人が見てしまうとまずいので、一応ホラーとつけてあるのだろう。
内容はけっこうかったるいが、家内と一緒に最後まで観た。
主役のオネエちゃんはどう観ても高校生ではない。ウィキで見たら撮影時は22歳くらいだったよう。ときどきひどいブスに見えたが、美人に見えるカットもたくさんあった。ときどきひどく顔がむくむのかも。だとすると腎臓でも悪いのかも。
殺人鬼役のヴィンス・ヴォーンとしては女子高校生と入れ替わったときの演技が見せ場だったと思うのだが、爆笑するようなところはなかった。

1〜 5件 / 全16件