No.31 RANKING

テスラ エジソンが恐れた天才

テスラ エジソンが恐れた天才の画像・ジャケット写真

テスラ エジソンが恐れた天才 / イーサン・ホーク
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「テスラ エジソンが恐れた天才」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

イーサン・ホークが「ハムレット」「アナーキー」のマイケル・アルメレイダ監督と再びタッグを組み、エジソンとの電流戦争で知られる天才発明家ニコラ・テスラを演じた伝記ドラマ。エジソンとの対決に勝利し、富と名声を手にしたはずのテスラが、なぜ人生の勝者となれなかったのか、その知られざる実像を自由奔放な筆致で描き出す。共演はカイル・マクラクラン、イヴ・ヒューソン、ジム・ガフィガン。1884年、移民としてニューヨークへやって来たニコラ・テスラ。憧れのエジソンのもとで働き始めた彼だったが、直流システムを掲げていたエジソンに対し、交流を主張して対立し袂を分かつことに。その後、実業家ウェスティングハウスと手を組み、シカゴ万国博覧会での交流システムの大成功によってエジソンを打ち負かし、時代の寵児となったテスラだったが…。 JAN:4547286009908

「テスラ エジソンが恐れた天才」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
製作国: アメリカ
原題: TESLA

「テスラ エジソンが恐れた天才」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

フッテージ

デスパレートな妻たち<シーズン3>

デスパレートな妻たち<シーズン5>

リアリティ・バイツ

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

テスラ エジソンが恐れた天才

投稿日:2021/10/12 レビュアー:ぴゅうた

なかなか面白い手法で、途中退屈なところはありましたが、最後まで楽しむことができました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

映画と言えない

投稿日:2021/09/18 レビュアー:おじさん

期待して観たがドキュメントでもなく物語でもない。舞台演技を映像に収めたような酷い物だ。製作費をケチっているように思う。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

評価のみ

投稿日:2021/10/13 レビュアー:redrose

評価のみ

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

昭和風味のトホホ感をくらえ

投稿日:2021/09/14 レビュアー:オッドジョブ

ビジネスとして無難にまとめてくる昨今の映画界に一石を投じる昭和風味漂うアート作品。ウソです。超駄作。観なくていいというより観ないほうがいい作品。

まあ普通に悪口言えば独りよがりのアート仕上げとなるんだけど、本当に独りよがれたのかさえ疑わしい仕上がり。この映画の出資に関連した人はラスト付近の投資家の心情が手にとるように分かったのではないかと推測します。

テスラはその業績、知名度、エピソード、時代など凄く映画向きで、オーソドックスに作るだけでも面白い作品になったのではないかと思うととても残念。もちろん予告編も宣伝もそういう風に見せかけているので、そこは確信犯のはず。まあ普通のことではあるけれど、この出来だとそれさえズルイ。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

テスラ エジソンが恐れた天才

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

テスラ エジソンが恐れた天才

投稿日

2021/10/12

レビュアー

ぴゅうた

なかなか面白い手法で、途中退屈なところはありましたが、最後まで楽しむことができました。

映画と言えない

投稿日

2021/09/18

レビュアー

おじさん

期待して観たがドキュメントでもなく物語でもない。舞台演技を映像に収めたような酷い物だ。製作費をケチっているように思う。

評価のみ

投稿日

2021/10/13

レビュアー

redrose

評価のみ

昭和風味のトホホ感をくらえ

投稿日

2021/09/14

レビュアー

オッドジョブ

ビジネスとして無難にまとめてくる昨今の映画界に一石を投じる昭和風味漂うアート作品。ウソです。超駄作。観なくていいというより観ないほうがいい作品。

まあ普通に悪口言えば独りよがりのアート仕上げとなるんだけど、本当に独りよがれたのかさえ疑わしい仕上がり。この映画の出資に関連した人はラスト付近の投資家の心情が手にとるように分かったのではないかと推測します。

テスラはその業績、知名度、エピソード、時代など凄く映画向きで、オーソドックスに作るだけでも面白い作品になったのではないかと思うととても残念。もちろん予告編も宣伝もそういう風に見せかけているので、そこは確信犯のはず。まあ普通のことではあるけれど、この出来だとそれさえズルイ。

1〜 4件 / 全4件