No.71 RANKING

映画 トムとジェリー

映画 トムとジェリーの画像・ジャケット写真

映画 トムとジェリー / クロエ・グレース・モレッツ

全体の平均評価点:(5点満点)

10

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

ジャンル :

「映画 トムとジェリー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

世界中で愛される最強コンビ・トムとジェリーを実写化。N.Y.の一流ホテルで、セレブカップルのウェディングパーティーが開かれることに。新人スタッフのケイラはいたずら好きのネズミ・ジェリーを追い払うため、猫のトムをボーイとして雇うが…。

「映画 トムとジェリー」 の作品情報

作品情報

製作年: 2021年
製作国: アメリカ
原題: TOM AND JERRY

「映画 トムとジェリー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ペントハウス

ホース・ソルジャー

ライド・アロング〜相棒見習い〜

(500)日のサマー

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

「追っかけシークエンス」は健在なれど

投稿日:2021/06/23 レビュアー:くまげらの森

1940年の生誕以来80年の伝統あるアニメキャラ「トムとジェリー」
無料配信でも、たくさんコンテンツがある面白ドタバタアニメなんですが、
そんな2匹が初の実写融合の映画版でニューヨークの街に飛び出しましたとさ!
サイレント・アニメで十分魅力的なトムジェリが実写にナニを求めて挑戦したのか?
そしてその試みは成功したのか・・。

はい、映像的には、実写とアニメの違和感がなく、遠近感や質感など
見事な仕上がりだと思います。
街角から(アニメの)犬を連れて散歩する人間など、自然な風景に見え、技術的に満点です。
ホテルの中をメッチャクチャにされても、(アニメなんだし)と心でホッとする自分がいました。

さて、ストーリィなんですが・・
ケイラ(クロエ・グレース・モレッツ)は経歴詐称なりすまし、というエグイ手段で一流ホテルに就職する。
ホテルに出現したねずみ(ジェリー)を片します!と約束して、
事実確認もしないまま「片しました!」と上司に報告するアバウト社員(笑)。
トムとジェリーを結婚式で大暴れさせて、式を台無しにしたのが実は、解雇されて激オコしたマイケル・ペーニャとは、生き馬の目を抜くニューヨークのホテル事情といえ、実に殺伐としたお話よ。

基本、サイレントギャグのトムジェリですから、どうしてもセリフのあるストーリィに
引っ張られますね。クロエさんたちの、要所が全然引き締まらない、なんかパッとしない仕事ぶりがメインなのかしらー?
優れた頭脳でトムとの喧嘩でも高い勝率を誇る、すばしっこいジェリー。
どうなってるの?と大笑いするトムの伸縮自在に変容するねこボディ。
そんな2匹の良さが、「セリフの存在するドラマパート」と融合合体の結果、
そちらに引っ張られて、どっちつかずの♪アベコベだ、ネコタタキ♪になったかも。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

観るのに苦労しました・・・ ネタバレ

投稿日:2021/08/07 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

実写と人気アニメの組み合わせで、そのチャレンジ精神は素晴らしいと思いました。
ただ作品が良ければもっと良かった。
テンポが悪く、途中で何回か観るのを止めようとも思いました。

ネタにつまり、苦し紛れに作ったような気がします。
トムとジェリーのサイレンスのドタバタと実写の人間たち。
CGは確かに見事です。
でもな〜CGを観たいわけでは無くて、楽しい作品を私は観たいんです。

人間中心にトムとジェリーが脇を飾る展開。
実写とアニメそれぞれの持ち味を生かし切れていない感じでした。
そもそもが何でもアリの表現ができるアニメに実写を合わせることに無理があったような気がします。

主人公のケイラも生い立ちなどの説明が無く、本作での登場の仕方だと同情する気にもなりませんでした。
少しでもいいのでその辺りのエピソードを盛り込んだ方が良かったと思います。

全てが中途半端でした。

小さいお子さまがいる方には良いのかも知れません。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

大人も楽しめる良質コメディ

投稿日:2021/09/23 レビュアー:oyoyo

『キック・アス』のヒット・ガール、クロエ・グレース・モレッツ が主人公

主役はトムでもジェリーでもなく、クロエ・グレース・モレッツ。
コロコロ変わる表情の演技が素敵。

実写の世界で動物だけがアニメ。
元のアニメのようにドタバタ喜劇だが、ストーリー性はある。
小さな子供向けかと思いきや、大人も楽しめるストーリー。

高級ホテルに引っ越してきたジェリーと、
そんなジェリーを相変わらず追いかけるトム。
新人ホテルスタッフのケイラが働くそのホテルでは、
世界が注目するセレブカップルのウェディングパーティが行われようとしていたが、
トムとジェリーのせいで台無しになってしまう。
汚名返上のためタッグを組むことになったトムとジェリーが、世界一素敵なウェディングパーティを開こうと奮闘する。

「トムとジェリーは基本、話さない」これがちょっと違和感あった。
他の動物は喋るのだ。
もちろん人間も喋る。
その中でトムとジェリーの2匹だけは喋らない。
ジェスチャーやパントマイムのような動きでコミュニケーションとるのが大きな個性ではあり、
それが魅力的なので喋らなくしたんだろうけど、それなら他の動物も同じようにすれば良かったんじゃないかな?

クロエ・グレース・モレッツ。
飛びっ切りの可愛さ。

80点 

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

見事に融合した映像は素晴らしいけれど…

投稿日:2021/08/29 レビュアー:hinakksk

 実写にアニメを融合させた今作、何の違和感もなく技術的には素晴らしい。トムとジェリーだけではなく、鳥や魚、ゾウやトラに至るまで、生物はすべて2Dのアニメという大胆な試み。しかし、ストーリーにはもう少し工夫が必要だったのではないでしょうか、というのが正直な感想。これでは、いい意味でも悪い意味でも、主演のクロエ・グレース・モレッツばかりが目立っていて、せっかくのトムとジェリーが彼女を引き立てるお供のようで、やや霞んでいる。まるで彼女のための映画のよう。

 舞台をニューヨークの大通りや、老舗の大ホテルにしたことで、スケール感に無理があったのではないのかという気がする。アトリウムのシーンはいいのだけれど、ホテルの豪華なウエディング・パーティで大暴れさせてパーティを大混乱に陥らせるためには、トムとジェリーだけでは無理があって、ゾウやトラまで登場させることで、逆に実写のストーリーのリアリティを大いに損なっている。ウエディングケーキを実際に破壊するのはシェフのジャッキー(ひょっとすると、ジャッキー・チェンの名前で遊んでいる?)だし。

 あれこれ考えずに気楽に楽しむ映画だとは思うのだけれど、それにしては妙に教訓めいたところもあるし…。ちょっと対応に困ります。いずれにしてもトムとジェリーが健在なのは嬉しい。「トムとジェリー」生誕80周年を記念してとのことで、評価は甘めです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

大人も楽しめる子供向けドタバタコメディ

投稿日:2021/06/17 レビュアー:飛べない魔女

実はトムとジェリーってちゃんと見たことがなくて
てっきり猫のトムの方が悪い奴なんだと思っていました。
ところが、ネズミのジェリーの方がずる賢くて抜け目のない性格で
自分より何倍も体の大きなトムをイラつかせては
追いかけっこが始まり大騒動となるのです。

舞台はニューヨーク。
セレブの結婚パーティーに向けて臨時に採用されたケイラ(クロエ・グレース・モレッツ)は何とかパーティーを成功させて本採用を目指します。
ところが、ホテルに入り込んできたジェリ―と彼を追いかけてきたトムが
ホテルで大暴れ。
もう大変!
いやいや、ここまで破壊されたら、ホテルとして営業不可でしょうと思いますが
まあ、そこはご愛敬。
なんとかパーティーの当日を迎えられることになるのですが。。。

アニメと実写の融合。
動物はすべて2Dアニメで登場します。
最初は違和感がありましたが
見慣れてくると自然と融合されていて違和感は払拭されました。
終始ドタバタのコメディです。
可もなく不可もなくといったところですが
気軽にお家時間を過ごすお供にどうぞです♪

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全10件

映画 トムとジェリー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:10件

「追っかけシークエンス」は健在なれど

投稿日

2021/06/23

レビュアー

くまげらの森

1940年の生誕以来80年の伝統あるアニメキャラ「トムとジェリー」
無料配信でも、たくさんコンテンツがある面白ドタバタアニメなんですが、
そんな2匹が初の実写融合の映画版でニューヨークの街に飛び出しましたとさ!
サイレント・アニメで十分魅力的なトムジェリが実写にナニを求めて挑戦したのか?
そしてその試みは成功したのか・・。

はい、映像的には、実写とアニメの違和感がなく、遠近感や質感など
見事な仕上がりだと思います。
街角から(アニメの)犬を連れて散歩する人間など、自然な風景に見え、技術的に満点です。
ホテルの中をメッチャクチャにされても、(アニメなんだし)と心でホッとする自分がいました。

さて、ストーリィなんですが・・
ケイラ(クロエ・グレース・モレッツ)は経歴詐称なりすまし、というエグイ手段で一流ホテルに就職する。
ホテルに出現したねずみ(ジェリー)を片します!と約束して、
事実確認もしないまま「片しました!」と上司に報告するアバウト社員(笑)。
トムとジェリーを結婚式で大暴れさせて、式を台無しにしたのが実は、解雇されて激オコしたマイケル・ペーニャとは、生き馬の目を抜くニューヨークのホテル事情といえ、実に殺伐としたお話よ。

基本、サイレントギャグのトムジェリですから、どうしてもセリフのあるストーリィに
引っ張られますね。クロエさんたちの、要所が全然引き締まらない、なんかパッとしない仕事ぶりがメインなのかしらー?
優れた頭脳でトムとの喧嘩でも高い勝率を誇る、すばしっこいジェリー。
どうなってるの?と大笑いするトムの伸縮自在に変容するねこボディ。
そんな2匹の良さが、「セリフの存在するドラマパート」と融合合体の結果、
そちらに引っ張られて、どっちつかずの♪アベコベだ、ネコタタキ♪になったかも。

観るのに苦労しました・・・

投稿日

2021/08/07

レビュアー

静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

実写と人気アニメの組み合わせで、そのチャレンジ精神は素晴らしいと思いました。
ただ作品が良ければもっと良かった。
テンポが悪く、途中で何回か観るのを止めようとも思いました。

ネタにつまり、苦し紛れに作ったような気がします。
トムとジェリーのサイレンスのドタバタと実写の人間たち。
CGは確かに見事です。
でもな〜CGを観たいわけでは無くて、楽しい作品を私は観たいんです。

人間中心にトムとジェリーが脇を飾る展開。
実写とアニメそれぞれの持ち味を生かし切れていない感じでした。
そもそもが何でもアリの表現ができるアニメに実写を合わせることに無理があったような気がします。

主人公のケイラも生い立ちなどの説明が無く、本作での登場の仕方だと同情する気にもなりませんでした。
少しでもいいのでその辺りのエピソードを盛り込んだ方が良かったと思います。

全てが中途半端でした。

小さいお子さまがいる方には良いのかも知れません。

大人も楽しめる良質コメディ

投稿日

2021/09/23

レビュアー

oyoyo

『キック・アス』のヒット・ガール、クロエ・グレース・モレッツ が主人公

主役はトムでもジェリーでもなく、クロエ・グレース・モレッツ。
コロコロ変わる表情の演技が素敵。

実写の世界で動物だけがアニメ。
元のアニメのようにドタバタ喜劇だが、ストーリー性はある。
小さな子供向けかと思いきや、大人も楽しめるストーリー。

高級ホテルに引っ越してきたジェリーと、
そんなジェリーを相変わらず追いかけるトム。
新人ホテルスタッフのケイラが働くそのホテルでは、
世界が注目するセレブカップルのウェディングパーティが行われようとしていたが、
トムとジェリーのせいで台無しになってしまう。
汚名返上のためタッグを組むことになったトムとジェリーが、世界一素敵なウェディングパーティを開こうと奮闘する。

「トムとジェリーは基本、話さない」これがちょっと違和感あった。
他の動物は喋るのだ。
もちろん人間も喋る。
その中でトムとジェリーの2匹だけは喋らない。
ジェスチャーやパントマイムのような動きでコミュニケーションとるのが大きな個性ではあり、
それが魅力的なので喋らなくしたんだろうけど、それなら他の動物も同じようにすれば良かったんじゃないかな?

クロエ・グレース・モレッツ。
飛びっ切りの可愛さ。

80点 

見事に融合した映像は素晴らしいけれど…

投稿日

2021/08/29

レビュアー

hinakksk

 実写にアニメを融合させた今作、何の違和感もなく技術的には素晴らしい。トムとジェリーだけではなく、鳥や魚、ゾウやトラに至るまで、生物はすべて2Dのアニメという大胆な試み。しかし、ストーリーにはもう少し工夫が必要だったのではないでしょうか、というのが正直な感想。これでは、いい意味でも悪い意味でも、主演のクロエ・グレース・モレッツばかりが目立っていて、せっかくのトムとジェリーが彼女を引き立てるお供のようで、やや霞んでいる。まるで彼女のための映画のよう。

 舞台をニューヨークの大通りや、老舗の大ホテルにしたことで、スケール感に無理があったのではないのかという気がする。アトリウムのシーンはいいのだけれど、ホテルの豪華なウエディング・パーティで大暴れさせてパーティを大混乱に陥らせるためには、トムとジェリーだけでは無理があって、ゾウやトラまで登場させることで、逆に実写のストーリーのリアリティを大いに損なっている。ウエディングケーキを実際に破壊するのはシェフのジャッキー(ひょっとすると、ジャッキー・チェンの名前で遊んでいる?)だし。

 あれこれ考えずに気楽に楽しむ映画だとは思うのだけれど、それにしては妙に教訓めいたところもあるし…。ちょっと対応に困ります。いずれにしてもトムとジェリーが健在なのは嬉しい。「トムとジェリー」生誕80周年を記念してとのことで、評価は甘めです。

大人も楽しめる子供向けドタバタコメディ

投稿日

2021/06/17

レビュアー

飛べない魔女

実はトムとジェリーってちゃんと見たことがなくて
てっきり猫のトムの方が悪い奴なんだと思っていました。
ところが、ネズミのジェリーの方がずる賢くて抜け目のない性格で
自分より何倍も体の大きなトムをイラつかせては
追いかけっこが始まり大騒動となるのです。

舞台はニューヨーク。
セレブの結婚パーティーに向けて臨時に採用されたケイラ(クロエ・グレース・モレッツ)は何とかパーティーを成功させて本採用を目指します。
ところが、ホテルに入り込んできたジェリ―と彼を追いかけてきたトムが
ホテルで大暴れ。
もう大変!
いやいや、ここまで破壊されたら、ホテルとして営業不可でしょうと思いますが
まあ、そこはご愛敬。
なんとかパーティーの当日を迎えられることになるのですが。。。

アニメと実写の融合。
動物はすべて2Dアニメで登場します。
最初は違和感がありましたが
見慣れてくると自然と融合されていて違和感は払拭されました。
終始ドタバタのコメディです。
可もなく不可もなくといったところですが
気軽にお家時間を過ごすお供にどうぞです♪

1〜 5件 / 全10件