アトラクション

アトラクションの画像・ジャケット写真

アトラクション / エイミー・フォーサイス
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「アトラクション」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

『ウォーキング・デッド』のプロデューサーが放つホラー。女子大学生のナタリーたちは、「ホラー」がテーマのアミューズメントパークを訪れる。様々なアトラクションに大興奮の一同だったが、仮装したスタッフに紛れて殺人鬼が息を潜めていた。※R15+

「アトラクション」 の作品情報

作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: HELL FEST

「アトラクション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

KOOL 殺戮の銃弾

HATCHET After Days

キャンディマン

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド 死霊創世記

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

楽しい夜のはずが、本物の殺人鬼が紛れ込む遊園地

投稿日:2021/07/22 レビュアー:くまげらの森

(2018年制作・アメリカ)
大学生のナタリー(エイミー・フォーサイス)は、幼馴染やその友達6人で
「ホラー」がテーマのアミューズメントパーク「Hell Fest」へ繰り出す。
楽しもうぜとテンション上がる人々に混じって、ナタリーたちも興奮気味だったのだが、
フェイスマスクをつけた本物の殺人鬼が付け狙っていた・・・。

明らかに他愛ないレベルのホラーであった。
お化け屋敷に本物のおばけ(殺人鬼)がいて、助けてといくら訴えても誰もまともに反応しない。

えーと。そんなに怖くはないです。エイミー・フォーサイスは可愛いですし。
まず効果音がダメ。(効果になっていない!)突然、うるさい大きな音が鳴るだけ。

特筆ものの殺害シーンが2箇所ありますが、タイミングを逸して退却するシーンも
多いです。(実際そんなものかもしれませんね・・)
ナタリーの友達の友達でテイラーという、お調子者で少しイラつく女の子がおりますが、
もし殺されるなら、最後に残虐な方法で殺されるだろうな、と唯一期待をしておりました。
さぁ、ギロチンショーが始まるよ、そこのお嬢さん(テイラー)ここに顔を乗せて御覧なさい・・
大丈夫ですから。
ヘラヘラしてギロチン台にハマるテイラー。
(テイラー、ついにお陀仏の時がきたぞ!血まみれのお前のアタマがゴロンと転げるぞ!)

ところが、なぁんだー、切断されたのはマネキン。会場、緊迫から安堵。
だが!観客が引いたその時、テイラーは再び断頭台にセットされる。
(いよいよ恐怖にひきつるテイラー。だが、なんと悪運の強いヤツ!)ネタバレ禁につき、
以後は観てのお楽しみですが、ここは尺も取って丁寧に作られてましたね。
そんなに怖くない、という点がホラーを謳いながら残念といえば残念なところです。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

小粒な作品でしたが、面白かったです。 ネタバレ

投稿日:2021/07/27 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

お気に入りのレビュアーさんのご紹介で観ることにしました。
少し設定やストーリー展開に強引さがありましたが、それなりにハラハラドキドキできました。
ご紹介ありがとうございました。

本作ですが、こうした作品にお約束の登場人物たちの不自然な行動が散見されました。
その辺が無ければもっと良かったと思います。
どう見ても不自然な状況なのに、アトラクションと思って楽しみながら、殺される仲間たち。
クライマックスでは、犯人に少しダメージを与えては逃げ回ります。
私だったら犯人が動けなくなるまで、ぶちのめすなり、縛るなりするのにな〜なんて思いながら観ていました。

あとアメリカでは本当にこんなアトラクションイベントがあるのか?
あるのなら凄いですね・・・

さて、最初に書いた設定の強引さについてです。
アトラクション内で、突然犯人と同じ仮面をつけたキャストが大量に出てきたりします。
またキャストが主人公の洋服にスライム的なものをぶちまけたりしますが、これってクレームものですよね。
また途中でコースターを止めたりなどなど。

ストーリーを面白くするためだろうけど、あまり不自然なことはしない方が良いというのが私の感想です。

エンディングは意味深でしたが、続編あるのか?

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

お化け屋敷に殺人鬼が出没!

投稿日:2021/07/30 レビュアー:コタロウ(!)

大学生ケイシーは、友人達とお化け屋敷「ヘル・フェスト」に出かけた。
ここでは、幽霊役が客の身体に触れる過激なアトラクションが売りとなっている。
しかし、お化け屋敷には、幽霊役に扮した殺人鬼が紛れ込んでいた!

ケイシー、ブルック、テイラーの女子大生3人、
ギャビン、アッシュ、クインの男子大学生3人が、
お化け屋敷で殺人鬼に襲撃される…というシンプルなお話。

恐ろしい扮装、過激な演出が売りのお化け屋敷では、
本物の殺人鬼が殺人を犯す様子も「演出」だと受け止められてしまう。
ケイシーたちの目前でも、女性が刺殺されてしまった。
こういうのは、ちょっと怖いな…と思う。

巨大な木製ハンマー(槌)で、豪快に殺られるギャビンを皮切りに
殺人鬼はケイシーたちに襲いかかる。
思い切り楽しむつもりでやって来た若い子たちが無惨に殺害されるのは気の毒でたまらないが、
テイラーが危機に陥っていても死んだ魚の眼差しになってしまった…
正直、「ブルック(レイン・エドワーズ)死なないでー!」という一念のみ、
後はもうどうでもいい(なんならヒロインのケイシーですら)気持ちになりながら
視聴していた。すまぬ…

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

恐怖を味わう為に来てるんだろう

投稿日:2021/07/30 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0


おう ライオンズゲートだ 最近はご無沙汰の様な気がするのだが
やはり無沙汰のゲールアンハードが製作に登場していて軽いBの
ホラーであることに驚くなあ 気合が入っている

直ぐにお化け屋敷の殺人から入るのだが 本線はフェスの様な
大規模祝祭空間での殺人鬼の跳梁 背中が不気味だ

ポイントはBのホラーにおける 撮影 照明 色彩 美術のフェチな
追求で 怪奇映画のフェティシズムに堂々と回帰している事
こゆうの待っていたんだよね 従って まあ中身などどうでも良くて
いかにも現代的な問題意識など 何も無しを意識的にやっている
それがこのホラーの倫理でもある

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ホラーではなかった。 ネタバレ

投稿日:2021/08/19 レビュアー:動物大好き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

そんなにこわくなかった。
それに最後、また続編あるみたいな雰囲気だった。
わりとたのしめた。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

アトラクション

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

楽しい夜のはずが、本物の殺人鬼が紛れ込む遊園地

投稿日

2021/07/22

レビュアー

くまげらの森

(2018年制作・アメリカ)
大学生のナタリー(エイミー・フォーサイス)は、幼馴染やその友達6人で
「ホラー」がテーマのアミューズメントパーク「Hell Fest」へ繰り出す。
楽しもうぜとテンション上がる人々に混じって、ナタリーたちも興奮気味だったのだが、
フェイスマスクをつけた本物の殺人鬼が付け狙っていた・・・。

明らかに他愛ないレベルのホラーであった。
お化け屋敷に本物のおばけ(殺人鬼)がいて、助けてといくら訴えても誰もまともに反応しない。

えーと。そんなに怖くはないです。エイミー・フォーサイスは可愛いですし。
まず効果音がダメ。(効果になっていない!)突然、うるさい大きな音が鳴るだけ。

特筆ものの殺害シーンが2箇所ありますが、タイミングを逸して退却するシーンも
多いです。(実際そんなものかもしれませんね・・)
ナタリーの友達の友達でテイラーという、お調子者で少しイラつく女の子がおりますが、
もし殺されるなら、最後に残虐な方法で殺されるだろうな、と唯一期待をしておりました。
さぁ、ギロチンショーが始まるよ、そこのお嬢さん(テイラー)ここに顔を乗せて御覧なさい・・
大丈夫ですから。
ヘラヘラしてギロチン台にハマるテイラー。
(テイラー、ついにお陀仏の時がきたぞ!血まみれのお前のアタマがゴロンと転げるぞ!)

ところが、なぁんだー、切断されたのはマネキン。会場、緊迫から安堵。
だが!観客が引いたその時、テイラーは再び断頭台にセットされる。
(いよいよ恐怖にひきつるテイラー。だが、なんと悪運の強いヤツ!)ネタバレ禁につき、
以後は観てのお楽しみですが、ここは尺も取って丁寧に作られてましたね。
そんなに怖くない、という点がホラーを謳いながら残念といえば残念なところです。

小粒な作品でしたが、面白かったです。

投稿日

2021/07/27

レビュアー

静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

お気に入りのレビュアーさんのご紹介で観ることにしました。
少し設定やストーリー展開に強引さがありましたが、それなりにハラハラドキドキできました。
ご紹介ありがとうございました。

本作ですが、こうした作品にお約束の登場人物たちの不自然な行動が散見されました。
その辺が無ければもっと良かったと思います。
どう見ても不自然な状況なのに、アトラクションと思って楽しみながら、殺される仲間たち。
クライマックスでは、犯人に少しダメージを与えては逃げ回ります。
私だったら犯人が動けなくなるまで、ぶちのめすなり、縛るなりするのにな〜なんて思いながら観ていました。

あとアメリカでは本当にこんなアトラクションイベントがあるのか?
あるのなら凄いですね・・・

さて、最初に書いた設定の強引さについてです。
アトラクション内で、突然犯人と同じ仮面をつけたキャストが大量に出てきたりします。
またキャストが主人公の洋服にスライム的なものをぶちまけたりしますが、これってクレームものですよね。
また途中でコースターを止めたりなどなど。

ストーリーを面白くするためだろうけど、あまり不自然なことはしない方が良いというのが私の感想です。

エンディングは意味深でしたが、続編あるのか?

お化け屋敷に殺人鬼が出没!

投稿日

2021/07/30

レビュアー

コタロウ(!)

大学生ケイシーは、友人達とお化け屋敷「ヘル・フェスト」に出かけた。
ここでは、幽霊役が客の身体に触れる過激なアトラクションが売りとなっている。
しかし、お化け屋敷には、幽霊役に扮した殺人鬼が紛れ込んでいた!

ケイシー、ブルック、テイラーの女子大生3人、
ギャビン、アッシュ、クインの男子大学生3人が、
お化け屋敷で殺人鬼に襲撃される…というシンプルなお話。

恐ろしい扮装、過激な演出が売りのお化け屋敷では、
本物の殺人鬼が殺人を犯す様子も「演出」だと受け止められてしまう。
ケイシーたちの目前でも、女性が刺殺されてしまった。
こういうのは、ちょっと怖いな…と思う。

巨大な木製ハンマー(槌)で、豪快に殺られるギャビンを皮切りに
殺人鬼はケイシーたちに襲いかかる。
思い切り楽しむつもりでやって来た若い子たちが無惨に殺害されるのは気の毒でたまらないが、
テイラーが危機に陥っていても死んだ魚の眼差しになってしまった…
正直、「ブルック(レイン・エドワーズ)死なないでー!」という一念のみ、
後はもうどうでもいい(なんならヒロインのケイシーですら)気持ちになりながら
視聴していた。すまぬ…

恐怖を味わう為に来てるんだろう

投稿日

2021/07/30

レビュアー

裸足のラヴァース 2.0


おう ライオンズゲートだ 最近はご無沙汰の様な気がするのだが
やはり無沙汰のゲールアンハードが製作に登場していて軽いBの
ホラーであることに驚くなあ 気合が入っている

直ぐにお化け屋敷の殺人から入るのだが 本線はフェスの様な
大規模祝祭空間での殺人鬼の跳梁 背中が不気味だ

ポイントはBのホラーにおける 撮影 照明 色彩 美術のフェチな
追求で 怪奇映画のフェティシズムに堂々と回帰している事
こゆうの待っていたんだよね 従って まあ中身などどうでも良くて
いかにも現代的な問題意識など 何も無しを意識的にやっている
それがこのホラーの倫理でもある

ホラーではなかった。

投稿日

2021/08/19

レビュアー

動物大好き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

そんなにこわくなかった。
それに最後、また続編あるみたいな雰囲気だった。
わりとたのしめた。

1〜 5件 / 全5件