野球少女

野球少女の画像・ジャケット写真

野球少女 / イ・ジュヨン
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「野球少女」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

大ヒット・ドラマ・シリーズ「梨泰院クラス」でブレイクしたイ・ジュヨンが主演したスポーツ・ドラマ。実在の女子選手をモデルに、逆境の中でプロ野球選手を目指す天才野球少女の葛藤と情熱を描く。共演はイ・ジュニョク、ヨム・ヘラン。監督は本作が長編デビューとなるチェ・ユンテ。高校の野球部でただ一人の女子選手として活躍し、天才野球少女と称えられてきたチュ・スイン。彼女の夢はプロ野球選手になること。しかし現実には、女子というだけでトライアウトさえ受けられず、野球部の監督にも女子がプロになれるわけないと、諦めるよう諭される。そんな中、夢を追うスインの執念に心動かされた新任コーチのチェ・ジンテは、やがて彼女の夢を応援するようになり、プロになるためのサポートに乗り出すのだったが…。 JAN:4988105978997

「野球少女」 の作品情報

作品情報

製作年: 2019年
製作国: 韓国
原題: BASEBALL GIRL

「野球少女」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ドラマスペシャル<KBS>

シティーハンター in Seoul

キミはロボット

モダン・ファーマー

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

爽やかで素敵な作品

投稿日:2021/07/18 レビュアー:ラストシアター

プロ野球選手を夢見る女子高生の挑戦を描いた青春物語

豪速球とボールの回転力が武器の女子高生は、誰よりも練習に励み実力もありながら女性という理由だけでプロ野球界から正当な評価をされない

家族からも反対される少女が、逆境にめげず夢に向かって努力を続ける爽やかで素敵な作品

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

夢は決して諦めない

投稿日:2021/09/12 レビュアー:飛べない魔女

実際に韓国のプロ野球に入団した女子選手がモデルになっているそうです。
韓国では女子であってもプロ野球に入団出来るのだそうです。
(日本も実は男女問わないらしいですが、実際に女子のプロ選手っていないですよね?)
まあ、そもそも野球って男子のスポーツって感じですものね。
体格の違う女子が、たとえ球筋が良いとしても
剛速球を投げるのはフィジカル的に無理というものです。

チュ・スインは中学時代は天才野球少女としてもてはやされるも
体力の差が歴然としていくる高校では
女のくせに、とか言われて家族からも、友人からも
プロになるなんて夢のまた夢、無理だよ、と言われ
プロテストも受けさせてもらえないのが現実でした。
その彼女がコーチの指導のもと、夢を叶えるべくまい進するお話。
プロの道を目指して挫折を味わったコーチが
最初はスインにきつく当たるも
彼女の熱意に負けて、付きっ切りでコーチを始めます。
その過程がちょっと唐突過ぎて、え?ってなりました。
なんでまた急に?って感じでした。
他の部員もいるのに、スインだけにコーチングして大丈夫なの?なんて
余計な心配もしてしまいました(笑)

スインを演じるのはドラマ『梨泰院クラス』でトランスジェンダーの料理人を演じた
イ・ジュヨン。
梨泰院クラスで敵だったチャンガの会長も、球団社長で出てきて
思わず何かの因縁かと、笑いました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

野球少女

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

爽やかで素敵な作品

投稿日

2021/07/18

レビュアー

ラストシアター

プロ野球選手を夢見る女子高生の挑戦を描いた青春物語

豪速球とボールの回転力が武器の女子高生は、誰よりも練習に励み実力もありながら女性という理由だけでプロ野球界から正当な評価をされない

家族からも反対される少女が、逆境にめげず夢に向かって努力を続ける爽やかで素敵な作品

夢は決して諦めない

投稿日

2021/09/12

レビュアー

飛べない魔女

実際に韓国のプロ野球に入団した女子選手がモデルになっているそうです。
韓国では女子であってもプロ野球に入団出来るのだそうです。
(日本も実は男女問わないらしいですが、実際に女子のプロ選手っていないですよね?)
まあ、そもそも野球って男子のスポーツって感じですものね。
体格の違う女子が、たとえ球筋が良いとしても
剛速球を投げるのはフィジカル的に無理というものです。

チュ・スインは中学時代は天才野球少女としてもてはやされるも
体力の差が歴然としていくる高校では
女のくせに、とか言われて家族からも、友人からも
プロになるなんて夢のまた夢、無理だよ、と言われ
プロテストも受けさせてもらえないのが現実でした。
その彼女がコーチの指導のもと、夢を叶えるべくまい進するお話。
プロの道を目指して挫折を味わったコーチが
最初はスインにきつく当たるも
彼女の熱意に負けて、付きっ切りでコーチを始めます。
その過程がちょっと唐突過ぎて、え?ってなりました。
なんでまた急に?って感じでした。
他の部員もいるのに、スインだけにコーチングして大丈夫なの?なんて
余計な心配もしてしまいました(笑)

スインを演じるのはドラマ『梨泰院クラス』でトランスジェンダーの料理人を演じた
イ・ジュヨン。
梨泰院クラスで敵だったチャンガの会長も、球団社長で出てきて
思わず何かの因縁かと、笑いました。

1〜 2件 / 全2件