No.3 RANKING

リトル・シングス

リトル・シングスの画像・ジャケット写真

リトル・シングス / デンゼル・ワシントン

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「リトル・シングス」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

デンゼル・ワシントン、ラミ・マレック、ジャレッド・レト共演によるクライムサスペンス。保安官代理のディークは、巡査部長・バクスターと共に連続殺人事件を捜査することに。だが、捜査を進める中でディークの暗い過去と不穏な秘密が明らかになり…。

「リトル・シングス」 の作品情報

作品情報

製作年: 2021年
製作国: アメリカ
原題: THE LITTLE THINGS

「リトル・シングス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

チャプター27

84★チャーリー・モピック/ベトナムの照準

ペリカン文書

ストライキング・レンジ

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

小さなことを見逃すな、って言う割には。。。 ネタバレ

投稿日:2021/07/11 レビュアー:飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

せっかくデンゼル・ワシントンとラミ・マレック
そして犯人らしき人物にはジャレット・レトと
大物俳優たちの共演なのに
ラストで全部台無しにした感じ。
結局、あいつは犯人だったのか、否か?
そんなことは重要じゃないとばかり、結局描かれていたのは
刑事たちの自分たちのミスを隠匿するってだけの話になっちゃった。

デンゼル演じるジョーは昔の事件でミスを犯して
同僚の検視官に庇ってもらってミスは未だ隠し続けているけど
自責の念から解放されてない。
そりゃそうだよね。
ちゃっと真実を報告すればよかったのに。
で、ラミ演じる若き熱血刑事バクスターが今度は連続殺人犯と思しき人物を
誤って殺してしまう。
これをジョーが隠匿する。
あいつは絶対犯人だったと信じる刑事。
そう信じるバクスターに、ジョーがある証拠品を送る。
でもそれは偽物の証拠品。
”おまえの感は真実だ”とバクスターに思わせることで立ち直らせたかったのか?

うーん、なんとも消化不良。
小さなことを見逃すな、って言う割には
なんかあまり関係なかったような。。。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

役者が揃っているのに

投稿日:2021/07/08 レビュアー:モモイチゴ

結局、犯人は捕まらずしまいか?最後がはっきりしない。ラミ・マレックに赤い髪留めを送ったのは、忘れろということか?

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

7点満点中

投稿日:2021/07/08 レビュアー:ビリケン

4点

まあまあでした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

気持ち悪い終わり方

投稿日:2021/07/07 レビュアー:redrose

犯人は誰だ?と考えながら映画を観るのが普通ですが、そんな普通のストーリーではありませんでした。納得できない終わり方でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

リトル・シングス

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

小さなことを見逃すな、って言う割には。。。

投稿日

2021/07/11

レビュアー

飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

せっかくデンゼル・ワシントンとラミ・マレック
そして犯人らしき人物にはジャレット・レトと
大物俳優たちの共演なのに
ラストで全部台無しにした感じ。
結局、あいつは犯人だったのか、否か?
そんなことは重要じゃないとばかり、結局描かれていたのは
刑事たちの自分たちのミスを隠匿するってだけの話になっちゃった。

デンゼル演じるジョーは昔の事件でミスを犯して
同僚の検視官に庇ってもらってミスは未だ隠し続けているけど
自責の念から解放されてない。
そりゃそうだよね。
ちゃっと真実を報告すればよかったのに。
で、ラミ演じる若き熱血刑事バクスターが今度は連続殺人犯と思しき人物を
誤って殺してしまう。
これをジョーが隠匿する。
あいつは絶対犯人だったと信じる刑事。
そう信じるバクスターに、ジョーがある証拠品を送る。
でもそれは偽物の証拠品。
”おまえの感は真実だ”とバクスターに思わせることで立ち直らせたかったのか?

うーん、なんとも消化不良。
小さなことを見逃すな、って言う割には
なんかあまり関係なかったような。。。

役者が揃っているのに

投稿日

2021/07/08

レビュアー

モモイチゴ

結局、犯人は捕まらずしまいか?最後がはっきりしない。ラミ・マレックに赤い髪留めを送ったのは、忘れろということか?

7点満点中

投稿日

2021/07/08

レビュアー

ビリケン

4点

まあまあでした。

気持ち悪い終わり方

投稿日

2021/07/07

レビュアー

redrose

犯人は誰だ?と考えながら映画を観るのが普通ですが、そんな普通のストーリーではありませんでした。納得できない終わり方でした。

1〜 4件 / 全4件