No.67 RANKING

日本独立

日本独立の画像・ジャケット写真

日本独立 / 浅野忠信
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「日本独立」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「プライド 運命の瞬間」の伊藤俊也監督がGHQ占領下の日本で吉田茂の側近として奔走した白洲次郎を主人公に、敗戦から新憲法制定へと至る歴史の裏側をイマジネーションを交えて描き出したドラマ。主演は浅野忠信、共演に宮沢りえ、小林薫。終戦直後、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の占領下にあった日本。外務大臣に就任した吉田茂は、実業の第一線を退いて、郊外で農業に専念していた白洲次郎を呼び寄せ、GHQとの交渉役を託す。やがてGHQは、松本国務大臣が中心となり作り上げた憲法改正案を拒否し、GHQ自らが作成した憲法草案を提示するのだったが…。 JAN:4988166107008

「日本独立」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
製作国: 日本

「日本独立」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督: 伊藤俊也
出演: 浅野忠信宮沢りえ小林薫柄本明

関連作品

関連作品

身も心も

協奏曲

夜中の薔薇

一番大切な人は誰ですか?

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

2時間ドラマ「茂と次郎の戦後」

投稿日:2021/07/12 レビュアー:哲郎

日本国憲法の制定過程を、日米関係者のエピソードを中心に大まかに描いたものだが、これはちょっと軽い出来かなぁ...
キャストが全体的にライト級だし、白洲次郎・正子夫妻を進行の軸に置いてるんだけど、二人のドラマ部分も希薄で全体の完成度がどうかなぁと。この脚本なら、タイトルは「茂と次郎の戦後」くらいで十分。

戦後初期の憲法改正から独立までを扱った映像作品というと、映画なら『小説吉田学校』(1983)や『東京裁判』(1983)、テレビ番組だとNHKのドラマ『憲法はまだか』(1996)ほか関連のドキュメンタリー作品などをこれまで見てきた。それらと比較するのは酷かもしれないが、この大テーマを扱うならもっと重厚な製作を心掛けてほしかった。小林薫さん演じる吉田茂の特殊メイクや当時のモノクロ映像と本作撮影映像との合成など技術面での精工さばかりが目立って、憲法改正における日米間の限界の駆け引きの感じがあまり伝わってこない。大島ミチルさんの手掛けた楽曲が大仰に聞こえてしまうほどなのだ。

と、不満ばかり書いてしまったが、日本国憲法制定の経緯をまったく知らない人なら見て損はないと思う。ただ、史実をすべて正確に再現したものではないはずだし、日米双方に難しい立場があり、実際にはもっといろいろな交渉、折衝があったのだと思う。
この作品では、いわゆる“押し付け憲法論”を意識し、非武装による交戦権の否定や天皇の地位に関する部分などをとくに強調している。アメリカが日本の新憲法制定に強く関与しこだわったのは、ドイツの事があったからではないか。第1次大戦で破綻したドイツ国はナチス政権によって再興・再軍備し、リベンジのため第2次大戦を引き起こした。アメリカ政府は3回目の大戦を防ぐことを最も重視したのだと思う。

伊藤俊也監督作というと『ロストクライム−閃光−』(2010)を覚えている。「三億円事件」を扱った作品だが、これもどうもパッとしない内容だった。自身の思い入れ、こだわりがチグハグに出てしまっている感じで、やはり全体の完成度がもう一つの印象なんだよな。脚本を専門家に任せたらどうかね。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

評価のみ

投稿日:2021/10/13 レビュアー:redrose

評価のみ

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

白洲次郎が主人公

投稿日:2021/07/19 レビュアー:モモイチゴ

だが、新憲法をめぐるGHQと日本政府の間で、あまり活躍の様子がみられない。吉田茂が一日も早く独立を願っていたことは伝わった。しかし、小林薫の吉田は似ていた。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

日本独立

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

2時間ドラマ「茂と次郎の戦後」

投稿日

2021/07/12

レビュアー

哲郎

日本国憲法の制定過程を、日米関係者のエピソードを中心に大まかに描いたものだが、これはちょっと軽い出来かなぁ...
キャストが全体的にライト級だし、白洲次郎・正子夫妻を進行の軸に置いてるんだけど、二人のドラマ部分も希薄で全体の完成度がどうかなぁと。この脚本なら、タイトルは「茂と次郎の戦後」くらいで十分。

戦後初期の憲法改正から独立までを扱った映像作品というと、映画なら『小説吉田学校』(1983)や『東京裁判』(1983)、テレビ番組だとNHKのドラマ『憲法はまだか』(1996)ほか関連のドキュメンタリー作品などをこれまで見てきた。それらと比較するのは酷かもしれないが、この大テーマを扱うならもっと重厚な製作を心掛けてほしかった。小林薫さん演じる吉田茂の特殊メイクや当時のモノクロ映像と本作撮影映像との合成など技術面での精工さばかりが目立って、憲法改正における日米間の限界の駆け引きの感じがあまり伝わってこない。大島ミチルさんの手掛けた楽曲が大仰に聞こえてしまうほどなのだ。

と、不満ばかり書いてしまったが、日本国憲法制定の経緯をまったく知らない人なら見て損はないと思う。ただ、史実をすべて正確に再現したものではないはずだし、日米双方に難しい立場があり、実際にはもっといろいろな交渉、折衝があったのだと思う。
この作品では、いわゆる“押し付け憲法論”を意識し、非武装による交戦権の否定や天皇の地位に関する部分などをとくに強調している。アメリカが日本の新憲法制定に強く関与しこだわったのは、ドイツの事があったからではないか。第1次大戦で破綻したドイツ国はナチス政権によって再興・再軍備し、リベンジのため第2次大戦を引き起こした。アメリカ政府は3回目の大戦を防ぐことを最も重視したのだと思う。

伊藤俊也監督作というと『ロストクライム−閃光−』(2010)を覚えている。「三億円事件」を扱った作品だが、これもどうもパッとしない内容だった。自身の思い入れ、こだわりがチグハグに出てしまっている感じで、やはり全体の完成度がもう一つの印象なんだよな。脚本を専門家に任せたらどうかね。

評価のみ

投稿日

2021/10/13

レビュアー

redrose

評価のみ

白洲次郎が主人公

投稿日

2021/07/19

レビュアー

モモイチゴ

だが、新憲法をめぐるGHQと日本政府の間で、あまり活躍の様子がみられない。吉田茂が一日も早く独立を願っていたことは伝わった。しかし、小林薫の吉田は似ていた。

1〜 3件 / 全3件