ウィッチサマーの画像・ジャケット写真

ウィッチサマー / ジョン・ポール・ハワード
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

まだまだ話題作

ジャンル :

「ウィッチサマー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

まだまだ話題作

解説・ストーリー

人に憑依する魔女との対決を描いたホラー。母と離婚した父の住む町に遊びに来た高校生のベンは、隣の家に住む少年・ディロンと知り合うが、ディロンはなぜか母親に怯えていた。ベンは彼の母親が魔物に体を乗っ取られていることに気付くが…。※一般告知解禁日:4月1日10:00

「ウィッチサマー」 の作品情報

作品情報

製作年:

2020年

製作国:

アメリカ

原題:

THE WRETCHED

「ウィッチサマー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ファースト・ドッグ〜大統領のわんちゃん

その男は、静かな隣人

ZOMBEHEADS ゾンビヘッズ〜死にぞこないの青い春〜

トレジャー・オブ・エジプト ファラオの秘宝

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

注意力、観察力を試される?

投稿日:2021/05/31 レビュアー:コタロウ(!)

両親が離婚し母と暮らす高校生ベンは、夏休みを利用して父の家に滞在する。
それから間もなく、隣家の子どもディロンが「ママが怖い」とベンに助けを求める。
ディロンの母アビーは、子どもを食う魔女に取り憑かれていたのだ…

多感な高校生が魔女と対決する一夏を描いた作品。
「魔女には、人の記憶を奪う能力がある」という設定を活かした内容。
「あぁ、そういうことだったのねー…」という面白さがあるような、ないような…
何気ない会話や生活風景にヒントが潜んでいる。
注意力、観察力のある人なら早い段階で違和感を覚えるかも。

取り憑かれる母アビーが、取り憑かれる前からけっこう変わっている。
手足を剥き出しにした軽装で、幼いディロンを伴い山に登ったアビーは、
帰途、鹿を轢き殺し死骸を自宅に持ち帰る。
彼女はネット動画を参考に解体を試み、ディロンの目前で鹿の腹を掻っ捌く。
だが、解体は不成功に終わり、鹿の内臓がぶちまけられただけだった。
深夜、放置された鹿の腹部から魔女が現れる…という流れに、何だか納得w

恐怖描写は、大して衝撃的なものではない。
鼻のあたりがグチャッとしている魔女の造形が不細工で泣ける…
ベンの友人を演じたパイパー・カーダが美形ではないが愛らしく、
利発な雰囲気を漂わせていた。
劇中で流れる「Wicked Gonna Come」も素敵だった。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

惜しいな

投稿日:2021/06/14 レビュアー:だいこんさん

木から生まれる魔女というのは新しい設定で面白かった。
汚ならしい魔女も良かった。

ただ、何が何やらわからないうちにあちらこちらに乗り移って、よくわからない話になったのが残念。

エンディング、やっぱり解決してませんよ。っていうホラーありきの終わりかたはいい加減やめればいいのに。と思う。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

さっぱり

投稿日:2021/05/30 レビュアー:ピノ

意味分からない。
画面も暗いしストーリーもよく分からないし見て損した感じです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ウィッチサマー

投稿日:2021/12/11 レビュアー:洋画2000本鑑賞済

設定に強引なところがあるので気持ちが入り込めませんし退屈もしましたが、主人公たちがかわいいし意外性もあり最後も良かったので、そこそこ楽しめました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

怖かったです

投稿日:2021/12/06 レビュアー:スヌーピー

画像も暗くて結構怖かったです。ただ少し分かりづらいところもあってその間に色々と展開が起きて分かりづらいまま終わる感じでした。でもそれなりに面白かったです。魔女の姿は結構怖かったです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全7件

ウィッチサマー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

注意力、観察力を試される?

投稿日

2021/05/31

レビュアー

コタロウ(!)

両親が離婚し母と暮らす高校生ベンは、夏休みを利用して父の家に滞在する。
それから間もなく、隣家の子どもディロンが「ママが怖い」とベンに助けを求める。
ディロンの母アビーは、子どもを食う魔女に取り憑かれていたのだ…

多感な高校生が魔女と対決する一夏を描いた作品。
「魔女には、人の記憶を奪う能力がある」という設定を活かした内容。
「あぁ、そういうことだったのねー…」という面白さがあるような、ないような…
何気ない会話や生活風景にヒントが潜んでいる。
注意力、観察力のある人なら早い段階で違和感を覚えるかも。

取り憑かれる母アビーが、取り憑かれる前からけっこう変わっている。
手足を剥き出しにした軽装で、幼いディロンを伴い山に登ったアビーは、
帰途、鹿を轢き殺し死骸を自宅に持ち帰る。
彼女はネット動画を参考に解体を試み、ディロンの目前で鹿の腹を掻っ捌く。
だが、解体は不成功に終わり、鹿の内臓がぶちまけられただけだった。
深夜、放置された鹿の腹部から魔女が現れる…という流れに、何だか納得w

恐怖描写は、大して衝撃的なものではない。
鼻のあたりがグチャッとしている魔女の造形が不細工で泣ける…
ベンの友人を演じたパイパー・カーダが美形ではないが愛らしく、
利発な雰囲気を漂わせていた。
劇中で流れる「Wicked Gonna Come」も素敵だった。

惜しいな

投稿日

2021/06/14

レビュアー

だいこんさん

木から生まれる魔女というのは新しい設定で面白かった。
汚ならしい魔女も良かった。

ただ、何が何やらわからないうちにあちらこちらに乗り移って、よくわからない話になったのが残念。

エンディング、やっぱり解決してませんよ。っていうホラーありきの終わりかたはいい加減やめればいいのに。と思う。

さっぱり

投稿日

2021/05/30

レビュアー

ピノ

意味分からない。
画面も暗いしストーリーもよく分からないし見て損した感じです。

ウィッチサマー

投稿日

2021/12/11

レビュアー

洋画2000本鑑賞済

設定に強引なところがあるので気持ちが入り込めませんし退屈もしましたが、主人公たちがかわいいし意外性もあり最後も良かったので、そこそこ楽しめました。

怖かったです

投稿日

2021/12/06

レビュアー

スヌーピー

画像も暗くて結構怖かったです。ただ少し分かりづらいところもあってその間に色々と展開が起きて分かりづらいまま終わる感じでした。でもそれなりに面白かったです。魔女の姿は結構怖かったです。

1〜 5件 / 全7件