No.51 RANKING

新解釈・三國志

新解釈・三國志の画像・ジャケット写真

新解釈・三國志 / 大泉洋
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

50

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「新解釈・三國志」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「銀魂」「今日から俺は!!」の福田雄一監督が『三國志』を題材に大泉洋、小栗旬、賀来賢人、山田孝之、ムロツヨシをはじめとするオールスターキャストで贈る歴史エンタテインメント・アクション・コメディ。蜀の英雄・劉備を主人公に、“赤壁の戦い”をクライマックスとする三國志の物語が福田監督流の解釈でコミカルに描かれていく。魏・蜀・呉の3国が覇権を巡って激しく争っていた群雄割拠の時代。荒れ狂う世相を憂い、人々の平穏を願って立ち上がった男、劉備。義兄弟の盃を交わした関羽、張飛とともに激動の乱世の中で力をつけていく。やがて稀代の天才軍師・孔明を迎え入れ蜀を建国する。しかし敵対する曹操は圧倒的な統率力で大国・魏を築き上げていた。そこで容姿端麗で知られる若き武将・周瑜と手を組み、蜀・呉連合軍で魏に立ち向かおうとする劉備だったが…。 JAN:9999207188989

「新解釈・三國志」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
製作国: 日本

「新解釈・三國志」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

直CUE!勝負 目指せ! 北海道完全征服!?胆振・富良野編

俺はまだ本気出してないだけ

デカワンコ スペシャル

ピーチガール

ユーザーレビュー:50件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全50件

作品として

投稿日:2021/04/22 レビュアー:課長

成立していない。
ただ、ふざけているだけ。
大問題だと思った。

このレビューは気に入りましたか? 29人の会員が気に入ったと投稿しています

面白くなかった。

投稿日:2021/04/27 レビュアー:たぁぼう

ふざけすぎていて笑うことも出来ず、観ることが苦痛になっていった。

このレビューは気に入りましたか? 21人の会員が気に入ったと投稿しています

単純につまらない

投稿日:2021/04/23 レビュアー:

これだけ豪華なキャストなのに、もの凄くつまらない。
正直YouTubeレベル。

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

福田雄一監督の才能がいっぱい詰まったコメディ映画

投稿日:2021/04/05 レビュアー:シネコンボーイ

冒頭、歴史学者・蘇我宗光(西田敏行)が出てきて、中国1800年前の天下統一を目指す英雄たちの物語「三國志」を講義するという、学校の授業を聴いているような構成が面白い。時は魏・蜀・呉の三国が分立していた乱世の時代。曹操(小栗旬)率いる魏軍80万を、劉備(大泉洋)と孫権(岡田健史)率いる蜀・呉の連合軍3万が迎え撃つ。稀代の天才軍師・諸葛亮孔明(ムロツヨシ)が登場して、ご存知「赤壁の戦い」の物語。
諸葛亮孔明の妻である黄夫人(橋本環奈)は内助の功で孔明を支える利発な女性と語られているが、新解釈では孔明を圧倒する鬼嫁ぶりを披露。三國志を知らない方でも大丈夫。戦闘シーンも確り撮れています。エンドロールで流れる主題歌、福山雅治の「革命」も聴き応えあり。
新解釈に酷評もあるようですが、解明されていない史実も多く、福田雄一監督(脚本も福田オリジナル)の才能がいっぱい詰まったコメディ映画として大いに楽しめます。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

ゆるーい、ユルーイ、ふ真面目過ぎるでしょー!!

投稿日:2021/04/26 レビュアー:カマンベール

2020年。監督・脚本・福田陽一
「赤壁の戦い」で、やや盛り上がって気持ちよく終わる
・・・んだけれど、そこまでは自分の台詞に自分で突っ込む、
言葉尻をとる、ふざける、講釈垂れる・・・と、リズムが悪くストーリーに乗り切れない。
西田敏行が解説者として、「三國志」の内容経過を説明してくれる。
寄って、観客はアホになってただ笑ってろ!!って親心なんだろうけど、
あんまり内容が薄いと、スマホいじりながら観たりしちゃうよねー。

まぁ、1800年前のこの時代の絶世の美女が渡辺直美で、着ぐるみの中に入ってた
美人女優のことを城田優が、ブス扱いして、美人女優が、「生まれる時代を間違えた・・・」って、ところは笑えたけどね。

大泉洋は可もなく不可もなく・・・
軍師・孔明のムロツヨシはけっこう美味しい役。
妻の橋本環奈は図太い隠し玉だったかな。
クライマックスの「赤壁の戦い」でやっと「戦と戦術の奥義」が観れて、
チョコっと料金分の価値はアリかなと、思い直した。
福田陽一監督・脚本作品としては、不満が残る。
たいして笑えなかった!!

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全50件

新解釈・三國志

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:50件

作品として

投稿日

2021/04/22

レビュアー

課長

成立していない。
ただ、ふざけているだけ。
大問題だと思った。

面白くなかった。

投稿日

2021/04/27

レビュアー

たぁぼう

ふざけすぎていて笑うことも出来ず、観ることが苦痛になっていった。

単純につまらない

投稿日

2021/04/23

レビュアー

これだけ豪華なキャストなのに、もの凄くつまらない。
正直YouTubeレベル。

福田雄一監督の才能がいっぱい詰まったコメディ映画

投稿日

2021/04/05

レビュアー

シネコンボーイ

冒頭、歴史学者・蘇我宗光(西田敏行)が出てきて、中国1800年前の天下統一を目指す英雄たちの物語「三國志」を講義するという、学校の授業を聴いているような構成が面白い。時は魏・蜀・呉の三国が分立していた乱世の時代。曹操(小栗旬)率いる魏軍80万を、劉備(大泉洋)と孫権(岡田健史)率いる蜀・呉の連合軍3万が迎え撃つ。稀代の天才軍師・諸葛亮孔明(ムロツヨシ)が登場して、ご存知「赤壁の戦い」の物語。
諸葛亮孔明の妻である黄夫人(橋本環奈)は内助の功で孔明を支える利発な女性と語られているが、新解釈では孔明を圧倒する鬼嫁ぶりを披露。三國志を知らない方でも大丈夫。戦闘シーンも確り撮れています。エンドロールで流れる主題歌、福山雅治の「革命」も聴き応えあり。
新解釈に酷評もあるようですが、解明されていない史実も多く、福田雄一監督(脚本も福田オリジナル)の才能がいっぱい詰まったコメディ映画として大いに楽しめます。

ゆるーい、ユルーイ、ふ真面目過ぎるでしょー!!

投稿日

2021/04/26

レビュアー

カマンベール

2020年。監督・脚本・福田陽一
「赤壁の戦い」で、やや盛り上がって気持ちよく終わる
・・・んだけれど、そこまでは自分の台詞に自分で突っ込む、
言葉尻をとる、ふざける、講釈垂れる・・・と、リズムが悪くストーリーに乗り切れない。
西田敏行が解説者として、「三國志」の内容経過を説明してくれる。
寄って、観客はアホになってただ笑ってろ!!って親心なんだろうけど、
あんまり内容が薄いと、スマホいじりながら観たりしちゃうよねー。

まぁ、1800年前のこの時代の絶世の美女が渡辺直美で、着ぐるみの中に入ってた
美人女優のことを城田優が、ブス扱いして、美人女優が、「生まれる時代を間違えた・・・」って、ところは笑えたけどね。

大泉洋は可もなく不可もなく・・・
軍師・孔明のムロツヨシはけっこう美味しい役。
妻の橋本環奈は図太い隠し玉だったかな。
クライマックスの「赤壁の戦い」でやっと「戦と戦術の奥義」が観れて、
チョコっと料金分の価値はアリかなと、思い直した。
福田陽一監督・脚本作品としては、不満が残る。
たいして笑えなかった!!

1〜 5件 / 全50件