No.31 RANKING

ソング・トゥ・ソング

ソング・トゥ・ソングの画像・ジャケット写真

ソング・トゥ・ソング / ルーニー・マーラ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ソング・トゥ・ソング」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「ツリー・オブ・ライフ」「聖杯たちの騎士」の鬼才テレンス・マリック監督がマイケル・ファスベンダー、ライアン・ゴズリング、ルーニー・マーラ、ナタリー・ポートマンの豪華共演で贈るラブストーリー。音楽の街オースティンを舞台に、それぞれに孤独を抱えた不器用な4人の男女が織りなす恋愛模様が、撮影監督エマニュエル・ルベツキの手による美しい映像で綴られていく。またイギー・ポップ、パティ・スミスはじめ本人役で登場する一流ミュージシャンたちも見どころ。 JAN:4532612147980

「ソング・トゥ・ソング」 の作品情報

作品情報

製作年: 2017年
原題: SONG TO SONG

「ソング・トゥ・ソング」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

人体実験EX−6

エリザベス:ゴールデン・エイジ

オンリー・ゴッド

ブロンディー 女銀行強盗

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

美しいルーニー・マーラー・・時の流れを体感する映画

投稿日:2021/04/03 レビュアー:カマンベール

2017年(アメリカ)テレンス・マリック監督作品。
ルーニ・マーラー。
ライアン・ゴズリング。
マイケル・ファスペンダー。
美しい3人のアクターが自由に羽ばたく。
感じる映画。体験する映像。
そんな映画です。
世界中の景観。風景の中を自由に遊ぶ、跳ねる、歌う映像。

ルーニーと手を繋ぐゴズリングが、次の瞬間ファスペンダーに変わっている。
そんな映像が何度も何度も繰り返される。
ゴズリングとファスペンダーはルーニー・マーラーを愛している。
つかめそうで、つかめないルーニー・マーラー。
夢のように儚い彼女は、つかもうとするとスルリと逃げてしまう。

限りなく美し映像がどこまでも続く。
撮影は「ゼロ・グラビティ」のエマニュエル・ルベッキ。
監督は「天国の日々」「ツリー・オブ・ライフ」のテレンス・マリック。
テレンス・マリックは苦手でしたが、この映画は好きです。
なんと言っても映像が心地良い。
水をゴクゴク飲むように自然な体験でした。
そしてルーニー・マーラーの美しさに感動さえ覚えます。
ゴズリングの所作の美しさ。小さな仕草がバレリーナのようにポーズが決まる。
ルーニーをゴズリングと分け合うようなファスペンダーと3人。
ファスペンダーはやや粗野で荒々しい=(現実)
金も地位も権力もすべてを持つ男。音楽プロデューサーです。
ゴズリングは夢みがち=(理想)
歌手を目指すが売れない名もなき男。

ストーリーはほとんど意味がない。
それでも映画に終わりはある。
(ラストは、思いがけなく現実的に着地して、ふふふ、と微笑みました)

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

残念

投稿日:2021/05/09 レビュアー:はなびらもくれん

このキャストでこの内容

途中で見るのやめました

残念

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ストーリー無し

投稿日:2021/05/08 レビュアー:なかたん

ストーリーは無し、人物の繋がりも分からず、普通の恋愛映画を求めるなら全く違います。
なんの映画か分かりません。
最後まで見れませんでした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

ソング・トゥ・ソング

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

美しいルーニー・マーラー・・時の流れを体感する映画

投稿日

2021/04/03

レビュアー

カマンベール

2017年(アメリカ)テレンス・マリック監督作品。
ルーニ・マーラー。
ライアン・ゴズリング。
マイケル・ファスペンダー。
美しい3人のアクターが自由に羽ばたく。
感じる映画。体験する映像。
そんな映画です。
世界中の景観。風景の中を自由に遊ぶ、跳ねる、歌う映像。

ルーニーと手を繋ぐゴズリングが、次の瞬間ファスペンダーに変わっている。
そんな映像が何度も何度も繰り返される。
ゴズリングとファスペンダーはルーニー・マーラーを愛している。
つかめそうで、つかめないルーニー・マーラー。
夢のように儚い彼女は、つかもうとするとスルリと逃げてしまう。

限りなく美し映像がどこまでも続く。
撮影は「ゼロ・グラビティ」のエマニュエル・ルベッキ。
監督は「天国の日々」「ツリー・オブ・ライフ」のテレンス・マリック。
テレンス・マリックは苦手でしたが、この映画は好きです。
なんと言っても映像が心地良い。
水をゴクゴク飲むように自然な体験でした。
そしてルーニー・マーラーの美しさに感動さえ覚えます。
ゴズリングの所作の美しさ。小さな仕草がバレリーナのようにポーズが決まる。
ルーニーをゴズリングと分け合うようなファスペンダーと3人。
ファスペンダーはやや粗野で荒々しい=(現実)
金も地位も権力もすべてを持つ男。音楽プロデューサーです。
ゴズリングは夢みがち=(理想)
歌手を目指すが売れない名もなき男。

ストーリーはほとんど意味がない。
それでも映画に終わりはある。
(ラストは、思いがけなく現実的に着地して、ふふふ、と微笑みました)

残念

投稿日

2021/05/09

レビュアー

はなびらもくれん

このキャストでこの内容

途中で見るのやめました

残念

ストーリー無し

投稿日

2021/05/08

レビュアー

なかたん

ストーリーは無し、人物の繋がりも分からず、普通の恋愛映画を求めるなら全く違います。
なんの映画か分かりません。
最後まで見れませんでした。

1〜 3件 / 全3件