恋する遊園地の画像・ジャケット写真

恋する遊園地 / ノエミ・メルラン
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

まだまだ話題作

ジャンル :

「恋する遊園地」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

まだまだ話題作

解説・ストーリー

「英雄は嘘がお好き」「燃ゆる女の肖像」のノエミ・メルランが遊園地のアトラクションに一目惚れしたヒロインを演じる異色のロマンティック・ストーリー。単なる機械であるはずのアトラクションと恋に落ち、“ジャンボ”と名づけて心を通わせていくヒロインと機械とのファンタジックな恋模様を美しくも幻想的な筆致で描き出していく。監督は本作が長編デビューとなるゾエ・ウィトック。内気なジャンヌは、幼い頃から通っていた遊園地の夜間スタッフとして働きはじめる。そして新たに導入されたアトラクションに出会い、その美しさに一目で魅了されてしまう。すっかり恋に落ちてしまった彼女は、そのアトラクションを“ジャンボ”と呼び、誰もいない夜の遊園地で不思議な交流を重ねていくのだったが…。 JAN:4532640325039

「恋する遊園地」 の作品情報

作品情報

製作年:

2019年

製作国:

フランス/ベルギー/ルクセンブルク

原題:

JUMBO

「恋する遊園地」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

プレイヤー

17歳の夏

ザ・レイプ 欲望の報酬

今日から始まる

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

対物性愛

投稿日:2021/04/21 レビュアー:くまげらの森

(2019年制作・フランス、ベルギー他)
夜の遊園地に、ライトが輝き美しいメタリックボディが回転する。
そんな巨大アトラクション「ムーヴイット」に恋してしまったジャンヌ(ノエミ・メルラン)
えっ?恋した・・・って、アナタ、遊具ですよ。乗り物ですけど。

フランスに実在したエッフェル塔と恋に落ち結婚した人物をモデルにしているらしい。
生命なき海底油田の掘削装置や建物、などに恋愛感情を抱く事を『対物性愛』と呼んでいる。
(しかし今のところ精神医学会などでは認知されていない。)

本作は理解されにくいマイノリティの孤独と苦しみを、幻想的なシーンを交えて描く。
全裸シーンも多く、ドバッと流れる油圧オイルはもしかしてアトラクションジャンボ君の○○ですか?・・いやいや、そんな人体の神秘は機械にありませんから。(笑)

ともあれ、異常な娘を治そうとする母親(そして観客目線もそれ)と、認めてもらいたい娘の攻防。
人とは違う「性的志向」をを持ってしまった少女の不安。若いノエミ・メルランは熱演だったと思いますね。
物語は意外な結末(ついにそこまで!!)で終わりますが、自分の感覚で理解できない事象を、
それが少数であるに拘らず、信じ切る事、認める事の難しさを考えさせられました。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

驚きました

投稿日:2021/12/31 レビュアー:スヌーピー

こういうことってあるんだなと初めて知りました。身近にいないからそれほど信じられないとか反対とかの否定はないけど最初は身内とかにもしいたらやはり抵抗感が出て母親みたいになってしまうだろうなと思いました。
でも誰かに迷惑かけるわけでもないし本人がそれで幸せならいい気がします。
映像が幻想的でしたからファンタジーぽくも見えました

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

恋する遊園地

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

対物性愛

投稿日

2021/04/21

レビュアー

くまげらの森

(2019年制作・フランス、ベルギー他)
夜の遊園地に、ライトが輝き美しいメタリックボディが回転する。
そんな巨大アトラクション「ムーヴイット」に恋してしまったジャンヌ(ノエミ・メルラン)
えっ?恋した・・・って、アナタ、遊具ですよ。乗り物ですけど。

フランスに実在したエッフェル塔と恋に落ち結婚した人物をモデルにしているらしい。
生命なき海底油田の掘削装置や建物、などに恋愛感情を抱く事を『対物性愛』と呼んでいる。
(しかし今のところ精神医学会などでは認知されていない。)

本作は理解されにくいマイノリティの孤独と苦しみを、幻想的なシーンを交えて描く。
全裸シーンも多く、ドバッと流れる油圧オイルはもしかしてアトラクションジャンボ君の○○ですか?・・いやいや、そんな人体の神秘は機械にありませんから。(笑)

ともあれ、異常な娘を治そうとする母親(そして観客目線もそれ)と、認めてもらいたい娘の攻防。
人とは違う「性的志向」をを持ってしまった少女の不安。若いノエミ・メルランは熱演だったと思いますね。
物語は意外な結末(ついにそこまで!!)で終わりますが、自分の感覚で理解できない事象を、
それが少数であるに拘らず、信じ切る事、認める事の難しさを考えさせられました。

驚きました

投稿日

2021/12/31

レビュアー

スヌーピー

こういうことってあるんだなと初めて知りました。身近にいないからそれほど信じられないとか反対とかの否定はないけど最初は身内とかにもしいたらやはり抵抗感が出て母親みたいになってしまうだろうなと思いました。
でも誰かに迷惑かけるわけでもないし本人がそれで幸せならいい気がします。
映像が幻想的でしたからファンタジーぽくも見えました

1〜 2件 / 全2件