ホテルローヤルの画像・ジャケット写真

ホテルローヤル / 波瑠
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

13

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

まだまだ話題作

ジャンル :

「ホテルローヤル」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

まだまだ話題作

解説・ストーリー

桜木紫乃の直木賞受賞作を波瑠の主演で映画化した人間ドラマ。実家のラブホテルを手伝う女性を主人公に、それぞれに日常生活の中で秘密や孤独を抱えホテルを訪れる人々が織りなす切ない人間模様を優しいまなざしで綴る。共演は松山ケンイチ、安田顕、余貴美子、原扶貴子、伊藤沙莉、岡山天音、夏川結衣。監督は「百円の恋」の武正晴。北海道、釧路湿原を望む高台のラブホテル“ホテルローヤル”。経営者の一人娘・雅代は美大受験に失敗し、渋々ながらも家業を手伝うことに。そんなホテルローヤルには生活に疲れ果てた夫婦や居場所のない女子高生と高校教師など、事情を抱えた男女がやって来る。雅代はアダルトグッズの営業マン宮川への恋心を秘めつつ、黙々と仕事をこなしながら、そんな男女の“非日常”の悲喜こもごもを、観察するともなく見つめていくのだったが…。 JAN:4907953219311

「ホテルローヤル」 の作品情報

作品情報

製作年:

2020年

製作国:

日本

「ホテルローヤル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

うさぎドロップ

アゲイン 28年目の甲子園

いいね!光源氏くん し〜ずん2

白線流し 旅立ちの詩

ユーザーレビュー:13件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全13件

ラブホが生まれて朽ちるまで(原作再読しちゃった) ネタバレ

投稿日:2021/05/09 レビュアー:カマンベール

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


2020年監督:武正晴。原作:桜木紫乃。
原作が家にあったので観賞後すぐ読み返してみた。
原作はとても心に響いた。
映画はほぼ原作と同じ展開。
雅代(波瑠)の誕生とともに生まれた「ホテルローヤル」が30年を経て幕を閉じて、
何年後かに朽ち果てた廃ホテルとして、若いカップルの投稿エロ写真の撮影場所として、
映画は始まるのだ。
なのだが、原作と違い登場する人間の生々しさ、生臭い部分が
マイルドになっている。
その点が物足りなさとつながる。

女子高生と心中する高校教師・・・生徒とセンセイ、あんた何やってんの?
とは、ならないのだ。
人生に絶望して死を選ぶ理由がちゃんとある。
女子高生のまりあは、親が借金を作り失踪して帰る場所がない。
教師は美人妻が校長の愛人を18歳から10年も続けていて、連休に札幌のマンションに帰ったら、妻が校長を家に招き入れる現場を目撃してしまう。
木古内→函館→札幌そして釧路と道行があって・・・
チャラい教師と馬鹿な教え子まりあ、と一括りに出来ない、納得できる心中の理由を語られている。

エッチ屋の宮川(松山ケンイチ)にも、市役所をしくじった過去がある。
市役所の上司の妻を寝とったのだ。
この辺は全く語られない。
宮川もタダのエッチ屋の真面目セールスマンではない。
パートのミコちゃん(余貴美子)には働かない精力絶倫の夫がいて、ただただ働くだけの
ミコちゃんの存在はなんだか無性に悲しい。

ひとり娘雅代(波瑠)も、見せ場の少ないつくづく損な主役だと思う。
見せ場の宮川に迫るシーンも、Gパンの下着が白い木綿の長いスリップ・・・とはねー!!

釧路湿原がパーっと映るファーストシーン。
雅代の部屋からいつも眺める窓から、丹頂鶴も姿を見せる。
釧路の和商市場や幣舞橋(ぬさまいばし)と観光名所もしっかり映し出されます。

ただし「ホテルローヤル」の室内セットは、札幌の紅桜公園の今は使われてない結婚式場に作られたそうだ。
地元テレビ局が特集してましたが、我が家から近いのも、何かのご縁でしょう(笑)

原作者の桜木紫乃さんは美人でサバサバしたとても素敵な人。
原作のバター風味がマーガリン風味に変わったような変換と、映画のパワー不足に
やや不満ですねー。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

愛しの松ケン

投稿日:2021/04/19 レビュアー:じゃじゃまる

愛しの松ケン(あ、松山ケンイチ)が出ている映画「ホテルローヤル」を見に行きました
主演波留、共演安田顕(タイプ)、余貴美子、などなど

この映画、2つ向こうの市の、イオンシネマしかやってなくて、ネットで道調べて行きました(そこまでするか)

松ケンのためなら行ったことのないイオンでも行くわよ〜

北海道釧路にあるラブホテル「ホテルローヤル」
一人娘雅代は、受験に失敗し、やむなく手伝うことになる
ラブホテルにくるアダルトグッズの営業マン「えっち屋さん」の宮川に淡い思いを描きながらすごす10年の物語です
直木賞受賞作の映画化で、監督の武正晴氏の「百円の恋」が結構面白かったので期待して見ました

まあ、淡々と進んでいくので、盛り上がりはありません

地下に続く排気口から会話が聞こえるとか、ちょっとありえないけど(爆)そこを訪れる人間模様もテーマになっているので、必要な演出だったのかな?

釧路湿原は初めて北海道に主人と行った場所なんで、最初の遠景のシーンですぐわかっちゃった(笑
あ、途中でちゃんと釧路の風景など出てきますよ

余貴美子のやるせない思いや、安田顕の「老け方」に感動しますよ

(松ケンは理想の男性ですし〜)

テレビでは絶対に放映できないので(あだるどぐっず、モロ映すし)、でもスケールはテレビで十分ですが、でもなんとなく、飽きずに観れた作品でした


このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

セックスしなくても大丈夫か? って問われているような気がした

投稿日:2022/06/18 レビュアー:勇光

6組の男女のちょっとしたエピソードをまとめてあり、舞台となっている「ホテル・ローヤル」というラブホをつくった夫婦の話が骨格部分になっている。
ラブホの娘の波瑠とオトナのオモチャのルート販売をしている松山ケンイチとの関係が1本の流れになっていたが、これには結末はない。

メインのエピソードは、女子高生とその担任の先生が自殺する経緯。あっけらかんとした2人で、雨宿りのために入ってきただけなのだが、2人とも生きる場所を失っており、いろいろしゃべってるうちにセックスもせずに死んでしまう。で、これがラブホ経営を直撃する。

テーマとなってるのは、セックスみたい。
ローヤルのヤルはセックスのことだろう。
セックスしてる男女は仲がいいし、信頼関係も深い。が、していない男女は夫婦であっても関係が壊れる。または、死にたくなる・・ってな感じのことがメッセージとして浮かんでくる。
うちは、もう10年以上していないが、大丈夫かなって思ってしまった。

釧路湿原の見える丘にラブホをつくった波瑠の親父と母親のことが冒頭とラストにちょっと出てくる。母親はとにかくセックスがしたい女で、できなくなった旦那を見捨てて酒屋の若造と逃げる。
ラストには、その親父と母親が若いときの情景が描かれてある。「オレはやるぞー!」と盛り上がってるのは父親だけ。母親は不倫相手だったこともあり、結婚できるとも思っておらず、メシを食わせてもらえるならなんでもいいって感じ。
夫婦関係ってそんなものかって思った。結局、ヤルだけかい? なのでローヤルかい? って感じ。

波瑠がかわいいので最後まで観たが、まあ、それだけって感じもした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

波瑠さん美しいですね。

投稿日:2021/12/12 レビュアー:いち映画ファン

波瑠さんは、以前NHKの台湾ロケのドラマを観てからお気に入りの女優さんの一人です。
映画とは関係無いのですが、私が住んでいる町の町長さんが波瑠さんの親戚の方のようです。
母方が町出身の方なのですが、東日本大震災の福島第一原発事故で町を離れました。
女優の松岡茉優さんは福島県の「知らなかった大使」で町を訪れたことがあるのですが、縁のある
波瑠さんにも訪れていただきたいです。
この映画ですが、波瑠さんの美しさにはもちろん惹かれましたが、役者の細かい演技力に感心しました。
特にホテルに久しぶりに泊まることになった夫婦のドキドキワクワクした演技は最高でした。
この演技を引き出した監督の手腕も凄いです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

2.5

投稿日:2021/08/30 レビュアー:aa

いまいちだった。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全13件

ホテルローヤル

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:13件

ラブホが生まれて朽ちるまで(原作再読しちゃった)

投稿日

2021/05/09

レビュアー

カマンベール

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


2020年監督:武正晴。原作:桜木紫乃。
原作が家にあったので観賞後すぐ読み返してみた。
原作はとても心に響いた。
映画はほぼ原作と同じ展開。
雅代(波瑠)の誕生とともに生まれた「ホテルローヤル」が30年を経て幕を閉じて、
何年後かに朽ち果てた廃ホテルとして、若いカップルの投稿エロ写真の撮影場所として、
映画は始まるのだ。
なのだが、原作と違い登場する人間の生々しさ、生臭い部分が
マイルドになっている。
その点が物足りなさとつながる。

女子高生と心中する高校教師・・・生徒とセンセイ、あんた何やってんの?
とは、ならないのだ。
人生に絶望して死を選ぶ理由がちゃんとある。
女子高生のまりあは、親が借金を作り失踪して帰る場所がない。
教師は美人妻が校長の愛人を18歳から10年も続けていて、連休に札幌のマンションに帰ったら、妻が校長を家に招き入れる現場を目撃してしまう。
木古内→函館→札幌そして釧路と道行があって・・・
チャラい教師と馬鹿な教え子まりあ、と一括りに出来ない、納得できる心中の理由を語られている。

エッチ屋の宮川(松山ケンイチ)にも、市役所をしくじった過去がある。
市役所の上司の妻を寝とったのだ。
この辺は全く語られない。
宮川もタダのエッチ屋の真面目セールスマンではない。
パートのミコちゃん(余貴美子)には働かない精力絶倫の夫がいて、ただただ働くだけの
ミコちゃんの存在はなんだか無性に悲しい。

ひとり娘雅代(波瑠)も、見せ場の少ないつくづく損な主役だと思う。
見せ場の宮川に迫るシーンも、Gパンの下着が白い木綿の長いスリップ・・・とはねー!!

釧路湿原がパーっと映るファーストシーン。
雅代の部屋からいつも眺める窓から、丹頂鶴も姿を見せる。
釧路の和商市場や幣舞橋(ぬさまいばし)と観光名所もしっかり映し出されます。

ただし「ホテルローヤル」の室内セットは、札幌の紅桜公園の今は使われてない結婚式場に作られたそうだ。
地元テレビ局が特集してましたが、我が家から近いのも、何かのご縁でしょう(笑)

原作者の桜木紫乃さんは美人でサバサバしたとても素敵な人。
原作のバター風味がマーガリン風味に変わったような変換と、映画のパワー不足に
やや不満ですねー。

愛しの松ケン

投稿日

2021/04/19

レビュアー

じゃじゃまる

愛しの松ケン(あ、松山ケンイチ)が出ている映画「ホテルローヤル」を見に行きました
主演波留、共演安田顕(タイプ)、余貴美子、などなど

この映画、2つ向こうの市の、イオンシネマしかやってなくて、ネットで道調べて行きました(そこまでするか)

松ケンのためなら行ったことのないイオンでも行くわよ〜

北海道釧路にあるラブホテル「ホテルローヤル」
一人娘雅代は、受験に失敗し、やむなく手伝うことになる
ラブホテルにくるアダルトグッズの営業マン「えっち屋さん」の宮川に淡い思いを描きながらすごす10年の物語です
直木賞受賞作の映画化で、監督の武正晴氏の「百円の恋」が結構面白かったので期待して見ました

まあ、淡々と進んでいくので、盛り上がりはありません

地下に続く排気口から会話が聞こえるとか、ちょっとありえないけど(爆)そこを訪れる人間模様もテーマになっているので、必要な演出だったのかな?

釧路湿原は初めて北海道に主人と行った場所なんで、最初の遠景のシーンですぐわかっちゃった(笑
あ、途中でちゃんと釧路の風景など出てきますよ

余貴美子のやるせない思いや、安田顕の「老け方」に感動しますよ

(松ケンは理想の男性ですし〜)

テレビでは絶対に放映できないので(あだるどぐっず、モロ映すし)、でもスケールはテレビで十分ですが、でもなんとなく、飽きずに観れた作品でした


セックスしなくても大丈夫か? って問われているような気がした

投稿日

2022/06/18

レビュアー

勇光

6組の男女のちょっとしたエピソードをまとめてあり、舞台となっている「ホテル・ローヤル」というラブホをつくった夫婦の話が骨格部分になっている。
ラブホの娘の波瑠とオトナのオモチャのルート販売をしている松山ケンイチとの関係が1本の流れになっていたが、これには結末はない。

メインのエピソードは、女子高生とその担任の先生が自殺する経緯。あっけらかんとした2人で、雨宿りのために入ってきただけなのだが、2人とも生きる場所を失っており、いろいろしゃべってるうちにセックスもせずに死んでしまう。で、これがラブホ経営を直撃する。

テーマとなってるのは、セックスみたい。
ローヤルのヤルはセックスのことだろう。
セックスしてる男女は仲がいいし、信頼関係も深い。が、していない男女は夫婦であっても関係が壊れる。または、死にたくなる・・ってな感じのことがメッセージとして浮かんでくる。
うちは、もう10年以上していないが、大丈夫かなって思ってしまった。

釧路湿原の見える丘にラブホをつくった波瑠の親父と母親のことが冒頭とラストにちょっと出てくる。母親はとにかくセックスがしたい女で、できなくなった旦那を見捨てて酒屋の若造と逃げる。
ラストには、その親父と母親が若いときの情景が描かれてある。「オレはやるぞー!」と盛り上がってるのは父親だけ。母親は不倫相手だったこともあり、結婚できるとも思っておらず、メシを食わせてもらえるならなんでもいいって感じ。
夫婦関係ってそんなものかって思った。結局、ヤルだけかい? なのでローヤルかい? って感じ。

波瑠がかわいいので最後まで観たが、まあ、それだけって感じもした。

波瑠さん美しいですね。

投稿日

2021/12/12

レビュアー

いち映画ファン

波瑠さんは、以前NHKの台湾ロケのドラマを観てからお気に入りの女優さんの一人です。
映画とは関係無いのですが、私が住んでいる町の町長さんが波瑠さんの親戚の方のようです。
母方が町出身の方なのですが、東日本大震災の福島第一原発事故で町を離れました。
女優の松岡茉優さんは福島県の「知らなかった大使」で町を訪れたことがあるのですが、縁のある
波瑠さんにも訪れていただきたいです。
この映画ですが、波瑠さんの美しさにはもちろん惹かれましたが、役者の細かい演技力に感心しました。
特にホテルに久しぶりに泊まることになった夫婦のドキドキワクワクした演技は最高でした。
この演技を引き出した監督の手腕も凄いです。

2.5

投稿日

2021/08/30

レビュアー

aa

いまいちだった。

1〜 5件 / 全13件