No.57 RANKING

インモータル 不死身の男

インモータル 不死身の男の画像・ジャケット写真

インモータル 不死身の男 / ウラジミール・エピファンチェフ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「インモータル 不死身の男」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「FLINT フリント」シリーズのウラジーミル・エピファンチェフ主演によるアクション。ルプツォフ少佐率いる部隊は、国際的な武器密売グループを追っていたが、何者かの裏切りにより部下は全滅。ルプツォフも重傷を負い、記憶を失ってしまう。

「インモータル 不死身の男」 の作品情報

作品情報

製作年: 2019年
製作国: ベラルーシ
原題: Black Dog

「インモータル 不死身の男」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

フリント 怒りの脱出

ドニエプル攻防決戦1941

FLINT フリント・無敵の男

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

記憶喪失の兵士は、不死身の男だった!

投稿日:2021/04/13 レビュアー:カマンベール

2019年(ベラルーシ)
迫力のミリタリーアクション映画だった。
主人公のルブツォフ少佐は、シリアの山奥で特殊任務中に、連隊全滅の司令を受けて、
たった1人生き残る。
頭に銃槍・・記憶喪失になるが命を取り留める。
自分の名前も思い出せないのに所属する軍はルブツォフを消そうとする。

自分の記憶を取り戻しつつ、悪に立ち向かうルブツォフが兎も角無敵の強さ。
ゴツい岩みたいな顔。こんな俳優見たことがない。

ルブツォフが知っている秘密・・・世界的武器商人のブリナーが黒幕だ。
そしてブリナーの利権にたかる軍内部の汚職と裏切り。

大型トラックのカーチェイスやカースタント。
銃撃戦に殺人格闘技もあります。
愛する妻と娘の命も狙われたルブツォフ。
絶体絶命のピンチを切り抜けられるのか?
渋ーい不死身の男・ウラジミール・エピファンチェフ。
ニコリともしない無骨な男が、すっかり好きになる映画だった。

ミリタリー・アクション好きにお勧めです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

スケール感がある意味すごい ネタバレ

投稿日:2021/04/18 レビュアー:tamama

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

スケール感が大きそうな売り文句でしたが、
実際は主人公の未周辺ですべて解決。
いつのまにかこじんまりと終了します。
盛り上がるところを待っている間に、エンディングを迎えてしまった。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

未開の国の映画にしてはそこそこカネかかっていた。

投稿日:2021/05/08 レビュアー:勇光

ロシア映画にしてもちゃちいなと思ったらベラルーシの映画だった。
ベラルーシは旧ソ連領でソ連崩壊後に独立した国だそうだ。首都はミンスク。バルト3国の南に位置していてウクライナの北にある。
そんなところで映画をつくっていたとは知らなかった。
で、そんな小さな国が対テロ組織や情報機関を持っていてシリアのテロリストにスパイを潜入させたり、独自に武器商人の動向をつかんだり、その取引現場に小部隊を送り込んだりしているみたいだった。映画では情報安全保障局(ISS)なる組織が対テロ組織として登場していたが、ウソくさいなと思って調べてみたら、そういう組織はみつからなかった。たぶん、存在しないのだろう。存在するのはロシア連邦保安庁(FSB)で、これは旧ソ連時代のKGBの下部組織であった対外情報庁(SVR)の後継組織で、旧ソ連から独立した15カ国のうちバルト3国を除く12カ国の諜報活動をしているらしい。が、これを映画に登場させるとベラルーシ映画でなくなってしまうので、独自にインチキな組織をでっちあげてベラルーシがロシアやアメリカ並みにカッコウのいいことをやっているふうにしてあるようだ。

で、主人公の不死身の男はその架空の組織であるISSの特殊部隊の隊長だそうだが、豪華な家に美人の妻がいて、一軍人とは思えない豊な暮らしをしており、美人妻の父親は大手企業の社長でなにやら大きな商売をしているらしかった。
もう、このへんから話がおかしいのだが、次から次へと登場するスパイもどきの人物が何者なのかよくわからないし、武器商人とテロ組織とシリアの地元民との関係がよくわからない。で、最終的には武器商人も一緒になって爆弾を都市部で爆発させるような計画を遂行していたが、武器商人はカネを儲けたいはずであり、テロ行為そのものはカネにもなにもならないだろうから、なんでそんなことをやろうとしているのか全然理解できなかった。
また、ISSから送られて記憶喪失になった主人公を尋問する女職員が登場し、これが主人公を信じて助けたりするのだが、へんに色っぽくておかしい。所属もよくわからないし、組織内にも陰謀に加担してる者がいたりして、へたなことをすると自分の身も危なくなりそうなのだが、そんなことは気にせず勝手に動いている。「ミッション・インポッシブル」のレベッカ・ファーガソンを意識してるのだと思われるが、レベッカほど美人ではないし、存在そのものがチャンチャラ可笑しかった。

で、主人公のことだが、もう、あまり語る気がしない。顔はカッコよかったし、身体もデカい。ただ、頭に岩の破片が入ってるとかで、薬がないと頭痛がして動けないようで、なのに酒飲んでうずくまったりしていたかと思うと、いきなり元気になって走ったり飛んだりして軽やかな身のこなしを見せる。

ま、こどもだましのおちゃらけスパイものでした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

眠くなる

投稿日:2021/04/24 レビュアー:カズ

戦士?????

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

7点満点中

投稿日:2021/04/09 レビュアー:ビリケン

3点

もう1つかな。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

インモータル 不死身の男

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

記憶喪失の兵士は、不死身の男だった!

投稿日

2021/04/13

レビュアー

カマンベール

2019年(ベラルーシ)
迫力のミリタリーアクション映画だった。
主人公のルブツォフ少佐は、シリアの山奥で特殊任務中に、連隊全滅の司令を受けて、
たった1人生き残る。
頭に銃槍・・記憶喪失になるが命を取り留める。
自分の名前も思い出せないのに所属する軍はルブツォフを消そうとする。

自分の記憶を取り戻しつつ、悪に立ち向かうルブツォフが兎も角無敵の強さ。
ゴツい岩みたいな顔。こんな俳優見たことがない。

ルブツォフが知っている秘密・・・世界的武器商人のブリナーが黒幕だ。
そしてブリナーの利権にたかる軍内部の汚職と裏切り。

大型トラックのカーチェイスやカースタント。
銃撃戦に殺人格闘技もあります。
愛する妻と娘の命も狙われたルブツォフ。
絶体絶命のピンチを切り抜けられるのか?
渋ーい不死身の男・ウラジミール・エピファンチェフ。
ニコリともしない無骨な男が、すっかり好きになる映画だった。

ミリタリー・アクション好きにお勧めです。

スケール感がある意味すごい

投稿日

2021/04/18

レビュアー

tamama

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

スケール感が大きそうな売り文句でしたが、
実際は主人公の未周辺ですべて解決。
いつのまにかこじんまりと終了します。
盛り上がるところを待っている間に、エンディングを迎えてしまった。

未開の国の映画にしてはそこそこカネかかっていた。

投稿日

2021/05/08

レビュアー

勇光

ロシア映画にしてもちゃちいなと思ったらベラルーシの映画だった。
ベラルーシは旧ソ連領でソ連崩壊後に独立した国だそうだ。首都はミンスク。バルト3国の南に位置していてウクライナの北にある。
そんなところで映画をつくっていたとは知らなかった。
で、そんな小さな国が対テロ組織や情報機関を持っていてシリアのテロリストにスパイを潜入させたり、独自に武器商人の動向をつかんだり、その取引現場に小部隊を送り込んだりしているみたいだった。映画では情報安全保障局(ISS)なる組織が対テロ組織として登場していたが、ウソくさいなと思って調べてみたら、そういう組織はみつからなかった。たぶん、存在しないのだろう。存在するのはロシア連邦保安庁(FSB)で、これは旧ソ連時代のKGBの下部組織であった対外情報庁(SVR)の後継組織で、旧ソ連から独立した15カ国のうちバルト3国を除く12カ国の諜報活動をしているらしい。が、これを映画に登場させるとベラルーシ映画でなくなってしまうので、独自にインチキな組織をでっちあげてベラルーシがロシアやアメリカ並みにカッコウのいいことをやっているふうにしてあるようだ。

で、主人公の不死身の男はその架空の組織であるISSの特殊部隊の隊長だそうだが、豪華な家に美人の妻がいて、一軍人とは思えない豊な暮らしをしており、美人妻の父親は大手企業の社長でなにやら大きな商売をしているらしかった。
もう、このへんから話がおかしいのだが、次から次へと登場するスパイもどきの人物が何者なのかよくわからないし、武器商人とテロ組織とシリアの地元民との関係がよくわからない。で、最終的には武器商人も一緒になって爆弾を都市部で爆発させるような計画を遂行していたが、武器商人はカネを儲けたいはずであり、テロ行為そのものはカネにもなにもならないだろうから、なんでそんなことをやろうとしているのか全然理解できなかった。
また、ISSから送られて記憶喪失になった主人公を尋問する女職員が登場し、これが主人公を信じて助けたりするのだが、へんに色っぽくておかしい。所属もよくわからないし、組織内にも陰謀に加担してる者がいたりして、へたなことをすると自分の身も危なくなりそうなのだが、そんなことは気にせず勝手に動いている。「ミッション・インポッシブル」のレベッカ・ファーガソンを意識してるのだと思われるが、レベッカほど美人ではないし、存在そのものがチャンチャラ可笑しかった。

で、主人公のことだが、もう、あまり語る気がしない。顔はカッコよかったし、身体もデカい。ただ、頭に岩の破片が入ってるとかで、薬がないと頭痛がして動けないようで、なのに酒飲んでうずくまったりしていたかと思うと、いきなり元気になって走ったり飛んだりして軽やかな身のこなしを見せる。

ま、こどもだましのおちゃらけスパイものでした。

眠くなる

投稿日

2021/04/24

レビュアー

カズ

戦士?????

7点満点中

投稿日

2021/04/09

レビュアー

ビリケン

3点

もう1つかな。

1〜 5件 / 全5件