No.14 RANKING

サイレント・トーキョー

サイレント・トーキョーの画像・ジャケット写真

サイレント・トーキョー / 佐藤浩市
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

17

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「サイレント・トーキョー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

秦建日子の同名ベストセラーを「SP」シリーズの波多野貴文監督が佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也はじめ豪華キャストの共演で映画化したクライム・サスペンス。クリスマスでにぎわう東京を舞台に、非情な連続爆破テロ犯に翻弄される国家と、事件に巻き込まれた人々の運命をスリリングかつ圧倒的スケールで描き出す。12月24日、東京。TV局に爆弾テロの犯行予告の電話が入り、恵比寿の指定の場所へと向かった来栖公太は、そこでベンチに座ったまま動けずにいる主婦・山口アイコと出会う。そして2人は犯人の巧みな罠によって実行犯へと仕立てられていく。その様子を謎の男・朝比奈仁が見つめていた。ほどなく、渋谷を標的とした新たな犯行予告が出され、犯人は首相との生対談を要求してくるのだったが…。 JAN:4562474226035

「サイレント・トーキョー」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
製作国: 日本

「サイレント・トーキョー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 山浦雅大
原作: 秦建日子
音楽: 大間々昂

関連作品

関連作品

64−ロクヨン−

今週、妻が浮気します

武蔵坊弁慶 完全版

もののけ姫

ユーザーレビュー:17件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全17件

どのように論理が破綻したら無差別テロになるのだろうか? ネタバレ

投稿日:2021/04/07 レビュアー:くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(レビューは犯人を推定させる文章を含みます。ご注意ください。)
結論から言えば、映像技術が優れている点は高評価できるけど、メッセージがブレブレで
この99分を見てても何も伝わらない、という事になります。
劇場挨拶時の佐藤浩市のコメントは、
「邦画のウェットな感じがしない。そこが面白いんじゃないかと思った。」
はいはい、苦しいですねー。つまり、そう答えるしかないくらい、面白くないんですね(笑)
中村倫也、西島秀俊などキッチリ、駒としての役を演じているだけに勿体ないです。

ところで私、言いたくてたまらない案件があるんですが、みんな気がついて知らんぷりしてあげてるの?
言ってよい?
(犯人が特定される文章を含みます。未鑑賞の方はこの辺で畳んでくださいね。2回言いましたよ。)
序盤の「ベンチ」のシーンですが、犯人はその人がそこに座るとどうしてわかるんですか?
いつ、ベンチにアレをセット出来たんですか?その前はどうなっていたんですか。
その人は身代わりに座る人を得ると、助けもせずすぐその場から逃げましたね。
ひどくないですか??
そう、この人の思考が「ブレブレ」の原因なんです。
国連PKOの参加で、一人の人間が死ぬのに衝撃を受けた人間が、
安倍晋三(あ、失礼、打ち間違いました。)某首相の、『日本が防衛のための戦力を持つ』という発言に危機感と怒りを覚え、(サシで話しさせや、でなきゃ爆発させっぞ!)
というわがまま駄々っ子ぶりを発動しましたのよ。
通常、「一人の人間も殺されたくない」という考えになりますが、無差別大量に殺傷しようという流れですから、どうしたらそうなるの、どこが納得出来るの?
(不満を胸に亡くなった人物への、無念の思いを晴らすための動機とするなら、
えっ、そんな事で?と逆に驚きますわ。)
「平和ボケした日本人よ、戦力を保持せよ!」と言っているようにも聞こえるじゃん。
(大丈夫だよぉ、こんなに人がいるんだ、爆発なんてしないって。)
避難してくださいの警告も聞かず、どんちゃん騒ぎする若者たち・・

日本を戦争のできる国にしようとする首相VS本当の戦争を知っている犯人、という図式
なんだけど、犯人がねー、犯人は狂った人から教育されてますから。
最後になって、何となく「まあ考えることが大切だよね…」くらいでお茶を濁してしまう。
「もう少しこの国の人たちを信じてみても良いんじゃないか…。」ってテロリストが何様だよ!
って感じです。「あなたの隣にも爆弾はある。」・・・だからぁ〜!!

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

平和ボケの日本人に喝(カツ!)けど、感傷的な日本的映画!

投稿日:2021/04/04 レビュアー:カマンベール

2020年。監督波多野貴文。原作・秦建日子(ハタタケヒコ=男性)
前半はノンストップの展開で、身を乗り出して観てました。
渋谷スクランブル交差点の大爆発。
迫力満点(不謹慎だが、興奮する映像だ!)
クリスマス・イブの12月24日。犯人が、
「渋谷ハチ公前に爆破ブツを仕掛けた」
「午後6時までに総理に1対1で会わせろ!でないと爆発する」と要求。
総理(鶴見慎吾)は「テロリストとは交渉しない」と一蹴する。
総理の以前の主張「私は戦争を出来る日本にしたい!!」
この発言がポイントでしょうね!
総理が対話を拒否して、結果、大爆発して渋谷はメチャメチャ。

早い展開で、あやしい男が浮かび。
犯人はすぐに割れる。
その犯人の動機・・・海外なら宗教対立がテロの動機だが、日本人だとやはり私怨が
絡むのですね(無理クリ感強い)

後半は、向かって欲しくない方向へ、方向へと、進みます(笑)
再現フィルムで動機など教えてくれますが、意外性のあり過ぎる。
その犯人を信じろと言う方が「無理」
そして謎の男・佐藤浩市の、謎過ぎる行動。

娯楽大作がとんだ感情的なおセンチな映画になってます。
3億円かけて栃木の足利につくった渋谷スクランブル交差点。
巨大なオープンセット。
延べ1万人のエキストラ。お金かかってるこの映像はかなり本格的で見応えあり。
主演の佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊。
やはり演技力と存在感は光ります。
問題は説得力の無い原作の古さか?
大義を掲げても結局は家族間の恨みに収まる。
野暮だねー。ツマラナイ!
    

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

つまんない

投稿日:2021/04/10 レビュアー:げろんぱ

つまんない

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

反戦を主張して狂気に堕ちた人々

投稿日:2021/06/23 レビュアー:hinakksk

(辛口です) 

 戦争は人を傷つけ苦しめる、戦争の何たるかを総理大臣と彼を選んだ平和ボケの国民に教えてやりたいと、爆弾テロを起こして大勢を殺傷することに、はたしてどんな妥当性があるというのだろう。論理は破綻していて自己矛盾でしかない。けれど、映画は、そこまでしなければ分からないのだと言わんばかりだ。爆破予告があるのに野次馬根性で集まって犠牲になる人々は、自業自得とでも言いたいのだろうか。むしろ、爆破の規模が不明で時間の猶予もあったのだから、徹底して通行を遮断しなかった警察側の落ち度ではないのか。けれど、映画にはそういう視点はない。結論ありきで、人をある方向に誘導するような描き方がとても不愉快だった。

 映像やキャストはとても豪華なのに、ストーリーはアイデア頼みで強引な展開、メッセージとしてもサスペンスドラマとしても中途半端。登場人物の行動が合理性に欠けるので納得できない。例えば、爆破の混乱の中で、ビルの屋上で公太が撮影していると、なぜすぐに分かったのか。早い段階で人質の主婦の名前が判明しているのに、なぜ調査しようとしないのか。真奈美は綾乃を捜しもせず、なぜ基樹のマンションに行って、彼に怒りをぶつけるのか。そもそも基樹は、疑われる余地がありながら、なぜ真奈美を簡単に部屋に入れてしまうのか。そのうえ、取ってつけたような過去の回想。

 戦争やテロといった多面的で複雑な問題を、娯楽として単純化するならともかく、こんなに一面的に乱暴に扱うことに腹立たしさを覚える。イデオロギーや政治的発言はしたくないけれど、今現在も世界各地で戦闘を伴う紛争や迫害が起きていて、中国が尖閣諸島を虎視眈々と狙い、北方領土や竹島は不法占拠されている状況で、この映画の視点はずいぶん呑気だと言わざるを得ない。もちろん戦争には反対だ。けれど、どうすれば戦わずして国が守れるのか教えてほしい。防御してくれる人々がいるからこその安全ではないだろうか。映画はあげく、「爆弾はまだあります、あなたのすぐそばに」とは、一体何のために誰を脅迫しているのかと問いたくなる。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

笑えないコメディ ネタバレ

投稿日:2021/06/12 レビュアー:かかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

とにかく酷いです
脚本もあり得ないくらいに非現実的な穴だらけだし、演出も昭和の時代劇よりも酷いです
脚本家 秦建日子さんの作品は当たり外れが1対9位に圧倒的にハズレが多いのですが、たまに面白いから観てしまいますが、これはダントツのワーストクラス。極悪非道テロを起こした犯人が何故か最後は突然改心、冷静緻密で最新式の次元装置の解除キーが昭和並の数字特殊文字もないそれまで呟き続けた英語単文。それこそ簡単なコードブレーカー使えば秒で解除なのに最新式設備は役に立たないとか昭和通り越して大正?って思ってしまった。
演出の最悪は『テロによる渋谷爆破』。よほどYouTuberが嫌いらしく狙い撃ちで殺戮してる割に何故か爆破に巻き込まれてもかすり傷程度の軽傷で、誰もが身体の欠損も大量流血もありません… ナニコレ珍百景?

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全17件

サイレント・トーキョー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:17件

どのように論理が破綻したら無差別テロになるのだろうか?

投稿日

2021/04/07

レビュアー

くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(レビューは犯人を推定させる文章を含みます。ご注意ください。)
結論から言えば、映像技術が優れている点は高評価できるけど、メッセージがブレブレで
この99分を見てても何も伝わらない、という事になります。
劇場挨拶時の佐藤浩市のコメントは、
「邦画のウェットな感じがしない。そこが面白いんじゃないかと思った。」
はいはい、苦しいですねー。つまり、そう答えるしかないくらい、面白くないんですね(笑)
中村倫也、西島秀俊などキッチリ、駒としての役を演じているだけに勿体ないです。

ところで私、言いたくてたまらない案件があるんですが、みんな気がついて知らんぷりしてあげてるの?
言ってよい?
(犯人が特定される文章を含みます。未鑑賞の方はこの辺で畳んでくださいね。2回言いましたよ。)
序盤の「ベンチ」のシーンですが、犯人はその人がそこに座るとどうしてわかるんですか?
いつ、ベンチにアレをセット出来たんですか?その前はどうなっていたんですか。
その人は身代わりに座る人を得ると、助けもせずすぐその場から逃げましたね。
ひどくないですか??
そう、この人の思考が「ブレブレ」の原因なんです。
国連PKOの参加で、一人の人間が死ぬのに衝撃を受けた人間が、
安倍晋三(あ、失礼、打ち間違いました。)某首相の、『日本が防衛のための戦力を持つ』という発言に危機感と怒りを覚え、(サシで話しさせや、でなきゃ爆発させっぞ!)
というわがまま駄々っ子ぶりを発動しましたのよ。
通常、「一人の人間も殺されたくない」という考えになりますが、無差別大量に殺傷しようという流れですから、どうしたらそうなるの、どこが納得出来るの?
(不満を胸に亡くなった人物への、無念の思いを晴らすための動機とするなら、
えっ、そんな事で?と逆に驚きますわ。)
「平和ボケした日本人よ、戦力を保持せよ!」と言っているようにも聞こえるじゃん。
(大丈夫だよぉ、こんなに人がいるんだ、爆発なんてしないって。)
避難してくださいの警告も聞かず、どんちゃん騒ぎする若者たち・・

日本を戦争のできる国にしようとする首相VS本当の戦争を知っている犯人、という図式
なんだけど、犯人がねー、犯人は狂った人から教育されてますから。
最後になって、何となく「まあ考えることが大切だよね…」くらいでお茶を濁してしまう。
「もう少しこの国の人たちを信じてみても良いんじゃないか…。」ってテロリストが何様だよ!
って感じです。「あなたの隣にも爆弾はある。」・・・だからぁ〜!!

平和ボケの日本人に喝(カツ!)けど、感傷的な日本的映画!

投稿日

2021/04/04

レビュアー

カマンベール

2020年。監督波多野貴文。原作・秦建日子(ハタタケヒコ=男性)
前半はノンストップの展開で、身を乗り出して観てました。
渋谷スクランブル交差点の大爆発。
迫力満点(不謹慎だが、興奮する映像だ!)
クリスマス・イブの12月24日。犯人が、
「渋谷ハチ公前に爆破ブツを仕掛けた」
「午後6時までに総理に1対1で会わせろ!でないと爆発する」と要求。
総理(鶴見慎吾)は「テロリストとは交渉しない」と一蹴する。
総理の以前の主張「私は戦争を出来る日本にしたい!!」
この発言がポイントでしょうね!
総理が対話を拒否して、結果、大爆発して渋谷はメチャメチャ。

早い展開で、あやしい男が浮かび。
犯人はすぐに割れる。
その犯人の動機・・・海外なら宗教対立がテロの動機だが、日本人だとやはり私怨が
絡むのですね(無理クリ感強い)

後半は、向かって欲しくない方向へ、方向へと、進みます(笑)
再現フィルムで動機など教えてくれますが、意外性のあり過ぎる。
その犯人を信じろと言う方が「無理」
そして謎の男・佐藤浩市の、謎過ぎる行動。

娯楽大作がとんだ感情的なおセンチな映画になってます。
3億円かけて栃木の足利につくった渋谷スクランブル交差点。
巨大なオープンセット。
延べ1万人のエキストラ。お金かかってるこの映像はかなり本格的で見応えあり。
主演の佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊。
やはり演技力と存在感は光ります。
問題は説得力の無い原作の古さか?
大義を掲げても結局は家族間の恨みに収まる。
野暮だねー。ツマラナイ!
    

つまんない

投稿日

2021/04/10

レビュアー

げろんぱ

つまんない

反戦を主張して狂気に堕ちた人々

投稿日

2021/06/23

レビュアー

hinakksk

(辛口です) 

 戦争は人を傷つけ苦しめる、戦争の何たるかを総理大臣と彼を選んだ平和ボケの国民に教えてやりたいと、爆弾テロを起こして大勢を殺傷することに、はたしてどんな妥当性があるというのだろう。論理は破綻していて自己矛盾でしかない。けれど、映画は、そこまでしなければ分からないのだと言わんばかりだ。爆破予告があるのに野次馬根性で集まって犠牲になる人々は、自業自得とでも言いたいのだろうか。むしろ、爆破の規模が不明で時間の猶予もあったのだから、徹底して通行を遮断しなかった警察側の落ち度ではないのか。けれど、映画にはそういう視点はない。結論ありきで、人をある方向に誘導するような描き方がとても不愉快だった。

 映像やキャストはとても豪華なのに、ストーリーはアイデア頼みで強引な展開、メッセージとしてもサスペンスドラマとしても中途半端。登場人物の行動が合理性に欠けるので納得できない。例えば、爆破の混乱の中で、ビルの屋上で公太が撮影していると、なぜすぐに分かったのか。早い段階で人質の主婦の名前が判明しているのに、なぜ調査しようとしないのか。真奈美は綾乃を捜しもせず、なぜ基樹のマンションに行って、彼に怒りをぶつけるのか。そもそも基樹は、疑われる余地がありながら、なぜ真奈美を簡単に部屋に入れてしまうのか。そのうえ、取ってつけたような過去の回想。

 戦争やテロといった多面的で複雑な問題を、娯楽として単純化するならともかく、こんなに一面的に乱暴に扱うことに腹立たしさを覚える。イデオロギーや政治的発言はしたくないけれど、今現在も世界各地で戦闘を伴う紛争や迫害が起きていて、中国が尖閣諸島を虎視眈々と狙い、北方領土や竹島は不法占拠されている状況で、この映画の視点はずいぶん呑気だと言わざるを得ない。もちろん戦争には反対だ。けれど、どうすれば戦わずして国が守れるのか教えてほしい。防御してくれる人々がいるからこその安全ではないだろうか。映画はあげく、「爆弾はまだあります、あなたのすぐそばに」とは、一体何のために誰を脅迫しているのかと問いたくなる。

笑えないコメディ

投稿日

2021/06/12

レビュアー

かかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

とにかく酷いです
脚本もあり得ないくらいに非現実的な穴だらけだし、演出も昭和の時代劇よりも酷いです
脚本家 秦建日子さんの作品は当たり外れが1対9位に圧倒的にハズレが多いのですが、たまに面白いから観てしまいますが、これはダントツのワーストクラス。極悪非道テロを起こした犯人が何故か最後は突然改心、冷静緻密で最新式の次元装置の解除キーが昭和並の数字特殊文字もないそれまで呟き続けた英語単文。それこそ簡単なコードブレーカー使えば秒で解除なのに最新式設備は役に立たないとか昭和通り越して大正?って思ってしまった。
演出の最悪は『テロによる渋谷爆破』。よほどYouTuberが嫌いらしく狙い撃ちで殺戮してる割に何故か爆破に巻き込まれてもかすり傷程度の軽傷で、誰もが身体の欠損も大量流血もありません… ナニコレ珍百景?

1〜 5件 / 全17件