No.114 RANKING

ブレイク・タウン

ブレイク・タウンの画像・ジャケット写真

ブレイク・タウン / ガイ・ピアース
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

6

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ブレイク・タウン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

実力派俳優、ガイ・ピアース主演のポリスアクション。過去に相棒を誤射してしまい心に傷を抱えた元凄腕テキサスレンジャーのジム。第一線を退き小さな町で保安官として静かに暮らしていたが、ある日、凶悪犯・ディアブロ一味が平穏な街を襲撃し…。※一般告知解禁日:1月22日

「ブレイク・タウン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
製作国: アメリカ
原題: Disturbing The Peace

「ブレイク・タウン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

不良探偵ジャック・アイリッシュ 3度目の絶体絶命

トゥー・ブラザーズ

NIKITA/ニキータ <ファイナル・シーズン>

不良探偵ジャック・アイリッシュ 2人の父への鎮魂歌

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

西部劇のスピリットは今なお健在

投稿日:2021/04/29 レビュアー:hinakksk

 日本人が武士道精神に今なお郷愁を抱くように、アメリカ人も西部劇の一匹狼的な戦い方にノスタルジーを感じるのかもしれない。冒頭のテーマ曲も西部劇を彷彿とさせる。時代設定は現代だけれど、町の保安官ジムは、大勢の無法者たちから町を守ろうと、ほぼ独力で敢然と立ち向かう。基本ひとり対ひとりの闘いだから、アクション映画としては地味で、ご都合主義なところも目立つけれど、正義のために寡黙に闘い抜くガイ・ピアースが渋くて格好いい。女性も強く逞しい。

 テキサスの小さな田舎町ホースケイブ、この町の保安官ジム・ディロンは、10年前テキサス・レンジャーだった頃、犯人と錯綜した際に誤って相棒を撃ってしまうという過去がある。それ以来彼は、銃は持たない主義を貫いている。ところが、用意周到に準備した、この町出身のディアブロ率いる悪党一味が町の銀行と現金輸送車を襲撃し、武力で町を制圧してしまう。ジムは保安官補と共に町を守ろうと奮闘し、1人、また1人と、敵を倒していき、ついには再び銃を手にする。

 相手を撃ち殺す場面などはソフトに描写されており、町の住民の犠牲も最小限に抑えられているので、こういう展開にありがちな残酷さのあまりない、スッキリした終り方です。アクションは苦手という方にもお薦めできる映画かな。町の周辺を走る車やオートバイを俯瞰した映像の、広々とした空間にも爽快感を感じます。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

保安官は俺だ。ならず者から町を、俺が守る!!

投稿日:2021/04/08 レビュアー:カマンベール

2020年(アメリカ)主演・ガイ・ピアース。
なかなか渋い味のある映画でした。
小粒ながら満足感はたっぷり。お勧めです。

保安官(ガイ・ピアース)は10年前の不幸な事件から拳銃を封印して、
小さなテキサスの町の保安官をして生きています。
平和で長閑な町に、ある日、ハーレーダビッドソンを連ねたならず者集団が
現れます。
彼らの目的は銀行襲撃とカジノの収益金を集めにくる現金輸送車。
危険をすぐさま察知した保安官と保安官助手は、身を隠し裏手に回りながら、
ならず者から町を守るため知力の限り防戦します。

かなりアナログな雰囲気のする映画で、ガイ・ピアースは最初は銃を所持してませんから、
知り尽くした町の路地を徒歩で回り、ならず者の動きを先回りして攻めて行きます。

やみくもに撃ち合う攻防より、ひとりまたひとりとやっつけて行くガイ・ピアースは
西部劇の賞金稼ぎのようでした。
ならず者のリーダー役のデヴォン・サワも悪役の貫禄たっぷり。

白い馬に乗って追いかけるシーン。
頼りになるカフェの女も花を添えて、
昔気質の保安官の勇気と知恵が冴える、充分に満足する一本でした。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

スローテンポながらドキドキしたけど、ラストが。。。 ネタバレ

投稿日:2021/05/30 レビュアー:飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

まあまあでした。
じっくり、じっくりと町を占拠した悪党たちを
また一人、また一人とやっつけていく様は
西部劇の舞台を彷彿とさせるストーリーで
スローテンポながら、いや敢えてスローテンポだからこそ
ドキドキ、ハラハラとしました。
過去に相棒を自分の拳銃で撃ってしまったトラウマから
保安官でありながらも拳銃を所持しない主人公ジム。
演じるはガイ・ピアース。
すっかり渋い中年のオジサンになったガイですが
立ち姿は美しく、凛とした保安官役にぴったりでした。
冷静沈着に事件に対処するジムをアシストする新人警官が
危うい感じと思ったけど、何も無くてホッとしました。
あと、酒場を切り盛りする牧師の娘が謎に強くてカッコ良かったです。
このタイミングでイチャイチャするんかー?という展開も
西部劇を彷彿とさせます(笑)

ただ、犯人たちの犯行の動機が単なる金目当てで無さそうにみせといて
やっぱり金目当てだったり
威張っていたボスが最後は間抜けでへぼ過ぎて、何じゃこの展開は?
でもって、何で馬なの?
途中までは面白かったのにラストスパートが息切れ気味で
なんか笑っちゃいました。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

けっこう緊張感もあるが気楽に楽しめる

投稿日:2021/04/26 レビュアー:勇光

面白かった。
ガイ・ピアースがすごく健康的で若々しくなっていた。「プロメテウス」や「エイリアン: コヴェナント」では気味悪いほど痩せこけていて死にそうに見えたが、役づくりで痩せただけだったのかも。
この作品では余裕のある表情で平和な小さな町の保安官をしており、突然現れた悪漢たちをひとりづつ着実に討ち果たしていく。
小さな町を舞台にしているので話のスケールは小さいし、さしてヒネリもないし、カネもかかっていないが、小気味よくて痛快な感じがあった。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

時間の無駄でした

投稿日:2021/04/15 レビュアー:スタートレックが好き

主人公の行動、何がしたいのかさっぱりわからん。緊張感皆無。B級にしてももう少し何とかならぬのか
早送り機能フル稼働での拝見。まともには見れない

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全6件

ブレイク・タウン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:6件

西部劇のスピリットは今なお健在

投稿日

2021/04/29

レビュアー

hinakksk

 日本人が武士道精神に今なお郷愁を抱くように、アメリカ人も西部劇の一匹狼的な戦い方にノスタルジーを感じるのかもしれない。冒頭のテーマ曲も西部劇を彷彿とさせる。時代設定は現代だけれど、町の保安官ジムは、大勢の無法者たちから町を守ろうと、ほぼ独力で敢然と立ち向かう。基本ひとり対ひとりの闘いだから、アクション映画としては地味で、ご都合主義なところも目立つけれど、正義のために寡黙に闘い抜くガイ・ピアースが渋くて格好いい。女性も強く逞しい。

 テキサスの小さな田舎町ホースケイブ、この町の保安官ジム・ディロンは、10年前テキサス・レンジャーだった頃、犯人と錯綜した際に誤って相棒を撃ってしまうという過去がある。それ以来彼は、銃は持たない主義を貫いている。ところが、用意周到に準備した、この町出身のディアブロ率いる悪党一味が町の銀行と現金輸送車を襲撃し、武力で町を制圧してしまう。ジムは保安官補と共に町を守ろうと奮闘し、1人、また1人と、敵を倒していき、ついには再び銃を手にする。

 相手を撃ち殺す場面などはソフトに描写されており、町の住民の犠牲も最小限に抑えられているので、こういう展開にありがちな残酷さのあまりない、スッキリした終り方です。アクションは苦手という方にもお薦めできる映画かな。町の周辺を走る車やオートバイを俯瞰した映像の、広々とした空間にも爽快感を感じます。

保安官は俺だ。ならず者から町を、俺が守る!!

投稿日

2021/04/08

レビュアー

カマンベール

2020年(アメリカ)主演・ガイ・ピアース。
なかなか渋い味のある映画でした。
小粒ながら満足感はたっぷり。お勧めです。

保安官(ガイ・ピアース)は10年前の不幸な事件から拳銃を封印して、
小さなテキサスの町の保安官をして生きています。
平和で長閑な町に、ある日、ハーレーダビッドソンを連ねたならず者集団が
現れます。
彼らの目的は銀行襲撃とカジノの収益金を集めにくる現金輸送車。
危険をすぐさま察知した保安官と保安官助手は、身を隠し裏手に回りながら、
ならず者から町を守るため知力の限り防戦します。

かなりアナログな雰囲気のする映画で、ガイ・ピアースは最初は銃を所持してませんから、
知り尽くした町の路地を徒歩で回り、ならず者の動きを先回りして攻めて行きます。

やみくもに撃ち合う攻防より、ひとりまたひとりとやっつけて行くガイ・ピアースは
西部劇の賞金稼ぎのようでした。
ならず者のリーダー役のデヴォン・サワも悪役の貫禄たっぷり。

白い馬に乗って追いかけるシーン。
頼りになるカフェの女も花を添えて、
昔気質の保安官の勇気と知恵が冴える、充分に満足する一本でした。

スローテンポながらドキドキしたけど、ラストが。。。

投稿日

2021/05/30

レビュアー

飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

まあまあでした。
じっくり、じっくりと町を占拠した悪党たちを
また一人、また一人とやっつけていく様は
西部劇の舞台を彷彿とさせるストーリーで
スローテンポながら、いや敢えてスローテンポだからこそ
ドキドキ、ハラハラとしました。
過去に相棒を自分の拳銃で撃ってしまったトラウマから
保安官でありながらも拳銃を所持しない主人公ジム。
演じるはガイ・ピアース。
すっかり渋い中年のオジサンになったガイですが
立ち姿は美しく、凛とした保安官役にぴったりでした。
冷静沈着に事件に対処するジムをアシストする新人警官が
危うい感じと思ったけど、何も無くてホッとしました。
あと、酒場を切り盛りする牧師の娘が謎に強くてカッコ良かったです。
このタイミングでイチャイチャするんかー?という展開も
西部劇を彷彿とさせます(笑)

ただ、犯人たちの犯行の動機が単なる金目当てで無さそうにみせといて
やっぱり金目当てだったり
威張っていたボスが最後は間抜けでへぼ過ぎて、何じゃこの展開は?
でもって、何で馬なの?
途中までは面白かったのにラストスパートが息切れ気味で
なんか笑っちゃいました。

けっこう緊張感もあるが気楽に楽しめる

投稿日

2021/04/26

レビュアー

勇光

面白かった。
ガイ・ピアースがすごく健康的で若々しくなっていた。「プロメテウス」や「エイリアン: コヴェナント」では気味悪いほど痩せこけていて死にそうに見えたが、役づくりで痩せただけだったのかも。
この作品では余裕のある表情で平和な小さな町の保安官をしており、突然現れた悪漢たちをひとりづつ着実に討ち果たしていく。
小さな町を舞台にしているので話のスケールは小さいし、さしてヒネリもないし、カネもかかっていないが、小気味よくて痛快な感じがあった。

時間の無駄でした

投稿日

2021/04/15

レビュアー

スタートレックが好き

主人公の行動、何がしたいのかさっぱりわからん。緊張感皆無。B級にしてももう少し何とかならぬのか
早送り機能フル稼働での拝見。まともには見れない

1〜 5件 / 全6件