No.32 RANKING

弱虫ペダル

弱虫ペダルの画像・ジャケット写真

弱虫ペダル / 伊藤健太郎
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「弱虫ペダル」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

渡辺航の大人気コミックスをKing & Princeの永瀬廉主演で実写映画化した青春スポーツ・ムービー。アニメが大好きなオタク高校生が、ひょんなことからチームで戦う自転車ロードレースと出会い、仲間と走る楽しさに目覚め、チームメイトやライバルたちと切磋琢磨しながら友情を育みレーサーとしても成長していく熱き青春を描く。共演は伊藤健太郎、橋本環奈。監督は「旅猫リポート」の三木康一郎。総北高校の新入生・小野田坂道は筋金入りのオタク少年で、長年自宅のある千葉から秋葉原まで往復90km以上もある道のりをママチャリで通い続けていた。高校では、アニメ研究部へ入部するつもりが、休部と知り途方に暮れる。そんな時、彼の自転車の能力に気づいた同級生の今泉俊輔にレース勝負を挑まれ、初めて自転車で走ることに楽しさを見出す坂道だったが…。 JAN:4988105978935

「弱虫ペダル」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
製作国: 日本

「弱虫ペダル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 板谷里乃
原作: 渡辺航渡辺航
音楽: 横山克

関連作品

関連作品

ハルチカ

獄門島

帰ってきた 獣電戦隊キョウリュウジャー 100 YEARS AFTER

天魔さんがゆく

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

がむしゃらに!みんなのために!

投稿日:2021/04/11 レビュアー:kazupon

監督:三木康一郎(2020年・日本・112分)
原作:渡辺航の漫画『弱虫ペダル』

千葉県立総北高等学校の新入生・小野田坂道(永瀬簾)が、自転車競技と出会って成長していく物語。

小野田坂道には、友達がいない。だから、高校生になったらアニメ研究部に入って、そこで友達を作るんだ!って決めていた。
しかし、部員数減少のためアニ研は休部中。顧問に復活を掛け合うと「部員を5名集めて来い。」と・・・

そんな時、今泉俊輔(伊藤健太郎)が、坂道に声を掛けて来た。
学校裏のかなり斜度のキツイ坂を、坂道がママチャリで余裕で登って行くのが、今泉には驚きであり脅威に感じたのだ。
今泉は、自分と自転車レースをして坂道が勝ったらアニ研に入ってもいいと言う。
坂道の実力に真っ先に気付いたのは、自転車競技部のマネージャー、寒咲 幹(橋本環奈)だった。実家も自転車販売店で、何かと都合のよい設定。(笑)
結局、競技の技術を持たない坂道は勝負に敗れるのだけれど、誰かと一緒に走ることがすごく楽しいと感じた。
坂道のクライマーとしての素質は、自転車で秋葉原まで(距離にして往復90qはある)を小学生の頃から毎週通い続けていたことが、自然に鍛錬になっていたらしい。

見どころは、インターハイ出場の権利を勝ち取るためのロードレース。
坂道も5人のメンバーの1人に選ばれた。坂道の役割は、クライマーとして今泉を先導し、山を取らせることだった。
レースの模様は、百聞は一見に如かず。(つまり、自分で確かめて。)
坂道は兎に角、ひたすらペダルを踏む。ただ、がむしゃらにペダルの回転数を上げて行く。
決して孤独な闘いではない。仲間それぞれに役割があって、誰かがダメになりそうなら、別の者が助ける。
坂道は、初めて自分の役割を任せられて、自分がみんなのために頑張れることを知り、自分の居場所を見つけたと思った。
どんどんピッチを上げる坂道の頑張り、ああああぁぁぁ〜!!!と張り上げる声に、不覚にも泣きそうになった。
たまには、こんな青春スポ根ものは如何でしょう?

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

爽やか王道の青春スポ根もの!!

投稿日:2021/03/11 レビュアー:カマンベール


小野田坂道がママチャリ(はじめだけねッ)で坂道、走る走る!
永瀬兼(キンプリ)くんの両足の高速回転に、驚く!見惚れる!あきれる!!
(相当に練習を積んだんだろねー)

渡辺航の現在71巻続く発行部数2500万部超えのコミックスが原作です。
運動が苦手で友達のいないアニメ好きの高校1年生・小野田坂道。
今泉俊輔(伊藤健太郎)の坂道競走の挑戦を受けたことから、総北高校自転車競技部に入部、初めて仲間と挑戦する喜びや、自分の限界を超えて頑張る意味に、
目覚めて行く。
「黒髪&オン眉&丸眼鏡」=永瀬兼くんが小野田坂道にどハマりです。
素直で誠実キャラはオバサンから見ても好ましい青年で、ほんとにいい子100%!!
素直は伸びるからねー!
この映画、多分膨大な原作漫画のほんのはじめの一部分だと思います。
中体連の予選選考会までだもん。

イヤぁ、オリンピックの競輪選手みたいな走りだったス!!
予選でも山坂・海岸見下ろすコースで風光明媚で良かった!
この映画、脇道が少ない映画でスッキリして良かった。
女の子とイチャイチャとか、不良がスゴむ・・とかイジメとか一切ないので、
すっごい気持ちイイ。
勝負の駆け引きはあったね。
《与えられた役割を果たす》
坂道は必死に頑張ったね、タスキを次に渡す役だね!
爽やかキャラの伊藤健太郎が轢き逃げする・・・なんてアクシデントもあったけど、
禊ぎはまだかよ、健太郎!!早く帰ってこいよ!!
(実はオバサン、坂道くんが、なんでひとりぼっちだったのか?知りたかったな!)
この展開、続編は絶対にありそうですね!!

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

青春スポーツものですが、

投稿日:2021/03/14 レビュアー:NA1

内容としては面白いんですが、ちょっと展開が急すぎる。
アニメ好きで未経験の少年が自転車部に入って優勝する。
もう少し端折らないでストーリーを組み立ててほしかった。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

楽しい、走るのって楽しい、みんなのために走るんだ

投稿日:2021/05/06 レビュアー:hinakksk

 キャラクターは大事と、再認識させられたドラマ。よくあるスポーツ青春ドラマだけれど、主人公がユニークでとても魅力的。誰もが注目する格好いいスター選手ではなくて、磨けば光るかもしれない原石のような、まだまだ発展途上の主人公、小野田坂道くん。無垢で、素直で、誠実で、一生懸命な小野田君。ライバル校はちょっぴりヒール気味だけれど、周りもいい人ばかりで、とても爽やか。

 競技スポーツだからもちろん必死に練習するんだけど、努力や頑張りを強調し過ぎていない。自転車で走ることの楽しさや爽快さ、仲間がいて協力しあうことの心強さや勇気を描いている。迫真のロードレースを演じた若手俳優たちは、このためにどれほど練習したのだろう。そのことにも拍手を送りたい。

 インターハイ常連の強豪校の自転車競技部が舞台。主人公が高校に入学してから、1年生ながら抜擢されてインターハイ予選の県大会に出場し、チームの一員として活躍するまでが描かれている。友達のいない小野田君は、アニメ研究部に入り、大好きなアニメを通して友達を作ろうと固く心に決めている。ところがアニ研は、部員不足で休会中。困惑していると、自転車(ママチャリ)による長年の往復90キロの秋葉原通いで培われたペダルをこぐ力を見込まれて、自転車競技部に誘われる。

 半信半疑で入部するも、念願の友達はできるし、何よりも自転車で走るのが楽しい。そして、仲間と切磋琢磨したり、助け合ったりすることの楽しさも知る。「今泉君と出会って、自転車に出会って、たくさんの人に助けられて、ここにいる。力になりたい、みんなの役に立ちたい、だからここにいる」と、小野田君は言う。テクニックやレースでの駆け引きはまだまだでも、小学校4年のときから毎週90キロを走っていたという自力が彼にはある。はたして彼は大切な県大会で自分に託されたチームの役割を全うできるでしょうか?

 仲間と協力するというチームの絆だけではなく、自然のなかを駆け抜ける自転車競技そのものの楽しさや面白さが強調されていて、とても好感のもてる、気分爽快なドラマです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

投稿日:2021/04/17 レビュアー:ネットレンタル愛好者

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全7件

弱虫ペダル

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

がむしゃらに!みんなのために!

投稿日

2021/04/11

レビュアー

kazupon

監督:三木康一郎(2020年・日本・112分)
原作:渡辺航の漫画『弱虫ペダル』

千葉県立総北高等学校の新入生・小野田坂道(永瀬簾)が、自転車競技と出会って成長していく物語。

小野田坂道には、友達がいない。だから、高校生になったらアニメ研究部に入って、そこで友達を作るんだ!って決めていた。
しかし、部員数減少のためアニ研は休部中。顧問に復活を掛け合うと「部員を5名集めて来い。」と・・・

そんな時、今泉俊輔(伊藤健太郎)が、坂道に声を掛けて来た。
学校裏のかなり斜度のキツイ坂を、坂道がママチャリで余裕で登って行くのが、今泉には驚きであり脅威に感じたのだ。
今泉は、自分と自転車レースをして坂道が勝ったらアニ研に入ってもいいと言う。
坂道の実力に真っ先に気付いたのは、自転車競技部のマネージャー、寒咲 幹(橋本環奈)だった。実家も自転車販売店で、何かと都合のよい設定。(笑)
結局、競技の技術を持たない坂道は勝負に敗れるのだけれど、誰かと一緒に走ることがすごく楽しいと感じた。
坂道のクライマーとしての素質は、自転車で秋葉原まで(距離にして往復90qはある)を小学生の頃から毎週通い続けていたことが、自然に鍛錬になっていたらしい。

見どころは、インターハイ出場の権利を勝ち取るためのロードレース。
坂道も5人のメンバーの1人に選ばれた。坂道の役割は、クライマーとして今泉を先導し、山を取らせることだった。
レースの模様は、百聞は一見に如かず。(つまり、自分で確かめて。)
坂道は兎に角、ひたすらペダルを踏む。ただ、がむしゃらにペダルの回転数を上げて行く。
決して孤独な闘いではない。仲間それぞれに役割があって、誰かがダメになりそうなら、別の者が助ける。
坂道は、初めて自分の役割を任せられて、自分がみんなのために頑張れることを知り、自分の居場所を見つけたと思った。
どんどんピッチを上げる坂道の頑張り、ああああぁぁぁ〜!!!と張り上げる声に、不覚にも泣きそうになった。
たまには、こんな青春スポ根ものは如何でしょう?

爽やか王道の青春スポ根もの!!

投稿日

2021/03/11

レビュアー

カマンベール


小野田坂道がママチャリ(はじめだけねッ)で坂道、走る走る!
永瀬兼(キンプリ)くんの両足の高速回転に、驚く!見惚れる!あきれる!!
(相当に練習を積んだんだろねー)

渡辺航の現在71巻続く発行部数2500万部超えのコミックスが原作です。
運動が苦手で友達のいないアニメ好きの高校1年生・小野田坂道。
今泉俊輔(伊藤健太郎)の坂道競走の挑戦を受けたことから、総北高校自転車競技部に入部、初めて仲間と挑戦する喜びや、自分の限界を超えて頑張る意味に、
目覚めて行く。
「黒髪&オン眉&丸眼鏡」=永瀬兼くんが小野田坂道にどハマりです。
素直で誠実キャラはオバサンから見ても好ましい青年で、ほんとにいい子100%!!
素直は伸びるからねー!
この映画、多分膨大な原作漫画のほんのはじめの一部分だと思います。
中体連の予選選考会までだもん。

イヤぁ、オリンピックの競輪選手みたいな走りだったス!!
予選でも山坂・海岸見下ろすコースで風光明媚で良かった!
この映画、脇道が少ない映画でスッキリして良かった。
女の子とイチャイチャとか、不良がスゴむ・・とかイジメとか一切ないので、
すっごい気持ちイイ。
勝負の駆け引きはあったね。
《与えられた役割を果たす》
坂道は必死に頑張ったね、タスキを次に渡す役だね!
爽やかキャラの伊藤健太郎が轢き逃げする・・・なんてアクシデントもあったけど、
禊ぎはまだかよ、健太郎!!早く帰ってこいよ!!
(実はオバサン、坂道くんが、なんでひとりぼっちだったのか?知りたかったな!)
この展開、続編は絶対にありそうですね!!

青春スポーツものですが、

投稿日

2021/03/14

レビュアー

NA1

内容としては面白いんですが、ちょっと展開が急すぎる。
アニメ好きで未経験の少年が自転車部に入って優勝する。
もう少し端折らないでストーリーを組み立ててほしかった。

楽しい、走るのって楽しい、みんなのために走るんだ

投稿日

2021/05/06

レビュアー

hinakksk

 キャラクターは大事と、再認識させられたドラマ。よくあるスポーツ青春ドラマだけれど、主人公がユニークでとても魅力的。誰もが注目する格好いいスター選手ではなくて、磨けば光るかもしれない原石のような、まだまだ発展途上の主人公、小野田坂道くん。無垢で、素直で、誠実で、一生懸命な小野田君。ライバル校はちょっぴりヒール気味だけれど、周りもいい人ばかりで、とても爽やか。

 競技スポーツだからもちろん必死に練習するんだけど、努力や頑張りを強調し過ぎていない。自転車で走ることの楽しさや爽快さ、仲間がいて協力しあうことの心強さや勇気を描いている。迫真のロードレースを演じた若手俳優たちは、このためにどれほど練習したのだろう。そのことにも拍手を送りたい。

 インターハイ常連の強豪校の自転車競技部が舞台。主人公が高校に入学してから、1年生ながら抜擢されてインターハイ予選の県大会に出場し、チームの一員として活躍するまでが描かれている。友達のいない小野田君は、アニメ研究部に入り、大好きなアニメを通して友達を作ろうと固く心に決めている。ところがアニ研は、部員不足で休会中。困惑していると、自転車(ママチャリ)による長年の往復90キロの秋葉原通いで培われたペダルをこぐ力を見込まれて、自転車競技部に誘われる。

 半信半疑で入部するも、念願の友達はできるし、何よりも自転車で走るのが楽しい。そして、仲間と切磋琢磨したり、助け合ったりすることの楽しさも知る。「今泉君と出会って、自転車に出会って、たくさんの人に助けられて、ここにいる。力になりたい、みんなの役に立ちたい、だからここにいる」と、小野田君は言う。テクニックやレースでの駆け引きはまだまだでも、小学校4年のときから毎週90キロを走っていたという自力が彼にはある。はたして彼は大切な県大会で自分に託されたチームの役割を全うできるでしょうか?

 仲間と協力するというチームの絆だけではなく、自然のなかを駆け抜ける自転車競技そのものの楽しさや面白さが強調されていて、とても好感のもてる、気分爽快なドラマです。

投稿日

2021/04/17

レビュアー

ネットレンタル愛好者

1〜 5件 / 全7件