No.7 RANKING

ボルケーノ・パーク

ボルケーノ・パークの画像・ジャケット写真

ボルケーノ・パーク / ワン・シュエチー
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ボルケーノ・パーク」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「トゥームレイダー」「エクスペンダブルズ2」のサイモン・ウェスト監督が中国で撮り上げたパニック・アクション。世界初の火山テーマ・パークを舞台に、突如発生した噴火によって大災害が引き起こされるさまを描く。主演は「孫文の義士団」のワン・シュエチーと「スカイスクレイパー」のハンナ・クィンリヴァン。“天火島”と呼ばれる火山の島で調査を行っていた火山学者のタオは、突然の噴火に遭遇し、妻が犠牲になってしまう。20年後、タオが危険性を訴える中、天火島では実業家ハリスによって世界初の火山テーマ・パークの建設が進められていた。母の遺志を継いで火山学者となったタオの娘シャオモンは、そんなハリスのもとで働いていた。そして、いよいよオープンが迫る中、マグマの不穏な動きが観測され、ハリスにパークの閉鎖を訴えるシャオモンだったが…。 JAN:4532612146846

「ボルケーノ・パーク」 の作品情報

作品情報

製作年: 2019年
製作国: 中国
原題: 天火/SKYFIRE

「ボルケーノ・パーク」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

大明皇妃 −Empress of the Ming−

コン・エアー

ブラックホーク・ダウン

十年三月三十日〜その愛、時をこえて〜

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

中国と名がつくと、途端に嘘臭くチープになる!

投稿日:2021/02/24 レビュアー:カマンベール


2019年中国)
活火山の上に建つ世界初の火山テーマパーク。
それが「天火山リゾート」です。

自然を甘く見ていると、ガッツリヤラレル展開。
前の噴火から20年目に、リゾート客5万人が大噴火に巻き込まれるストーリー。
もう、恐竜抜きの『ジェラシック・パーク』そのものです。
パクリ大国の名の通り、今回のランドクルーザーのアクションは『ワイルドスピード』
のパクリ。
ランドクルーザーがバック走行で、崖から崖へ飛び移りますよ!
バックで・・ってのは中国オリジナルかも!
崖っぷちに引っ掛かる展開は『ワイルドスピード』
(どんな映画でもあるね、笑)
ともかくこの車・驚くほど頑丈だわ!
火山の火の玉が直撃しても、崖を落下しても、ぺちゃんこにならないし、乗ってる人間も、かすり傷ひとつ負わない!
並走するモノレールからモノレールへ人が飛び移るシーンとかは、なかなかハラハラします。  
ついでに言うと、『アナ雪2』のラストのアイデアも頂いてます。
(ご覧になって確かめて下さい)

取ってつけたような「愛の告白・・指輪プレゼントシーン」とか、
そこに流れるBGMには小っ恥ずかしくなった、赤面した。
(20年遅れてます、音楽が)
一番気になったのは距離感覚。
車から降りた2人が歩いていける所の村にお爺ちゃんの家があったり、
広大なそれこそ山が2つも3つもあるのに、火山研究施設やダムにまでが側近で、直ぐに行けるところが、どう考えても不思議。
火砕流より車や人間の方が速いとは到底思えない。
ハンナ・グィンソヴァンがヒロインなんだけど、無鉄砲で凄かったですよ。
摂氏1000度のボーリングした穴に、耐熱特殊スーツひとつで入って行く。
女・ドウェイン・ジョンソンだーーー!!

頭を空っぽにして観るには、もってこいです。
ヘンテコだけど、そこそこハラハラして面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

ボルケーノ・パーク

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

中国と名がつくと、途端に嘘臭くチープになる!

投稿日

2021/02/24

レビュアー

カマンベール


2019年中国)
活火山の上に建つ世界初の火山テーマパーク。
それが「天火山リゾート」です。

自然を甘く見ていると、ガッツリヤラレル展開。
前の噴火から20年目に、リゾート客5万人が大噴火に巻き込まれるストーリー。
もう、恐竜抜きの『ジェラシック・パーク』そのものです。
パクリ大国の名の通り、今回のランドクルーザーのアクションは『ワイルドスピード』
のパクリ。
ランドクルーザーがバック走行で、崖から崖へ飛び移りますよ!
バックで・・ってのは中国オリジナルかも!
崖っぷちに引っ掛かる展開は『ワイルドスピード』
(どんな映画でもあるね、笑)
ともかくこの車・驚くほど頑丈だわ!
火山の火の玉が直撃しても、崖を落下しても、ぺちゃんこにならないし、乗ってる人間も、かすり傷ひとつ負わない!
並走するモノレールからモノレールへ人が飛び移るシーンとかは、なかなかハラハラします。  
ついでに言うと、『アナ雪2』のラストのアイデアも頂いてます。
(ご覧になって確かめて下さい)

取ってつけたような「愛の告白・・指輪プレゼントシーン」とか、
そこに流れるBGMには小っ恥ずかしくなった、赤面した。
(20年遅れてます、音楽が)
一番気になったのは距離感覚。
車から降りた2人が歩いていける所の村にお爺ちゃんの家があったり、
広大なそれこそ山が2つも3つもあるのに、火山研究施設やダムにまでが側近で、直ぐに行けるところが、どう考えても不思議。
火砕流より車や人間の方が速いとは到底思えない。
ハンナ・グィンソヴァンがヒロインなんだけど、無鉄砲で凄かったですよ。
摂氏1000度のボーリングした穴に、耐熱特殊スーツひとつで入って行く。
女・ドウェイン・ジョンソンだーーー!!

頭を空っぽにして観るには、もってこいです。
ヘンテコだけど、そこそこハラハラして面白かったです。

1〜 1件 / 全1件