No.57 RANKING

バクラウ 地図から消された村

バクラウ 地図から消された村の画像・ジャケット写真

バクラウ 地図から消された村 / ソニア・ブラガ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

10

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「バクラウ 地図から消された村」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

ブラジルの片田舎の村で巻き起こる不可解な現象と惨劇を描いたバイオレンススリラー。村の長老の死を機に故郷の村・バクラウに戻ったテレサ。するとその日から、村で不可解な出来事が次々と起こり始め、さらには村外れで村人の惨殺死体が発見される。※R15+※一般告知解禁日:2月15日

「バクラウ 地図から消された村」 の作品情報

作品情報

製作年: 2019年
製作国: ブラジル/フランス
原題: BACURAU

「バクラウ 地図から消された村」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ブラッドレイン

エース・ベンチュラ

PERFUME パフューム

バラ色の選択

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

ラストが痛快→だから見てチョッ!!

投稿日:2021/03/07 レビュアー:カマンベール


2019年(ブラジル・フランス合作)クレベール・メンドンサ・フィリオ監督。
カンヌ国際映画祭の審査員特別賞受賞。
一風変わった映画で面白かったです。
《村民・ウェスタン》って言うか、
《ブラジル版・ハードボイルド》てか?

バクラウ村の長老・カルメリータが亡くなった事をキッカケに村に異変が起こる。
村人、バンバン殺されますー、
給水車に銃弾撃ち込まれますうー、
インターネットの地図から村がけされて、
村の上空には円盤だか?ドローンだか不明な物体が飛びますうー、
この映画、深く考えちゃダメぽん。
えーっ、バクラウ村が地図から消された???
電源喪失???
ネットか使えん???
どうしたん?何があったん?
いちいち理論的に説明なんかありゃしないさ!!

マカロニウェスタンみたいな軽快な音楽に合わせて、バクラウ村人の、
味のある御面相を楽しみましょう。
やたらデブのオッちゃんオバちゃん、爺ちゃんのフルヌードとか見れます。
およそありがたくないけど、土着さ、土着!!

ならず者たちが村人を襲う目的はラストで知れます。
展開が遅い・・とか、文句言ったら、この映画成立しないさ!
ならず者軍団のボスのウド・キア(知らん?目玉のギョロっとした男、見ればホレ、すぐ分かる)
ウド・キア、いやあー目立っとったわ!!
不条理劇ですなー。
ラストは、ホンマ、スカッとする。
ユーモアたっぷり!
(ところで、あの薬、ナンね?)
お楽しみにー!!

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

バクラウ歴史博物館の見学には、心構えが必要!

投稿日:2021/04/27 レビュアー:コタロウ(!)

ブラジルの小さな村バクラウでは、老女カルメリータの葬儀が行われていた。
都市部から帰郷した彼女の孫テレサも葬儀に参列し、家族と再会する。
それから間もなく、教師をしているテレサの父は、ネットを使った地理の授業中、
バクラウが地図から消えていることに気づく…

バクラウへの給水を断つ悪徳市長トニー、村の近辺に潜む賞金首の男ルンガ、
バクラウ襲撃計画を練るアメリカ人集団も絡み、なかなか面白い。
貧しいながらも平穏な村(娼婦やDJの存在もあって特異だが)の日常が、
血生臭いものになっていく。
終盤は、流血のアクション劇となっていた。
ぷら〜んぷらんした血まみれの指、全裸の老いたカップルの活躍は忘れ難い…

バクラウは、ブラジルのペルサンブーコ州にあると言う設定。
この州は、かつて黒人奴隷を使役したサトウキビ栽培で隆盛したが、
現在は経済活動が停滞しており、中央政府からの支援も少ないそうだ。
反乱の歴史も持ち、黒人人口比率が高い州でもあるとのこと。
物資不足で貧しいバクラウ村、トニー市長の専横、人種差別発言などは、
ベルサンブーコの実情を踏まえた設定なのかもしれない。違うかw

亡きカルメリータと関係の深そうな女性医師ドミンガスが好き。
激高したり、知的だったり…
血染めの白衣をまとったドミンガスは、襲撃者に対して一切の怯えを見せず、
とても頼もしかった。
同性の恋人を抱擁する姿からは、愛情が伝わってきた。

村人が飲んでいる謎の錠剤について「もっと詳しくw」と思うし、
何百万人もが使用しているという依存性のある鎮痛薬ブラソル4も気になる。
しかし、そんなあれこれを置いておいても楽しめた。
謎めいたバクラウ村…
バクラウ歴史博物館を見学するには、心構えが必要だ!

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

かなりシュールなとんでもない映画

投稿日:2021/03/08 レビュアー:飛べない魔女

架空の村・バクラウ。
長老の女性が死んで、お葬式のためにテレサが村に戻ったところから
この物語は始まる。
てっきり彼女が主役なのかと思ったらそういうことではなかった。
主役は特にいない。
敢えていうなら、主役は村人全員だろう。

UFOのようなドローンが上空を飛ぶ。
グーグルマップで村を検索すると村が消えていてみつからない。
水の給水車には銃弾が打ち込まれ
派手な服を 着た二人組のバイク乗りが村にやってくる。
これから何が起こるのか、不穏な空気に見ているこちら側も緊張する。
謎の裸族の夫婦と裸族の爺さん
何故彼らは服を着ないのだ?
ボカシも入れられずにぶらぶらとするイチモツには唖然(笑)
意味不明な描写と説明不足もあり、理解に苦しむところもあるが
ブラジルの抱える問題を見た気がする。
持てる者とそうでないものの格差と対立。
でもこの村人の団結は半端なく凄かった。

面白いのか、面白くないのか、ちょっと良くわからない微妙な感覚にはなるが
一見の価値はあると思う。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

不思議な作品でした。 ネタバレ

投稿日:2021/04/30 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

バクラウという村の説明がちゃんと書き込まれていなかったのが少し残念でした。
どういう村なのかどうゆう人々がそこに住んでいるのか、もっと説明があると良かったのですが・・・

人の生活距離が近い村で、生から死が滅茶苦茶身近。
隣の家でオープンに〇ックスしていたりします。
昔の日本もそうだったのでしょうか?
スマホもある現代、そうした昔ながらの暮らしを好んでする人々。
不思議でした。

そして、なぜかバクラウを狙う謎の集団の登場。
ゲーム感覚で老若男女関係なくサクサクと殺していきます。
UFOみたいなドローンを使ったり、高度な電波妨害装置をもっていたりして、地図アプリから村を消すとか、なんかすごい目的があるように描かれている謎の集団ですが、本作における設定不足が目立ちました。
この辺も分かりやすくするともっと良くなったと思います。

何となく脛に傷を持つ人たちが、戦って勝ち取った村なのかなと私的には推測しています。

そして、村人が立ち上がります。

決してテンポの良い作品ではありませんし、老若男女の裸も出たり頭バーンとか表現も結構キツイ・・・
まあリアルに近いのでしょう。

作り方次第ではもっともっと面白くなった作品だと思いました。
惜しい作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

叛逆のメロディ

投稿日:2021/03/17 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0


すっかり土地の大資本による略奪のドキュメンタリーだと思って
いたら 内容はそんなものだが アプローチが全然違うな娯楽映画
一気見の面白さで 面食らった 予告編とレヴューは見ない事

カルメリータなる女呪術師の死から始まる 先が読めない展開の
ミステリー調が上手い ポイント羅列 女性に多く焦点があり 水の
民有化 これ日本はやっちゃ駄目だよん ドローン 馬 バイク そして
銃器フェチなヴィンテッジヴァイオレンス 着弾の美学wウドキアw
チンx丸見えぷらぷら夫婦w

何も知らず見て めっちゃ面白かったにゃあ バクラウ歴史博物館を
でかくしての流血の大クライマックスになっていたなら完璧か
伝統的反乱者の土根性は 今後のグローバル資本との戦いに勇気付け
られますのよワン

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全10件

バクラウ 地図から消された村

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:10件

ラストが痛快→だから見てチョッ!!

投稿日

2021/03/07

レビュアー

カマンベール


2019年(ブラジル・フランス合作)クレベール・メンドンサ・フィリオ監督。
カンヌ国際映画祭の審査員特別賞受賞。
一風変わった映画で面白かったです。
《村民・ウェスタン》って言うか、
《ブラジル版・ハードボイルド》てか?

バクラウ村の長老・カルメリータが亡くなった事をキッカケに村に異変が起こる。
村人、バンバン殺されますー、
給水車に銃弾撃ち込まれますうー、
インターネットの地図から村がけされて、
村の上空には円盤だか?ドローンだか不明な物体が飛びますうー、
この映画、深く考えちゃダメぽん。
えーっ、バクラウ村が地図から消された???
電源喪失???
ネットか使えん???
どうしたん?何があったん?
いちいち理論的に説明なんかありゃしないさ!!

マカロニウェスタンみたいな軽快な音楽に合わせて、バクラウ村人の、
味のある御面相を楽しみましょう。
やたらデブのオッちゃんオバちゃん、爺ちゃんのフルヌードとか見れます。
およそありがたくないけど、土着さ、土着!!

ならず者たちが村人を襲う目的はラストで知れます。
展開が遅い・・とか、文句言ったら、この映画成立しないさ!
ならず者軍団のボスのウド・キア(知らん?目玉のギョロっとした男、見ればホレ、すぐ分かる)
ウド・キア、いやあー目立っとったわ!!
不条理劇ですなー。
ラストは、ホンマ、スカッとする。
ユーモアたっぷり!
(ところで、あの薬、ナンね?)
お楽しみにー!!

バクラウ歴史博物館の見学には、心構えが必要!

投稿日

2021/04/27

レビュアー

コタロウ(!)

ブラジルの小さな村バクラウでは、老女カルメリータの葬儀が行われていた。
都市部から帰郷した彼女の孫テレサも葬儀に参列し、家族と再会する。
それから間もなく、教師をしているテレサの父は、ネットを使った地理の授業中、
バクラウが地図から消えていることに気づく…

バクラウへの給水を断つ悪徳市長トニー、村の近辺に潜む賞金首の男ルンガ、
バクラウ襲撃計画を練るアメリカ人集団も絡み、なかなか面白い。
貧しいながらも平穏な村(娼婦やDJの存在もあって特異だが)の日常が、
血生臭いものになっていく。
終盤は、流血のアクション劇となっていた。
ぷら〜んぷらんした血まみれの指、全裸の老いたカップルの活躍は忘れ難い…

バクラウは、ブラジルのペルサンブーコ州にあると言う設定。
この州は、かつて黒人奴隷を使役したサトウキビ栽培で隆盛したが、
現在は経済活動が停滞しており、中央政府からの支援も少ないそうだ。
反乱の歴史も持ち、黒人人口比率が高い州でもあるとのこと。
物資不足で貧しいバクラウ村、トニー市長の専横、人種差別発言などは、
ベルサンブーコの実情を踏まえた設定なのかもしれない。違うかw

亡きカルメリータと関係の深そうな女性医師ドミンガスが好き。
激高したり、知的だったり…
血染めの白衣をまとったドミンガスは、襲撃者に対して一切の怯えを見せず、
とても頼もしかった。
同性の恋人を抱擁する姿からは、愛情が伝わってきた。

村人が飲んでいる謎の錠剤について「もっと詳しくw」と思うし、
何百万人もが使用しているという依存性のある鎮痛薬ブラソル4も気になる。
しかし、そんなあれこれを置いておいても楽しめた。
謎めいたバクラウ村…
バクラウ歴史博物館を見学するには、心構えが必要だ!

かなりシュールなとんでもない映画

投稿日

2021/03/08

レビュアー

飛べない魔女

架空の村・バクラウ。
長老の女性が死んで、お葬式のためにテレサが村に戻ったところから
この物語は始まる。
てっきり彼女が主役なのかと思ったらそういうことではなかった。
主役は特にいない。
敢えていうなら、主役は村人全員だろう。

UFOのようなドローンが上空を飛ぶ。
グーグルマップで村を検索すると村が消えていてみつからない。
水の給水車には銃弾が打ち込まれ
派手な服を 着た二人組のバイク乗りが村にやってくる。
これから何が起こるのか、不穏な空気に見ているこちら側も緊張する。
謎の裸族の夫婦と裸族の爺さん
何故彼らは服を着ないのだ?
ボカシも入れられずにぶらぶらとするイチモツには唖然(笑)
意味不明な描写と説明不足もあり、理解に苦しむところもあるが
ブラジルの抱える問題を見た気がする。
持てる者とそうでないものの格差と対立。
でもこの村人の団結は半端なく凄かった。

面白いのか、面白くないのか、ちょっと良くわからない微妙な感覚にはなるが
一見の価値はあると思う。

不思議な作品でした。

投稿日

2021/04/30

レビュアー

静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

バクラウという村の説明がちゃんと書き込まれていなかったのが少し残念でした。
どういう村なのかどうゆう人々がそこに住んでいるのか、もっと説明があると良かったのですが・・・

人の生活距離が近い村で、生から死が滅茶苦茶身近。
隣の家でオープンに〇ックスしていたりします。
昔の日本もそうだったのでしょうか?
スマホもある現代、そうした昔ながらの暮らしを好んでする人々。
不思議でした。

そして、なぜかバクラウを狙う謎の集団の登場。
ゲーム感覚で老若男女関係なくサクサクと殺していきます。
UFOみたいなドローンを使ったり、高度な電波妨害装置をもっていたりして、地図アプリから村を消すとか、なんかすごい目的があるように描かれている謎の集団ですが、本作における設定不足が目立ちました。
この辺も分かりやすくするともっと良くなったと思います。

何となく脛に傷を持つ人たちが、戦って勝ち取った村なのかなと私的には推測しています。

そして、村人が立ち上がります。

決してテンポの良い作品ではありませんし、老若男女の裸も出たり頭バーンとか表現も結構キツイ・・・
まあリアルに近いのでしょう。

作り方次第ではもっともっと面白くなった作品だと思いました。
惜しい作品でした。

叛逆のメロディ

投稿日

2021/03/17

レビュアー

裸足のラヴァース 2.0


すっかり土地の大資本による略奪のドキュメンタリーだと思って
いたら 内容はそんなものだが アプローチが全然違うな娯楽映画
一気見の面白さで 面食らった 予告編とレヴューは見ない事

カルメリータなる女呪術師の死から始まる 先が読めない展開の
ミステリー調が上手い ポイント羅列 女性に多く焦点があり 水の
民有化 これ日本はやっちゃ駄目だよん ドローン 馬 バイク そして
銃器フェチなヴィンテッジヴァイオレンス 着弾の美学wウドキアw
チンx丸見えぷらぷら夫婦w

何も知らず見て めっちゃ面白かったにゃあ バクラウ歴史博物館を
でかくしての流血の大クライマックスになっていたなら完璧か
伝統的反乱者の土根性は 今後のグローバル資本との戦いに勇気付け
られますのよワン

1〜 5件 / 全10件