No.82 RANKING

半沢直樹(2020年版) −ディレクターズカット版−

半沢直樹(2020年版) −ディレクターズカット版−の画像・ジャケット写真

半沢直樹(2020年版) −ディレクターズカット版− / 堺雅人

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「半沢直樹(2020年版) −ディレクターズカット版−」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「半沢直樹(2020年版) −ディレクターズカット版−」 の作品情報

作品情報は、ただいま準備中です。

「半沢直樹(2020年版) −ディレクターズカット版−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

出演: 堺雅人

関連作品

関連作品

ゴールデンスランバー

リーガル・ハイ

半沢直樹 ―ディレクターズカット版―

やさぐれぱんだ 銀盤

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

奇祭「顔面祭」

投稿日:2021/04/11 レビュアー:ビンス

真っ当に働く人間の代弁者は
今回も真っ当に働く人間の代弁者のままでした。
シーズン1と同様に
1話ずつ観るのではなく
全話を一日かけて一気に観るスタイルで
この物語に挑みましたが
やはりこれを一話ずつは到底無理だということを実感。
次への渇望がハンパなく
どんどんどんどん
次々次々と
続きが観たくなります。
まさかの出向からスタートしたシーズン2
ここから半沢の反撃が始まります。
今回も出てくる出てくる
半沢の周りに跳梁跋扈するカスどもを
半沢を押しつぶそうとするクズどもを
決して折れないその鉄のハートと
仲間の力で打破していく
力が入ります。
体も心も硬直します。
ピリッピリして観ます。
興奮で体が震えます。
半沢の魂の言葉に心が奮えます。
熱くなるんです。
たぎるんです。
テメ〜この野郎!
今にみてろよ
ぜってぇ〜尻尾つかんでやる!
と、半沢になった気分で
敵を睨みつけていました。
気付けば
一話観るごとに
脇汗ビッショリで
ドライヤーで脇を乾かして
気持ちを一旦整えてから
次のエピソードに挑むという
ルーティンを繰り返していました。
面白かった!
あ〜〜〜〜〜〜面白かった!
溜めに溜めたものを
ビッグバンのように大爆発させ解放する
これがスッキリしないわけがない。
これまでとは違い
宿敵との関係性の変化など
見どころも満載のシーズン2
傑作ドラマは
ちゃんと続編も傑作ドラマでした。
二度あることは三度ある
この言葉が現実になることを祈って

それにしてもこのドラマは 
別名
奇祭「顔面祭」と言い換えてもいいような
顔、顔、顔のオンンパレードでした。
特濃の顔と顔が
ぶつかり合い続ける奇祭でした。
濃ゆい顔面がほとばしってました。
背油ちゃっちゃ増し増しラーメンなんて
相手にならないぐらいの
特濃顔面祭でした。
それをペロリと食べさせるのが
このドラマの物凄いところです。

ドラマ開始前に
エピソード0として放送された
吉沢亮くん主演のスピンオフも収録されています。
こちらもすこぶる面白い
半沢シリーズはキャラが立っている人物が多いだけに
スピンオフもたくさん作れそうですね。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

半沢直樹(2020年版) −ディレクターズカット版−

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

奇祭「顔面祭」

投稿日

2021/04/11

レビュアー

ビンス

真っ当に働く人間の代弁者は
今回も真っ当に働く人間の代弁者のままでした。
シーズン1と同様に
1話ずつ観るのではなく
全話を一日かけて一気に観るスタイルで
この物語に挑みましたが
やはりこれを一話ずつは到底無理だということを実感。
次への渇望がハンパなく
どんどんどんどん
次々次々と
続きが観たくなります。
まさかの出向からスタートしたシーズン2
ここから半沢の反撃が始まります。
今回も出てくる出てくる
半沢の周りに跳梁跋扈するカスどもを
半沢を押しつぶそうとするクズどもを
決して折れないその鉄のハートと
仲間の力で打破していく
力が入ります。
体も心も硬直します。
ピリッピリして観ます。
興奮で体が震えます。
半沢の魂の言葉に心が奮えます。
熱くなるんです。
たぎるんです。
テメ〜この野郎!
今にみてろよ
ぜってぇ〜尻尾つかんでやる!
と、半沢になった気分で
敵を睨みつけていました。
気付けば
一話観るごとに
脇汗ビッショリで
ドライヤーで脇を乾かして
気持ちを一旦整えてから
次のエピソードに挑むという
ルーティンを繰り返していました。
面白かった!
あ〜〜〜〜〜〜面白かった!
溜めに溜めたものを
ビッグバンのように大爆発させ解放する
これがスッキリしないわけがない。
これまでとは違い
宿敵との関係性の変化など
見どころも満載のシーズン2
傑作ドラマは
ちゃんと続編も傑作ドラマでした。
二度あることは三度ある
この言葉が現実になることを祈って

それにしてもこのドラマは 
別名
奇祭「顔面祭」と言い換えてもいいような
顔、顔、顔のオンンパレードでした。
特濃の顔と顔が
ぶつかり合い続ける奇祭でした。
濃ゆい顔面がほとばしってました。
背油ちゃっちゃ増し増しラーメンなんて
相手にならないぐらいの
特濃顔面祭でした。
それをペロリと食べさせるのが
このドラマの物凄いところです。

ドラマ開始前に
エピソード0として放送された
吉沢亮くん主演のスピンオフも収録されています。
こちらもすこぶる面白い
半沢シリーズはキャラが立っている人物が多いだけに
スピンオフもたくさん作れそうですね。

1〜 1件 / 全1件