ウィッシュ・ルームの画像・ジャケット写真

ウィッシュ・ルーム / オルガ・キュリレンコ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

19

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

まだまだ話題作

ジャンル :

「ウィッシュ・ルーム」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

まだまだ話題作

解説・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「ウィッシュ・ルーム」 の作品情報

作品情報

製作年:

2019年

原題:

THE ROOM

「ウィッシュ・ルーム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

センチュリオン

ザ・クーリエ

レスキューチーム 第40部隊

ビヨンド・ザ・ロウ

ユーザーレビュー:19件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全19件

超・オススメです!!

投稿日:2021/02/05 レビュアー:カマンベール

2019年。クリスチャン・ヴォルクマン監督。

ほぼキャストは3人プラスひとりの4人。
ほぼ室内・・・と言う映画なのに、早い展開、
読めそうで読めないストーリー。
更にその上を行くアイデア。
面白いこと請け負います。
あまり下調べしないでご覧くださいね。
私もネタバレ厳禁でレビューしますね。

劇場未公開とは勿体ない(←コロナのせいです)
若夫婦がニューハンプシャーの田舎町で新生活をはじめます。
ケイト(オルガ・キュリレンコ)とマット(夫で画家)は、その古い大邸宅に
隠し部屋を見つけます。
その部屋は“ウィッシュ・ルーム”・・・願い事の叶う部屋でした。
ワインや食べ物、そして「1万ドル、おくれ!!」
すべて叫べば、お金だって降って来ます。

ただし、ひとつだけの願ってはいけない事を、ケイトは願ってしまいました。
それは《赤ちゃん》
ケイトは何度も流産を繰り返していたのです。
うまい話には、裏がある。
いくらなんでも神の領域です、赤ちゃんは!
(ケイトとマットは、たっぷりと“代償”を支払わされることに)

マットが調べると、この家は40年前に、夫婦が惨殺された家だったのです。
犯人はジョン•ドゥー(身元不明人)
マットは秘密を知りたくてジョン・ドゥーの収容施設に会いに行きます。
彼は40年後も生きていた。
(身元不明人の意味?・・ここが鍵かも)

すごく分かりやすくて観やすい。
なのに面白くて深い。
傑作だと思います。

ラストは、心底ゾッとしました。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

「満たされない人間より、危険なのは満たされ過ぎた人間だ」

投稿日:2021/02/25 レビュアー:hinakksk

 最初は明るく単純そうに始まるけれど、やがてある意味古典的ゴシックホラーへと変貌していく映画。欲望の果てに、心の中の悪魔のささやきに負けてしまう、欲望のためなら悪魔にだって魂を売りかねないという、人間の本質が見えてくる。

 人里離れた辺鄙な田舎、立派だが古びた一軒家に、ニューヨークから若い夫婦が引っ越してくる。夫マットは駆け出しの画家、妻ケイトは翻訳家。ところがその家には、隠された秘密と怖ろしいいわくがあって、ふたりは謎めいた舘に翻弄されることになる。

 まず、夫マットが、2階のはがれた壁紙の奥に秘密のドアがあるのを発見する。その部屋は、願ったモノなら何でも出現するという魔法の部屋だった。ふたりは、ためらいながらも次々と欲望を実現し、物欲の快楽に酔いしれ、狂喜乱舞する。けれど、ふたりだけの閉ざされた空間で、物欲に身を委ねることの虚しさに気が付いて、それにも飽きてしまう。そして、ケイトは究極の禁断の願いを叶えてしまうのだ。社会から隔絶した虚構のなかで人間の欲望から誕生した子どもは、モンスターにならざるを得ない。

 マックが施設まで面会に行く、この家の秘密を知る、40年間もジョン・ドウ(身元不詳者、これが事件のヒントになっている)として施設に収容されている人物がマックに電話をかけてきて、「人間が自由になるには創造主を殺さねばならない、神を殺すんだよ」と悪魔のささやきをする。ここからさらに物語が展開するのだが、この恐るべきささやきとプロットが、もう少し密接に結びついていたら、なおよかったのにと思う。不気味な結末に、「ローズマリーの赤ちゃん」を思い出してしまった。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

虚構

投稿日:2021/02/09 レビュアー:くまげらの森

これは面白いです!
映像がきれいですし、意外な展開の連続で、オリジナリティは満点ではないでしょうか。

ある森の中の屋敷に移り住んだ夫婦、ケイト(オルガ・キュリレンコ)とマット(ケヴィン・ヤンセンス)

その中の一室に「願えば何でも出てくる部屋」があった。
芸術家の夫、翻訳者の妻という知的夫婦であったが、『100万ドル出てこい!』と言えば
出るのだから、いやはや人間が欲望の塊になるのなんてアッという間。酒池肉林、打ち出の小槌。
だが物語は始まったばかり。その代償こそが見どころなんだろうなと思ったが、
ケイトは地味なジーパンだし、マットはちゃんと家にいる(笑)。
この二人は案外、正気のようなのだ。

だが・・・狂気は始まった!ケイトのただひとつの願いがかなったのだ。
倫理を無視した起点は、「どんな仕返しがあるかわからない」という観客の恐怖を引きずりつつ、
この一家を見守ることになる。
観客の安易な予想は何度も裏切られる。手の込んだ屋敷の構造のウソ。
『虚構』は愛と恐怖を刻んで「無」に帰る。面白かったです!

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

人間の浅はかな行動が引き起こした恐怖と悲しみ

投稿日:2021/08/05 レビュアー:oyoyo

「007 慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコ主演によるサスペンススリラー

願えば何でも出てくる部屋。
色々と楽しんだ後、子宝に恵まれなかった妻が望んだのは赤ちゃん。
でも、その部屋で出てきた物は、一歩家を出れば劣化し、最後には灰になってしまう。
子供を望んだ事で、運命の歯車は狂いだす。

これ、特徴(欠点)を知ったうえで考えて使えば良さそう。
そう、体験出来るものに限定すればいいんだ。
飲食物とか書籍とか。
あとは一度購入したらなかなか家から出さない家電や家具など。
ん?飲食物を飲み食いしたあと外に出たら、胃の中で灰にならないのかな?

ラストはビックリした。
あれ。未遂じゃなかったんだ!

85点

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

夫婦が手に入れた「打ち出の小槌」は、効果が限定的だった…

投稿日:2021/04/30 レビュアー:コタロウ(!)

マットとケイト夫婦は、郊外の大きな屋敷を購入した。
部屋のリフォーム中、マットは壁の向こう側にある奇妙な装置を発見する。
この装置は、欲する「モノ」を出現させる力があった!
名画、紙幣、宝石、豪勢な食事と衣装などを出現させ、装置の力を満喫する二人。
ある日、二度の流産を経験したケイトは、赤ん坊を欲し…

ウハウハな装置だが、その力は極めて限定的だった!
装置が出現させた「モノ」は、屋敷の外に持ち出すと「劣化」し、
塵となって消えてしまうのだ。ガックリであるw
気の毒なのは赤ん坊…
赤ん坊も屋敷の外に出れば、数分で「劣化」が始まるのだ。

なんだかんだで「この屋敷にはいられないわー…」となる夫婦だが、手遅れである。
夫婦、彼らの脱出を阻む者。
両者による装置の力を使った攻防が興味深い。
ハッピーなのか、不穏なのか「決めるのはあなた次第!」なラストも良い感じ。
赤ん坊の劣化、屋敷の過去などが早い段階で描かれ、展開が見えてきてしまうわけだが、ケイト(オルガ・キュリレンコ)が非常に美しいので、ずっと見ていられるw

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全19件

ウィッシュ・ルーム

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:19件

超・オススメです!!

投稿日

2021/02/05

レビュアー

カマンベール

2019年。クリスチャン・ヴォルクマン監督。

ほぼキャストは3人プラスひとりの4人。
ほぼ室内・・・と言う映画なのに、早い展開、
読めそうで読めないストーリー。
更にその上を行くアイデア。
面白いこと請け負います。
あまり下調べしないでご覧くださいね。
私もネタバレ厳禁でレビューしますね。

劇場未公開とは勿体ない(←コロナのせいです)
若夫婦がニューハンプシャーの田舎町で新生活をはじめます。
ケイト(オルガ・キュリレンコ)とマット(夫で画家)は、その古い大邸宅に
隠し部屋を見つけます。
その部屋は“ウィッシュ・ルーム”・・・願い事の叶う部屋でした。
ワインや食べ物、そして「1万ドル、おくれ!!」
すべて叫べば、お金だって降って来ます。

ただし、ひとつだけの願ってはいけない事を、ケイトは願ってしまいました。
それは《赤ちゃん》
ケイトは何度も流産を繰り返していたのです。
うまい話には、裏がある。
いくらなんでも神の領域です、赤ちゃんは!
(ケイトとマットは、たっぷりと“代償”を支払わされることに)

マットが調べると、この家は40年前に、夫婦が惨殺された家だったのです。
犯人はジョン•ドゥー(身元不明人)
マットは秘密を知りたくてジョン・ドゥーの収容施設に会いに行きます。
彼は40年後も生きていた。
(身元不明人の意味?・・ここが鍵かも)

すごく分かりやすくて観やすい。
なのに面白くて深い。
傑作だと思います。

ラストは、心底ゾッとしました。

「満たされない人間より、危険なのは満たされ過ぎた人間だ」

投稿日

2021/02/25

レビュアー

hinakksk

 最初は明るく単純そうに始まるけれど、やがてある意味古典的ゴシックホラーへと変貌していく映画。欲望の果てに、心の中の悪魔のささやきに負けてしまう、欲望のためなら悪魔にだって魂を売りかねないという、人間の本質が見えてくる。

 人里離れた辺鄙な田舎、立派だが古びた一軒家に、ニューヨークから若い夫婦が引っ越してくる。夫マットは駆け出しの画家、妻ケイトは翻訳家。ところがその家には、隠された秘密と怖ろしいいわくがあって、ふたりは謎めいた舘に翻弄されることになる。

 まず、夫マットが、2階のはがれた壁紙の奥に秘密のドアがあるのを発見する。その部屋は、願ったモノなら何でも出現するという魔法の部屋だった。ふたりは、ためらいながらも次々と欲望を実現し、物欲の快楽に酔いしれ、狂喜乱舞する。けれど、ふたりだけの閉ざされた空間で、物欲に身を委ねることの虚しさに気が付いて、それにも飽きてしまう。そして、ケイトは究極の禁断の願いを叶えてしまうのだ。社会から隔絶した虚構のなかで人間の欲望から誕生した子どもは、モンスターにならざるを得ない。

 マックが施設まで面会に行く、この家の秘密を知る、40年間もジョン・ドウ(身元不詳者、これが事件のヒントになっている)として施設に収容されている人物がマックに電話をかけてきて、「人間が自由になるには創造主を殺さねばならない、神を殺すんだよ」と悪魔のささやきをする。ここからさらに物語が展開するのだが、この恐るべきささやきとプロットが、もう少し密接に結びついていたら、なおよかったのにと思う。不気味な結末に、「ローズマリーの赤ちゃん」を思い出してしまった。

虚構

投稿日

2021/02/09

レビュアー

くまげらの森

これは面白いです!
映像がきれいですし、意外な展開の連続で、オリジナリティは満点ではないでしょうか。

ある森の中の屋敷に移り住んだ夫婦、ケイト(オルガ・キュリレンコ)とマット(ケヴィン・ヤンセンス)

その中の一室に「願えば何でも出てくる部屋」があった。
芸術家の夫、翻訳者の妻という知的夫婦であったが、『100万ドル出てこい!』と言えば
出るのだから、いやはや人間が欲望の塊になるのなんてアッという間。酒池肉林、打ち出の小槌。
だが物語は始まったばかり。その代償こそが見どころなんだろうなと思ったが、
ケイトは地味なジーパンだし、マットはちゃんと家にいる(笑)。
この二人は案外、正気のようなのだ。

だが・・・狂気は始まった!ケイトのただひとつの願いがかなったのだ。
倫理を無視した起点は、「どんな仕返しがあるかわからない」という観客の恐怖を引きずりつつ、
この一家を見守ることになる。
観客の安易な予想は何度も裏切られる。手の込んだ屋敷の構造のウソ。
『虚構』は愛と恐怖を刻んで「無」に帰る。面白かったです!

人間の浅はかな行動が引き起こした恐怖と悲しみ

投稿日

2021/08/05

レビュアー

oyoyo

「007 慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコ主演によるサスペンススリラー

願えば何でも出てくる部屋。
色々と楽しんだ後、子宝に恵まれなかった妻が望んだのは赤ちゃん。
でも、その部屋で出てきた物は、一歩家を出れば劣化し、最後には灰になってしまう。
子供を望んだ事で、運命の歯車は狂いだす。

これ、特徴(欠点)を知ったうえで考えて使えば良さそう。
そう、体験出来るものに限定すればいいんだ。
飲食物とか書籍とか。
あとは一度購入したらなかなか家から出さない家電や家具など。
ん?飲食物を飲み食いしたあと外に出たら、胃の中で灰にならないのかな?

ラストはビックリした。
あれ。未遂じゃなかったんだ!

85点

夫婦が手に入れた「打ち出の小槌」は、効果が限定的だった…

投稿日

2021/04/30

レビュアー

コタロウ(!)

マットとケイト夫婦は、郊外の大きな屋敷を購入した。
部屋のリフォーム中、マットは壁の向こう側にある奇妙な装置を発見する。
この装置は、欲する「モノ」を出現させる力があった!
名画、紙幣、宝石、豪勢な食事と衣装などを出現させ、装置の力を満喫する二人。
ある日、二度の流産を経験したケイトは、赤ん坊を欲し…

ウハウハな装置だが、その力は極めて限定的だった!
装置が出現させた「モノ」は、屋敷の外に持ち出すと「劣化」し、
塵となって消えてしまうのだ。ガックリであるw
気の毒なのは赤ん坊…
赤ん坊も屋敷の外に出れば、数分で「劣化」が始まるのだ。

なんだかんだで「この屋敷にはいられないわー…」となる夫婦だが、手遅れである。
夫婦、彼らの脱出を阻む者。
両者による装置の力を使った攻防が興味深い。
ハッピーなのか、不穏なのか「決めるのはあなた次第!」なラストも良い感じ。
赤ん坊の劣化、屋敷の過去などが早い段階で描かれ、展開が見えてきてしまうわけだが、ケイト(オルガ・キュリレンコ)が非常に美しいので、ずっと見ていられるw

1〜 5件 / 全19件