No.48 RANKING

映画クレヨンしんちゃん 激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者

映画クレヨンしんちゃん 激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者の画像・ジャケット写真

映画クレヨンしんちゃん 激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

「映画クレヨンしんちゃん 激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

臼井儀人原作による人気TVアニメの劇場版第28弾。ラクガキのエネルギーで空に浮かぶ王国“ラクガキングダム”に侵略された春日部を救うため、伝説のクレヨンを手にした勇者しんのすけが、自ら描き出したラクガキの助っ人たちと共に大冒険を繰り広げる。ゲスト声優は俳優の山田裕貴と、ものまねタレントのりんごちゃん。加えて“ラクガキ応援大使”のきゃりーぱみゅぱみゅと、主題歌を担当するレキシの2人も声優として出演する。監督は「ラブライブ!」「宝石の国」の京極尚彦。<BR> 子どものラクガキをエネルギーに変えて浮かぶ王国“ラクガキングダム”。しかし、地上のラクガキが少なくなり、王国は崩壊の危機を迎えていた。かつての華やかな姿を取り戻すため、王国軍は春日部に上陸し人々に無理やりラクガキをさせる“ウキウキカキカキ作戦”を実行。そんな中、描いたものが動き出す伝説の秘宝“ミラクルクレヨン”を手に入れた野原しんのすけは、描き出したラクガキたち“ほぼ四人の勇者”と協力して王国に立ち向かう。 JAN:4934569738103

「映画クレヨンしんちゃん 激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
製作国: 日本

「映画クレヨンしんちゃん 激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督: 京極尚彦

関連作品

関連作品

宝石の国

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

ラブライブ!The School Idol Movie

ラブライブ! 2nd Season

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

クレヨンしんちゃんのクレヨンの話

投稿日:2020/12/26 レビュアー:oyoyo

老若男女関わらず楽しめるいい映画でした。

家族で劇場で観ました。

落書きをエネルギーに浮かぶ王国「ラクガキングダム」は、地上から落書きがめっきり減ったことで
崩壊の危機に直面。人間たちに無理やり落書きをさせる
「ウキウキカキカキ作戦」を決行し、地上への進撃を開始。
野原一家とカスカベ防衛隊と映画キャラの協力で事態収拾を目指す。
という劇場版しんちゃん王道ストーリー。
(野原一家とカスカベ防衛隊の活躍は終盤だが)

悪役は根っからの悪人ではないので勧善懲悪ではない。
この映画での悪役より、一般市民のほうが身勝手で怖い。
我先にと逃げ出して、自分が助かるためには平気で「ミサイル出して!」と言う。
そのミサイルで、他の誰かが傷つくことなんか考えていない。

それと比べてしんちゃんの行動は感心だ。
もう誰ともお別れしたくないもんという、しんちゃんの優しさにはジーンとくる。
一時期は「子供に見せたくないアニメ・ナンバー1」だったしんちゃん。
でもしんちゃんの方が大事な物を知っている。
僕は、この映画を娘に見せて良かったと思っている。

85点 

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

久しぶりに

投稿日:2021/03/17 レビュアー:大阪太郎

子供が小さな時は、テレビも毎週観て、映画版もレンタルして観ていたのですが、本当に久しぶりに観て、以前からのメッセージ性が、変わる事なく安心したのと、感激もしました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

映画クレヨンしんちゃん 激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

クレヨンしんちゃんのクレヨンの話

投稿日

2020/12/26

レビュアー

oyoyo

老若男女関わらず楽しめるいい映画でした。

家族で劇場で観ました。

落書きをエネルギーに浮かぶ王国「ラクガキングダム」は、地上から落書きがめっきり減ったことで
崩壊の危機に直面。人間たちに無理やり落書きをさせる
「ウキウキカキカキ作戦」を決行し、地上への進撃を開始。
野原一家とカスカベ防衛隊と映画キャラの協力で事態収拾を目指す。
という劇場版しんちゃん王道ストーリー。
(野原一家とカスカベ防衛隊の活躍は終盤だが)

悪役は根っからの悪人ではないので勧善懲悪ではない。
この映画での悪役より、一般市民のほうが身勝手で怖い。
我先にと逃げ出して、自分が助かるためには平気で「ミサイル出して!」と言う。
そのミサイルで、他の誰かが傷つくことなんか考えていない。

それと比べてしんちゃんの行動は感心だ。
もう誰ともお別れしたくないもんという、しんちゃんの優しさにはジーンとくる。
一時期は「子供に見せたくないアニメ・ナンバー1」だったしんちゃん。
でもしんちゃんの方が大事な物を知っている。
僕は、この映画を娘に見せて良かったと思っている。

85点 

久しぶりに

投稿日

2021/03/17

レビュアー

大阪太郎

子供が小さな時は、テレビも毎週観て、映画版もレンタルして観ていたのですが、本当に久しぶりに観て、以前からのメッセージ性が、変わる事なく安心したのと、感激もしました。

1〜 2件 / 全2件

同シリーズ作品を借りる