鬼手<キシュ>

鬼手<キシュ>の画像・ジャケット写真

鬼手<キシュ> / クォン・サンウ

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「鬼手<キシュ>」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

囲碁とアクションの異色の組み合わせで大ヒットした「神の一手」のスピンオフとして、「美しき野獣」「探偵なふたり」のクォン・サンウを主演に迎えて贈るバイオレンス・アクション。最愛の姉を失い天涯孤独の身となった少年が、山寺での猛特訓を経て心身ともに極限まで鍛え上げ、賭け碁の世界で全国の猛者たちとの死闘を重ねた末に、姉を死に追いやった冷酷な最強棋士を相手に最後の闘いへと臨むまでの壮絶な復讐の旅路を描く。共演はキム・ヒウォン、キム・ソンギュン、ホ・ソンテ。監督は本作が長編デビューとなるリ・ゴン。 JAN:4995155232047

「鬼手<キシュ>」 の作品情報

作品情報

製作年: 2019年
原題: THE DIVINE MOVE 2: THE WRATHFUL

「鬼手<キシュ>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

泣く男

愛のタリオ

クォン・サンウ BIRTHDAY PRESENT...a THOUSAND SMILES

クォン・サンウ〜Memory with SANGWOO in OSAKA〜 2

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

少年は復讐を誓い、鬼になる!

投稿日:2021/02/21 レビュアー:カマンベール

2019年(韓国)主演クォン・サンウ。

囲碁の世界を舞台にしたアクション・エンタメです。
五目並べの経験しかないけれど、この映画は碁盤を読む必要はないと思います。
カメラ転換がメチャ速くて、そんな暇なし!
囲碁を知らなくても、問題ないです。
(SHOW(見せる囲碁)だから)

姉を自殺に追いやった男は最強のプロ棋士ファン・ドギョン(キム・ヒウォン)。
復讐を胸に少年グィスは修行に励む。
山寺での猛特訓、血の滲む努力で筋肉モリモリの大人に成長したグィス(クォン・サンウ)は、下山して下界に下る。

クォン・サンウ。増量して鍛え上げた筋肉の素晴らしさ。
そのお美しい胸板が映るのは、一瞬でしたね(勿体ネー)
寡黙なグィス、語らない、喋らない・・・静かだがアクションはバリェーション豊富!!
トイレ・アクション(マネージャーが糞さんですう!)
路地裏アクション(ヤクザ相手の)そして鋳物工場での無灯火アクション。
賭け事の世界は『カイジ』のドロドロにうり二つ。
映像もカイジっぽい!!
ただしクォン・サンウはカイジのように絶叫しない、クールです。
こっちはこっちで痺れます。
「透明の碁石の対決」
これ、見ものだった。
(一瞬、碁石(透明)が宙に浮いて、落ちたら盤上で黒白に化ける)
負けたら片腕バッサリ・・・なんてのもある。
囲碁対決も、ボクシングみたいにリンクでやって、まるで格闘技の世界だ。
重ねて言うが、囲碁のルールは知らなくてもイイ。
クライマックスは、100人対グィスの対戦後に待ち受ける憎っくきファンとの、
ラスト一局。さアー勝つのはどっちだ?

哀愁・・・ですねー。
この映画、熱くてグロくて、そんで渋いです。
非情になり切らぬクォン・サンウ、素敵でした。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

鬼手<キシュ>

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

少年は復讐を誓い、鬼になる!

投稿日

2021/02/21

レビュアー

カマンベール

2019年(韓国)主演クォン・サンウ。

囲碁の世界を舞台にしたアクション・エンタメです。
五目並べの経験しかないけれど、この映画は碁盤を読む必要はないと思います。
カメラ転換がメチャ速くて、そんな暇なし!
囲碁を知らなくても、問題ないです。
(SHOW(見せる囲碁)だから)

姉を自殺に追いやった男は最強のプロ棋士ファン・ドギョン(キム・ヒウォン)。
復讐を胸に少年グィスは修行に励む。
山寺での猛特訓、血の滲む努力で筋肉モリモリの大人に成長したグィス(クォン・サンウ)は、下山して下界に下る。

クォン・サンウ。増量して鍛え上げた筋肉の素晴らしさ。
そのお美しい胸板が映るのは、一瞬でしたね(勿体ネー)
寡黙なグィス、語らない、喋らない・・・静かだがアクションはバリェーション豊富!!
トイレ・アクション(マネージャーが糞さんですう!)
路地裏アクション(ヤクザ相手の)そして鋳物工場での無灯火アクション。
賭け事の世界は『カイジ』のドロドロにうり二つ。
映像もカイジっぽい!!
ただしクォン・サンウはカイジのように絶叫しない、クールです。
こっちはこっちで痺れます。
「透明の碁石の対決」
これ、見ものだった。
(一瞬、碁石(透明)が宙に浮いて、落ちたら盤上で黒白に化ける)
負けたら片腕バッサリ・・・なんてのもある。
囲碁対決も、ボクシングみたいにリンクでやって、まるで格闘技の世界だ。
重ねて言うが、囲碁のルールは知らなくてもイイ。
クライマックスは、100人対グィスの対戦後に待ち受ける憎っくきファンとの、
ラスト一局。さアー勝つのはどっちだ?

哀愁・・・ですねー。
この映画、熱くてグロくて、そんで渋いです。
非情になり切らぬクォン・サンウ、素敵でした。

1〜 1件 / 全1件