WAVES/ウェイブス

WAVES/ウェイブスの画像・ジャケット写真

WAVES/ウェイブス / ケルヴィン・ハリソン・Jr

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「WAVES/ウェイブス」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

「イット・カムズ・アット・ナイト」のトレイ・エドワード・シュルツ監督が裕福な家庭に暮らすアフリカ系アメリカ人の兄妹を主人公に贈る青春ストーリー。兄と妹それぞれを主人公にした2章仕立てで、青春の苦悩と家族の再生を、全編を彩る豪華アーティストの名曲の数々をバックにスタイリッシュに描き出す。主演はケルヴィン・ハリソン・Jrとテイラー・ラッセル。共演にルーカス・ヘッジズ。厳格な父に反発を感じながらも、恵まれた家庭で何不自由ない生活を送る高校生のタイラー。成績優秀でレスリング部のエリート選手、美しい恋人にも恵まれ、順風満帆かに思われたが、肩の負傷が発覚したことですべての歯車が狂い始める――。家族の運命を大きく変えた悲劇から1年後。心を閉ざしていた妹エミリーの前に、すべての事情を知りつつ好意を寄せるルークが現れる。 JAN:4582588287845

「WAVES/ウェイブス」 の作品情報

作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: WAVES

「WAVES/ウェイブス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

とらわれて夏

レディ・バード

ウルフ・アワー

エスケープ・ルーム

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

前半は兄の視点から、後半は妹の視点から描く家族の物語

投稿日:2021/01/20 レビュアー:飛べない魔女

全体的にスタイリッシュな造りになっている。
音楽の使い方がうまい。

レスリングのトレーニングに頑張る高校生のタイラー。
かわいいガールフレンドのアレクシスとの交際も順調で
順風満帆な学園生活を送っていた。
ところが、自分の肩に違和感を感じたことから人生が一変していくのだ。
前半はタイラーの物語。
自分の感情をコントロール出来ない末に、破滅の道を歩むことになる。

そして後半はタイラーの妹・エミリーの物語。
兄が起こしてしまったことで、彼女の学園生活も一変していく。
そんな中、声を掛けてくれた白人少年のルーク。
彼との関係が、エミリーの心の平穏を生み出してくれる。

タイラーのことで、父親と継母の関係もまた崩れていく。
家族のバランスは、もう取り返せないほど壊れてしまったのか?
人の感情は波の如く揺れ動く。
コントロールを失った感情は、波に呑まれてしまうか、
それとも波の流れに任せて果てしない地へ行くつくのか
感情のままに生きるには代償が必要だと言うことだろう。

それでも、人は再生できる。
生きていれさえすれば、家族の絆も取り戻せる日もくる。
物語は最後は優しい眼差しで彼らを包み込むのだ。

それにしても、父さん、マッチョ過ぎる!(笑)

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

WAVES/ウェイブス

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

前半は兄の視点から、後半は妹の視点から描く家族の物語

投稿日

2021/01/20

レビュアー

飛べない魔女

全体的にスタイリッシュな造りになっている。
音楽の使い方がうまい。

レスリングのトレーニングに頑張る高校生のタイラー。
かわいいガールフレンドのアレクシスとの交際も順調で
順風満帆な学園生活を送っていた。
ところが、自分の肩に違和感を感じたことから人生が一変していくのだ。
前半はタイラーの物語。
自分の感情をコントロール出来ない末に、破滅の道を歩むことになる。

そして後半はタイラーの妹・エミリーの物語。
兄が起こしてしまったことで、彼女の学園生活も一変していく。
そんな中、声を掛けてくれた白人少年のルーク。
彼との関係が、エミリーの心の平穏を生み出してくれる。

タイラーのことで、父親と継母の関係もまた崩れていく。
家族のバランスは、もう取り返せないほど壊れてしまったのか?
人の感情は波の如く揺れ動く。
コントロールを失った感情は、波に呑まれてしまうか、
それとも波の流れに任せて果てしない地へ行くつくのか
感情のままに生きるには代償が必要だと言うことだろう。

それでも、人は再生できる。
生きていれさえすれば、家族の絆も取り戻せる日もくる。
物語は最後は優しい眼差しで彼らを包み込むのだ。

それにしても、父さん、マッチョ過ぎる!(笑)

1〜 1件 / 全1件