No.23 RANKING

ドラえもん のび太の新恐竜

ドラえもん のび太の新恐竜の画像・ジャケット写真

ドラえもん のび太の新恐竜

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

ジャンル :

「ドラえもん のび太の新恐竜」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

藤子・F・不二雄原作の国民的テレビアニメ「ドラえもん」の劇場版。シリーズ通算40作目、声優陣を一新した2005年以降の作品としては15作目にあたる。「映画ドラえもん のび太の宝島」(2018)を手がけた監督の今井一暁と脚本の川村元気のコンビが再び登板し、6600万年前の白亜紀を舞台に繰り広げられるのび太たちの大冒険を、完全オリジナルストーリーで描く。ゲスト声優は木村拓哉と渡辺直美。<BR> ある日、恐竜博に行ったのび太が見つけた1つの化石から、新種の双子の恐竜が誕生する。のび太は弱気なオスの恐竜キューと、人懐こいメスの恐竜ミューの2匹を我が子のように大切に育てるが、成長を続ける2匹をこのまま現代に留めおくには限界があった。キューとミューを本来の居場所に戻そうと決意したのび太は、ドラえもんたちと共に6600万年前の白亜紀へと旅立ち、キューやミューと同じ仲間の恐竜たちを探し始める。 JAN:4988104125811

「ドラえもん のび太の新恐竜」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
製作国: 日本

「ドラえもん のび太の新恐竜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督: 今井一暁

関連作品

関連作品

映画ドラえもん のび太の宝島

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

今まで観たドラえもん映画の中ではナンバー1!

投稿日:2020/11/16 レビュアー:oyoyo

劇場で鑑賞したが、最高だった!
娘が観たいというので連れてったが、
これは普段ドラえもんを観ない大人でも楽しめるのでは?
期待倒れだった「のび太の宝島」(2018)の監督・今井一暁×脚本・川村元気が
再びタッグを組んだというので不安があったが、今までで最高のドラえもんだった。

「他者を思いやるこころ」をテーマにしていて、
キューとのび太の重なって成長していくラストシーンは感動。
伏線もしっかり回収。
ミスチルの歌もマッチしていた。
最後のピンチはドラえもん史上最大のスケール?
友情出演のあのキャラは嬉しかった。(声優変わらず)

予告をみてCGの恐竜と、2Dアニメーションの恐竜の作画に差がありすぎると
思っていたが、実際はそれほど違和感が無く調和していた。
(CGの恐竜シーンが意外と多く、そしてよく動く。オープニングCGは大迫力)
2本足の恐竜が鳥に進化する等、設定は最新の学説通り。
(昔は爬虫類の先祖だと思われていた)
ドラえもんの映画の多くは宇宙人や海賊等、敵に振り回されながら進行する話が多いが
今回は悪役不在。
自然の驚異に対して秘密道具を駆使して奮闘。

ところでドラえもん、なぜ「イナゴの缶詰」を大量に持ってる?

95点 

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

very good movie

投稿日:2020/11/24 レビュアー:A

very good movie

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

ドラえもん のび太の新恐竜

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

今まで観たドラえもん映画の中ではナンバー1!

投稿日

2020/11/16

レビュアー

oyoyo

劇場で鑑賞したが、最高だった!
娘が観たいというので連れてったが、
これは普段ドラえもんを観ない大人でも楽しめるのでは?
期待倒れだった「のび太の宝島」(2018)の監督・今井一暁×脚本・川村元気が
再びタッグを組んだというので不安があったが、今までで最高のドラえもんだった。

「他者を思いやるこころ」をテーマにしていて、
キューとのび太の重なって成長していくラストシーンは感動。
伏線もしっかり回収。
ミスチルの歌もマッチしていた。
最後のピンチはドラえもん史上最大のスケール?
友情出演のあのキャラは嬉しかった。(声優変わらず)

予告をみてCGの恐竜と、2Dアニメーションの恐竜の作画に差がありすぎると
思っていたが、実際はそれほど違和感が無く調和していた。
(CGの恐竜シーンが意外と多く、そしてよく動く。オープニングCGは大迫力)
2本足の恐竜が鳥に進化する等、設定は最新の学説通り。
(昔は爬虫類の先祖だと思われていた)
ドラえもんの映画の多くは宇宙人や海賊等、敵に振り回されながら進行する話が多いが
今回は悪役不在。
自然の驚異に対して秘密道具を駆使して奮闘。

ところでドラえもん、なぜ「イナゴの缶詰」を大量に持ってる?

95点 

very good movie

投稿日

2020/11/24

レビュアー

A

very good movie

1〜 2件 / 全2件

同シリーズ作品を借りる