No.50 RANKING

私がモテてどうすんだ

私がモテてどうすんだの画像・ジャケット写真

私がモテてどうすんだ / 吉野北人

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「私がモテてどうすんだ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

ぢゅん子の人気コミックスを吉野北人、神尾楓珠ら人気若手イケメン・キャストで実写映画化した学園ラブコメディ。イケメン同士の恋愛を妄想して楽しむ腐女子の女子高生が、ひょんなことから激ヤセして美少女に変身したことから、突然イケメンたちからモテまくり、混乱するさまをコミカルに描く。ヒロイン役は山口乃々華と富田望生が二人一役で演じる。芹沼花依は自分の恋よりもイケメン同士の恋愛を妄想することに夢中なオタク女子高生。ところが大好きなアニメキャラの死のショックで激ヤセしてしまい、見違えるような美少女になってしまう。するといきなり4人のイケメン男子、六見先輩、五十嵐くん、七島くん、四ノ宮くんから好意を寄せられてしまう。しかしそんなイケメンたちを前にすると、どうしてもBL目線で妄想してしまう花依だったが…。 JAN:4988105978591

「私がモテてどうすんだ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
製作国: 日本

「私がモテてどうすんだ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 福田晶平上條大輔
原作: ぢゅん子
音楽: ANOTHER

関連作品

関連作品

押忍!!ふんどし部!

全員、片想い

ガールズ・ステップ

映画「貴族降臨−PRINCE OF LEGEND−」

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

妄想の世界が現実に?!

投稿日:2020/12/25 レビュアー:hinakksk

 あり得ないと言いつつ、クスクス笑いながら観る映画。ラブコメというのとは、ちょっと違うかも。恋愛感はあまりありません。面白ければ、バカバカしくても全然気にしないという人向けかな?

 ヒロインの芹沼花依は、ボーイズラブのアニメや漫画が大好きなオタクの高校2年生。大ファンのアニメキャラが死んでしまったショックで寝込んでしまい、激やせ、突然美人に変身(という設定です)。すると、校内の4人のイケメンたちにモテモテ状態になってびっくり。(4人全員の姓が、四から七までの数字入りでわかりやすい。)演劇部からは、ぜひ新しい劇のヒロイン役にと、お願いまでされてしまう。

 ところが、そうは問屋が卸さない。お見舞いのスイーツの食べ過ぎで元に戻ってしまい、ご褒美付きのエクササイズを頑張る羽目になったり、ヒロイン役のライバルが登場したり。イケメン4人に告白されても、1人には決められず、モテるのも楽じゃない、本当の恋は妄想とは違うと、現実を知る。

 主人公の花依ちゃんが、普通っぽくて、明るく元気、素直で飾らない性格なのが好印象。突然美人に変身というよくある話を、ボーイズラブの妄想と関連させたのが新鮮。また、ダンスシーンや明るくノリノリの音楽も楽しいです。劇のカーテンコール風にしたエンディングもオシャレ。音楽はとってもいいので、音楽を聴くだけでもぜひ。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

内面の美しさ

投稿日:2021/01/08 レビュアー:なゆ(21)デンゲリ

かなりコミカル。
腐女子が美少女に大変身。

元々いい感じなんだけど。

面白い。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

7点満点中

投稿日:2021/01/05 レビュアー:ビリケン

3点

もう1つかな。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

私がモテてどうすんだ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

妄想の世界が現実に?!

投稿日

2020/12/25

レビュアー

hinakksk

 あり得ないと言いつつ、クスクス笑いながら観る映画。ラブコメというのとは、ちょっと違うかも。恋愛感はあまりありません。面白ければ、バカバカしくても全然気にしないという人向けかな?

 ヒロインの芹沼花依は、ボーイズラブのアニメや漫画が大好きなオタクの高校2年生。大ファンのアニメキャラが死んでしまったショックで寝込んでしまい、激やせ、突然美人に変身(という設定です)。すると、校内の4人のイケメンたちにモテモテ状態になってびっくり。(4人全員の姓が、四から七までの数字入りでわかりやすい。)演劇部からは、ぜひ新しい劇のヒロイン役にと、お願いまでされてしまう。

 ところが、そうは問屋が卸さない。お見舞いのスイーツの食べ過ぎで元に戻ってしまい、ご褒美付きのエクササイズを頑張る羽目になったり、ヒロイン役のライバルが登場したり。イケメン4人に告白されても、1人には決められず、モテるのも楽じゃない、本当の恋は妄想とは違うと、現実を知る。

 主人公の花依ちゃんが、普通っぽくて、明るく元気、素直で飾らない性格なのが好印象。突然美人に変身というよくある話を、ボーイズラブの妄想と関連させたのが新鮮。また、ダンスシーンや明るくノリノリの音楽も楽しいです。劇のカーテンコール風にしたエンディングもオシャレ。音楽はとってもいいので、音楽を聴くだけでもぜひ。

内面の美しさ

投稿日

2021/01/08

レビュアー

なゆ(21)デンゲリ

かなりコミカル。
腐女子が美少女に大変身。

元々いい感じなんだけど。

面白い。

7点満点中

投稿日

2021/01/05

レビュアー

ビリケン

3点

もう1つかな。

1〜 3件 / 全3件