No.50 RANKING

WAR ウォー!!

WAR ウォー!!の画像・ジャケット写真
WAR ウォー!! / リティク・ローシャン
全体の平均評価点:
(5点満点)

6

  • DVD
ジャンル:

「WAR ウォー!!」 の解説・あらすじ・ストーリー

「クリッシュ」のリティック・ローシャンと「タイガー・バレット」のタイガー・シュロフの豪華共演で本国インドの2019年国内映画興行収入No.1に輝いたスパイ・アクション大作。監督は「ナイト&デイ」のインド版リメイクを手掛けたシッダールト・アーナンド。インド対外諜報を担う調査・分析部RAWでは、イスラム教過激派テロリストを追っていたRAWのトップエージェント、カビールの裏切りが発覚し、動揺が広がる。RAWはカビールの抹殺を決定し、優秀な若手スパイのハーリドにこの重要な任務が託されることに。憧れの存在だったカビールの突然の裏切りに当惑しながらも、スパイとして任務を全うすべくカビールの行方を追うハーリドだったが…。 JAN:4532612143708

「WAR ウォー!!」 の作品情報

製作年: 2019年
原題: WAR

「WAR ウォー!!」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

WAR ウォー!!の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
151分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP14466 2020年10月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
353枚 10人 24人

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

インドで爆発的にヒットした《スパイ・アクション》

投稿日:2020/10/31 レビュアー:カマンベール

2019年(インド)

脚本のずさんさに、うなる。
冒頭・主役のカビール(リティック・ローシャン)が、味方の高官を殺す。
その説明がほとんど無い。
誰が出した司令なのか?高官は裏切り者だったのか?
きめ細かい描写はとうとう最後までない。

途中でフェイス/オフ的に顔が入れ替わるが、
顔が入れ替わだけなのに、心まで入れ替わっている。
それでラストまで持っていく強引さ。
人間の内面描写の薄っぺらさ。
ただただてんこ盛りのアクションに、
二転三転するストーリーはご都合主義で、あまりの中身の薄さに憤死しそうだった。
「家族は、いるの?」との恋人の問いかけに、
「家族は祖国だ!!」と答えるカビール。
そして恋人のナイナをスパイに仕立てる。
悲劇が起こる。
だいたいにハニートラップ・・・の筈なのに、ハニートラップを仕掛けるシーンがありましたっけ?(笑)

ミッション・インポッシブル。
フェイス/オフ。
ワイルド・スピード。
の、パクリの連続。
バイク・アクション、爆破シーン、
ジョン・ウー的なスローモーション・アクション。
どれもこれも手垢がべったりと付いている。
女性は豊満でゴージャス・・・ボンドガールに引けを取らないが、
見せ場は豊満ボディ・ダンス位で、添え物で出演場面も少ない。
目立つのは主役2人が超イケメン・・・である点。
主役のリティック・ローシャン(46歳)と、タイガー・シュロフ(30歳)
ローシャンのキザな伊達男振り。
タイガーの見惚れるほど美しい上半身の筋肉。
(見事に割れている)

内容はハリウッドと韓国の協力もあって、映像もオシャレで洗練されている。
スピード感も申し分ないが、
インドのムスリムとヒンドゥーの対立や、スラム街を見事にスルーした演出も
お見事と言うしかない。
それらに目をつぶれば、楽しめるかもしれない。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

親指が2本ある男

投稿日:2020/11/04 レビュアー:飛べない魔女

家の近くの小さな映画館でこの作品が上映されていました。
イケメンさんのポスターに惹かれて
見たいと思っていたのですが、時間がなかなか合わなくて
見にいけなかった作品です。
それが、早くもDVD化!嬉しいではないですか。

きゃー!なんていうことでしょうか。
登場の仕方が超カッコいい!
超イケメンさん二人の俳優さんの共演。
アクションの連続で、これがまたカッコいいたらありゃしません。
そしてアクションだけでなく、まさかのダンスシーン!
ああ、そうだ、これはボリウッド映画だったんだけ(笑)
ダンスシーンは欠かせませんね。
このダンスシーンがまたしびれるほどカッコいい。
スタイリッシュで、インドの汚いイメージはどこにもありません。
それもそのはず、舞台はインドの外を中心に展開されます。
ストリーも、えええ?そんなぁぁ。。。とまさかの展開で驚きました。
総合的に良く出来ていて、凄い楽しめました。

カビール役のリティック・ローシャン。
背も高く胸板も厚く、細マッチョで超イケメン。
なのに、彼は多指症で右手の親指が2本あるということを知ってしまい
それが凄いきになっちゃって、右手ばかり注目してしまいました。
確かに親指が2本ありました。
何故手術しないのでしょう?簡単にできそうなのに。。
インドでは賞を何度ももらっている有名な俳優さんのようなので
余計なお世話ですね(;^_^A

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ボリュームたっぷりな、派手派手のアクション映画

投稿日:2020/11/06 レビュアー:hinakksk

 いろんなアクション映画の様々な要素を、切れ味鋭く、たっぷり詰め込んで、世界各地を舞台に、さらに派手に、さらに大胆に、さらにスピーディにした、アクションのカタログのような作品。お腹いっぱいになります。

 主演のふたりは、背が高く格好良いうえに、鍛え上げられた驚異の身体能力。特にカビール少佐は、こんなのあり得ないでしょうと言いたくなるほどの鉄壁さで、まさに不死身。銃撃戦、カーチェイス、アクロバティックなオートバイ、飛行機上での格闘シーン、一騎討の死闘等、何でもこなしています。

 音楽もインド映画らしからぬ格好良さ、アクションシーンを盛り上げるのですが、なにしろとても長い(151分)ので、途中で飽きてきて、うるさく感じるかも。ストーリーは、なぜか裏切り者が4人もいて、何でもあり。こんなに長いと、一貫性や緊張感を保つのは無理かと。アクション場面ありきのストーリー展開という気がします。インド映画定番の歌とダンスは、インターバルのように、ちょっと一休みという感じで、2回挿入されています。

 世界各地が舞台なので、背景は壮大でとても綺麗、雪の山岳地帯からシドニーでのサーフィン場面まであります。アクション好きの方なら、満足できる映画なのではないでしょうか。  

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

つまらんね

投稿日:2020/11/16 レビュアー:チャッピー

話ができすぎていて、つまらない
首を撃たれて、生きてる訳がない

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

Goodネタバレ

投稿日:2020/11/16 レビュアー:Dh

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

So good

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

WAR ウォー!!

月額課金で借りる

都度課金で借りる