No.11 RANKING

THE UPSIDE 最強のふたり

THE UPSIDE 最強のふたりの画像・ジャケット写真
THE UPSIDE 最強のふたり / ブライアン・クランストン
全体の平均評価点:
(5点満点)

7

  • DVD
ジャンル:

「THE UPSIDE 最強のふたり」 の解説・あらすじ・ストーリー

日本でも大ヒットしたフランス映画「最強のふたり」をブライアン・クランストンとケヴィン・ハート主演でハリウッド・リメイクしたヒューマン・コメディ。全身麻痺の大富豪と彼の介護人となったスラム街出身の無職の男が、思いがけない友情を育んでいくさまを描く。共演にニコール・キッドマン。監督は「幻影師アイゼンハイム」「ダイバージェント」のニール・バーガー。スラム街出身で求職中の男デル。深い考えもなしに、全身麻痺の大富豪フィリップの介護人の採用面接にやって来る。フィリップはハンディキャップのある自分に対しても遠慮のない態度で接するお調子者のデルを気に入り、秘書イヴォンヌの反対を押し切って採用してしまう。案の定、介護の経験もなく、生活習慣もまるで違うデルは、次から次へと失敗やトラブルを重ねていくのだったが…。 JAN:4532612143715

「THE UPSIDE 最強のふたり」 の作品情報

製作年: 2017年
原題: THE UPSIDE

「THE UPSIDE 最強のふたり」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

THE UPSIDE 最強のふたりの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
125分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP14467 2020年10月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
291枚 33人 45人

関連作品

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

THE UPSIDE 最強のふたりネタバレ

投稿日:2020/10/12 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 介護が必要な大富豪とスラム出身のヘルパーの交流の話。

 気難しくて、すぐに介護師がやめてしまう首から下が麻痺してしまった老人と。複雑な家庭環境で、弟達の面倒を見る青年と、全く違う世界に今まで住んでいた者同士のカルチャーギャップを面白く見せてくれて、いろいろ遊んでいく2人を見ていると本当に楽しそうで面白く見ることができました。

 オペラを観にいって、めちゃくちゃ馬鹿にしたり前衛的な絵を見て何でこんな高いのか驚いて、自分で書いてしまみようとしたり。今までの生活にはなかった世界に驚く青年の姿も面白いですし。
 逆に青年が、老人に今の音楽を聞かせてダンスをしたり。ひたすら女性を口説いたり、老人が文通相手とのやりとりをもどかしく思い。さっさと電話しろよと強引に会わせてみたり。
 お互いがお互いを変化させていく様子が、テンポよくなおかつコメディとして描かれていて見ていて面白かったです。

 何で、老人が青年を雇おうと思ったのかがちょこっとわかりずらかったですが。「彼は私に気を使わない」と語っていたりしたので、問題ないです。

 屋敷に勤める人たちと青年の交流も面白く、後半は良いチームになっているのがとても好感を持てるファミリーでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

どんな状況でも挑戦する心を忘れない

投稿日:2020/10/31 レビュアー:hinakksk

 フランス版オリジナル「最強のふたり」が、映像、音楽、美術等、すべてにおいて素晴らしい映画だっただけに、フランス版を観た人と観ていない人とでは、この映画に対する感想や評価はかなり違ってしまうだろうと思う。このリメイク作品は、良くも悪くもアメリカ映画で、とても率直でフランス版よりずっとリアルだけれど、社会性や知的な奥行きはあまり感じられない。

 特に残念なのは、オリジナルにはあった、貧富や階級、人種や移民問題といった背景が希薄になってしまったことだ。もちろん半身不随のフィリップは大金持ちで、前科のある黒人のデルは無職で貧困という設定だが、さほど切実には感じない。単に個人差やお金の多寡の違いであって、それが社会問題に直結するまでには至っていない。デルには妻子があるので、むしろ夫や父親としての責任を果たせるかという家族問題になっている。そして、その答として、デルは給与を妻に渡すし、妻子のために立派な家を購入する。

 富豪のフィリップは音楽や絵画の趣味はあるけれど、本質的に企業家で、デルとの会話もビジネスに関するものが多い。やりきれない怒りや苦しみをストレートに吐き出し、デルにガラスや陶器を床に投げつけて破壊させたりする。うまくいかないことがあると、他者に八つ当たりして、怒りにまかせて解雇したりもする。人物像が等身大にリアルに描かれているので、半身不随で生きなければならない苦悩がより深く伝わってくる。

 フィリップを乗せてデルがスポーツカーを疾走させるシーンや、ハンググライダーで山間を悠然と滑空するシーンは、とても爽快。どんな環境でも、どんな状況にあっても、チャレンジする気持ちさえ忘れなければ、やれることはたくさんあるのだという、前向きで心強いメッセージになっている。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

四肢麻痺の大金持ちと、スラム黒人の友情。

投稿日:2020/10/25 レビュアー:カマンベール

2011年の「最強のふたり」のハリウッドリメイク版です。
多少のアレンジはありますが、本筋は殆ど同じです。
オリジナルほどの感動作とは言えないけれど、気持ちよく見て笑えて、
元気を貰いました。
リメイクとしては成功してる方だと思います。

生きることに絶望していたフィリップ(ブレイキング・バッドやトランボ役の
ブライアン・クランストン)。
フィリップは、次々と気に入らない介護人を
解雇していた。
そして新しい介護人の募集に現れた黒人のデル(ケビン・ハート)
フィリップの心には自殺願望が宿るほど、気持ちが弱っている。
ガサツで介護の経験もないデルを雇ったフィリップの内心は、
「この男なら、誤嚥で呼吸麻痺を起こしたりして、死ねるんじゃないか?」
と、思っていた・・・なぜなら、
「緊急措置は断る!!」「してはならぬ!」
と、何度も念を押すフィリップです。

命令をなんでも聞く介護人もしない掟破りをデルはやる。
その一、
フィリップのコレクションを盗む。
その二、
勝手に自家用車を運転して息子を乗せる。
その三、
排泄の世話は御免だと、逃げ回る。

四肢麻痺の大金持ちにとって、
生きる意欲ってなんだろう?
そうだ!デルは考える。
《良い女だ》
フィリップの性感帯が耳(笑)だと知ったデルは、
女友達をフィリップのペントハウスに出張させて、
性感帯を刺激させる。
フィリップは男性機能が残ってたらしいんですよ・・・・。
(これは立派に生きる目的になったみたいです!!)

スポーツカーをぶっ飛ばす!!
ドラッグでハイになる(・・・痛み止めにもなる)
幸せそうなフィリップ。

しかし、ある悲しい出会いのアクシデントがあり、フィリップは深く傷つきます。
デルを遠くへ遠ざけます。
そして、それはフィリップを死ぬほどの悲しみの底へと沈めることに・・・

デルの存在・・・彼でなければ出来ないこと。
フィリップを前向きにすること。
ベッドと車椅子だけに縛られて生きないこと。

オスカー女優のニコール・キッドマンが出演しています。
秘書役だけでは修まらなかったようですよ。

フランス版のオマール・シーの美しさには及ばないけれど、
ペントハウスの豪華さと、現代美術の数々。
オペラシーンにも癒されました。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なかなか面白いが、オリジナル版を越えていないネタバレ

投稿日:2020/10/30 レビュアー:勇光

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

フランス映画のリメイク。すっかりハリウッド映画って感じになってる。
オリジナルの話では首から下が動かない富豪のオッサンが主人公だが、こっちは富豪の世話係に雇ってもらえて人生をリセットできた黒人の方が主人公。なのだが、オリジナルの黒人俳優の方が天真爛漫で面白い。ケヴィン・ハートの役は女房と子どもがいて脳天気ではいられないこともあり、雰囲気がやや暗い。富豪のキャラもオリジナル版の方がいい味をだしていた。
尚、ストーリーはオリジナル版の方があっさりしている。リメイク版はドラマ性を強くしてあって、ケヴィンがクビになったりするし、ラストのオチは秘書だったニコールとブライアン・クランストンのラブストーリーになっていて、オリジナル版よりもひねってある。が、心に響くものの量はリメイク版の方が少ないような気がした。

これはこれで面白いが、オリジナル版を観たあとで観るともの足りない感じが残るだろう。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

7点満点中

投稿日:2020/11/15 レビュアー:ビリケン

4点

まあまあでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全7件

THE UPSIDE 最強のふたり

月額課金で借りる

都度課金で借りる