ある船頭の話

ある船頭の話の画像・ジャケット写真

ある船頭の話 / 柄本明
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ある船頭の話」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

俳優として国際的に活躍するオダギリジョーが満を持して挑んだ長編映画初監督作。近代化の波が押し寄せる明治時代の山あいの村を舞台に、建設中の橋によって仕事が奪われようとしていた渡し船の老船頭が船を利用する人々と織りなす日々の営みと、謎めいた少女との交流の行方を描く。主演は柄本明。共演に川島鈴遥、村上虹郎。山あいの村で川辺の小屋に一人で住み、村と町をつなぐ渡し船の船頭をするトイチ。しかし近くには大きな橋が建設中で、船を利用する人々は、町へ行きやすくなると橋の完成を心待ちにしていた。そんなある日、トイチは川を流れてきた少女を拾い上げると、小屋に連れ帰り看病する。回復しても何も語ろうとしない少女をそのまま面倒見るトイチ。折しも川上の村で一家皆殺し事件があったという噂が彼の耳にも入ってくるのだったが…。 JAN:4532612142756

「ある船頭の話」 の作品情報

作品情報

製作年: 2019年

「ある船頭の話」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

午前3時の無法地帯

パッチギ!

熱中時代 (教師編Part2)

放浪記

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

オダギリジョー初監督作品で、世界デビュー。

投稿日:2020/08/06 レビュアー:カマンベール

2019年(日本)
大正初期の渡し舟の船頭・トイチに押し寄せる近代化の波・・・
渡し舟はやがて新しい橋の建設により用無しになるのです。

それにしてもオダギリジョー、渋い映画を監督したものです。
主役の船頭は名バイプレイヤーの柄本明。
脇を固めるのは豪華な出演者。
永瀬正敏、浅野忠信、伊原剛志、笹野高史、草笛光子、蒼井優・・・
助演は若い村上虹郎と謎の少女・川島鈴遥。

新潟県の阿賀町を中心にロケして、渡し舟の川は阿賀川です。
兎にも角にも撮影が素晴らしい。
それもそのはず国際的に活躍するクリストファー・ドイルが撮影監督を勤めています。
画面の構図が抜群ですね。
ゆったりした川の流れに渡し舟が小さい。
川脇を鬱蒼と樹々が茂り、空には雲と青空。
衣装はアカデミー賞を衣装デザインで受賞したワダエミ。
(少女が目を覚まして突然、朱色のドレスに着替えしたのは謎でしたが・・・)

語らぬことの潔さ。
船頭・トイチの過去も、少女の過去も、何も明かされません。
失われて行く時代への愛情が胸を打ちます。

アート系の作品です。娯楽は求めないで下さい。
海外のコンクールで多数受賞しました。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

豪華俳優の無駄遣い

投稿日:2020/09/14 レビュアー:だいこんさん

笹野高史、草笛光子、蒼井優、浅野忠信はちょい役です。本当にちょっと出て終わり。
監督はオダギリジョー、豪華俳優時ときたら期待しますよねぇ…
期待したらダメですよ。2時間超、長いし…

時代考証がよくわからない。大正末期らしいけど、金属の橋みたいなものもあるし…

事件らしいこともたいして起こらず、ただ淡々と村人を船で渡す船頭の話でした。なかなかたいくつ。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

俳優のネ−ムバリュ−

投稿日:2020/09/23 レビュアー:モリゾ−

他の方も書かれてますが、俳優陣の無駄遣いこの上ないですね。
監督経験もそれ程ないだろうからと期待せずに観ましたが、それにしても酷い仕上がりだと思います。
内容も薄いのであればもう少し登場人物を減らして村人とのやりとり等を増やせば、また違った印象になったと思いますが・・・。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

ある船頭の話

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

オダギリジョー初監督作品で、世界デビュー。

投稿日

2020/08/06

レビュアー

カマンベール

2019年(日本)
大正初期の渡し舟の船頭・トイチに押し寄せる近代化の波・・・
渡し舟はやがて新しい橋の建設により用無しになるのです。

それにしてもオダギリジョー、渋い映画を監督したものです。
主役の船頭は名バイプレイヤーの柄本明。
脇を固めるのは豪華な出演者。
永瀬正敏、浅野忠信、伊原剛志、笹野高史、草笛光子、蒼井優・・・
助演は若い村上虹郎と謎の少女・川島鈴遥。

新潟県の阿賀町を中心にロケして、渡し舟の川は阿賀川です。
兎にも角にも撮影が素晴らしい。
それもそのはず国際的に活躍するクリストファー・ドイルが撮影監督を勤めています。
画面の構図が抜群ですね。
ゆったりした川の流れに渡し舟が小さい。
川脇を鬱蒼と樹々が茂り、空には雲と青空。
衣装はアカデミー賞を衣装デザインで受賞したワダエミ。
(少女が目を覚まして突然、朱色のドレスに着替えしたのは謎でしたが・・・)

語らぬことの潔さ。
船頭・トイチの過去も、少女の過去も、何も明かされません。
失われて行く時代への愛情が胸を打ちます。

アート系の作品です。娯楽は求めないで下さい。
海外のコンクールで多数受賞しました。

豪華俳優の無駄遣い

投稿日

2020/09/14

レビュアー

だいこんさん

笹野高史、草笛光子、蒼井優、浅野忠信はちょい役です。本当にちょっと出て終わり。
監督はオダギリジョー、豪華俳優時ときたら期待しますよねぇ…
期待したらダメですよ。2時間超、長いし…

時代考証がよくわからない。大正末期らしいけど、金属の橋みたいなものもあるし…

事件らしいこともたいして起こらず、ただ淡々と村人を船で渡す船頭の話でした。なかなかたいくつ。

俳優のネ−ムバリュ−

投稿日

2020/09/23

レビュアー

モリゾ−

他の方も書かれてますが、俳優陣の無駄遣いこの上ないですね。
監督経験もそれ程ないだろうからと期待せずに観ましたが、それにしても酷い仕上がりだと思います。
内容も薄いのであればもう少し登場人物を減らして村人とのやりとり等を増やせば、また違った印象になったと思いますが・・・。

1〜 3件 / 全3件