No.86 RANKING

his

hisの画像・ジャケット写真
his / 宮沢氷魚
全体の平均評価点:
(5点満点)

3

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「his」 の解説・あらすじ・ストーリー

「愛がなんだ」「アイネクライネナハトムジーク」の今泉力哉監督がTV「偽装不倫」の宮沢氷魚と「ママレード・ボーイ」の藤原季節を主演に迎え、メ〜テレ制作ドラマ「his〜恋するつもりなんてなかった〜」のその後を描いたLGBTQ映画。ゲイだと知られることを恐れて東京の会社を辞め、静かな田舎町でひっそりと暮らしていた井川迅。そこへ突然、8年前に迅のもとから去っていった日比野渚が、6歳の娘・空を連れて現われる。居候させてほしいという渚に戸惑いつつも、一緒に暮らし始める3人。そんななか渚は、離婚協議中の妻と空の親権を巡って争っていることを打ち明けるのだったが…。 JAN:4907953216860

「his」 の作品情報

製作年: 2020年
製作国: 日本

「his」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

hisの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
127分 日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
80DRJ30423 2020年08月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
177枚 18人 13人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

この人たちの物語をもっと見たい。

投稿日:2020/07/01 レビュアー:ひゅう助

ゲイやバイセクシュアル、レズビアンを題材にした映画は基本的に見ない。自分がそうではないし、興味がないからだ。自分とは関係のない世界だ、と。

今回それを題材にした映画を見た。思ったことは、人は他の人を思って生きてくれたら、美しいということだ。

あらすじ

高校時代ゲイとして恋人同士だったシュンとナギサ。それは突然のナギサの決別宣言で終わりを迎えた。

ときは流れ現在。人と離れることを選んだシュンは、田舎で自給自足の生活をしていた。そこに、実の娘を連れたナギサが現れて、3人の共同生活が始まる・・・。


ゲイは今現在も現代社会で当然のように差別の対象だ。それは空気のように当たり前のように日常に存在する。

空気のように当たり前に、生まれながらに同性愛者として生まれた人は、その愛をどこに向ければいいのか。

彼らは生まれながらに差別されることが決まっている。理不尽に。

そこに同情や関心はない。あるのは1つ。嫌悪だ。

ものの例えとして話をしても「冗談」としてスルーされる。彼らの話を真剣に聞くものは少数だ。

現実問題、今日は日曜日だったが映画館内は3分の1も埋まっていなかった。誰も関心がないのだ。他の映画は満席に近かった。

先進国の中でも最低レベルの理解力の無さだろう。おそらく排他的な島国根性が無駄に発揮されている。

言っておくが、この映画は相当よかった。久しぶりに映画館で感動した。

だから今からでも遅くない。見に行ってほしい。理解してほしい。彼らを「普通」にしてほしい。

エンドロールが始まる直前というものは自慢じゃないが、予測できる。その私が、「まだ続いてほしいな」と思った。彼ら「4人」の物語をもっと見たいと思った。

彼らの前にはこれからも苦難が待ち受けるだろう。でも、それに苦しみながらも乗り越えていく凄い彼らを見たかった。

☆5つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ボーイズラブのその後・・・

投稿日:2020/08/09 レビュアー:カマンベール

2020年。
「愛がなんだ」「アイネクライネナハトムジーク」などで、恋愛映画の名手・今泉力哉監督最新作。

ボーイズラブのその後を描いて鮮烈でした。
大学生の時、迅(宮沢氷魚)は、知り合った渚(藤原季節)と同棲していました。
渚から一方的に別れを告げられた迅は、岐阜県白川町に引っ越して、ひっそりゲイを隠して生きていました。
そして8年ぶりの渚との再会。
渚は6歳の自分の娘の空(外村紗玖良)を連れて迅を頼って来たのでした。
戸惑いつつも、迅と渚と空の生活は始まります。
しかし渚は妻とは離婚調停中で、空の親権を争う身だったのです。

この映画はボーイズラブを差別したり偏見にまみれたりしていないのです。
迅の同僚も村のお年寄りも、みんな3人に優しいのです。
そこは心地いい・・・だれも好奇心はあるけれど、否定はしません。
「だれが、だれを好きになったって良いさ、」
ニュアンスは男同士だって愛は同じさ・・・と理解してくれます。

後半は法廷劇です。
裁判を通して空の親権を妻(松本若菜)と渚が争うのです。
妻の立場も辛いですよね。
夫が自分のゲイを隠して結婚して子供までいるのに、やっぱり俺ゲイだから、無理・・・なんて言われたら、
最後まで責任もってよ・・・って言いたいです、私なら・・

でも裁判は迅と渚にとって、自分と向き合い真のアイデンティティを見つめる良い機会になったようです。

迅を演じる宮沢氷魚さんの清潔感溢れる演技が良かったです。
渚を演じる生身の偽らない藤原季節さんも、空ちゃんを通して大人になる演技が迫りました。
そしてなんと言っても空の外村紗玖良ちゃんの演技に参りました。

迅と渚と空の10年後、20年後が、絶対に見たい・・そう思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

3

投稿日:2020/09/18 レビュアー:aa

温かい。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

his

月額課金で借りる

都度課金で借りる