No.19 RANKING

ラストレター

ラストレターの画像・ジャケット写真
ラストレター / 松たか子
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

8

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ラストレター」 の解説・あらすじ・ストーリー

「Love Letter」「花とアリス」の岩井俊二監督が、故郷の宮城を舞台に豪華キャスト陣の共演で撮り上げたラブストーリー。手紙の行き違いがから始まった2つの世代の恋愛模様とそれぞれの心の再生を、過去と現在を行き来しつつ、切なくも優しい筆致で綴る。出演は松たか子、福山雅治、広瀬すず、森七菜、神木隆之介、庵野秀明、中山美穂、豊川悦司。岸辺野裕里は姉・未咲の葬儀の場で、彼女の娘・鮎美から未咲宛てに届いた同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。その後、姉の死を知らせるために向かった同窓会で、その姉と勘違いされてしまう裕里。戸惑う彼女は、そこで初恋の相手で今は小説家をしている乙坂鏡史郎と再会する。ひょんな成り行きから、姉のフリをしたまま鏡史郎と手紙のやり取りをするようになる裕里だったが…。 JAN:4988104124807

「ラストレター」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: 日本

「ラストレター」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ラストレターの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
121分 日(バリアフリー) 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ、日(バリアフリー音声ガイド):ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV30080R 2020年07月15日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
365枚 436人 345人

【Blu-ray】ラストレター(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
121分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR30079R 2020年07月15日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
124枚 222人 206人

関連作品

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

ラストレターネタバレ

投稿日:2020/07/30 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 いろいろ人の手紙を勝手に読んで、他人のふりをして文通をやって成長していく話。

 高校時代の恋愛から成人して現在に至るまで幻影から抜け出せずに、同窓会で再会きっかけで思い出の人や場所をめぐって成長していく物語として楽しめました。豪華キャストの競演も画面が華やかでよかったです。

 手紙がゆえに相手に思いが届いたり届かなかったりして、もしあの時ああしていればというすれ違いの面白さに岩井作品らしい学生時代のノスタルジーさ初々しさなどが挟み込まれていました。

 ただ物語の根本である手紙を他人のふりをして相手に送る、というのは、松たか子さんが書いたものと広瀬すずさんが書いたもので筆跡の時点でおかしいと福山雅治さんは気づかないのだろうか? 同窓会の時点で気づいてたと言っていたので、手紙の時点で気づいていたけど、あえて返信していたのだろうかとかそもそもの設定で乗り切れない部分もありました。

 よくよく考えると他人の手紙を読んで勝手に返信するというのは、人としてあまりよろしくないのではないかと思ってしまったりバカでかい犬を押し付けて飼わせるというのとかもいかがなものか? とか思ってしまいますが、岩井俊二作品らしいみずみずしさはさすがの映像や雰囲気がある映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

25年間、ずっとあなたを愛しています。

投稿日:2020/07/16 レビュアー:カマンベール

2019年。「Love Letter」の岩井俊二監督作品。

25年前の初恋の女性を思い続けて、呪縛から逃れられない作家・乙坂鏡史郎。
そんな天然記念物みたいな中年男を福山雅治は、お茶目で、ほんわかした汚れのない・・・
愛すべき中年としてあり得ないくらいピュアでした。

高校同窓会(25年経て)で再会した初恋の女性・遠野未咲(松たか子?)に、
「ずうっと、あなたが好きでした」とメールして、
「おばさんをからかわないで下さい!」とかわされ、
姉(遠野未咲)を語った妹・裕里(松たか子)は、浮気を疑った夫(なんと、シンゴジラの監督の庵野秀明!!)に携帯をお風呂に投げ捨てられる顛末(???)

重くなりそうなストーリーが軽妙でコミカルな語り口でスラスラと頭に入ります。
松たか子が、お茶目で、ホントに愛らしいキャラクター。

多くは語りません。
天然水を味わうように自然で素敵です。ごくごく飲めます(笑)

岩井俊二監督の出身地の宮城。
生まれ故郷の地の利は隅々まで生かされ、
広瀬すずと森七菜はふた役を自然に演じて秀逸です。
広瀬すずと森七菜。
ふたりの美少女はやはり岩井俊二作品のミューズ。
死語のような純真で清潔な生き物が、少女・・・である事を思い出させます。

そして「Love Letter」1995年の主演のふたり。
中山美穂と豊川悦司が25年後に奇しくも共演って、マジですか!!

手紙が伝える奇跡のストーリー。
物語りは手紙を介して語り継がれ生まれ続ける・・・常に新しく。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

行き違いの手紙がつなぐ恋の事実ネタバレ

投稿日:2020/07/16 レビュアー:くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

闘病の末に自殺した姉・未咲の死を報告するべく、姉の同窓会に出席した裕里(松たか子)は、
姉が出席したと間違われ、死を言い出せないまま気まずくなって慌てて会場を出た。
バス停まで追いかけてきたのは同級生の乙坂鏡史郎(福山雅治)。彼は、連絡先を交換しようと
言うのだった。
ひょんな成り行きから裕里は姉のフリをしたまま、乙坂と手紙のやりとりをするようになった。

宮城県を舞台に、ゆったりした音楽に導かれ、時をさかのぼるような美しい映像は、
岩井俊二監督の意のままに画面に引き込まれる。
現代パートは、明るい松たか子のにぎやかさと、その二人の子供、少し怒りっぽい夫や大きな犬(ボルゾイ)2匹と軽快に進む。
夫が妻のスマホを風呂に投げた(!)ので、裕里は乙坂に手紙で連絡をとった。
SNS全盛の今頃、なぜに手紙なんてという疑問は、そういうトリックだったのだ(笑)。

過去パートは高校生時代。転校してきた乙坂(神木隆之介)は、未咲(広瀬すず)に一目で恋をする。
妹(森七菜)に頼んで手紙を渡してもらうが、妹は乙坂が好きだった・・・。
瑞々しいキラキラ光る青春の日々が繊細なシーンで表現される。

そして中盤、乙坂は自分の知らない時期の未咲の不幸を知る事となり、裕里から
「あなたが(姉と)結婚してくれてたら良かったのに・・」と言われる。
しかし、現実はそうでないのだから、取り返せない現実に絶望するばかりだ。
あれほど華やかで将来に希望のあった姉が、人生を苦しみ何度もリストカットを経験して
ついに自殺した。乙坂も知らない姉、妹とも離れていた時期、それぞれの人生がふと、接点を外した時、事実は選択される。
それでも姉の苦しい時の支えが乙坂の書き残したものだったという事が、終盤にかけて
カタルシスとなってゆく。
何かが成就する映画ではないが、誰の人生にも悲しい思い出や後悔があるのだなと思った。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

岩井俊二監督loveです

投稿日:2020/08/07 レビュアー:すいそ

フライドドラゴンフィッシュ
ピクニック
四月物語
ラブレター
スワロウテイル
みんな私の青春
大好き
ラストレター
久しぶりに青春が戻ってきた
岩井俊二監督の世界感
心地よいです
シアワセ

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

投稿日:2020/08/03 レビュアー:ネットレンタル愛好者

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全8件

ラストレター