私の国

私の国の画像・ジャケット写真

私の国 / ヤン・セジョン

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

「私の国」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

ヤン・セジョン、ウ・ドファンら豪華俳優陣共演によるアクション時代劇の第10巻。高麗末期。病気の妹を支え貧しい暮らしのフィ、父は高官だが奴婢の母を持つ庶子を理由に差別されてきたソノ。親友のふたりは武科の試験に挑み…。第19話と第20話を収録。

「私の国」 の作品情報

作品情報

製作年: 2019年
製作国: 韓国
原題:

「私の国」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

君を守りたい 〜SAVE ME〜

大望

英語完全征服

輝くか、狂うか

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

そそれぞれが夢見る、「私の国」 ネタバレ

投稿日:2020/05/11 レビュアー:snowstar

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

高麗時代の末期、激動の時代の中で駆け抜けたフィ、ソノ、ヒジェ
若い頃、身分を越えて心を通わせ、強い信頼関係で結ばれている親友時代は 
男同士、良きライバルという関係なので笑いもあり、ほのぼのと観てられる
けれどソノの父親の存在が二人の間に溝を作り、遠ざけてしまいます
武術も長けて実力もあるフィがソノの足かせになると考える父親が
いろんな場面でフィを苦しめていくのです

病を患う妹思いの兄、フィ
妹と離れ離れになるシーンや妹のために自分を犠牲にするシーンは
もう泣かずにはいられない
この妹、ソノに恋心を抱いていて、ソノにかける優しい言葉にも胸にぐっとくる

こんな仲のいい彼らがソノの父親によって、めちゃくちゃになるのはほんとに辛かったです
ソノと父親との関係もとても可哀想でした
母の身分が低いため認められない彼
愛されないで育った彼もすごく孤独で、特にひとりになってからの彼の苦しみは同情してしまう
フィの妹だけがソノに優しく接し、温かい言葉をかけていたのが思い出されます
私にとって凄く印象に残るシーンとなっています
ついつい忘れがちになるソノの苦しみ。。。それを思い出させる言葉でした

時代劇での荒々しいヤン・セジョンさんのイメージが観る前は湧かなかったので
慣れるまで時間がかかりましたが、妹や愛する人に向ける優しい眼差しには、
そうこれこれ、と思わせられました

両親を殺した人物に復讐する目的で権力に近づこうとしていたヒジェ
ソリョン演じるヒジェも女性ながら芯があり、堂々とする姿がカッコ良かったです
AOAでも一番人気のソリョン、今回は演技でも良かったです

さらにバリバリの存在感をみせるのはチャン・ヒョクさん
この人が敵なのか味方なのかわからず、もやもやさせられました
強烈な印象を与える流石のチャン・ヒョクさんでしたよ

それぞれが夢見る、私の国
目指す国にするために命を顧みずに奮闘する姿を描いています
フィとソノの切っても切れない強い絆に感動させられます
サントラもとても良かったです。。。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

魅力的な若手二人の主人公

投稿日:2021/07/22 レビュアー:およよ

可愛いヤン・セジョン君とクールなウ・ドファン君は魅力的。印象深くしたい意図はわかるけど、ラストが気に入らないので、減点しました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

わたしの国とは

投稿日:2021/07/08 レビュアー:つけもの石

それぞれの登場人物によって意味が異なる「私の国」。恋と友情、アクション、アップテンポで物語が進みおもわず、ひきこまれます。

出てくる人物がててもそれぞれの味を持っています。
私は子供の思いを受け止めようとしない父親にとても 怒りを感じました。

子供があんなにはっきり言葉に出して伝えているのに それが理解できない父親。それと対照的なのが最後まで続く友情、うらやましいですね。私は裏切られた経験があるので・・・。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

私の国

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

そそれぞれが夢見る、「私の国」

投稿日

2020/05/11

レビュアー

snowstar

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

高麗時代の末期、激動の時代の中で駆け抜けたフィ、ソノ、ヒジェ
若い頃、身分を越えて心を通わせ、強い信頼関係で結ばれている親友時代は 
男同士、良きライバルという関係なので笑いもあり、ほのぼのと観てられる
けれどソノの父親の存在が二人の間に溝を作り、遠ざけてしまいます
武術も長けて実力もあるフィがソノの足かせになると考える父親が
いろんな場面でフィを苦しめていくのです

病を患う妹思いの兄、フィ
妹と離れ離れになるシーンや妹のために自分を犠牲にするシーンは
もう泣かずにはいられない
この妹、ソノに恋心を抱いていて、ソノにかける優しい言葉にも胸にぐっとくる

こんな仲のいい彼らがソノの父親によって、めちゃくちゃになるのはほんとに辛かったです
ソノと父親との関係もとても可哀想でした
母の身分が低いため認められない彼
愛されないで育った彼もすごく孤独で、特にひとりになってからの彼の苦しみは同情してしまう
フィの妹だけがソノに優しく接し、温かい言葉をかけていたのが思い出されます
私にとって凄く印象に残るシーンとなっています
ついつい忘れがちになるソノの苦しみ。。。それを思い出させる言葉でした

時代劇での荒々しいヤン・セジョンさんのイメージが観る前は湧かなかったので
慣れるまで時間がかかりましたが、妹や愛する人に向ける優しい眼差しには、
そうこれこれ、と思わせられました

両親を殺した人物に復讐する目的で権力に近づこうとしていたヒジェ
ソリョン演じるヒジェも女性ながら芯があり、堂々とする姿がカッコ良かったです
AOAでも一番人気のソリョン、今回は演技でも良かったです

さらにバリバリの存在感をみせるのはチャン・ヒョクさん
この人が敵なのか味方なのかわからず、もやもやさせられました
強烈な印象を与える流石のチャン・ヒョクさんでしたよ

それぞれが夢見る、私の国
目指す国にするために命を顧みずに奮闘する姿を描いています
フィとソノの切っても切れない強い絆に感動させられます
サントラもとても良かったです。。。

魅力的な若手二人の主人公

投稿日

2021/07/22

レビュアー

およよ

可愛いヤン・セジョン君とクールなウ・ドファン君は魅力的。印象深くしたい意図はわかるけど、ラストが気に入らないので、減点しました。

わたしの国とは

投稿日

2021/07/08

レビュアー

つけもの石

それぞれの登場人物によって意味が異なる「私の国」。恋と友情、アクション、アップテンポで物語が進みおもわず、ひきこまれます。

出てくる人物がててもそれぞれの味を持っています。
私は子供の思いを受け止めようとしない父親にとても 怒りを感じました。

子供があんなにはっきり言葉に出して伝えているのに それが理解できない父親。それと対照的なのが最後まで続く友情、うらやましいですね。私は裏切られた経験があるので・・・。

1〜 3件 / 全3件