No.21 RANKING

ロマンスドール

ロマンスドールの画像・ジャケット写真
ロマンスドール / 高橋一生
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

6

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ロマンスドール」 の解説・あらすじ・ストーリー

高橋一生、蒼井優共演、タナダユキ監督・原作・脚本によるラブストーリー。ひと目惚れして結婚した園子と幸せな生活を送る哲雄は、ラブドール職人という自分の仕事を隠し続けていた。仕事にのめり込むようになった哲雄は、園子とSEXレスになり…。※PG12※一般告知解禁日:4月10日

「ロマンスドール」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: 日本

「ロマンスドール」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督: タナダユキ
製作: 松井智
出演: 高橋一生蒼井優浜野謙太きたろう

ロマンスドールの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
123分 日(バリアフリー) 日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 80DRJ30422 2020年06月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
352枚 37人 41人

【Blu-ray】ロマンスドール(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
123分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 80XRJ20119 2020年06月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
118枚 13人 17人

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

心の琴戦に響きました・・・なんとも愛おしい映画です。

投稿日:2020/06/05 レビュアー:カマンベール

2019年。タナダユキ監督・原作・脚本。

とてもとても感動しました。
映画の第一行目のセリフで、ラスト(結末)をイキナリ言ってますので、
観てない方の為にファーストシーンに触れませんね。

映画はロマンスドール(ラブドール・・昔はダッチワイフと呼ばれた女の子と等身大の人形です)
そのラブドールの仕事についた哲雄(高橋一生)は美大の彫刻科出身のフリーターでした。
町工場みたいなラブドール工場は、造形家の相川(きたろう)と社長の元警官の久保田(ピエール瀧)そして事務員の田代のおばちゃん(渡辺えり)がいた。
みんな本物のラブドールを作るための情熱に溢れている。

ラブドールとは本物の女性の代わりに男性が愛玩して性処理をする人形のことらしいです。
工場に何体も裸のラブドールの未完成品を見て、内心、猥褻だったので、ドギマギしてしまいました。
R12だし、蒼井優もヌードすれすれのシーンとか、濡れ場もあるのでお子さんと見る映画ではないけれど、女性監督らしい感性の上品なアダルト系の映画です。

相川は、女性に酷似した肌触り・・・人肌を感じる、そんな究極ラブドールを作りたいと思う職人です。
そのために現実の女性モデルを使おう・・・と提案して、現れたのが、園子(蒼井優)でした。
医療用の乳房の型取りと偽って、胸に石膏を塗って行きます。
このはじめの30分は抱腹絶倒の会話と動作と展開。
きたろうと高橋一生と蒼井優のやりとりを、涙と笑いをこらえて観てました。
私が話すより観た方が何十倍もイイです。

その型取りの間に哲雄は園子に恋をしてしまいます。
そしてそれからの10年。
哲雄は園子に、職業が実はラブドールを作っている・・・を秘密にしてしまいます。

仕事にかまけて園子を置いてきぼりにした哲雄。
貞淑な妻に疲れた園子は、ある出来事と事件と決断をします。

本当にとにかく観てください。
タナダユキ監督の「百万円と苦虫女」そして「ふがいない僕は空を見た」
どちらもすごく好きな作品。
今回の映画はそれ以上です、私的には。
ラブドールという特殊な世界を描くことで、夫婦の究極の愛を描くことに成功しました。
特に女性に強くオススメします。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ちょっぴり特殊な、けれどしみじみとした夫婦愛の物語

投稿日:2020/06/14 レビュアー:hinakksk

 特殊な業界の話なのかと思っていたけれど、案外普遍的なテーマを扱っている。思わずついた嘘から始まった関係は、愛し合っていても、秘密を抱えたままでは、結局罪悪感でどんどん苦しくなり、相手と向き合えなくなって破綻してしまう。そこからは、お互いにどれだけ本気で誠実なのかが試されている。確かに「夫婦という形の試行錯誤」。

 ラブドールの製作と言っても、もの造りへのこだわりは、一般の職人と変わらない。様々な工夫や努力があり、緻密なデータだって必要(そしてそれを狙う悪い人間もいる)。下町の小さな工場の人間関係がとても温かくて快い。元警官で太っ腹の社長さんもとってもいい人。

 楚々とした主演のふたりが、しみじみとした夫婦愛を素直に真っ直ぐに演じている。他人が何と言おうが、ロマンスドールは、夫婦ふたりで作り上げる、ふたりの愛の証。最終的に命のテーマと結びついて、人形というモチーフが活かされている。ほんのちょっぴりオカルト的世界に近づいているかも。

 最後は賑やかに終って、湿っぽくない。大らかな海がすべてを包んでくれる。

  

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

その仕事は良かったのか?複雑で私にはわからないネタバレ

投稿日:2020/06/04 レビュアー:くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

美大卒業後、ひょんな事から大人のおもちゃラブドールの製作工場で働き始めた哲雄(高橋一生)。
ラブドールと言っても、職人たちの鋭い視線は完璧な商品を作ろうと真剣。
(逆にヨコシマな気持ちでいたら仕事にならんジャロ。)
そこにモデルとしてやってきたのが園子(蒼井優)。園子は医療用の(胸を失った人のための)復元作業のつもりで参加。
しかし、園子の胸型をとり、弾力確認のため、しばし胸に両手を押し当てさせてもらった哲雄は、
その日のうちプロポーズ、めでたく結婚と相成った。(パチパチ)

ラブドールの売れ行き好調で忙しい日々の哲雄。部屋に明かりがついていると、なぜかUターンして遊びに出かける哲雄だった。お互い、遊びのつもりの浮気を1回経験した結婚4年目。
園子はガンを発病している事を告白する。
びっくり!聞いてないよ状態の哲雄。だっていつも忙しくて話し合う時間もなかったじゃない!
ごめんよ園子〜、治ったら温泉に行こ♪
だが、次第にやせ細る園子。
園子は言う。『私の体をラブドールにして』・・・

これは愛なのか?執着なのか?ちょっと私にはわかりません。
だって、園子さん、あなたの顔をした人形が世のスケベな男たちに購入されるんですよ。
哲雄さんの仕事は個人情報仕込んで、個人的な思い入れで仕事してそれでいいんですか?
私は複雑な思いを抱きながらお二人のSEXシーンを見てました。(話が話だけに長い)

まるで江戸川乱歩じゃないですかー?若干ホラーですよね。
もしや、自分たちの愛、結婚はなんだったのか、心と体で答えを探していたのでしょうか。
高橋一生さんは、今回地味だけど真面目な仕事人、一途に愛する役で彼らしい人柄反映。
蒼井優さんはとても綺麗でした。かなり減量もされたようです。
ともあれ、私にはいまいち理解できない内容でしたので、こんな感想となりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

review

投稿日:2020/06/22 レビュアー:Kane

Review

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

R12は仕方無いけど可愛いお話

投稿日:2020/06/20 レビュアー:こぶた

ラブドール、ロマンスドールって、もう芸術作品としか思え無い

ストーリーは何とも愛おしい夫婦のお話です。
蒼井優さんってやっぱり可愛い人ですね
久々に日本映画で良い物を見ました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

ロマンスドール