プリテンダーズ ふたりの映画ができるまで

プリテンダーズ ふたりの映画ができるまでの画像・ジャケット写真

プリテンダーズ ふたりの映画ができるまで / ジェーン・レヴィ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「プリテンダーズ ふたりの映画ができるまで」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

ジェームズ・フランコ監督・主演、『きっと、星のせいじゃない。』のジョシュ・ブーン脚本によるラブストーリー。映画監督志望のテリーは駆け出しの女優・キャサリンにひと目惚れするが、連絡先も聞けず別れてしまう。その後、ふたりは再会し…。

「プリテンダーズ ふたりの映画ができるまで」 の作品情報

作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: Pretenders

「プリテンダーズ ふたりの映画ができるまで」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

スプリング・ブレイカーズ

ライトスタッフ

狼たちの激闘

ラヴレース

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

プリテンダーズ ー まさにふりだけ、実質を感じない

投稿日:2020/07/08 レビュアー:hinakksk

 舞台はニューヨーク。ヌーベルバーグの全盛期が過ぎ去った時代を背景に、映画監督を志す大学生テリー、カメラマン志望の青年フィル、駆け出しの役者キャサリン3人の、7年間にわたるグダグダの三角関係の恋愛模様がスケッチ風に描かれている、ヌーベルバーグもどきの映画。まさしく、主演の3人も、映画自体も、すべてがプリテンダーズというタイトルにぴったり。夜のシーンが多いので、画面が暗く、溌溂とした若さよりも倦怠感、投げやりで不健全な印象を受ける。日本語の前向きな副題にはそぐわない内容。

 キャサリンは、ゴダールの恋人だった女優アンナ・カリーナに憧れ、彼女を気取る、ヌーベルバーグ風ヒロイン。小悪魔のような魅力があるけれど、とらえどころがなく自由奔放で、何を考えているのやら。彼女との恋にテリーとフィルは翻弄されてしまう。

 1979年、3人が知り合い、テリーとフィルは親友に。テリーは一目惚れしたキャサリンを主演に、授業の課題の短編映画を制作する。女子学生に、本当の彼女を分かっていないと批評される。

 1983年、テリーはフリーランスの映画批評家に、フィルは写真家として活動、キャサリンは役者を続けている。凡人には理解不能な男女関係の確執がありながら、テリーは、キャサリンのアイデアに基づいて脚本を書き、映画プロデューサーに認められる。

 1986年、3人だったからこそ維持できていた不思議な関係に、ついに終りが来る。ロンドンまでキャサリンを追いかけたテリーは、彼女の驚きの秘密を知ることになる。

 言及が多くあり、ヌーベルバーグの映画やそれ以降の作品に関心があれば面白いのかもですが、それほど知識があるわけでもないし、登場人物に全く共感できないという映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

Pretenders

投稿日:2020/06/17 レビュアー:Goose

男を狂わすミステリアスな女にも悲しき過去・・

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

プリテンダーズ ふたりの映画ができるまで

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

プリテンダーズ ー まさにふりだけ、実質を感じない

投稿日

2020/07/08

レビュアー

hinakksk

 舞台はニューヨーク。ヌーベルバーグの全盛期が過ぎ去った時代を背景に、映画監督を志す大学生テリー、カメラマン志望の青年フィル、駆け出しの役者キャサリン3人の、7年間にわたるグダグダの三角関係の恋愛模様がスケッチ風に描かれている、ヌーベルバーグもどきの映画。まさしく、主演の3人も、映画自体も、すべてがプリテンダーズというタイトルにぴったり。夜のシーンが多いので、画面が暗く、溌溂とした若さよりも倦怠感、投げやりで不健全な印象を受ける。日本語の前向きな副題にはそぐわない内容。

 キャサリンは、ゴダールの恋人だった女優アンナ・カリーナに憧れ、彼女を気取る、ヌーベルバーグ風ヒロイン。小悪魔のような魅力があるけれど、とらえどころがなく自由奔放で、何を考えているのやら。彼女との恋にテリーとフィルは翻弄されてしまう。

 1979年、3人が知り合い、テリーとフィルは親友に。テリーは一目惚れしたキャサリンを主演に、授業の課題の短編映画を制作する。女子学生に、本当の彼女を分かっていないと批評される。

 1983年、テリーはフリーランスの映画批評家に、フィルは写真家として活動、キャサリンは役者を続けている。凡人には理解不能な男女関係の確執がありながら、テリーは、キャサリンのアイデアに基づいて脚本を書き、映画プロデューサーに認められる。

 1986年、3人だったからこそ維持できていた不思議な関係に、ついに終りが来る。ロンドンまでキャサリンを追いかけたテリーは、彼女の驚きの秘密を知ることになる。

 言及が多くあり、ヌーベルバーグの映画やそれ以降の作品に関心があれば面白いのかもですが、それほど知識があるわけでもないし、登場人物に全く共感できないという映画でした。

Pretenders

投稿日

2020/06/17

レビュアー

Goose

男を狂わすミステリアスな女にも悲しき過去・・

1〜 2件 / 全2件