No.27 RANKING

リチャード・ジュエル

リチャード・ジュエルの画像・ジャケット写真
リチャード・ジュエル / サム・ロックウェル
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

25

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「リチャード・ジュエル」 の解説・あらすじ・ストーリー

巨匠クリント・イーストウッド監督が、1996年のアトランタ五輪で大会期間中に起きた爆弾テロをめぐる実話を映画化したサスペンス・ドラマ。警備員として多くの命を救ったヒーローから一転、容疑者とされた男リチャード・ジュエルの過酷な運命を描く。主演はポール・ウォルター・ハウザー、共演にサム・ロックウェル、キャシー・ベイツ。1996年、アトランタ。高齢の母と2人暮らしの不器用で実直な男リチャード・ジュエル。警備員をしていた彼は、多くの人でにぎわうイベント会場で不審なリュックを発見し、中身の爆発物に気づいたことで大惨事を未然に防いだ。マスコミはこぞって彼を英雄として報道するも、捜査に当たるFBIは次第に第一発見者のリチャードに疑いの目を向け始めるが…。 JAN:4548967439656

「リチャード・ジュエル」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: RICHARD JEWELL

「リチャード・ジュエル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

リチャード・ジュエルの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日・英・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000764282 2020年05月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
384枚 50人 74人

【Blu-ray】リチャード・ジュエル(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
131分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000764281 2020年05月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
141枚 144人 156人

関連作品

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全25件

感動しました!

投稿日:2020/04/29 レビュアー:飛べない魔女

クリント・イーストウッド監督作品とあれば
観に行かないわけにはいかない!と思い
何とか時間を見つけて映画館に足を運びました。

巷で宣伝も見かけなかったし
さして話題にもなっていなかったので
あまり期待せずにいましたが
なんと、凄く良かったです!
最初から最後まで1秒も眠たくなる場面はなく
終始緊張感溢れる見事な作りでした。

アトランタオリンピック開催中に
会場近くの公園で開かれたコンサート会場で爆弾が爆発。
爆弾を見つけた第一発見者が会場の警備員をしていた元警察官のリチャード・ジュエルだった。
いち早く爆弾をみつけ、人々を非難させることが出来、死傷者を最小限に留めたことで
彼は一躍ヒーローとなる。
ところがFBIは彼の過去の経歴から、実は犯人ではないかと疑いにかかる。
そのことをアトランタ新聞がすっぱ抜き、新聞のトップに書かれたことにより
ヒーローから容疑者としていきなり奈落の底におとされたリチャード。
彼はFBIとメディアから人生を変えられてしまったのだ。

リチャードが弁護士として雇ったワトソン・ブライアント氏をサム・ロックウェルが演じて
非常に好演でした。
どこかいい加減に見えるロックウェルさんですが、やはり魅力的です。
リチャードの母親にキャシー・ベイツ。
リチャードを追い詰めるFBIの捜査官にジョン・ハムと脇固めも完璧です。
リチャード役にはコメディアンのポール・ウォルター・ハウザーが演じています。
彼もまた律儀で気の良い男・リチャードを好演していました。

最後はちょっと涙が。。
一人の善良な男が、警察組織とメディアにより踊らされ
血祭にあげられる数か月間を
クリントさんらしい鋭い視線で描いていました。
素晴らしい映画でした。
感動しました。

もうすぐ90歳のお誕生日(5月31日)を迎えるクリントさん!
きっと倒れるまで生涯映画を撮り続けることでしょう、
いや、いつまでもお元気で撮り続けて欲しいです!

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

《FBIの見込み捜査》と《メディアの暴力》に憤る

投稿日:2020/05/22 レビュアー:カマンベール

2019年。クリント・イーストウッド監督最新作。

期待通りの感動作でした。
はじめから最後まで映画に釘付け・・・筋運びの巧さとテンポの良さで一気にラストへ
運ばれて、感動とカタルシスに包まれました。

それにしてもFBIとメディアの暴力は酷い。
これはしかも実話なのです。

1996年のアトランタ爆破テロ事件。
五輪開催中のアトランタ。
警備員のリチャード・ジュエルはベンチの下に不審なリュックを発見する。
中身はパイプ爆弾だった。
ジュエルは観客の多くを迅速に避難させて、一時は英雄ともてはやされる。
なのに突然、第一発見者をまず疑え・・・これは操作の鉄則ですが、
やや疑わしい人物でもあった気の良い愛国者のジュエルは、
あれよあれよという間に、犯人に仕立てあげられていくのです。

この映画で、ジュエルがただ一人信頼して頼った人物。
それがやさぐれた弁護士のワトソン(サム・ロックウェル)
本当にジュエルはワトソンの知り合いで良かったです。
お間抜けでFBIの狡猾な誘導にすぐに乗っかるジュエルを、
励まして支え助ける・・・法の番人とはこの人の事。
善玉の弁護士のワトソン。
悪玉はFBI捜査官のトム(ジョン・ハム)
分かりやすい構図も観やすい理由です。
それにしてもアトランタ新聞の記者キャシー(オリビア・ワイルド)も、
本当に悪い。
犯人にでっち上げられる手口。
トムの遣り方に震えるほど怒りを覚えました。
(日本だって有罪率99%の国です。冤罪が恐ろしいです)

おバカだなあ〜お間抜けだなぁ〜と思いながらも、純粋で人を助けることだけを
第一に考えているリチャード・ジュエル。
演じたポール・ウォルター・ハウザー・・・得難い俳優さんだと好きになりました。
それにしてもクリント・イーストウッド監督。
権力に物申す姿勢素晴らしい。尊敬します。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

『FBI』と『メディア』、権力に翻弄された善良な警備員

投稿日:2020/05/22 レビュアー:くまげらの森

「失うものなど何もない」と、腹をくくったイーストウッド監督(89歳!)が、
1996年アトランタで起きた爆発事件の捜査と顛末を描く。
その日、オリンピック会場近くの、コンサート開催中の公園の警備にあたっていたリチャード・ジュエル
(ポール・ウォルターハウザー)は、不審なバックパックを発見する。
彼は、やはり警備にあたっている警官に報告し、警官は爆弾処理班を呼ぶ。
リチャードは、パイプ爆弾と判定される前から、一刻も早くと人々を避難させ先導し、爆発はしたが、彼の機転のおかげで被害は最小限にすんだ。
第一発見者として、彼はマスコミに囲まれヒーロー。テレビ出演や、本の出版の話まで舞い込む。
リチャードの母(キャシー・ベイツ)は「息子は誇り」と感激する。

だが、ある人物が意図的にリチャードの過去の情報を通報したため、早期解決を図りたいFBIは、彼を容疑者に仕立て上げる。
(事件は第一発見者を疑え。過去に問題行動がある、英雄になりたがる。母親と暮らす醜いデブ)
根拠はそれだそうだ。
確かにお世辞にも容姿端麗とは言い難く、顔は伸ばした中華まんのようにビローンだし、腹の出具合、短足具合は漫画だ。おまけに空気読めないタイプで、場違いな発言で浮く。だけど、大概そんなもんじゃないの!?
誰だって英雄になりたい、ケンカした過去はある。承認欲求だって、それなりにあるさ。
『下層白人』で悪いか?

しかし、そこにアトランタジャーナルという新聞社のキャシーという記者が、
ただスクープをとりたい一心で「FBIは容疑者として調べている」と一面でぶち抜く。
容疑者とは断定してない、「調べている」と書いてるので実に巧妙である。(つまり裏付けはないのである)。
報道されると、もしやそうかもしれない、あいつが犯人だと世論は暴走を始める。(まさに人間の弱さかもしれない。)3日目にして、リチャードはヒーローから暗転、容疑者として誹謗中傷された。
その辺の闇をイーストウッド監督は、余計なものを入れないで鋭利な刃物の如く、表現してゆく。
シンプルな技法は役者の力を出し切り、観客の目をそらさない。

さて、弁護士としてリチャードを信じて闘ったワトソン・ブライアント(サム・ロックウェル)。
金銭でなく信頼でつながった二人。飄々としたていのワトソンと、黙っておれというのにベラベラしゃべるリチャードにはユーモアさえ漂う。ワトソンは間違いなくこの理不尽な顛末の陰のヒーローだろう。
このどうしようもないリチャード・ジュエルを私たちはワトソンや母親のように
抱擁する気持ちで見る一方、(抱擁してもハミ出すが)
一方、国家権力と、メディアという化け物に容易にからめとられる明日が、我々にもくるかと思うと
恐怖に戦慄するのである。

「運び屋」で終わりかと勝手に考えて申し訳ない。こんな大きな感動を与えてくれた本作と、イーストウッド監督その存在に感動しました。感謝いたします。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

リチャード・ジュエルネタバレ

投稿日:2020/07/22 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 爆弾事件で第一発見者でいち早く非難を行った警備員が英雄から容疑者になってしまって、もろもろ大変な目に遭う話。

 警察やマスコミによる怪しいからという理由だけで違法捜査やひたすら監視されたりみな周りをさらされる被害を描いていてアメリカも日本も変わらないことを教えてくれる映画でした。

主人公の人の好さ純粋さが最高で絶対的に自分がピンチのはずなのに相手に協力したりして周りが止めるという無垢さがよかったです。主人公を追い詰めるFBI捜査官たちの憎々しさ怪しさも最高でした。

 主人公と彼を弁護する弁護士とのバディものとしてもよくて、冒頭で主人公と弁護士が出会ってそこまでしゃべらなくてもいい関係で彼らが一緒に危機を突破していくカタルシスもあってよかったです。

 ただ最初に主人公を容疑者にした女性記者さんが主人公の弁護士に罵倒された次のシーンで「彼が犯人じゃない」といきなり閃くのとかが急すぎて、そこから主人公たちを優しく見守るだけの役割であまり面白くないキャラクターでした。このマスコミの描き方とかもステレオタイプすぎて面白くなかったです。

 とはいえ、リチャードジュエルさんの名誉回復ができて安堵する映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

冤罪の渦中に巻き込まれた人物の真実を描くネタバレ

投稿日:2020/05/27 レビュアー:hinakksk

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 この映画のモチーフになっている、1996年のアトランタ爆破事件について何も知らず、弁護士の活躍で冤罪で逮捕された主人公が無罪になる話とばかり思っていた。実際は、リチャード・ジュエルは逮捕されたわけではなく、容疑者とみなされ執拗に追及され、メディアの暴虐で平穏な日常生活を破壊された人物だ。映画の主眼はその渦中の彼自身を描くことにある。

 映画は周到に事件の10年前から始まる。弁護士ワトソン・ブライアントとの出会いのエピソードであり、すでに早々に主題が提示されている。法執行官を目指すと言う備品係のリチャードに、ワトソンが「クイド・プロ・クオ(見返り条件)」というラテン語を示すと、リチャードは「公平な交換」だと応じ、彼の賢さと性格が表れている。そしてワトソンは、「ゲス野郎にはなるな。権力は人をモンスターにする」とリチャードにアドバイスを贈る。

 1996年、事件の起きる前、リチャードは大学の警備員をしている。過剰なまでに法と秩序を重んじ、職務熱心のあまり、常識的なバランス感覚を欠き、行き過ぎた取り締まりをしてしまい、学長に解雇される。この2つのエピソードで、リチャードの人物像が明確になると同時に、彼が容疑者とされる伏線にもなっている。そして、観る者もまた、彼に偏見を抱くことなく公平に判断できるのかと、問われている。

 爆破事件の起きた公園でのコンサートで、音響担当の警備員をしていたリチャードは、ここでもやり過ぎなほど仕事熱心で、生真面目で規則に忠実。この場合はそれが幸いして、結果的に被害を最小に抑えることができる。彼は一躍ヒーローともてはやされるが、オリンピック期間中で早期解決を強いられていたFBIは、証拠もないのに、他の人とはちょっと違って性格に偏りがあり、爆破犯のプロフィールに合致するというだけの理由で、密かにリチャードを容疑者として捜査するばかりか、有利になるよう、貪欲にスクープを求めるマスコミに卑劣にもリークする。

 悪夢の日々が始まるが、ここでも賢明だったリチャードは、騙されてミランダ警告の書類に安易にサインしたりせず、唯一信頼できる弁護士のワトソンに連絡を取る。刑事専門ではないにしろ、誠実なワトソンが彼の無罪を信じて、横暴で強大な公権力に対し共に闘ってくれたことは彼にとって最大の幸運だったろう。彼ひとりだったら逮捕され有罪とされていたかもしれない。

 最初は狼狽し憤るだけだった母親のバーバラ(ボビ)も、息子を守ろうと行動し、記者会見を開いて、感動的なスピーチをする。(キャシー・ベイツがさすがの名演。こういった展開はいかにもアメリカ的。日本だと出過ぎた行為だと思われて、逆効果になってしまうかもしれない。)リチャード自身もこの事件を通して成長し、FBIとの最後の審問では、受け身ではなく、明確な証拠はあるのか?と決然と問い返す。だからこそ、6年後の彼があるのだろう。

 リチャード・ジュエルは彼を公平に偏見なく描くこの映画によって救われた。公権力ばかりでなく、SNSで容易に自分の考えを発信することのできる現在、リチャードの時代以上に、誰もが加害者にも被害者にもなり得る。責任ある発言と賢い判断がより一層求められている。公権力の横暴にも、心無い中傷にも、苦しむ人がいないようにと、この映画は、功罪半する今の情報時代に、戒めと警鐘を発しているのかもしれない。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全25件

リチャード・ジュエル