No.17 RANKING

閉鎖病棟−それぞれの朝−

閉鎖病棟−それぞれの朝−の画像・ジャケット写真
閉鎖病棟−それぞれの朝− / 笑福亭鶴瓶
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

6

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「閉鎖病棟−それぞれの朝−」 の解説・あらすじ・ストーリー

帚木蓬生のベストセラー小説を笑福亭鶴瓶主演で平山秀幸監督が映画化したヒューマンドラマ。長野のとある精神科病院。死刑執行が失敗して生き長らえた秀丸、幻聴に苛むチュウさん、DVが原因で入院する由紀。3人は似た立場から心を通い合わせていく。※PG12

「閉鎖病棟−それぞれの朝−」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: 日本

「閉鎖病棟−それぞれの朝−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

閉鎖病棟-それぞれの朝-の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
116分 日(バリアフリー) 日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DRTD20324 2020年05月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
294枚 235人 288人

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

それぞれの事情

投稿日:2020/04/18 レビュアー:じゃじゃまる

平山秀幸監督「閉鎖病棟〜それぞれの朝」を見ました
主演笑福亭鶴瓶、綾野剛、小松奈々、小林聡美、などなど
あ、「かめどめ」に出ていたプロデューサー役のおばちゃんも患者役ででてます。
たしか「最高の人生の見つけ方」にも患者役で出てましたよ(笑)

死刑執行の失敗で精神病院をたらいまわしにされている秀丸。
幻聴で悩まされている元サラリーマンのチューさん、義父からのDVによりで引きこもっている由紀。

彼等はこの閉鎖病棟で居場所を見つけ、明るく生きていこうとしていたが、暴力的な患者が入所してきたことにより、事件が起こるが。。


ここの病院、門が開けっ放しで、外泊も届け出により自由にできる、いわゆる任意入院による「解放病棟」
ただ、発作が起きて手に負えなくなったり、暴力的な行為が行われると、カギのかかる「保護室」に入所となります

「人はそれぞれいろんな事情があるんだよ」とチューさんは言います

秀丸も罪の意識で夜な夜なうなされるときもあります
処刑の失敗で、頚椎をやられ、車いすですが、彼には陶芸の小屋を与えられ、症状の軽い患者は彼に陶芸を教わったり、閉鎖病棟は、きちんと人権を尊重していますよ、という描き方です
私的には、いいのか,刃物、持たせて、とか思ってたんですが(これが伏線)

姪っ子が精神福祉士で、このような病院に働いていて、ちょっと内情を知ってます
任意とはいえ、いざとなっても引受人は退院を拒みます(本人が退院するのはオッケーらしい)

親が息子を入所させていたのを家族に内緒にしてて、いざ亡くなった時に、患者さんの弟が遺骨引き取りの時に「兄がいたことを知らなかった」と言った例もあったようです。

ただあまりに自由で、違和感を覚えながら見てました

ましてや、あんな暴力的な患者(それ以外に症状がない)をいれていいのか?とか。。

一応、退院前には看護士等が付き添って、買い物仕方など指導するんですよ
姪っ子も結構青あざや,噛み傷、作ってましたね。大変な仕事ですね

そう思いながら見てました

鶴瓶が元死刑囚の役ということで、減量したらしく、そういや、やつれていました

綾野剛も小松奈々もよかったですよ

この作品はラストに希望があるので重いテーマですが、後味は悪くありませんでした

こういう病院の医師も看護士も大変だなーというのが実感です

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

閉鎖病棟?これでは『野放し病院・やり放題課』ではないか!ネタバレ

投稿日:2020/05/13 レビュアー:くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

作家・帚木蓬生さんの名を私が目にしたのは、1994年の「臓器農場」。翌95年に
「閉鎖病棟」で「山本周五郎賞」を受賞。前後して「三たびの海峡」が映画化。
(「三たびの海峡」には拙レビューをあげております。)
作家としてまごう事なき第一人者でありながら、同時に現役の精神科医であり、
依存症についてのノンフィクションなど読みやすい本も多数出版。マルチな才能の方です。

さて、平山秀幸監督の本作、鑑賞後の印象は非常に不愉快なものでした。
島崎由紀(小松菜奈)は義父に乱暴されて妊娠する。母は知っていながら、嫉妬から
娘に「出て行け」と言う。
セキュリティの面からも、初めて行った精神病院で屋上まで行けるわけもないと思うのだが、由紀は、一目散に屋上を目指し飛び降りた。ケガは軽かったが流産した。
(原作の場合は、病院で中絶手術を受けている)
それだけでも人生の大きなキズなのに、由紀はこの精神病院で、入院中の重宗という男から暴行を受ける。その描写が凄まじい。
普通にしている由紀とすれ違いざま、男は顔面を殴り、歯も折れんばかりの出血、脚を持ち上げてズルズル引っ張って、重宗はコトに及ぶ。なんという野獣だろー。
しかし、それを窓からのぞいている患者がいた。由紀も仲良くしていたその男の子は人を呼ぶとかの方法を思いつかなかったのだろうか。趣味のカメラでパチパチするばかりだった。(使えないヤツだ!怒)
精神病院にはおそらく、体は健康でも家族が引き取らないとか、前回の発作が20年も前だけど、いつまた再発するかもという理由で薬を「飲まされている」患者さんもいるのだろう。だから、厳しく管理しなかったり、ある程度、行動が自由なのかもしれない。そして警察沙汰はゴメンだ、という事なかれ主義。
だけど・・・ダメだろ!!患者が患者を暴行するなんて!!
(まだしも「愛してる、お願い、1回でいいからやらせて!」とでも言うなら同情だけはするかもしれないが、顔面殴りつけはサルだろう。)比べたらサルが可哀想だ。
それで、生きてゆく力もなくした由紀を、気に掛ける綾野剛と笑福亭鶴瓶、
鶴瓶(秀丸)はついに重宗にナイフを向ける・・・この、鶴瓶さんの人生がまたスゴイのよ!
映画の要諦は鶴瓶、綾野、小松の支えあい、思いやる姿だと思う。
だけども、それを書く前に、あまりの暴行シーンに、なんで何も悪くない女が生きてゆけないほどの絶望を味わわされなきゃいけないのかと、憤懣やるかたありません!!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

鶴瓶と小松菜奈の物語り

投稿日:2020/05/16 レビュアー:カマンベール

帚木蓬生の同名小説を原作に、平山秀幸が監督・脚本。

いろいろな事情から社会に適応できず、精神病院の病棟の大きな傘に守られて生きる
患者たち。
笑福亭鶴瓶の演じる秀丸は、死刑執行された死刑囚ですが、執行後に蘇生して生きながらえている・・・
そう言う特異な設定です。

義理の父親からDVを受けて心を閉ざす女子高生由紀(小松菜奈)は、
入院初日に屋上から飛び降りて自殺を図る。
(なんと妊娠していて、流産をしてしまう)

病棟には様々は悩みや過去を背負った人がいて、幻聴に悩む元サラリーマンのチュウさん(綾野剛)もその一人です。

社会の掃き溜めみたいな彼らにもささやかな日常や楽しみがある中、
由紀はまたしても凶暴な男の患者から目を付けられて、
レイプ被害を受けてしまうのでした。

手口が卑劣極まりないです。
首を締めて半分意識を奪い、さらに殴りつけて抵抗する体力も気力も奪う。

レイプの最高刑は懲役20年です。
ある意味で殺人事件より重いです。
その理由は、一人の女性の人生が奪われることがあるからです。
精神と肉体のPTSDから廃人同様になる事例があるのです。
それを加味して裁判官は殺人より重い刑を判決するのです。

事件後すぐに、由紀は姿を消してしまいます。
翌朝、レイプの証拠写真を見た秀丸のする決断。
捨身で由紀を守ること。
自分を犠牲にしても由紀の悔しさを晴らすこと。

「その優しさを、あなたは咎めますか?」

法律だけでは裁けないこともある・・・そう感じました。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

内の病院と外の世界、どちらも閉鎖的。

投稿日:2020/03/28 レビュアー:ひゅう助

精神病院はなにかと嫌なイメージしか思われない。暗い。汚い。気持ち悪い。不潔。異常者のいる所。近寄るな・・・などなど。

人間の生み出した「悪」の言葉を全て詰め込んだような場所、というイメージが一般の人にはあるだろう。

もちろん彼らはそれを表には出さない。精神病院?まぁ健常者じゃない人がいるところでしょ。大丈夫ですよ。

その内では、悪の心が芽生えている。

逆に病院にいる側の人たちはどうだろう。彼らは精神を病んでいる。それは否定できない。

彼らは外の世界では生きれないから、病院の内に入ってしまった人たち。彼らは外の世界では生きれないのだ。

彼らは言うだろう。

どーせ俺たちは異常者だ。だから誰も俺のことを信じちゃくれない。この病院の内だけで生きていこう。外の世界に希望はない。

こうして閉鎖病棟はできあがる。内の世界も外の世界も、お互いを忌み嫌う。

そんな下地で、この映画は始まる。

しかし、正直言って、この映画はその下地をそこまで掘り下げてなかった。

あくまで病院内の中の人たちの日常の話。まぁ、日常と言っても事件は起こるわけだけど。

病院内の世界の人達も、一歩踏み出してるよ。彼らも頑張ってるよ。ということを教えてくれる。

彼らも精神的にキツイときはある。ただのんべんだらりと病院内で暮らしてるだけじゃない。闘ってるし、生きてるんだ。

前に踏み出すこともある。だから、それを外の世界の人たちは邪魔しないでくれ。

そういう映画でした。

まぁ若干自分と重なるところもあったので、少し心動かされた。

☆4つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「閉鎖病棟〜・・・・」この作品は暗すぎる

投稿日:2020/05/16 レビュアー:Hinako

「閉鎖病棟〜それぞれの朝」題名通り暗すぎて未来が見通せない。主演の笑福亭鶴瓶と小松菜奈の裁判Sceneがエンディングで救われた感がする。精神病棟と障害者施設に対する冒?でもあるし実際はそうなのかもしれないが誤解を招く暗黒病棟といった題名にしたほうが良い。残念なのは小松菜奈を使い切れていないこと。だから半分の評価。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

閉鎖病棟−それぞれの朝−

月額課金で借りる

都度課金で借りる