No.7 RANKING

記憶にございません!

記憶にございません!の画像・ジャケット写真
記憶にございません! / 中井貴一
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

15

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「記憶にございません!」 の解説・あらすじ・ストーリー

三谷幸喜監督・脚本、中井貴一主演によるコメディ。史上最低の支持率を叩き出した総理大臣・黒田啓介はある日、一般市民の投げた石が頭に当たり、記憶喪失になってしまう。国政の混乱を避けるため、記憶喪失の事実を知るのは、直近の秘書官のみで…。

「記憶にございません!」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: 日本

「記憶にございません!」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

記憶にございません!の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
127分 日(バリアフリー) 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ、日(バリアフリー音声ガイド):ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBC72729 2020年04月29日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
757枚 2,494人 1,228人

【Blu-ray】記憶にございません!(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
127分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCXC70154 2020年04月29日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
294枚 1,140人 630人

関連作品

ユーザーレビュー:15件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全15件

コメディにも皮肉屋にもなり切れていない生ぬるさ

投稿日:2020/04/30 レビュアー:くまげらの森

三谷幸喜と言えば、聞いただけで作品がすぐ浮かぶ人気も実力もある監督さんだ。
彼が(97年)に作った田村正和主演『総理と呼ばないで』。この作品のテーマにもう一度
トライしてみたい事と、アメリカの映画『デーヴ』(93年)を観て、
「その手があったか!」と、監督が閃いた、が、政界ものは難しいと企画は難航、
「これは現実の政治を揶揄したものではありません!」と言い切ったそうだが、
(なんのなんの、バッチリ揶揄してますやんけ、と思いました。)
つまり、三谷幸喜が長年、温めていた企画が本作なわけで、快心の一打となったかどうか。

支持率2.3%の史上最低の総理大臣・黒田(中井貴一)は、頭に石を受けて記憶喪失になる。
元の横柄で腹黒な黒田のシーンが皆無なので、ギャップの比較のしようもない。、
しがらみだらけの中年が、クリーンなウブな人間に生まれ変わろうとする物語。
それは、ファンタジーにでもしない限り、腹黒→清廉潔白の交換は無理だろう、

と、思うものの、あっさり性善説で乗り越えてしまい、はぁ?と思ってしまう。
(有働由美子とか斉藤由貴の単発な笑いはあるものの。)
サクランボの関税の件はあっさり解決、
国会での公私混同「アイラヴユーの叫び」も成功、
息子と和解、最後は家族第一で締めるお決まりパターン。
期待の「麻生」の草刈正雄もあれだけかい?
これぞ映画!的な感動も気負いもない、老若男女がそこそこ楽しめる「力で持って行った二塁打」くらいだと感じました。
この映画自体が「記憶にございません」とならない事を祈る。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

三谷幸喜は、勲章がほしいのね!!・・政治を描いて政権批判は、無し

投稿日:2020/04/30 レビュアー:カマンベール

ぬるいです。
政治劇が結局はホームドラマになってしまっている。
金塗れの政治家や、エゴと利権しか頭にない政治屋・・・一応そこの所は押さえてますが、
毒気が何処にもない。
(貧しい人も、母子家庭も、ネットカフェ難民もホームレスもこの国にはいないらしい・・・
見ようとしないから目に入らないのね!)
口利き政治と総理夫人の浮気スキャンダル・・・それ位が最重要案件。

新旧の三谷組の役者たちが、手慣れた演技でそこそこ笑わせてはくれます。
仮装大会的だ。
有働由美子はどこでしょう?
ROLLYの役はどれ?
木村佳乃の化けっぷりは凄くて、中々気づかなかった・・・
そんな楽しさはあります。

田中圭は生きが良くて、可愛い、もちろん中井貴一は安定の巧さ。
小池栄子とディーン・フジオカもハマってます。
だけど爆笑と行かないのだ。
ピンチがないからカタルシスもない。

政府公認・NHK御用達では、政権批判は出来ないって事ですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

もし記憶を失った自分がダメ総理大臣だったら

投稿日:2020/03/29 レビュアー:かつ

2019年 日本
監督・脚本:三谷幸喜

この映画って『フジテレビ開局60周年記念作品』だったのですね。
今思うとやけに宣伝してたなぁ!と思います。
日曜の朝、対談形式の番組で二週に渡って三谷幸喜と中井貴一、佐藤浩市の三人が出演していて面白そうだったので観に行きましたよ、映画館に。

ある日、病院のベッドで目を覚ますと自分が誰なのか全く何も覚えていなくて、しかもテレビで自分が総理大臣として映っている・・・。更には国民から嫌われているという最悪の総理大臣。この総理大臣を演じるのが中井貴一。掴みは良かったです。この展開は面白いし、三谷幸喜はかなり前から脚本を練りに練ったそうで、この「記憶にございません」という台詞そのものはロッキード事件の時に小佐野賢治が予算委員会で使った事で流行語にまでなり、今や政治家の常套手段と言える台詞になってしいましたが、こういう政治色をコメディにしてしまうのだから、やはり流石だと思います。
あの「記憶にごさいません」の台詞がインパクトが強いせいか国会質疑がもっとあるかと期待してしまい、少し中弛も否めませんでした。と言ってもまぁ面白かったです。

私が見た朝の対談番組の中では中井貴一の父親は佐田啓二、佐藤浩市の父親は三國連太郎と二人とも偉大な俳優を父に持つことは言うまでもなく、二世俳優と言われ続けて来た話や、三谷幸喜がこの映画を随分前から温めていて、主役は中井貴一と決めていたのだとか。
中井貴一にとっては幼い時、佐田啓二は他界してしまった事もあり“父の背中を見て育つ”という佐藤浩市の様な経験が出来なかった事も語っていました。
でもいい俳優さんになりましたよね。「ふぞろいの林檎たち」の若い頃よりずっといい味が出てきたと思います。私がビックリだったのはアナウンサーの有働由美子が出ているのに全然気が付かなくてエンドロールで気が付いた事です。周りの人もザワついていたっけ。オファーは三谷幸喜に口説かれたそうです。
そして中井貴一も三谷幸喜も言っていますが、面白いかどうかは観た人が決める事。それは本作に限らずその通りだと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ローリーを探せ

投稿日:2020/03/29 レビュアー:飛べない魔女

三谷幸喜監督作品ということで、当然ハードルは上がりました。
予告を見たときも面白そう感満載でしたので
ますますハードルは上がりました。
でもね、すみません、正直期待したほどでは無かったです。
終始笑いっぱなし、みたいな宣伝でしたが
そこまで笑いどころはなく
観客も静かなものでした。

毒気の強い総理大臣が、頭に石をぶつけられたことで記憶喪失になり
喪失された記憶とともに毒気はどこかに飛んでしまい
すっかり人が変わって丸くなった黒田総理。
自分が何故ここまで国民にも、家族にも嫌われているのかを確認して
いい総理になろうと決意するまでの道のりを描くコメディです。
毒気の強かった時代をほとんど描いていないので
そのギャップが掴みずらかった。
記憶喪失になったことで、あそこまで人って変われるものなのか?
という疑問はラスト近くに、観客の気持ちを推し量ってか
実は。。みたいなことをちらっと告白。
それにしてもそれはちょっと。。。という感じはしなくもない。

芸達者な三谷ファミリー集結で
まあ可もなく不可もなく、こじんまりとまとめましたかね。

あ、タイトルはですね、あの金髪長髪・奇抜なスタイルでお馴染みのローリーが
出演しているのですが、まったく彼だとはわかりませんよ(笑)
あと、有働アナも!別人になってました。
意外なキャスティングも三谷作品の面白いところですね。
点数は甘目で3.5(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

総理大臣のファミリードラマでした

投稿日:2020/05/08 レビュアー:ラストシアター

三谷幸喜監督・脚本、中井貴一主演

どこかの国にいそうな傲慢で私利私欲の

総理大臣が一般市民の投げた石が頭に当たり

いつもの言い訳の「記憶にございません」のように

本当に記憶をなくしてしまった話し

悪い夫や父親から良い夫や父親になって

妻や子供に愛されたけど

国民からは愛されなかった

改心して国民に愛され尊敬される総理大臣に

なるところを描いてほしかったけど

政治家には期待しちゃいけないってことかな

ストーリーもコミカルも期待したほどじゃ

なかったな、中だるみもあって

家族愛の物語で政治家の物語じゃなかったな

そんな感じです

^_−☆


このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全15件

記憶にございません!