No.6 RANKING

楽園

楽園の画像・ジャケット写真
楽園 / 綾野剛
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

3

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「楽園」 の解説・あらすじ・ストーリー

吉田修一原作、『64−ロクヨン−』の瀬々敬久監督によるサスペンス。12年前に起きた少女失踪事件をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と失踪した少女の親友だった紡。ふたりは互いの不遇に共感し合っていくが、再び同じ場所で少女が姿を消し…。

「楽園」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: 日本

「楽園」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

楽園の詳細

  • HOT NEW!
収録時間: 字幕: 音声:
129分 日(バリアフリー) 日:ドルビーデジタル5.1ch、日(バリアフリー音声ガイド):ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
80DRJ30420 2020年04月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
648枚 160人 222人

【Blu-ray】楽園(ブルーレイ)の詳細

  • HOT NEW!
収録時間: 字幕: 音声:
129分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
80XRJ20117 2020年04月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
236枚 91人 101人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

「楽園」とは真逆、人間の「闇」

投稿日:2020/03/23 レビュアー:くまげらの森

吉田修一の短編集『犯罪小説集』の中から2編を瀬々敬久監督が映画化。
どこが「楽園」なのかという差別と排他性のお話(実話)だが、ここは
監督の言葉を引用しよう。
『犯罪者たち、あるいは踏みとどまった人たちも、全員が何かを求めて、何かを欲して
生きているように見えた。よって映画のタイトルは「楽園」とさせていただいた。』
・ ・・と、聞いてもなおよくわかりません・・。(苦笑)

短編二つを、同じ地方都市の限界集落で起きた出来事として、登場人物も重複させています。
実際の事件、2005年の「栃木小1女児殺害事件」と2013年「山口連続殺人放火事件」を下敷きにしています。

青田が広がる美しい自然。学校帰りの愛華ちゃんと紡ちゃんがY字路の所で別れてのち、
愛華ちゃんは忽然と姿を消した。村中で捜索するが見つからなかった。
直前まで一緒にいた紡(杉咲花)は、(一緒にいれば・・)という後悔と心ない村人の言葉(よく平気だな)などを浴びせられ、心に深いキズを負ったまま12年が過ぎる。
偽ブランド品を売るフイリピン人の母と、その息子中村豪士(綾野剛)。豪士は、友達もいなく、会話もあまりせず、日本語がおかしい母を守るために必死だった。
(だがその母も生活のためか男を渡り歩き、豪士は一人暮らしだった。)
愛華ちゃん捜索時のささいな事から豪士を疑う村人。
12年後、再び、Y字路で事件が起き、村人たちは豪士を標的にして追い詰めてゆく。
一人の疑いは全員の疑いに変化する。誰かを犯人にしてしまわなければいけないのだ。
逃げられないと悟った豪士がとった行動は・・・・・。

介護のために川崎から帰ってきた田中善次郎(佐藤浩市)。左官屋の経験を活かし、風呂修理の他、
村人に頼まれれば草取りも配線も何でもやった。(なので万屋善次郎と呼ばれた)
善次郎は養蜂の仕事をし、蜂蜜で村興しをしようと提案、集会で「いいね」と言われたので役場にかけあい、予算を獲得した所、村の長から「俺に通さず勝手に話をすすめた」と、いじけられた。
それから数々のいやがらせ、作り話、ゴミを収集しないなど村八分にされた。
限界集落の「よそ者いじめ」「何か新しくしようとする人を排除する閉鎖性」
そんな中で、善次郎は次第に精神を病んでゆく。

ある夜、たった300メートル以内の家々が次々放火され、5人が殺害された。
善次郎は山に入り、土を貪り食い、血のついたカマを腹に刺した・・・・。
疎外されて、味方がいない、友達や(たった一人でもわかってくれる人がいない)
それはどんなにつらい事だろうか。
紡は、職場でいじめられ、過去の記憶からも逃れられないが、虹郎との出会いが
かすかな希望になってラストは少しの輝きがある。

作品は豪士が犯人だとも犯人でないとも言い切っていない。
(犯人のように描いてるシーンもある。押し入れの造花などだ。でも造花くらいどこにでもある。)
最後にニッコリ笑った18歳くらいの女の子。生きてる説。幻想でしょうね・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

後味が、、、悪い

投稿日:2020/02/24 レビュアー:じゃじゃまる

綾野剛、杉咲花、佐藤浩市出演の『楽園』を見ました
Y字路で別れた小学生の行方不明事件(なんとなく覚えてる)、村八分になって追い込まれた男(これは記憶に新しい)の事件がモチーフになってます

Y字路事件での容疑者は偽ブランド物を売っていた外国人青年で、昔、母子ともども近所から迫害のいじめにあっていた

直前まで一緒にいた同級生の紡は、心に傷を持ったまま、成長していく。

また、善次郎は親の介護のためにIターンしたが、養蜂で町おこしをしようと、長老の許可が下りたと思って役所に補助金の申請に行ったことで村八分になっていく(田舎では本人が動いちゃいけない)

Y字路事件から12年後に同じ事件が起こるが。。


はっきり言って、思い切り後味が悪いです
楽園を作ろうと思っていた人々が地元の差別、迫害に会い、という特に後者の事件は、あれは集落の人間が追い込みましたからね

村八分にするくせに、監視して、あらぬ噂を流す。。嫌がらせをする

後者の事件で、犬が村の人間に殺された、、という噂でしたが、映画ではさすがにそこまでしませんでした
でも飼い主が乗った車を飼い犬が追いかけるシーンはさすがに号泣しました。

圧巻の佐藤浩市。ほんとに狂気に追い込まれる切なさが伝わってきて、だから余計に後味悪い。。

あ、綾野剛君もよかったですよ。気弱な追いこまれていく青年。。。

楽園はお前がつくれ、、とありますが、空の青さがなんだか切ない映画でした

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まあ文芸作品なので

投稿日:2020/04/02 レビュアー:オッドジョブ

サスペンスでもミステリーでもないけど、ドラマというよりは文芸作品な映画。「悪人」「怒り」に比べてもあんまり映画向きじゃない原作だったような気がします。

なんというか設定や人物造形が類型的だったりやり過ぎ感があったり、キャスティングもあんまり合ってるような気がしない。

全体の流れはしっかり作ってあるので造り自体の不満は少ないんだけど、クライマックスのスローモーション(withピアノソロ)とかの興ざめする箇所もあり。

ハッキリ駄作ではない分むしろ印象に残らない感じの作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

楽園