ジェミニマン

ジェミニマンの画像・ジャケット写真
ジェミニマン / ウィル・スミス
全体の平均評価点:
(5点満点)

3

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可

定額リスト 事前登録OK!

レンタル開始日:2020年03月04日

事前登録いただいた作品は、レンタル開始日以降、「発送確定ルール」に基づき発送がスタートします。

ジャンル:

「ジェミニマン」 の解説・あらすじ・ストーリー

ウィル・スミス主演、ジェリー・ブラッカイマー製作による近未来SFアクション。23歳の自分自身のクローンと戦うことになった伝説的スナイパー・ヘンリーが、アメリカ国防情報局のダニーと共に謎の組織・ジェミニの陰謀に立ち向かう。アン・リー監督作。※一般告知解禁日:2019年12月20日

「ジェミニマン」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: GEMINI MAN

「ジェミニマン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ジェミニマンの詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PJBR1592 2020年03月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
80人 104人

【Blu-ray】ジェミニマン(ブルーレイ)の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
117分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PJXR1031 2020年03月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
43人 57人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

ジェミニマンネタバレ

投稿日:2020/01/10 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 伝説のスナイパーのウィル・スミスとクローンの若いウィル・スミスが揉める話。

 ハイフレームレートや3Dといった新しい映像技術・映像表現を使っているという点で見れば革新的な映画だと思いました。観光映画としても魅力的でいろんな場所に飛行機で向かっていろんな景色が見られるのも満足な1本でした。

 ただそれを除いてしまうと結構退屈な時間が多くて、主人公が冒頭で任務を達成してから、すぐ命を狙われてクローン兵士と戦うという流れになるのかな? と思いきや、主人公の友人や知り合いとの日常が結構な時間割かれていて退屈な時間が序盤から多かったです。

 会話シーンも説明台詞をみんなが棒立ちで喋るだけなので眠気を誘う会話でした。特にカタキ役のクライブ・オーウェンのくだりは全体的に説明台詞だけで進む感じで早く終わらないかなと個人的に思うキャラクターでした。

 肝心のアクションシーンもCGキャラクターがドッカンドッカン高速で殴りあうもので迫力あるっちゃありましたが、暗闇で高速で殴りあうのでついていけなくてカタルシスを得られるものではなかったです。敵の兵隊が撃ってくるガトリングガンの描写はかっこよかったですが、見所はそれくらいでアクション映画としてもチト寂しかったです。

 映画ではなくアトラクションに近い作品だと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

内容は平凡。映像は圧巻。

投稿日:2020/01/10 レビュアー:ひゅう助

主人公である暗殺者が、もう一人の自分(クローン)と戦う話。

SF映画としては平凡すぎるほど平凡なストーリー。ストーリー的には全く驚きはなかった。

注目すべきはその映像。なにか映画の宣伝で言われていたから気にはしていたが、圧巻の映像だった。

中盤の、ウィルスミスとクローン(もう一人のウィルスミス)の白兵戦や、バイクでのチェイスが正にそれ。

自分がバイクを運転しているのかと錯覚するほどの臨場感だった。周りの壁が迫ってくるかのようだった。

中盤のワンショットで写したようなウィルの二人の戦いも凄かった。

ただ、若干クローンの方の動き方が人としてありえない動き方だったので、そこがリアリティの面では劣った。

まぁ、映像としては凄かったけど、内容的には普通だったな。

☆4つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ルーパーとは異なる自分との殺しあいは

投稿日:2020/01/12 レビュアー:恋次郎

最初に自分との戦いと聞いてブルースウィリスの「ルーパー」を思い出しました。でもタイムリープじゃありませんでした。クローンでした。で、観てての疑問がもっとたくさんスターウォーズのトゥルーパーみたく軍隊になってないの?と思ったらラスト近くにもっと若いのがでました。
ラストは暗殺エージェントとしてはハッピーエンドなのでポップコーンとコークで和気あいあい観てほしいです。
本作で一番印象に残っているのは、見終わって出てきた通路の後ろからウィル・スミスの息子さん大きくなったわね。ベストキッドは良かったな。なんて会話が聞こえたこと。
いやいやもっと成長しての親子共演のSFがありましたよ、じゃなくCGですよー。振り返って教えはしなかったけど。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

ジェミニマン